Samurai Goal

ドルトムント


スポンサード リンク





10番・ゲッツェが今季限りでドルトムントに別れ…過去にはリーグ連覇に貢献 

20200523-00375039-usoccer-000-1-view

「ハーランドよりもお買い得」 香川ら、“ドルトムント史上最高のバーゲン補強”を英特集 

20200518-00262216-soccermzw-000-1-view

ハーランドがブンデス再開第1号!ドルトムントが4発完勝、シャルケとのダービー制す 

20200517-01070791-soccerk-000-5-view




1: 2020/05/17(日) 00:22:53.04
 ブンデスリーガ第26節が16日に行われ、ドルトムントとシャルケが対戦した。

 約2カ月ぶりにブンデスリーガが再開された。新型コロナウイルス感染拡大により、1部と2部ともに3月13日から中断していたが、5月16日から欧州主要リーグで最も早いリスタートを果たした。

 再開初日でさっそくドルトムントとシャルケによる“ルール・ダービー”が実現した。ホームのドルトムントは、主将のマルコ・ロイスら主力を負傷で欠き、ジェイドン・サンチョはベンチスタート。17歳MFジョヴァンニ・レイナはスタメンに入っていたが、試合前のアップ中にケガをして先発デビューはお預けに。代わりにトルガン・アザールが先発出場した。

 一方のシャルケは、中断前に負傷離脱していたサリフ・サネ、ダニエル・カリジュリ、スアト・セルダルらがスタメンに復帰した。なお、両チームのベンチには監督やコーチなどが距離をとって座り、両チームの控えメンバーは本来ならば客席エリアである場所に一定の距離を取って設置された特設ベンチで試合を見守った。

 無観客で行われた試合は、ドルトムントが29分に先制に成功した。ユリアン・ブラントのヒールパスでアザールが右サイドに抜け出し、DFとGKの間に鋭いクロスを供給。走り込んだアーリング・ハーランドが左足で合わせて先制点を挙げた。再開後のブンデスリーガ第1号を決めたハーランドは体を揺らすようなゴールパフォーマンスを披露。チームメイトもちゃんと距離を取って祝福していた。

 ドルトムントは45分、ラファエル・ゲレイロがブラントのスルーパスでペナルティエリア左に抜け出し、落ち着いてシュートをゴール右隅に沈めて追加点。後半立ち上がりの48分にはカウンターを仕掛けると、ブラントのパスを受けたアザールがエリア前から右足シュートを突き刺してリードを3点に広げた。

 さらにドルトムントは63分、左サイドから切り込んだゲレイロが、エリア前のハーランドとのワンツーでエリア内に抜け出すと、左足で押し込んで4点目。一方のシャルケは最大5人となった交代枠を全部使ったが、反撃は実らず。試合はこのまま終了し、ドルトムントが完勝でシャルケとのダービーを制した。

 次節、ドルトムントは23日にアウェイでヴォルフスブルクと、シャルケは24日にホームでアウクスブルクと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 4-0 シャルケ

【得点者】
1-0 29分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
2-0 45分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
3-0 48分 トルガン・アザール(ドルトムント)
4-0 63分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)

【スターティングメンバー】
ドルトムント(3-4-3)
ビュルキ;ピシュチェク、フンメルス、アカンジ;ハキミ、ダフード(87分 ゲッツェ)、デラネイ(68分 バレルディ)、ゲレイロ(87分 シュメルツァー);アザール(79分 サンチョ)、ハーランド、ブラント

シャルケ(3-4-3)
シューベルト;トディボ(46分 ブルクスタラー)、サネ、ナスタシッチ;ケニー(87分 ベッカー)、マケニー、セルダル(73分 シェプフ)、オツィプカ;カリジュリ(76分 ミランダ)、ラマン(46分 マトンド)、アリ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-01070791-soccerk-socc

ドルトムント、21世紀の最強ベストイレブン。新旧エース&2人の“小さなアタッカー”共演の豪華攻撃陣に 

20200509-00010009-goal-000-2-view

ドルトムント19歳ハーランド 今季欧州得点ランキング首位40点 

20200129_Erling-Haland_getty




1: 2020/04/16(木) 21:02:07.36
レアル・マドリードが今夏の移籍市場で獲得を目指すドルトムントのノルウェー代表FWハーランド(19)は今季、欧州で最も多くゴールを決め、世界的なストライカーになっているとスペイン紙マルカが16日に伝えている。

冬の移籍市場でザルツブルクから4500万ユーロ(約54億円)の移籍金でドルトムントに入団したハーランドは今季、公式戦通算40得点を記録し、欧州の公式戦得点ランキングでトップに立っている。

その内訳はザルツブルクで28得点(リーグ戦16得点、欧州チャンピオンズリーグ8得点、カップ戦4得点)、ドルトムントで12得点(リーグ戦9得点、欧州チャンピオンズリーグ2得点、カップ戦1得点)。

これにレバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)やエムバペ(パリサンジェルマン)、インモービレ(ラツィオ)、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、メッシ(バルセロナ)など、世界を代表する選手たちが続く。

今季のヨーロッパ公式戦得点ランキングは以下の通り。

1位 ハーランド(ドルトムント) 33試合40得点、1試合平均1.21得点

2位 レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン) 33試合39得点、1試合平均1.18得点

3位 エムバペ(パリサンジェルマン) 33試合30得点、1試合平均0.90得点

3位 インモービレ(ラツィオ) 33試合30得点、1試合平均0.90得点

5位 ヴァイスマン(ヴォルフスベルガー) 30試合29得点、1試合平均0.96得点

6位 ベルナー(ライプチヒ) 36試合27得点、1試合平均0.75得点

7位 ピッツィ(ベンフィカ) 40試合26得点、1試合平均0.65得点

8位 セルロート(トラブゾンスポル) 39試合25得点、1試合平均0.64得点

8位 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス) 32試合25得点、1試合平均0.78得点

10位 メッシ(バルセロナ) 31試合24得点、1試合平均0.77得点

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-24160614-nksports-socc

<マンチェスターU>史上最高額の補強を計画中!トットナムFWケーン、もしくはドルトムントFWサンチョ.. 

1: 2020/04/13(月) 18:20:20.94
プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドがサッカー史上最高額の補強を計画中だという。12日、スペイン紙アス電子版が報じたもので、来季は本拠地オールド・トラフォードを再び真の「夢の劇場(オールド・トラフォードの別名)」にすべく、獲得候補にさまざまな名前をリストアップ。特にトットナムFWケーン(26)、もしくはドルトムントFWサンチョ(20)の両イングランド代表の獲得をターゲットにしているという。

英紙デーリー・メールによると、トットナムがケーンの移籍金を2億2700万ユーロ(約272億4000万円)に設定したと報道。同金額はネイマールが17年夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍した時の2億2200万ユーロ(約266億4000万円)を上回る。実現すれば、サッカー史上最高額の計画となる。

またケーンとサンチョ以外にも、ドルトムント所属のノルウェー代表FWハーランド(19)獲得にも興味を持つが、スールシャール監督とハーランドの関係性はいいものの、レアル・マドリードやパリサンジェルマン移籍が有力視される。

補強を念頭にいれ、マンチェスター・ユナイテッドは選手の整理を考えており、アレックス・サンチェス、フィル・ジョーンズ、リンガード、アンドレス・ペレイラ、スモーリングらが候補に挙がっている。またポール・ポグバはレアル・マドリードやユベントス移籍の可能性が出ている。

[2020年4月13日9時30分] 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-24130083-nksports-socc

写真
no title

サッカー・ドルトムント、本拠地を新型コロナ医療センターとして活用 

img_8d0b261d72694b8edca3c4700a8dceb4179862




1: 2020/04/05(日) 05:26:56.40
【ドイツ】サッカー・ドルトムント、本拠地を新型コロナ医療センターとして活用


https://www.afpbb.com/articles/-/3277064

ドルトムント、本拠地を新型コロナ医療センターとして活用
2020年4月4日 11:56 
発信地:ベルリン/ドイツ


【4月4日 AFP】ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)は3日、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)となっている間、患者の治療を支援するために、同国最大級のサッカースタジアムである本拠地ジグナル・イドゥナ・パルク(Signal Iduna Park)の一部を医療センターとして活用すると発表した。

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴェツケ(Hans-Joachim Watzke)最高経営責任者(CEO)とマーケティング責任者を務めるカルステン・クラマー(Carsten Cramer)氏は、「われわれのスタジアムはこの街の象徴であり、その技術とインフラおよび広さは、感染が疑われている人々を助けるのに理想的な場所となり得る」「これによって他の患者や開業医とそのスタッフの感染を防ぎ、感染の連鎖も断ち切ることができる」と述べた。


 地元医療機関との連携で医療センターが設置されるのは、8万1000席を誇るスタジアムの名物「黄色い壁」の向かい側にある北スタンドになるという。この施設ではウイルス検査や処方箋の発行、さらには新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断された患者の初期治療も可能となっている。また、受け入れるのは症状が出ている患者のみで、診療時間は毎日正午から午後4時までとなっている。

 ドルトムント(Dortmund)の地元保健機関であるヴェストファーレン・リッペ保険医協会(KVWL)の責任者は、「発熱や呼吸困難が出たとき、まずサッカースタジアムに行くとは確かに奇妙ではあるが、ここには最適な環境がそろっている」とコメント。また、このスタジアムの存在が、同市北部にある新型コロナウイルス専門治療センターの負担を和らげるとも付け加えた。

 新型コロナウイルス対策として主要スタジアムが使用されるのは、欧州ではジグナル・イドゥナ・パルクが2例目となった。スペインでは同国1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)が、同じく8万1000席を誇る本拠地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)を医療物資の保管場所として提供している。(c)AFP

20歳FWサンチョ(ドルトムント)“禁断の移籍”合意? 現地紙がマンチェスターU移籍が水面下で合意? 

1: 2020/04/01(水) 01:19:08.10
イギリス『ミラー』が29日、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ(20)のに至ったと報じた。
もしこの取り引きが実現すれば、マンチェスター・シティ出身のイングランド代表FWにとっては禁断の移籍となる。

シティのアカデミーで育ったサンチョは2017年、ドルトムントに移籍。U-17ワールドカップ優勝の実績を引っさげ、10代にしてドイツ名門のレギュラーに定着した。
ところがますます価値が高騰するサンチョを巡ってはユナイテッド、チェルシー、リバプールが関心を持つなど、プレミアリーグ復帰が確実視されていた。

そうした中、ユナイテッドが交渉をリードしているようだ。『アイリッシュ・インデペンデント』の記事によれば、サンチョはドルトムント移籍前からマンチェスターへの帰還を念頭に置いていた模様。
ただ、シティはMFリヤド・マフレズやFWラヒーム・スターリングという壁が立ちはだかることで、戻るつもりにはなれなかったという。

移籍が実現した場合、1億ポンド(約133億円)以上とも言われる移籍金の15%をシティが受け取れる契約となっている模様。その上でユナイテッドは伝統の背番号7を準備しているそうだ。

3/31(火) 21:20配信ゲキサカ ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-43479327-gekisaka-socc

写真
no title

UEFA-CL決勝T1回戦第2戦 PSG×ドルトムント 結果 

c925888716a9a40e




1: 2020/03/12(木) 06:55:28.20
PSG   2-0 ドルトムント
第01戦 1-2
合計  3-2

[得点者]
ネイマール   (前半28分)PSG
フアン・ベルナト(前半46分)PSG
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085325

UEFA-CL決勝T1回戦 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

<15歳のドルトムントFW>U-19リーグ最多得点記録樹立!15シーズンぶりの快挙 

20200309-00366108-footballc-000-2-view




1: 2020/03/10(火) 07:49:26.05
ボルシア・ドルトムントの下部組織(U-19)に所属するFWユスファ・ムココが新記録を樹立した。

 現地時間8日に行われたU-19ブンデスリーガ第20節でドルトムントはU-19オーバーハウゼンと対戦した。この試合でムココは2ゴールを決め3-0の勝利に貢献した。

 この日の2得点で今季のゴール数を「34」としたムココは、2004/05シーズンにFWハルク・トゥルケリ(当時・U-19ボーフム)が記録した1シーズンの最多得点記録「33」を更新した。

 ムココは2004年11月にカメルーン人の両親から生まれたドイツ国籍を持つ少年だ。11歳にしてザンクト・パウリのU-15カテゴリーでチームの中心としてゴールを量産し、2016年5月にドルトムントの下部組織へ移籍する。そして昨季はドルトムントU-17でリーグ戦25試合に出場し46得点8アシストを記録。当時13歳ながらU-17ブンデスリーガの最多得点記録を樹立した。

 今季は15歳ながら、開幕戦で6得点を決め、これまで5度のハットトリックをマーク、リーグ戦8試合連続得点中と絶好調だ。果たしてムココはシーズン残り6試合で何ゴール決める事が出来るだろうか

3/9(月) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00366108-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索