Samurai Goal

ドルトムント


スポンサード リンク





19歳の怪物が止まらない!ハーランドの加入後8戦12発目でドルトムントがブレーメンに勝利 

20200223-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 2020/02/23(日) 01:30:35.47
ブンデスリーガ6試合で9ゴール
ブンデスリーガは22日に第23節が行われ、ブレーメンとドルトムントが対戦した。

リーグ戦4連敗中で降格圏17位に沈むブレーメン。苦しい状況が続く中、先月のDFBポカールでは勝利した(3-2)ドルトムントをホームに迎えた。直近のパフォーマンスで批判が相次ぐ大迫勇也だが、指揮官の信頼を受けて3試合連続の先発出場を果たしている。

一方先日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマン(PSG)に2-1で勝利し、勢いに乗りたいドルトムント。そのPSG戦と全く同じ11人を送り出し、最前線には加入後7試合で11ゴールと、世界中を震撼させる19歳ハーランドが入った。

試合はドルトムントがボールを握り、ブレーメンはプレス位置をミドルゾーンに設定し、構える展開に。ドルトムントは徐々に圧力を強めていくが、ラストパスが合わずにチャンスには至らないシーンが続く。大迫は守備に追われながら、攻撃時に中盤深い位置までボールを受けに下がるプレーが増えていく。

30分過ぎからはブレーメンにもチャンスが生まれたが、前半は得点が生まれず。スコアレスで折り返す。

後半に入ると、ドルトムントが再び攻勢。52分にハーランドが惜しいシュートを放つと、これで得たCKから先制に成功する。サンチョのボールにザカドゥがボレーで合わせた。勢いに乗るドルトムントは55分にもビッグチャンスを迎えたが、GKパブレンカが飛び出して防いだ。

そして66分、追加点が生まれる。決めたのは、またしてもハーランドだ。サンチョとハキミが右サイドを崩すと、クロスにワンタッチで合わせた。19歳の怪物が、加入後8試合で12ゴール目、ブンデスリーガでは9ゴール目を奪った。

その後はブレーメンも選手を入れ替えながら勝負に出るが、ラストパスの精度が低く、決定機は生まれない。試合はこのまま終了し、アウェイチームが2-0で勝利を飾った。

ドルトムントはこれで公式戦3連勝。勝ち点を45に伸ばし、首位バイエルンとの4ポイント差を維持した。一方のブレーメンは、リーグ戦5連敗。勝ち点17のままとなった。

■試合結果
ブレーメン 0-2 ドルトムント

■得点者
ドルトムント:ザカドゥ(53分)、ハーランド(66分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010001-goal-socc

ドルトムント怪物FWハーランド「10代選手価値ランク」で急浮上! 久保建英は何位? 

1: 2020/02/21(金) 09:04:28.05
写真
no title


欧州サッカー界でいま最もホットなライジングスターが、ノルウェー代表FWのアーリング・ハーランドだ。
 
 2016年に母国ブリンでプロデビューし、翌年にはモデルFK、そして2019年1月にはレッドブル・ザルツブルクと渡り歩いたストライカーは、2019年のU-20ワールドカップのホンジュラス戦で1試合9得点を記録して一躍脚光を浴びる。
 
 迎えた2019-20シーズンはレッドブル・ザルツブルクで、公式戦22試合で29ゴールと大爆発。今冬の移籍市場ではドルトムントに引き抜かれ、ここでも公式戦7試合で11ゴールと類稀な決定力を発揮する。2月18日のパリSG(CLラウンド・オブ16第1レグ)でも2得点で2-1の勝利に貢献。とくに77分の左足ミドルは文字通りのゴラッソだった。計10ゴールはロベルト・レバンドフスキと並び、今シーズンのCL得点ランク1位だ。
 
 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの19歳の怪物は、その“価値”も急騰中。パフォーマンス、移籍金、年齢、移籍の噂などを元に独自の市場価値を算出する『transfermarkt』の推定市場価格は、500万ユーロ(19年6月)→1200万ユーロ(19年9月)→3000万ユーロ(19年11月)→4500万ユーロ(19年12月)→6000万ユーロ(20年2月)とまさに右肩上がりだ。
 
 ハーランドのこの6000万ユーロという金額は、ティーンエージャーの中ではすでに世界2位だ。
 
【10代選手の推定市場価格ランキング(2020年2月20日現在)】

1位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)1億2000万ユーロ
2位:アーリング・ハーランド(ドルトムント)6000万ユーロ
3位:ロドリゴ(レアル・マドリー)5000万ユーロ
3位:ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)5000万ユーロ
5位:アンス・ファティ(バルセロナ)4000万ユーロ
5位:アルフォンソ・デイビス(バイエルン)4000万ユーロ
5位:フェラン・トーレス(バレンシア)4000万ユーロ
8位:エドゥアルド・カマビンガ(レンヌ)3500万ユーロ
8位:デヤン・クルセブスキ(パルマ)3500万ユーロ
8位:ライアン・セセニョン(トッテナム)3500万ユーロ
8位:カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)3500万ユーロ
 
 ちなみにアジア勢の10代プレーヤーだと、韓国代表のイ・ガンイン(バレンシア)が2000万ユーロで19位タイ、日本代表の久保建英(マジョルカ)が1500万ユーロで29位だ。
 
 いずれにしても、ハーランドはこのまま活躍を続ければ、数年以内に現時点で19名しかいない「1億ユーロ・プレーヤー」になる可能性を秘めていると言えるだろう。要注目だ。

2/20(木) 15:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200220-00069920-sdigestw-socc
 

19歳「ハーランド」が止まらない!CL史上最速で10ゴール到達&10代選手で初の同一大会二桁得点 

1: Egg ★ 2020/02/19(水) 07:29:27.12 ID:0YOJgaA99
ドルトムントの19歳、FWアーリング・ハーランドが止まらない。

18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ドルトムントはパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。先発したハーランドは、69分にクロスのこぼれ球を押し込んで先制点を奪う。そして同点に追いつかれた直後の77分、レイナのパスを受けて強烈なシュートを叩き込んだ。ドルトムントは2-1で先勝している。

ハーランドはこれで、ドルトムント加入後7試合で10ゴール。同期間中の欧州5大リーグの選手でトップスコアラーとなっている。

なお、CLでもデビューから7試合で10ゴールに到達。他の選手に4試合の差をつけ、史上最速で二桁得点を奪った。また、1シーズンで10ゴールを挙げた史上初の10代選手となっている。

勢いの止まらない“怪物”ハーランド。19歳の進化はとどまることを知らないようだ。

2/19(水) 7:19配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010004-goal-socc

写真
no title

UEFA-CL決勝T1回戦第1戦 ドルトムント×PSG、アトレティコ×リバプール 結果 

20200125-00010008-goal-000-1-view




1: 久太郎 ★ 2020/02/19(水) 06:55:25.87 ID:UWluL68h9
ドルトムント 2-1 PSG
[得点者]
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半24分)ドルトムント
ネイマール           (後半30分)PSG
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半32分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085317


アトレティコ・マドリード 1-0 リバプール
[得点者]
サウール・ニゲス(前半4分)アトレティコ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085320

決勝T1回結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

ハーランドvsムバッペの怪物対決が実現へ!ネイマールも復帰見込み。勝つのはドルトムントかPSGか 

20200218-00010026-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/18(火) 21:37:16.86 ID:Z3R7pnTl9
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ファーストレグ、ボルシア・ドルトムントvsパリ・サンジェルマン(PSG)が18日にシグナル・イドゥナ・パルクで開催される。

ブンデスリーガで3位に位置するドルトムントと、リーグ・アンで首位を快走するPSGによる対戦。『UEFA.com』が試合を前にスターティングメンバーを予想している

ドルトムントは、大腿部を負傷しているエースのマルコ・ロイスに加え、トーマス・デラネイが負傷により欠場。足首を痛めているユリアン・ブラントは出場が微妙な状況だ。一方のPSGはコリン・ダグバとアブドゥ・ディアロがこの試合に間に合わず、最終ラインの層に不安が残る。

注目は19歳のアーリング・ハーランドと21歳のキリアン・ムバッペの若き怪物対決。今冬にザルツブルクからドルトムント入りしたハーランドは、公式戦6試合の出場で既に9得点と、その得点力を早くも発揮。1月のブンデスリーガ最優秀選手にも選ばれた。一方のムバッペも、今季公式戦28試合で24得点15アシストと素晴らしい成績を残している。

そのほか、PSGではネイマールがこの試合で負傷から復帰する見込み。また、PSGを率いるトーマス・トゥヘル監督にとっては、初めての古巣対決となる。

試合は日本時間19日の早朝5時にキックオフ(日本ではDAZNで放送)を迎える。予想スタメンは以下のとおり。

【ドルトムント予想スタメン(3-4-2-1)】
GK:ビュルキ
DF:ザカドゥ、フンメルス、ピシュチェク
MF:ハキミ、エムレ・ジャン、ヴィツェル、ラファエル・ゲレーロ
MF:サンチョ、T・アザール
FW:ハーランド

【PSG予想スタメン(4-4-2)】
GK:ケイラー・ナバス
DF:ムニエ、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ベルナト
MF:ディ・マリア、ゲイェ、ヴェッラッティ、ネイマール
FW:イカルディ、ムバッペ

2/18(火) 20:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010026-goal-socc

ドルトムント、サンチョの移籍金を140億円に設定…今夏の移籍が濃厚か 

20200213-00010005-goal-000-1-view[1]

ハーランドの連発記録がストップ…レヴァークーゼン、ドルトムントとの打ち合い制す 

20200209-01032064-soccerk-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/09(日) 11:40:28.42 ID:x3KLFeB89
 ブンデスリーガ第21節が8日に行われ、レヴァークーゼンとドルトムントが対戦した。

 ホームのレヴァークーゼンは20分、ケヴィン・フォラントが相手DFの裏に抜けて、ナディーム・アミリのスルーパスを受け取る。フォラントはエリア内まで持ち運んでシュートを放つと、ゴール右に決まった。レヴァークーゼンが先制に成功する。

 追いつきたいドルトムントは22分に右コーナーキックを獲得。ジェイドン・サンチョがクロスを上げると、マッツ・フンメルスが頭で合わせてゴール左に押し込んだ。ドルトムントが同点に追いつく。

 ドルトムントはさらに33分、エムレ・ジャンがこぼれ球を拾うとエリア外からミドルシュートを放つ。ボールはゴール右上に鮮やかに決まり、ドルトムントが逆転に成功。

 前半終盤の43分、レヴァークーゼンが左コーナーキックを起点にクロスを供給。ヨナタン・ターがゴール前で折り返すと、ゴール正面のフォラントが押し込みゴールネットを揺らした。レヴァークーゼンが2-2と同点に追いつき、前半を折り返す。

 ドルトムントは64分、アクラフ・ハキミが左サイドからボックス内に入ってきたラファエル・ゲレイロにスルーパス。ゲレイロは右足を振り抜くと、ゴール右に流れて、ドルトムントが3点目を挙げた。

 失点したレヴァークーゼンは81分、カイ・ハフェルツはペナルティーアーク付近でフリーになっていたフォラントにパス。このパスをエムレ・ジャンがカットすると、こぼれたところをレオン・ベイリーが詰める。ベイリーのシュートはファーサイドに決まり、レヴァークーゼンが3-3と同点に追いついた。

 さらに直後の82分、デーリー・シンクフラーフェンが左サイドからクロスを供給すると、ラース・ベンダーがヘディングでゴール右上に決めた。レヴァークーゼンが逆転に成功すると、その後スコアは動かず試合終了。レヴァークーゼンがドルトムントとの打ち合いを制した。

 この結果、ドルトムントは勝ち点「39」で暫定3位となっている。なお、ドルトムント加入から公式戦4戦連続ゴールを記録していたアーリング・ハーランドが不発に終わった。一方、レヴァークーゼンは勝ち点「37」で暫定5位に浮上した。

【スコア】
レヴァークーゼン 4-3 ドルトムント

【得点者】
20分 1-0 ケヴィン・フォラント(レヴァークーゼン)
22分 1-1 マッツ・フンメルス(ドルトムント)
33分 1-2 エムレ・ジャン(ドルトムント)
43分 2-2 ケヴィン・フォラント(レヴァークーゼン)
64分 2-3 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
81分 3-3 レオン・ベイリー(レヴァークーゼン)
82分 4-3 ラース・ベンダー(レヴァークーゼン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-01032064-soccerk-socc

ハーランドがデビューから4戦連発も大迫が決勝点アシストのブレーメンがドルトムント撃破!《DFBポカール》 

20200205-00369615-usoccer-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/05(水) 08:14:58.74 ID:ToecnvnT9
DFBポカール3回戦、ブレーメンvsドルトムントが4日に行われ、3-2でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は90分までプレーしている。

2回戦でハイデンヘイムに勝利したブレーメンはリーグ戦で先発落ちしている大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。

一方、ボルシアMGに勝利したドルトムントは加入以降衝撃的な活躍を続けているハーランドと新戦力のジャンがベンチスタートとなって3トップにはロイス、サンチョ、T・アザールが入った。

立ち上がりからボールを保持したドルトムントに対し、自陣に引いて待ち構えるブレーメンは11分、大迫がヘディングシュートを、クラーセンがミドルシュートを浴びせていくと、16分に先制した。

敵陣でハキミからボールを奪った流れからラシカがGK強襲のシュートを放つと、ルーズボールをゼルケが押し込んだ。

ゼルケの復帰後初弾が生まれたブレーメンが効果的なカウンターを繰り出して流れを引き寄せる中、24分のフンメルスのバイシクルシュートはGKパブレンカがファインセーブで阻止した。

すると30分、ブレーメンに追加点が生まれる。左CKのルーズボールをボックス手前右のビッテンコートが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。

ハーフタイムにかけてもドルトムントにポゼッションを譲って守備重視の戦いを見せたブレーメンは43分に3点目のチャンス。だが、ボックス左へ独走したゼルケはGKヒッツとの一対一を決めきれず、2点のリードで前半を終えた。

後半からT・アザールに代えてハーランドを投入したドルトムントに対し、ブレーメンは前半終盤に足を痛めていたゼルケがプレー続行不可能となって、後半開始5分にサージェントが投入された。

前半同様にドルトムントが押し込む流れが続く中、自陣に引くブレーメンは水際で耐えていく。

しかし67分、ドルトムントが1点差に詰め寄る。サンチョのスルーパスでボックス右深くまで侵入したブラントの折り返しをハーランドが押し込んだ。

ハーランドの4戦連発弾が決まったドルトムントだったが、70分にブレーメンが再び突き放す。大迫のスルーパスを受けたラシカがボックス右からシュートを決めきった。

それでも諦めないドルトムントはボックス手前左からレイナのコントロールシュートが決まって3-2。終盤にかけてもドルトムントが攻勢をかけたが、GKパブレンカの好守もあってブレーメンが逃げ切り。ベスト8進出を決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00369615-usoccer-socc

驚異のハーランド、またも2ゴールで3戦連発!ドルトムントは3試合15ゴールで3連勝 

20200202-00010000-goal-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/02(日) 01:31:39.19 ID:FKVdckt79
暫定3位に浮上
ブンデスリーガ第20節が1日に行われ、ドルトムントとウニオン・ベルリンが対戦した。

シーズン前半戦ではウニオン・ベルリンにアップセットを許したドルトムント。加入から2試合で5ゴールを奪うアーリング・ハーランドがついに先発メンバー入り。マルコ・ロイスやジェイドン・サンチョと前線でユニットを組んだ。

試合は12分にドルトムントが先制。サンチョが左サイドから仕掛けると、カットインしてシュート。これがDFに当たりながら、ゴールへ吸い込まれた。直後の18分には右サイドのクロスをGKが弾いたところをハーランドが押し込み、あっという間に2-0に。ハーランドは加入から3試合連続ゴールとなった。

ドルトムントが前半を2点リードで終えると、68分にはPKをロイスが沈めて3点差に。70分にもアクセル・ヴィツェルが追加点。76分には、ゴール前で細かく回し、最後はハーランドが左足を振り抜き2試合連続のドッペルパックを達成。5-0と大勝を収め、3連勝を飾った。

ドルトムントは後半戦3試合でいずれも5得点を記録。新加入ハーランドはすべての試合でゴールを挙げ、チームをけん引している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010000-goal-socc

<怪物19歳ハーランド>途中出場から2ゴールで2試合連続弾!ドルトムントは5発完勝.. 

1: Egg ★ 2020/01/25(土) 07:25:14.52 ID:JT74Y2YM9
ブンデスリーガ第19節が24日に行われ、ドルトムントとケルンが対戦した。

ドルトムントはマルコ・ロイス、ジェイドン・サンチョ、トルガン・アザールが先発。前節、ハットトリックのアーリング・ハーランドはベンチスタートとなった。

試合は開始からわずか1分で先制。縦に速い攻撃から、最後はサンチョのクロスにラファエル・ゲレイロが右足で合わせ、ゴールを陥れる。

29分にはマッツ・フンメルスからのフィードにロイスが抜け出す。そのままワンタッチで流し込み、2点差に。後半開始早々の48分には、ロイスのパスを受けたサンチョが強烈なシュートを右足で突き刺し、3-0と試合を決定づける。

64分には、コーナーキックからの流れでマルク・ウートが角度のないところからボレーで叩き込み、ケルンが1点を返す。ドルトムントは直後にハーランドを投入すると、77分に結果を残す。ゲレイロのシュートがGKに弾かれたところをハーランドが押し込み、再びリードは3点に。

終了間際にはスピードを生かして抜け出したハーランドがGKをかわしてフィニッシュ。角度はなかったが、左足で流し入れた。試合はそのまま終了し、ドルトムントが5-1と勝利。2020年連勝を達成している。

1/25(土) 6:22配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010000-goal-socc

ハーランドは2試合で5得点

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索