Samurai Goal

ドルトムント


スポンサード リンク





ドルトムント、新監督候補に二人リストアップ!!香川に影響はあるのか 

1   2018/05/06(日) 13:13:52.15 _USER9
 現地時間5月5日、ブンデスリーガ33節のドルトムントは1-2とマインツに惜敗。2試合ぶりの黒星を喫し、チャンピオンズ・リーグ出場圏内のトップ4入りを確定できなかった。

 そんなチームには、来シーズンの新体制について、具体的な噂が浮上してきている。

 5日、『Sky Sports』が報じたところによれば、昨年12月に招聘した元ケルンのペーター・シュテーガー監督との契約が今年6月で満了となるドルトムントが、新シーズンの監督候補として、ポルトガル人のアンドレ・ヴィラス=ボアスとスイス人のリュシアン・ファブレをリストアップしたという。

 候補に挙がった両者は、いずれも言わずと知れた知将だ。

 ヴィラス=ボアスは、選手キャリアこそないものの、名将ボビー・ロブソンにサッカー観を見出され、分析スタッフとして指導者キャリアを始めるという異色の経歴の持ち主。ジョゼ・モウリーニョがポルトを率いた時代にはアシスタントコーチを務め、その後はポルト、チェルシー、トッテナム、ゼニト、上海上港の監督を歴任している。

 今年1月に「ダカール・ラリー」に挑戦したことでも注目を集めた40歳の青年監督は、現在フリー。『Sky Sports』は、「まだ具体的な交渉は行なわれていない」としながらも、「ヴィラス=ボアスの考え方や名前は、欧州のトップクラブになりたいとするドルトムントの理想にも合致する」と報道。さらに「つい最近行なった」という同氏へのインタビューでのコメントを紹介している。

「ブンデスリーガはとても働きがいのある、とても刺激的なリーグだと思っている」
 

 一方のファブレは、ドルトムントが長く追いかけているベテラン監督だ。現在はリーグ・アンのニースを率いているが、昨夏にもオファーを出したという経緯がある。

 60歳のスイス人監督は、いわゆるビッグクラブを率いた経験こそないが、緻密な戦術をチームに植え付けることに長け、過去に母国リーグとブンデスリーガで最優秀監督賞を受賞した経歴を持つ。ヴィラス=ボアスにはないドイツでの実績を、ファブレは有している。

『Sky Sports』によれば、ファブレはニースとオプトアウト(※契約を途中破棄する権利)できる条件で契約を結んでいるため、「前回よりも上手くいく可能性があるため、ドルトムントは2度目のラブコールを送る」とし、さらにファブレの魅力についても綴っている。

「ヘルタ・ベルリンとボルシアMGでの経歴は、確かなものがある。当然、ブンデスリーガを熟知していて、ドイツ語も完璧だ。若手の育成にも長けていて、過去に優秀な選手を育て上げてきた。ドルトムントのマルコ・ロイスがその好例だ」

 両者はともに、ポゼッション・サッカーを身上としていて、戦術の引き出しも多い。仮にどちらが就任したとしても、日本代表MFの香川真司にとっては、選手としてスキルアップするための良い機会となるのではないだろうか。

5/6(日) 11:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180506-00039945-sdigestw-socc

写真
no title

香川真司、マインツ戦は怪我で欠場!!W杯招集にどう響くのか 

DTkSLrDVAAEgn42
1   2018/05/06(日) 00:15:09.36 _USER9
 マインツのFW武藤嘉紀は現地時間5日のブンデスリーガ第33節ドルトムント戦に先発出場。前半13分にヘディングシュートでチーム2点目を挙げ、ブンデスリーガ挑戦3年目にしてシーズンゴール記録を自己最多の8に伸ばした。
なお、ドルトムントのMF香川真司は足首の負傷でベンチ外となっている。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180505-00102161-soccermzw-socc

〈ドルトムント〉代表入りを諦めないゲッツェ、猛アピール成功か? 

GettyImages-612772860-800x533
1   2018/05/04(金) 00:59:00.61 _USER9
親善試合では代表選外のゲッツェ、W杯に向けアピールに成功?「出場を信じている

ボルシア・ドルトムントMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)に出場できるだろうか。ドイツ誌『キッカー』によれば、同選手はその可能性を残しているという。

4年前のブラジル大会の決勝でゲッツェはアルゼンチン相手に決勝点を挙げ、ドイツの英雄となった。だが、その後は病気や負傷に悩まされ安定したパフォーマンスが続かず、批判されることも多かった。そして3月の親善試合でも選外となり、今回のロシア大会に向けたドイツ代表メンバーに含められる可能性は低いと見られていた。

しかし、ここに来てゲッツェは調子を上げている。第31節レヴァークーゼン戦に続き前節ブレーメン戦でのパフォーマンスをいずれも「2」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)と評価した『キッカー』は、ペーター・シュテーガー監督がゲッツェをマルコ・ロイスとともにインサイドハーフに配置したことで、「2人はドルトムントの心臓になった」と称賛した。

とりわけ好印象に残ったのは、ブレーメン戦でのゲッツェのプレーだったようだ。ロイスの決定機をつくり出した場面については「状況を直ちにつかんだゲッツェは、ロイスにエレガントかつ正確にボールを送った」と記され、「まるで絵画、芸術品のようなパスで、最後の仕上げのみを欠いていた」とゴールにつながらなかったにもかかわらず、ラストパスが絶賛されている。

一方、ゲッツェ本人は3月にはヨアヒム・レーブ監督から声がかからなかったことに関して「もっと戦い、もっと頑張らなければいけないという明確なメッセージ」として受け止めているようだ。『キッカー』曰く「僕はW杯に出場できることを信じている。そのためのクオリティーを備えている」と自信をのぞかせながら語った。

ドイツ代表は、長期離脱を強いられているラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)やセルジュ・ニャブリ(ホッフェンハイム)と2列目の選手2人がW杯を欠場となることが決定している。そんな中、波に乗りつつあるゲッツェに再び声がかかる可能性もあるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010008-goal-socc

香川真司、練習を欠席!!未だ実戦復帰を果たせず 

1   2018/05/04(金) 00:04:54.73 _USER9
香川真司、ドルトムントの練習を欠席…シュテーガー監督「足首に軽めの問題を抱えている」
5/3(木) 22:53配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010007-goal-socc

香川はマインツ戦に間に合うのだろうか (c) Getty Images
no title


ボルシア・ドルトムントの日本代表MF香川真司は、次節マインツ戦を欠場することになるのだろうか。ペーター・シュテーガー監督は5日に行われるマインツ戦に向けた会見で同選手の状態について言及している。

2月中旬に行われたハンブルガーSV戦で負傷交代を強いられ、足首の負傷で戦列離脱を強いられた香川。先月29日のブレーメン戦ではベンチ入りするも、この一戦では最終的に出番が訪れず、実戦復帰を果たせなかった。

そして、今シーズンのホームでのラストマッチとなる第33節マインツ戦でも、香川の出場は見送られるかもしれない。3日に開かれた会見の冒頭で選手たちの状態について問われたシュテーガー監督は、次のように明かした。

「シンジ・カガワは昨日(2日)、トレーニングを欠席している。足首に軽めの問題を抱えているようだ。まだ何とも言えないが、2~3日間はかかるかもしれない。マルコ・ロイスはブレーメン戦で打撲を負い、まだチーム練習を控えている。だが、昨日はランニングメニューをこなしていたし、土曜日までに間に合うと考えている。そのほかのみんなは出場できる状態だ」

攻撃的MFのポジションでは、ほかの選手たちはコンディションに問題を抱えていないようだ。指揮官が明かした通り、香川の練習への復帰が2~3日先となった場合、マインツ戦のメンバーに含まれないことも考えられるかもしれない。

香川真司、復帰戦は“ベンチスタート”の出番なし 

imago34456790h
1   2018/04/30(月) 02:56:56.34 _USER9
香川真司、10試合ぶりにメンバー入りも出番なし。ドルトムントはドローで3位転落
2018年04月30日(Mon)2時54分配信

【ブレーメン 1-1 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ第32節】

 現地時間29日、ブンデスリーガ第32節が行われボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦した。試合は1-1の引き分けに終わった。ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司はベンチ入りするも出番はなかった。

 リーグ戦2位を守るためには勝利が必要なドルトムントは19分に幸先よく先制点を奪う。ペナルティーエリアでフィリップからのパスを受けたロイスは右足でシュート、これが決まる。

 その後もドルトムントが優位に試合を進めるも追加点を挙げられず。このまま前半終了かと思われた45分にブレーメンが左サイドからセンタリングを送るとゴール前でデライネが頭で合わせ同点でハーフタイムへ。

 後半もドルトムントが優位に試合を進め66分にはロイスがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもボールはポストに嫌われ勝ち越し点とはならず。また直後の69分にはDFのアカンジがペナルティーエリアでシュートを打つもGKの好守にあい得点を奪えず。勝ち越しゴールが欲しいドルトムントは80分に交代出場のシュールレがフリーでシュート、GKが弾いたボールをサンチョがヘディングシュートするもバーに弾かれる。

 その後も猛攻を仕掛けるドルトムントだが勝ち越しゴールを奪えず引き分けに終わる。。

【得点者】
19分 0-1 ロイス(ドルトムント)
45分 1-1 デライネ(ブレーメン)

【了】
https://www.footballchannel.jp/2018/04/30/post267508/

ドルトムントの“天才”、ハーバード大学系列へ入学!? 

1   2018/04/27(金) 12:26:04.96 _USER9
ドルトムントのトルコ代表MFヌリ・シャヒンが文武両道ぶりを発揮している。米の名門ハーバード大の経営する大学院「ハーバード・ビジネス・スクール」に入学したことが明らかになった。ブンデスリーガ公式サイトが報じている。

 ピッチ上で高い技術とサッカーセンスを見せるシャヒンだが、そのインテリジェンスはサッカーの枠を飛び越えて発揮されているようだ。

 記事では「ドルトムントのヌリ・シャヒンはフィールド内の知性がフィールド外に及ぶことを証明した。アメリカのハーバード大入学が許可されたことを発表したのだ」と報じている。

「ハーバード・ビジネス・スクールに合格したことを喜んで報告します! 授業に最高にワクワクしています。そして伝説的なアニタ・エルバース(教授)に会えることに喜んでいます」

 MF香川真司とも好連係を誇るシャヒンはツイッターで喜びととともに発表している。「ドルトムントのファンはシャヒンの退団を心配する必要はない。しかしながら、彼の勉強はジグナル・イドゥナ・パルクでの通常業務と同時に行われることになる」と記事では記している。

 サッカーのトップレベルでキャリアを続けながら、シャヒンは文武両道を突き進むことになりそうだ。

4/27(金) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00100240-soccermzw-socc

写真
no title

翼を授かった香川、“フェニックスシンジ”に変身するww 

1   2018/04/27(金) 21:32:36.26 _USER9
2018.04.27 記事

no title


 ドルトムントのMF香川真司は2月に負傷して戦線から離脱。チームの全体練習に復帰し、試合出場への機運も高まっているなか、香川は公式ツイッターやインスタグラムを更新。SNSの新しいプロフィール画像として、羽の生えた姿を公開してファンから「かっけー!」「日本の10番が帰ってきた」と反響を呼んでいる。


 香川は2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦(2-0)で足首を負傷。昨年11月の欧州遠征(ブラジル戦1-3、ベルギー戦0-1)に続き、3月のベルギー遠征(マリ戦1-1、ウクライナ戦1-2)でも日本代表から招集外となっていた。

 ドルトムント公式ツイッターは19日の投稿で「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と全体練習への復帰を報告すると、香川も20日に自身のツイッターで「I’m excited to be back on track!!」(グラウンドに戻って来れて興奮している)と綴っていた。

 日本代表はバヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任などで揺れるなか、香川はSNS用の新プロフィール画像を公開。ドルトムントのユニフォームを着用した香川の背中付近から左右に大きな翼が伸び、今まさに羽ばたこうとしている瞬間を捉えている。返信欄では「かっけー!」「日本の10番が帰ってきた」「エンジェル」「フェニックスシンジ」「頼んだ」「待ち遠しい」など様々な声が上がっている。

 いよいよ本格復帰が迫っている香川。6月にロシア・ワールドカップも迫るなか、ドルトムントと日本代表の両方でどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

https://www.football-zone.net/archives/100433

《ドルトムントの次はPSGへ》トーマス・トゥヘル氏の監督就任決定 補強選手リストに誰が入る? 

GettyImages-689233068-800x533
1   2018/04/24(火) 12:15:58.55 _USER9
フランスのTV局が監督トーマス・トゥヘルのPSG監督就任を伝えた。ドイツ人指導者トゥヘルはボルシア・ドルトムント監督辞任後、1年間の休息をとっていた。PSGとの契約期間は2年間+1年間の延長オプション。

監督ウナイ・エメリにはクープ・ドゥ・フランスの決勝という重大な任務が残っているものの、組織としてのPSGは既に来季からのトゥヘル時代に向けて集中している。トゥヘルは既に夏の移籍シーズンに向けて、補強候補選手リストを会長に送っている。

今後2シーズン(+1シーズン)に渡り、トゥヘルは全面的に信頼され大きな決定権を有することになるが、この為に現SDアンテーロ・エンリケ氏の地位が脅かされる可能性がある。いずれにせよ宣告を付きつけられた監督エメリは、残された期間の中で結果を残すべく奮闘するだろう。


4/24(火) 11:51配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00010003-sportes-socc

写真
no title

【香川真司】「さぁこれからや」Twitterに発した言葉に注目が集まる 

1   2018/04/20(金) 20:19:54.26 _USER9
「I’m excited to be back on track!!」
 いよいよ日本代表アタッカーが反攻に打って出る。

4月20日、ボルシア・ドルトムントのMF香川真司がチーム練習に本格復帰。クラブの公式SNSが練習風景を撮影した画像とともに「おかえり!」とエールを贈っている。
2月10日のブンデスリーガ22節、ハンブルガーSV戦で左足首を傷めて、およそ2か月。ついに復活の狼煙を上げたのだ。
 
すぐさま香川本人も自身のツイッターを更新した。「I’m excited to be back on track!!(また練習に復帰できて興奮しているよ!!)」との一文で喜びを表現し、
「#bvb #sk23 #さぁこれからや」とのハッシュタグを添えた。関西弁で綴った“さぁこれからや”の言葉に並々ならぬ意欲を感じさせ、残るリーグ戦4試合でどこまでコンディションを回復させられるかに注目だ。

そしてその先には、ロシア・ワールドカップが待ち受ける。日本サッカー協会は5月14日に大会予備登録の35名を発表する。
そこには間違いなく香川も名を連ねるはずだが、最終登録の23名に残れるかどうか。同30日の親善試合ガーナ戦が、西野朗監督へのまさにファイナルアピールの場となるだけに、トップフォームを取り戻しておきたいところだ。
 
4/20(金) 20:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00039130-sdigestw-socc

写真
no title


【サッカー】<香川真司>全体練習合流!待望の瞬間到来にファン歓喜「スーパーシンジが帰ってきた」最終メンバー入りに向け大きな一歩
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524174814/

【朗報】香川が怪我から復帰!!代表入りに間に合うのか? 

1   2018/04/20(金) 06:53:34.45 _USER9
19日の練習で元気に汗を流す姿を披露 チーム公式ツイッターも歓迎「お帰りなさい」

監督の電撃交代で揺れる日本代表にとって朗報になりそうだ。ドルトムントのMF香川真司が現地時間19日のチーム練習に合流し、ランニングや元気にボールを蹴る姿を披露した。ドルトムント公式ツイッターが「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と綴ると、ファンも待ち望んでいたように「スーパーシンジが帰ってきた!」「救世主だ」と呼応している。


 香川は2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦で足首を負傷し、それ以降は戦線から離脱。昨年11月の欧州遠征(ブラジル戦1-3、ベルギー戦0-1)に続き、3月のベルギー遠征(マリ戦1-1、ウクライナ戦1-2)でも代表戦で招集外となっていた。

 現地時間10日には、練習に姿を見せて別メニューながらランニングする模様がドイツ地元紙で報じられていたが、ドルトムント公式ツイッターが19日に更新され、「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と綴られた。

 投稿ではランニングやボールを蹴る姿の写真が計3点アップ。久々に全体練習で汗を流したようで、コメント欄には「スーパーシンジが帰ってきた!」「救世主だ」「グッドニュース」「ようやくか」「スシボンバー、ヘイ!ヘイ!ヘイ!」といった歓迎の声が並んでいる。

 ブンデスリーガ専門ニュースサイト「Ligainsider」は、「チームトレーニングに復帰。日本人選手は足首の負傷でリーグ戦8試合を欠場していた。レバークーゼン戦でプレーできるかどうかは、まだ伝えられていない」と報じている。

 現地時間21日のリーグ第31節・本拠地レバークーゼン戦は出場が不透明とはいえ、シーズン終盤での復帰はドルトムントにとっても、バヒド・ハリルホジッチ前監督から西野朗新監督に替わった日本代表にとっても朗報だ。長年日本代表の10番を背負い続けてきた小さな魔法使いが、ロシア・ワールドカップの最終メンバー23人入りに向けて大きな一歩を踏み出した。

4/20(金) 6:31配信 ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00010001-soccermzw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索