Samurai Goal

ドルトムント


スポンサード リンク





ドルトムント、スペインの新星F・トーレスに興味  

20191101-00994271-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/01(金) 00:39:36.18 ID:k4Yi5WW99
 ドルトムントがバレンシアのU-19スペイン代表MFフェラン・トーレスの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が30日に伝えている。

 同メディアによるとドルトムントは、流出が囁かれているイングランド代表FWジェイドン・サンチョの後釜候補として同選手を捉えている模様。これまでにも継続的に調査を行っており、リーガ・エスパニョーラ第10節セビージャ戦にはスカウトを現地へ派遣して視察を行っていたようだ。フェラン・トーレスはバレンシアと2021年までの契約を締結しており、来夏の移籍市場が開かれるタイミングでは契約が残り1年となることから移籍金が割安となる可能性もあるようだ。

 19歳のフェラン・トーレスは2017年12月にリーグ戦デビューを飾り、2年目の昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで24試合に出場。今シーズンはここまで全10試合に出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00994271-soccerk-socc

オーバメヤン、古巣CEOからの批判に反論! 「デンベレの移籍金に目がくらんだくせに」 

20191004-00986101-soccerk-000-3-view[1]

「本気で言っているのか?」ロイスが記者の質問に激怒 

20190925-43472009-gekisaka-000-3-view[1]

鎌田大地、シュートが同点オウンゴールを誘発!ドルトムントと土壇場ドローに持ち込む「なんてクレイジーな」  

1: Egg ★ 2019/09/23(月) 09:02:21.20 ID:PZaVPYi59
[9.22 ブンデスリーガ第5節 フランクフルト2-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは22日、第5節を行い、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでドルトムントと対戦し、2-2で引き分けた。長谷部は開幕から5試合連続で先発フル出場。鎌田は今季リーグ戦では初めて先発から外れたが、後半22分から途中出場。後半43分に同点弾となるオウンゴールを誘発した。

 フランクフルトは19日のELアーセナル戦(0-3)から中2日、ドルトムントは18日のCLバルサ戦(0-0)から中3日と過密日程の中で迎えたゲームは前半11分に動いた。MFジェイドン・サンチョのシュートはGKに防がれると、2次攻撃からMFトルガン・アザールの左クロスをMFアクセル・ヴィツェルが右足ダイレクトで押し込んだ。

 フランクフルトも前半43分、DFジブリル・ソウがPA右からマイナスに戻すと、FWアンドレ・シウヴァが右足シュートでネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。1-1で迎えた後半もリベロの長谷部は的確な対応でピンチをしのいだが、次の1点を奪ったのはドルトムントだった。

 後半21分、PA手前の位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのDFラファエル・ゲレイロが直接狙ったシュートはGKケヴィン・トラップがセーブ。すると、GKトラップが弾き出したこぼれ球に反応したヴィツェルがつなぎ、サンチョが右足ボレーで押し込んだ。

 再び1点を追う展開となったフランクフルトは交代カードを切り、後半22分に鎌田を投入。同24分には左サイドをドリブルで持ち上がった鎌田がカットインからシュートを放ったが、GKの正面を突いた。それでも、終了間際に鎌田が貴重な同点弾をもたらした。

 後半43分、サイドチェンジを受けたDFマルティン・ヒンテレッガーが左サイドから折り返すと、鎌田がダイレクトでシュート。ゴール前でMFトーマス・デラネイがクリアを試みたボールはゴールマウスに吸い込まれた。鎌田の初ゴールにも思われたが、記録はオウンゴール。試合は2-2の引き分けに終わった。

9/23(月) 3:12配信ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-43471932-gekisaka-socc

写真no title


試合はこのまま2-2で終了。鎌田のゴールは記録上オウンゴールに訂正されたが、フランクフルト公式は「なんてクレイジーな男!」と絶賛。サポーターからも「アメージング!」「アリガトウ、ダイチ!」といった称賞の声が続々と寄せられた。

 待望のブンデス初ゴールは幻となったが、敗色濃厚のチームを救う活躍を見せた鎌田は。次節の”昇格組”ウニオン・ベルリン戦では、正真正銘のゴールを期待したい。

9/23(月) 4:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00064465-sdigestw-socc

古巣帰還の香川が見せた“ある変化” ドルトムントサポーターが回想「初期と比べて…」 

20190919-00218552-soccermzw-000-12-view[1]

「とんでもないことだった」ベルギー代表MFが中国から欧州へ戻ることを決めたワケ 

20190828-00010022-goal-000-1-view[1]

マンU、ドルトムントMFサンチョ獲得へ129億円準備 「監督のトッププライオリティー」 

20190822-00212176-soccermzw-000-1-view[1]

香川真司、レアル・サラゴサ入団会見!1部復帰誓う...長年の夢だっだスペイン移籍に「幸せ」  

20190813-00000225-spnannex-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/13(火) 22:00:51.51 ID:aTbQZUHx9
ドイツ1部ドルトムントからスペイン2部サラゴサに加入した日本代表MF香川真司(30)が13日、サラゴサ市内で入団会見を行った。

 背番号はドルトムント時代と同じ「23」に決定。「暑かったので。(笑い)特に意味はないですよ」という丸刈りに近い新ヘアスタイルの香川は「サラゴサに加入できて非常に嬉しい。最高の挑戦。すべてを出し尽くして、チームとともに1部に上がりたい」とクラブ8季ぶりとなる1部復帰を目標に掲げた。

 2013~14から2部に所属するサラゴサを選んだことについて「正直たくさん悩んだ」とした上で「監督、チームの熱意、信頼を感じることができたのが自分にとって非常に大きかった」説明。ビクトル・フェルナンデス監督が掲げる“超攻撃サッカー”も決め手の1つで「プレー映像を見て、監督の目指すサッカーを聞いて、素晴らしいビジョンがあると感じた」と明かした。

 「子供のころからラ・リーガ(スペインリーグを一番見てきた。インスピレーションを受けてきたし、勉強をさせてもらった」という長年の夢だっだスペイン移籍を実現させた。ドルトムント時代よりも年俸などの条件が下がることについては「サッカー選手としてお金が大事じゃないわけじゃない。でも、それ以上にお金が減ろうが、ここでやれることが幸せ」とした上で「モチベーション、気持ちが大事。2部ですけど、すべてを楽しんで、必ず昇格させたい」と1部昇格に懸ける思いを繰り返し語った。

 今季スペイン2部はMF柴崎岳(デポルティボ)、FW岡崎慎司(マラガ)と日本代表3選手がプレーすることになり「対戦が非常に楽しみ。彼らがいるのはモチベーションになる。(順位は)上に立って昇格を決めたい」と笑顔。「3人がそれぞれのチームで活躍することが日本人、アジア人選手の可能性を見せることになる」とスペインで日本人選手の価値を上げることも目標だという。

 「14年はマンチェスターUで、18年はドルトムントでW杯に出た。22年はここからW杯に出るのが長期的なプラン。サラゴサがベストな場所」とスペイン2部から1部昇格を果たし、さらに3年後のW杯カタール大会を目指すというビジョンを示した。

 会見後、本拠地で行われた香川のお披露目にはサポーターファン約5000人が集結し、地元の期待の大きさをうかがわせた。サラゴサは開幕戦で17日(日本時間18日)にテネリフェと対戦する。

8/13(火) 21:10配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000225-spnannex-socc 

香川真司、スペイン2部レアル・サラゴサ移籍は“都落ち”なのか?そこを新天地に決めた理由とは  

1: Egg ★ 2019/08/12(月) 12:19:08.03 ID:y+sWeQwH9
ブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントで実質的に戦力外となっていた、日本代表MF香川真司(30)がラ・リーガ2部のレアル・サラゴサへ完全移籍することが決まった。

 日本時間9日深夜にサラゴサの公式ホームページ、香川の公式ツイッター(@S_Kagawa0317)が相次いで、ドルトムントとサラゴサの交渉がクラブ間合意に達したと発表した。香川はすでに現地入りしていて、公式ツイッターにはサラゴサのユニフォームを着た自身の写真をアップしている。

 香川はドルトムントとの契約を来夏まで1年間残していた。しかし、昨年5月に就任したスイス人のリュシアン・ファーブル監督(61)の構想から完全に外れ、昨シーズン前半戦の公式戦出場はわずか4試合、そのうちリーグ戦は2試合にとどまっていた。

 今年1月には出場機会を求めて、トルコ1部リーグのベシクタシュJKへ期限付き移籍。新天地での初陣となった2月3日のアンタルヤスポル戦で、途中出場からいきなり2ゴールをゲットするなど、最終的には14試合に出場して4ゴール2アシストをマークして期限付き移籍期間を終えた。

 しかし、復帰したドルトムントにやはり居場所はなかった。新シーズンへ向けたサマーキャンプやプレシーズンマッチに参加せず、クラブ側の許可を得たうえで移籍先を探していた。

 香川はセレッソ大阪から移籍した2010-11シーズンでセンセーショナルな活躍を演じ、ドルトムントのブンデスリーガ連覇に貢献した。

 プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドをへて2014年8月に古巣へ復帰したが、昨年2月のハンブルガーSV戦で負傷し、長期離脱を強いられたあたりからクラブ内における風向きが大きく変わった。

 昨夏のワールドカップ・ロシア大会では「10番」を背負い、コロンビア代表とのグループリーグ初戦ではワールドカップ初ゴールもゲット。西野ジャパンの決勝トーナメント進出に貢献しながら、大会後に戻ったドルトムントで直面した試練を「非常に苦しかった」とこう振り返っている。

「やはり30歳になると、ヨーロッパでは特にシビアにとらえられる。年齢のことも含めて、いままでに経験したことのない、いろいろな現実を見せられました」

 今年3月に30歳を迎えるシーズンで、ファーブル監督のもとで新体制になったドルトムントで世代交代の対象とされた。競争することすらかなわない非情な現実のなかで、ウインターブレークに一時帰国した昨年12月下旬の段階でドルトムントを離れ、かねてから憧憬の思いを注いでいたスペインへ挑戦する青写真を明かしていた。

「自分自身が生き生きとして、より自我を強調できるプレーに次の移籍先でトライしたい」

 通算7シーズン目を迎えていたドルトムントへの未練をまったく感じさせない、何かが吹っ切れたような明るい表情と口調。そのころから報じられていた、スペインへの移籍願望も堂々と認めている。

「そのために常々動いていて、必ず実現させたいと思っている。ただ、そんなに簡単にいくとは思っていないし、これほど移籍が難しいものかと僕自身も肌で感じている。100%は言い切れないですけど、そこ(スペイン)を中心に探しています」

 昨シーズン後半はトルコへ新天地を求めたが、新シーズンへ向けて引き続きスペインへの移籍を探っていた。ベシクタシュが再獲得を目指していると報じたトルコのメディアは、香川に興味を示すラ・リーガ1部のチームとしてレアル・ベティス、ヘタフェ、セルタの名前をあげていた。

 しかし、最終的に合意に達したのはラ・リーガ2部のサラゴサだった。1960年代に8シーズン連続で1部の5位以内に入るなど、黄金期を迎えていたサラゴサは2013-14シーズンから2部をなかなか抜け出せないまま、昨シーズンは昇格争いにも遠く及ばない15位に終わっている。

 表現は悪くなるが、ブンデスリーガ1部の強豪チームからラ・リーガ2部の下位チームへの移籍は、形のうえから見れば「都落ち」に映る。しかし、昨年末に一時帰国した段階で「2019年こそは本当にサッカーがしたい」と語っていただけに、2部とはいえ夢を成就させた香川のモチベーションは飛躍的にアップしているはずだ。

8/10(土) 4:59配信 the pages
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00010000-wordleafs-socc

写真no title

香川真司 スペイン2部・サラゴサ移籍の裏事情 

20190810-43470327-gekisaka-000-4-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索