Samurai Goal

ドルトムント


スポンサード リンク





香川真司“争奪戦”にトルコ1部ベシクタシュが挙手!ドルトムントは手放すのか? 

20180522-00
1 2018/07/21(土) 22:36:50.03 _USER9
トルコ1部ベシクタシュが、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)の獲得を目指していると、21日付のトルコ紙アハベル電子版が報じた。

 報道によると、昨季トップ下のレギュラーとして14得点を挙げたブラジル人MFタリスカが、期限付き移籍終了に伴い退団。代わりの選手として香川に白羽の矢が立ったという。

 ドルトムントは予算上、複数の選手売却を考えており、その中に香川も含まれていると報道。ベシクタシュは、期限付き移籍での獲得を目指しているという。また、すでに1回目のクラブ間交渉が行われており、ベシクタシュは良い感触を得ていると伝えた。

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201807210000797.html

香川真司のライバル、ゲッツェ!!ドルトムントでポジション争奪戦か 

GettyImages-612772860-800x533
1 2018/07/20(金) 20:49:49.36 _USER9
ルシアン・ファーヴル氏を新監督に迎えたボルシア・ドルトムントは複数の新戦力を獲得。だが、ドイツメディア『90min』は既存メンバーの香川真司とマリオ・ゲッツェの競争をチーム内の「最も熾烈なポジション争い」の1つとして見ているようだ。

ドルトムントはロシア・ワールドカップに出場した各国の代表選手には特別休暇が与えられているため、そしてまだ補強の可能性を残しているため、今夏のチーム構成が完了していない。ファーヴル新監督は公式戦ではどのようなスタメンをピッチに送り出すのかなど各現地メディアで予想されるなか、『90min』は「ドルトムントでの6つの最も熾烈なポジション争い」を紹介した。

そしてその1つとして「マリオ・ゲッツェvsシンジ・カガワ」の“マッチアップ“を予想。記事では両者は一度ドルトムントから退団した経緯などについて言及しつつ、「復帰後、日本人選手はライバルのゲッツェより良い印象を与え、特に2015-16シーズンには46試合で26回ゴールに絡むなど輝きを放っている」と指摘し、「昨シーズンの終盤は足首の負傷により離脱が続いたが、その前は調子は良く、6ゴール7アシストを記録した」と綴っている。

またゲッツェについては「代謝異常の病気から回復してから、2017-18シーズンも満足できない1年間を過ごしたが、新シーズンは彼にとっての正念場となるだろう」と指摘。「ルシアン・ファーヴルは最初のオーストリア・ウィーンとのテストマッチでは彼をボランチで起用し、彼はそこで新たな役割を見つけることになるかもしれない。だが、総合的にはカガワの方がフォームが良く、(チームにとっても)とりわけゴール前では成果を得られる存在」と決定力を含めた評価で、香川のスタメンを有力視しているようだ。

一方、記事ではその他、GKにおいてローマン・ビュルキとマルヴィン・ヒッツ、CBではDFアブドゥ・ディアロとエメル・トプラク、右SBではウカス・ピシュチェクとアシュラフ・ハキミが定位置を争うことを予想。攻撃においてはアンドレ・シュールレとマキシミリアン・フィリップ、マリウス・ヴォルフとクリスチャン・プリシッチがそれぞれの競争相手となると見ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000032-goal-socc

香川真司“非売品”じゃなくなる!?ドルトムントの放出が濃厚に! 

1 2018/07/19(木) 06:07:47.13 _USER9
ボルシア・ドルトムントは日本代表MF香川真司の放出を考えているかもしれない。ドイツ『シュポルトバザー』が伝えている。

今シーズンからルシアン・ファーヴル監督が率いるドルトムントは今夏の移籍市場でGKマルヴィン・ヒッツやDFアブドゥ・ディアロ、アシュラフ・ハキミやMFトーマス・ディレイニー、FWマリウス・ヴォルフらと複数のレギュラークラスの選手を獲得。一方で、DFソクラティス・パパスタソプーロスやエリック・ドゥルム、MFゴンサロ・カストロやFWアンドリー・ヤルモレンコなどを手放し、戦力整理も進めている。

そんな中、さらにセンターFWの補強が急務となっているドルトムントだが、報道によるとファーヴル新監督はクラブ幹部にボローニャに所属するチリ代表MFエリック・プルガルを獲得することを要請したという。だが、新たなセントラルMFを加えた場合、すでに飽和状態となりつつある中盤の人員を減らす必要性が生じてくるとのことだ。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はファーヴル新監督の入団会見で先日、「我々は全員、より小さなスクワッドを望ましいと考える」と言及。『シュポルトバザー』では、MFでの最有力の放出候補はセバスティアン・ローデだと伝えられているが、「オファー次第では長い間貢献してきたBVBのスターたち、ヌリ・シャヒンやシンジ・カガワも“非売品“と見られなくなるだろう」との見解が述べられている。

今オフにはトルコメディアでガラタサライからの興味が伝えられた香川だが、ドルトムントとの契約は2020年まで。それを全うせずに日本代表の背番号10は今夏中に新天地に向かうことになるのだろうか。

GOAL7/19(木) 5:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000034-goal-socc

写真
no title

“香川真司&長友佑都”夢の共演はガラタサライで実現する!? 

1 2018/07/15(日) 00:27:43.12 _USER9
長友所属のガラタサライが香川と接触 「初コンタクトを取った」と現地メディア報道
7/14(土) 19:59配信 Football ZONE web 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00121849-soccermzw-socc

ガラタサライが香川と接触か
no title


■今年3月にも獲得の噂が流れるなか、クラブと香川側が接触したとの報道が浮上

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、トルコ1部の強豪ガラタサライへの移籍の可能性が浮上している。
地元メディアではDF長友佑都に続く「二人目のサムライ」として注目されているが、トルコのスポーツ専門サイト「Sporx」はガラタサライと香川が初コンタクトを取ったと報じている。

ガラタサライは今年1月に期限付き移籍でインテルからDF長友佑都を獲得。その活躍が認められ、6月に2年契約で完全移籍を果たした。
そして、長友に続く新たな日本人選手として、香川獲得の準備を進めていると報じられている。

ガラタサライは昨夏にモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを獲得するも、クラブが期待したほどのパフォーマンスではなく、中盤の補強が検討されている模様。
そこで“二人目のサムライ”として香川に白羽の矢が立った。

ガラタサライは今年3月にも香川獲得を狙っていると報じられていたなか、記事では「ドルトムントの日本人スター、シンジ・カガワと初コンタクトを取った」と言及している。

西野ジャパンを牽引した二人が、初めてクラブシーンで共演することになるのだろうか。 

香川真司にガラタサライが興味津々!!ドルトムントは手放すのか!? 

1 2018/07/13(金) 21:31:06.65 _USER9
香川真司にガラタサライ興味「2人目のサムライ」
2018年7月13日19時55分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201807130000770.html

香川真司
no title


トルコ1部リーグのガラタサライがドルトムントからMF香川真司(29)を獲得しようとしていると、13日にトルコ紙ミリエット電子版が報じた。
今年1月に長友佑都をメンバーとして迎えたガラタサライは、日本からの関心を集めた。そこで「2人目のサムライ」にサインをさせるべく準備中だと伝えた。

ガラタサライが香川の獲得を狙うという話は3月にも持ち上がっていた。

香川真司“不動のスタメン”『ゲッツェはカガワの控え!!』ドルトムントでの存在価値とは 

img_72a2e2
1 2018/07/11(水) 08:26:14.03 _USER9
ロシア・ワールドカップでの激闘を終え、日本代表MF香川真司は束の間のオフを消化中だ。7月下旬に合流予定のボルシア・ドルトムントはリュシアン・ファーブル新政権がすでにスタート。香川も新監督の下での定位置確保のため、新たな挑戦を始めることとなる。
 
 そんななか、ドルトムントの地元人気サイト『BVB Buzz』が、サムライブルーの10番に特大の期待を寄せた。ファーブル監督の戦術的志向を踏まえたうえで、理想のスタメンを人選。迷うことなく、香川を4-2-3-1システムのトップ下に据えたのだ。
 
「日本人スターの昨シーズンは輝かしいものだった。ワールドカップではその実力をあらためて世界に認知させ、現時点でトップ下のポジションには何人かの候補者がいるが、カガワに適う者はいない。マリオ・ゲッツェにしてもフォームを取り戻せないなら、カガワの控えに甘んじるほかないのである。なによりゲッツよりもチームプレーに徹せられるという意味で、カガワの存在価値は高いのだ」


 以下が予想スタメンの顔ぶれだ。注目の新加入コンビ、アブドゥ・ディアロとトーマス・ディレイニーが名を連ねるなど、昨シーズンとはがらりと様変わりしている。
 
GK:ロマン・ビュルキ
右SB:ウカシュ・ピシュチェク
CB:マヌエル・アカンジ
CB:アブドゥ・ディアロ
左SB:ラファエウ・ゲレイロ
セントラルMF:ユリアン・ヴァイグル
セントラルMF:トーマス・ディレイニー
右サイドハーフ:クリスティアン・プリシッチ
トップ下:香川真司
左サイドハーフ:マルコ・ロイス
CF:マキシミリアン・フィリップ
 
 さらに同メディアは、ドルトムント所属でワールドカップに出場した7選手のパフォーマンスを査定。香川はロイスとともに最高点7(10点満点)を付けられた。「まるでドルトムントでデビューした当時のような鮮烈ぶりだった。3試合で1得点・1アシストという数字だけでなく、“ヘビー級”ベルギーとの一戦では瀬戸際まで敵を追い詰める急先鋒となったのだ」と称え、「ドルトムントのファンが新シーズンに期待を抱くに十分な出来を披露してくれた」と熱っぽく綴っている。

サッカーダイジェスト 7/11(水) 5:05
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00043763-sdigestw-socc

香川真司、ドルトムントに“名前なし!?”新体制での活躍はどうなる? 

img_3b83b88b5c025e3cab4ba92798da5aa4175536
1 2018/07/09(月) 06:55:58.30 _USER9
日本代表MF香川真司は、ロシア・ワールドカップ(W杯)でチームがベスト16進出を果たす立役者の一人となった。勢いそのままに、所属するドルトムントでの活躍にも期待は膨らむが、新シーズンは茨の道が待ち受けているのかもしれない。

 ドルトムントはルシアン・ファブレ新監督を迎え、新体制で2018-19シーズンに臨む。しかし、ブンデスリーガ公式サイトが予想した来季の予想スタメンに、香川の名前がないのだ。

 ファブレ監督は昨季まで指揮していたフランス1部のニースで、4-3-3を採用。記事でも、同様のシステムを想定しているが、香川の主戦場となるインサイドハーフには、新加入のデンマーク代表MFトーマス・ディレイニーとドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが入っている。

 また、ファブレ監督はボルシアMG時代には4-4-1-1を導入していたが、横並びする中盤は、左からFWジェイドン・サンチョ、ディレイニー、MFマフムード・ダフード、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチとなっており、ここでも香川はスタメンではない。

 記事では、ファブレ監督はボルシアMG時代に下部組織の有望株だったダフードを高く評価していたと伝えており、22歳のドイツ人MFを中心に据えてチーム編成を行うことを推測している。

 戦術家としても知られるファブレ監督だけに、サッカーIQの高い香川を重宝する可能性もあるが、ブンデスリーガ公式サイトはベンチスタートと考えているようだ。

7/8(日) 18:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180708-00120297-soccermzw-socc

香川真司ブーム到来!?アーセナルファンが移籍を熱望!! 

1 2018/07/06(金) 23:49:53.35 _USER9
●マンU退団により英国で忘れ去られていた男がロシアW杯の活躍で再評価

日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング3位のベルギー代表と壮絶な打ち合いを演じた。

後半アディショナルタイムの被弾で悔しい逆転負けを喫したものの、堂々たる戦いぶりは世界各国から称賛された。そのなかで、フットボールの母国イングランドで評価を高めているのが、トップ下に君臨したMF香川真司だ。W杯2大会連続で10番を背負った男は、ロシアW杯で1得点1アシストを記録し、強豪アーセナルのサポーターが獲得を求める大合唱を挙げている。

「アーセナルファンの人々は、日本代表の活躍でカガワがエミレーツにフィットすると考えている」と報じたのは、英メディア「フットボールファンキャスト」だった。エミレーツとは本拠地エミレーツ・スタジアムのこと。つまりアーセナルだ。

 香川は偉大なサー・アレックス・ファーガソン元監督に請われて、2012年6月にドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。

 記事では、「シンジ・カガワはアーセナルのファンにもよく知られている。マンチェスター・ユナイテッドに2012年から14年まで2年間過ごしたことで」と触れている。アーセナルサポーターの間でもユナイテッド最後のリーグ優勝に貢献した男の認知度は高いという。

ファンが香川獲得を大合唱「自分ならアーセナルに連れて行く」

 しかし、ドルトムントに復帰後、イングランドでその名は徐々に忘れられていったようだ。

「イングランドではカガワが忘れられた男になったと言っても過言ではないだろう。月曜日の夜、W杯ベスト16で日本のために優秀なパフォーマンスを見せるまで」

 記事でこう評価しているように、香川は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦でトリッキーなヒールパスや急所を突くようなスルーパスに加え、後半7分には華麗なキープからMF乾貴士のゴールを演出した。このプレーメーカーぶりがアーセナルサポーターの心を鷲掴みにし、ツイッター上では香川に熱烈なラブコールを送っている。

「アーセナルよ、我々はドルトムントを急襲しているが、カガワも獲得できないだろうか?」
「アーセナル、今、カガワと契約するんだ」
「カガワはあまりに良すぎる。自分ならアーセナルに連れて行く」
「スヴェン・ミスリンタットがアーセナルでカガワを求めるなら、問題なし。彼はこの夜、凄まじいほどに輝いていた」
「シンジ・カガワを獲得で、メスト・エジル放出」
「移籍したウィルシャーの代わりに、アーセナルは次にカガワを獲得するのはどうだろうか?」
「カガワは優秀だ」



ZONE 7/6(金) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180706-00119783-soccermzw-socc

写真
no title

香川真司に警戒態勢!「ビッグスターはカガワだ」スイス紙が注意喚起!! 

ba49a_1610_44a77287_3b8e7de6
1 2018/06/08(金) 14:33:50.50 _USER9
西野ジャパンの“ブンデスリーガ勢”に注目 「過小評価は禁物」

日本代表は現地時間8日に、ルガーノでスイス代表と親善試合を行う。ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた重要な一戦を前に、スイスメディアは日本代表のブンデスリーガ勢に注目し、「ビッグスターはカガワだ」と報じている。

「実験の相手はブンデスリーガのスター満載だ。日本の“ドイツ人たち”を警戒せよ」と特集したのは、スイス紙「ブリック」だった。

 ドイツの隣国で、ブンデスリーガにも多くのタレントを送り込んでいるスイス。地元メディアは親善試合の相手である日本の、ドイツで躍動する選手の実力を高く評価していた。

「日本代表は絶対に過小評価されるべきではない」と警戒したうえで、「ビッグスターはシンジ・カガワ」「ドルトムントの疾風」と、ドルトムントMF香川真司を称賛していた。

 香川は足首の負傷により、今季後半戦に長期離脱。一時はW杯メンバー選出も危ぶまれたが、能力と実績では日本代表のなかで断トツと言える存在。スイスメディアも、それを認めている。

長友と岡崎の名前も登場、本田は…

 記事ではフランクフルトのMF長谷部誠、ケルンからブレーメンへ移籍したFW大迫勇也、ハンブルガーSVのDF酒井高徳、デュッセルドルフのFW原口元気とFW宇佐美貴史、マインツのFW武藤嘉紀というドイツ勢とともに、ガラタサライのDF長友佑都と、「レスターの達人的英雄」としてFW岡崎慎司の名前も紹介された。

 その一方で、香川と中盤でポジションを争うパチューカFW本田圭佑の名前は登場せず。ドイツ強豪で躍動する日本代表の10番「Shinji Kagawa」の、スイスでの圧倒的な知名度の高さが浮き彫りになった。

フットボールゾーン 6/8(金) 12:34
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00109264-soccermzw-socc

香川真司“ワースト2位”不名誉な称号は濡れ衣だった!? 

1   2018/06/02(土) 14:40:32.74 _USER9
6/2(土) 8:00配信
ブンデス公式「今季ワーストミスTOP10」 香川真司の一撃が不名誉2位…ファン同情

2017-18シーズン総括…香川が放った右足シュートも選出 「カガワは不運だった」の声

 2017-18シーズンのブンデスリーガはバイエルン・ミュンヘンが前人未到の6連覇を達成して幕を閉じた。リーグ公式YouTubeチャンネルでは、シーズンを総括した特集動画を公開しているが、シーズンの「ワーストミスTOP10」という企画で日本代表MF香川真司(ドルトムント)のプレーが2位に選出されている。


 無人のゴールに流し込むだけというビッグチャンスでのシュートミスなど、選手も、見ているサポーターも思わず頭を抱えるシーンが多く集められている。そして不名誉な2位と上位に入ったのが、昨年9月17日に行われたブレーメン戦(1-2)での香川の決定機だ。

 左サイドを突破したアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチのクロスを、ファーサイドのスペイン代表DFマルク・バルトラ(現ベティス)が頭で折り返し、ゴール前に走り込んだ香川が右足で合わせた。しかし、その目の前で立ちはだかったのがチームメイトのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(現アーセナル)だった。足を滑らせて転倒したその背中にボールが当たり、そのまま枠外に外れた。

 ただし、動画のコメント欄では「カガワは不運だった」「カガワのはミスじゃない」と、ファンから同情の声も上がっている。その一方で、香川のシュートを“ブロック”したオーバメヤンは別のプレーでも5位にランクインするなど、ある意味でこの動画特集の主役だった。「オーバメヤンが1位になるべきだな」など、この韋駄天に言及するコメントも並んでいる。

 なお、1位はハノーファーのオーストリア代表FWマルティン・ハルニクのプレーだった。昨年9月30日の第7節ボルシアMG戦(1-2)で味方の折り返しをボレーシュートで狙ったが、がら空きのゴールまで2メートル弱という至近距離からシュートをクロスバーに当てる痛恨のミスを犯していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180602-00107434-soccermzw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索