Samurai Goal

ドルトムント


スポンサード リンク





ドイツメディアが「ドルトムント敗北者4人」に香川を選出 スタメン奪取は「望みなし」と辛辣 

1: 名無しさん 2016/10/01(土) 19:30:07.64 ID:CAP_USER9
 ドルトムントで6試合連続先発落ちと苦しむ日本代表MF香川真司に対して、ドイツメディアは「敗北者」、「望みなし」と辛辣な評価を下し、好調のチームで完全に居場所を失っていると指摘している。ドイツの週刊誌「フォーカス」電子版が報じた。

 同メディアは、ここ5試合で22得点4失点と攻撃陣が好調のドルトムントにおける「敗北者4人」をピックアップ。シーズン前にミドルスブラへの移籍が取り沙汰されながらメディカルチェックに引っかかり破談となったセルビア代表DFネヴェン・スボティッチ、復活を期待されながらいまだ出番の少ないトルコ代表MFヌリ・シャヒン、オサスナから獲得したU-19スペイン代表MFミケル・メリーノに続き、香川が屈辱の選出となった。

 元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ、サイドバックからインサイドハーフにコンバートされてブレーク中のポルトガル代表MFラファエル・ゲレイロなど、ライバルの好調に押される形でベンチに降格した香川。現状では、スタメン争いで付け入る隙がない状態だと指摘されている。

「香川真司は、シーズン序盤に10番のポジションだった。しかし、この日本人はいいプレーを見せることができず、ベンチに座ることになった。それから彼は一度しか出場していない。望みはない」
http://www.football-zone.net/archives/42083
no title

【UCL ドルトムント×レアル試合結果】香川はベンチ外のドルトムントが試合終了間際に追いつき2-2ドロー[全ゴール動画有] 


UEFAチャンピオンズリーグ グループF
ボルシア・ドルトムント 2-2 レアル・マドリッド

■ 得点:
0-1 クリスティアーノ・ロナウド(前半17分)
1-1 ピエール・エメリク・オーバメヤン(前半43分)
1-2 ラファエル・ヴァラン(後半23分)
2-2 アンドレ・シュールレ(後半42分)

CtEe1ETUsAAVs3P1fb2ad07

動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【ハイライト動画】ブンデス第5節 オーバメヤンなど3選手、”2試合連続弾”で公式戦4連勝! 香川は2戦連続出場なし 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 07:35:09.95 ID:CAP_USER9
【ドルトムント 3-1 フライブルク ブンデスリーガ第5節】

現地時間23日にブンデスリーガ第5節が行われ、ドルトムントはフライブルクと対戦。
ピエール=エメリク・オーバメヤンなどがゴールを積み重ねドルトムントが3-1の勝利をおさめている。

日本代表MF香川真司は公式戦4試合連続でベンチスタートとなった。
好調を維持しているラファエル・ゲレイロもチャンピオンズリーグ(CL)を考慮してこの日はベンチスタート。
反対にダルムシュタット戦で途中出場ながら存在感を見せていた19歳のエムレ・モルは先発起用されている。

試合開始して18分、パスを受けたオーバメヤンがシュートを放つもゴール左に外れる。
23分にはモルが相手選手を交わしてシュートを放つがこれはゴールポストに弾かれた。

その後も一方的に攻め続けるドルトムントだがゴールが奪えない。
それでも45分、19歳のウスマン・デンベレがゴール前にパスを送るとオーバメヤンが反応し先制点を決めた。

さらに53分、味方選手がゴール前に向けて出したパスは1度相手選手にカットされるが、
そのこぼれ玉をウカシュ・ピシュチェクが押し込みドルトムントに追加点が入る。

しかし60分、縦パスを受けたフライブルクのマキシミリアン・フィリップがサイドを駆け上がり、最後は自らドリブルで仕掛けて得点を決めた。
1点差に詰め寄られたドルトムントだが、途中出場のゲレイロが後半アディショナルタイムにダメ押しの3点目を決める。

その後はリードを守りきり3-1の勝利をおさめている。
この結果、ドルトムントは公式戦4連勝となった。香川はヴォルフスブルク戦に続き2戦連続で出場していない。

【得点者】
45分 1-0 オーバメヤン(ドルトムント)
53分 2-0 ピシュチェク(ドルトムント)
60分 2-1 フィリップ(フライブルク)
90分+1分 3-1 ゲレイロ(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月24日(土)5時24分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929594.html
試合スコア
no title

ギュンドアン、将来のドルトムント復帰の可能性について「1~2年後だったらうれしくない」 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 20:33:44.18 ID:CAP_USER9
この夏にボルシア・ドルトムントからマンチェスター・シティに移籍したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、新天地で好スタートを切っている。その折、ドイツ『シュポルト・ビルト』で退団した古巣クラブとの関係や復帰する可能性について話している。

ギュンドアンは先日、シティ移籍を決断するにあたって、ドルトムントで4年間指導を受け、去年の秋からリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督からアドバイスをもらったことを明かした。だが、ドルトムントを離れる決断は以前に下していた様子。元クラブとは現在も良い関係にあると強調した。

「移籍が決まってから電話で(トーマス・トゥヘル監督と)けっこう話したし、ミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)やアキ・ヴァツケ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)とも連絡をとり合っている。みんなを試合観戦のためにマンチェスターに招待したんだ。そうやって彼ら3人にもう一度感謝を告げたいからね。すべてが誠実に、フェアに行われ、素晴らしかった」

「ファンが全員同じように考えることはないだろうが、僕は常にオープンに、率直に振る舞い、何も後悔することはないと思っている。(退団の決断が)僕のパフォーマンスに影響したとも思わないよ。トーマス・トゥヘルの下では、また以前とは異なるスタイルのサッカーができることを示せたんだ。もちろん、全員にとってすべてを正しくすることはできないが、お互い根に持つようなことは一切ないと思う」

一方、この先ドルトムントに復帰する可能性を問われると、ギュンドアンはこのように答えた。

「1~2年後にそうなった場合は、あまりうれしくないね。おそらく僕が失敗したか、それとも成長しなかったことを意味するからね。29~30歳になってからだと、(ドルトムントが)僕のことを望むのか分からない。完全に除外することはないが、今はほかの大きな目標を目指しているんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000014-goal-socc
no title

【ハイライト動画】ブンデス第4節 香川に出番ナシのドルトムント、未だ失点0のヴォルフスを怒涛の5ゴールで粉砕! 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 06:04:52.33 ID:CAP_USER9
香川ではなくゲッツェが先発

日本代表MF香川真司擁するドイツのドルトムントが20日、アウェイでブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦に臨んだ。

国内リーグ3試合を終えた時点で未だ無失点のヴォルフスブルクとの大一番で、指揮官トーマス・トゥヘルが先発に選んだのは香川ではなく、マリオ・ゲッツェだ。
さらにここ数試合ベンチから試合を見守っていたピエール・オバメヤンといったメンバーもスターティングイレブンに復帰。
試合は開始4分、マルク・バルトラのスルーパスに快速で抜け出したラファエル・ゲレイロが落ち着いて左足で流し込み、ドルトムントがあっという間に先制する。
昨季ロリアンでは左SBを務めていたゲレイロが、トゥヘルによる中盤へのコンバートに結果で応えることに。
さらに16分には満を持して先発からの登場となったオバメヤンが左サイドを華麗に突破し、ファーサイドネットへ突き刺す見事なシュートを決めて追加点。
ガボン代表ストライカーにとっての今季3ゴール目となり、ドルトムントはその後も成長著しいウスマン・デンベレやユリアン・ヴァイグルなど将来有望な若手らが躍動し、
アウェイの地でヴォルフスブルクを圧倒。
結局前半はドルトムントの2点リードで終了し、後半へ折り返す。

53分、いよいよホームのヴォルフスブルクが反撃の狼煙を上げる。
後半スタートからピッチへ投入されたセガンが右サイドからクロスを入れると、これに右足で合わせたのがこちらも後半からの出場となったディダヴィ。
点差を1に縮めたヴォルフスブルクは司令塔ドラクスラーのボールタッチ数も増え、前半とは打って変わって流れるような攻撃サッカーを見せる。
押され始めたドルトムントだったが、58分にはカウンターからデンベレが加入後初ゴールを決めて再びリードを2点差にすると、
62分にもカストロのパスからオバメヤンがこの日2ゴール目をマーク。
さらに73分、左CKからフリーのピシュチェクが頭で合わせ5-1と差を広げる。

結局最後まで香川に出番は与えられず、チームの華麗なるゴールラッシュをベンチから眺めることとなった。
新生ドルトムントのスタメンが固定される前に、一刻も早く信頼を回復したいところだろう。


[メンバー]
ヴォルフスブルク:カスティールス、ヴォルシャイト、ブルマ、ロドリゲス、ヴィエイリーニャ(→カリジウリ 63)、ドラクスラー、ゲルハルト、ブワシュチコフスキ、エンリケ(→ディダヴィ 46)、アーノルド(→セガン 46)、ゴメス

ドルトムント:ビュルキ、ピシュチェク、バルトラ(→M・ギンター 13)、パパスタトプーロス、シュメルツァー、ゲレイロ、プリシッチ(→カストロ 46)、ヴァイグル、デンベレ、ゲッツェ(→ローデ 68)、オバメヤン

[スコア]
ヴォルフスブルク 1-5 ドルトムント

[得点者]
ヴォルフスブルク:ディダヴィ(53)
ドルトムント:ゲレイロ(4)、オバメヤン(16、62)、デンベレ(58)、ピシュチェク(73)

http://www.theworldmagazine.jp

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010005-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 9月21日(水)4時49分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929588.html
試合スコア

no title

【ハイライト動画】【データ】ダルムシュタット戦 ドルトムント香川らのパスを比較した結果www 

419: 名無しさん 2016/09/18(日) 01:52:45.96 ID:m5Y9ZNIPO
>>1
ドルトムント 6-0 ダルムシュタット

スタメンMF
プリシッチ 17才
no title

デンベレ 19才
no title

ヴァイグル 21才
no title

ゲレイロ 22才
no title

カストロ 29才
no title


途中出場
モル 19才
no title

ローデ 25才
no title

香川 27才
no title

【レジア×ドルトムント試合結果】UCレジア・ワルシャワ戦 ドルトムントが6発快勝!!香川は出番なし[全ゴール動画有] 


欧州チャンピオンズリーグ 2016/2017 第00節
レジア・ワルシャワ 0-6 ボルシア・ドルトムント

■ 得点:
0-1 マリオ・ゲッツェ(前半7分)
0-2 ソクラティス・パパスタソプーロス(前半15分)
0-3 マルク・バルトラ(前半17分)
0-4 ラファエル・ゲレイロ(後半6分)
0-5 ゴンサロ・カストロ(後半31分)
0-6 ピエール・エメリク・オーバメヤン(後半42分)

▽キックオフ:2016/09/14(水) 20:45 │ 日本時間 09/15(木) 03:45
▽スタジアム:Pepsi Arena(Warszawa) 
▽主審:S. Karasev ▽副審:A. Averianov、T. Kalugin

CsVlSh1WYAArNRH

動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


香川真司、カップ戦要因に格下げか!?代表で輝けずドルトムントでも居場所なし 

867: 名無しさん 2016/09/14(水) 13:25:00.48 ID:I6Cz+zll0
香川真司ピンチ 代表で輝けずドルトムントでも居場所なし
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/189754/
■カップ戦要因に格下げか

 それでも所属クラブのドルトムントでは、攻撃陣の主軸としてチームメートとサポーターの信頼を勝ち取り、実に楽しそうにプレーしている。

 しかし、それも“昨季まで”だった。今季前にドルトムントはMFを中心に強力補強を敢行。香川の居場所がないのだ。

「ドイツ代表MFのゲッツェをバイエルン・ミュンヘンから、やはりドイツ代表MFのシュールレをボルフスブルクから引き入れた。ゲッツェはドルトムントOBで天才司令塔。シュールレはマインツ時代、現ドルトムントのトゥヘル監督の秘蔵っ子だった。2人とも試合に出場させる優先順位は、香川よりもはるかに上です。ほかにも“トルコのメッシ”と呼ばれる19歳MFエムレ、同じく19歳の快速MFデンベレを引き抜き、香川は余剰人員のような扱いになっている」(前出の記者)

 近々、カップ戦要員に格下げになると現地メディアは報じている。

 いよいよ香川、所属クラブでもピンチである。

no title

ドルトムント、国内サッカークラブの中でバイエルンを抑え”トップブランド”に!!大学が独自調査 

1: 名無しさん 2016/09/13(火) 18:36:29.28 ID:CAP_USER9
 ドイツ・ニーダーザクセン州にあるブラウンシュヴァイク工科大学が調べた調査によると、ドイツの全サッカークラブの中でドルトムントが最もブランド力の高いクラブのようだ。12日にドイツ紙『デア・ヴェステン』が報じている。

 同紙によると、クラブの評判や認知度などからブランドインデックス値を設定(最大値は100)。それを踏まえて計算すると、ドルトムントが66.43ポイントでトップとなり、続いてバイエルン・ミュンヘンが59.43ポイントで2位。ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)が56.18ポイントで3位と続いている。

 4位には宮市亮が所属するドイツ2部のザンクトパウリが入った。ランク外とはなったが、2009年にクラブが創設され7年間でブンデスリーガに昇格してきたRBライプツィヒが急激に認知度と人気が上昇しているとのこと。ドイツ・サッカークラブのブランド力ランキング(ブラウンシュヴァイク工科大学調べ)は以下の通り。

【ドイツ・サッカークラブのブランド力ランキング(ブランドインデックス値)】
1位 ドルトムント(66.43)
2位 バイエルン(59.43)
3位 ボルシアMG(56.18)
4位 ザンクトパウリ(53.66)
5位 ケルン(53.13)
6位 ブレーメン(52.32)
7位 シャルケ(51.73)
8位 ハンブルガーSV(49,50)
9位 SCフライブルク(49.20)
10位 ニュルンベルク(49.15)

http://www.footballchannel.jp/2016/09/13/post174403/
no title

日本代表の試合より ドルトムント見てる方が面白い 

1: 名無しさん 2016/09/10(土) 07:37:55.869 ID:g+j2WrW20
アジアでせせこましくやってる地味なチームより
香川率いるドルトムントが世界を制した瞬間を見たい

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索