Samurai Goal

ドリブル


スポンサード リンク





リーガ公式「ボールを奪うことは不可能」久保建英がドリブルでトップ5入り! 2位に“スーパーGK”の名前も 

スクリーンショット 2020-07-28 21.59.43

久保建英の3人抜きドリブルは圧巻! 0-2敗戦もスペイン紙は高評価「全体的に素晴らしい印象」 

20200625-00378514-footballc-000-6-view




1: 2020/06/25(木) 08:12:44.38
【レアル 2-0 マジョルカ リーガエスパニョーラ第31節】
 
 リーガエスパニョーラ第31節、レアル・マドリード対マジョルカの試合が現地時間24日に行われ、マジョルカは0-2の敗戦を喫した。試合には敗れたものの、スペイン紙はマジョルカに所属する19歳の久保建英に高評価を与えている。

久保は先発出場。19分、ルカ・モドリッチからパスを受けたヴィニシウス・ジュニオールが浮き玉のシュートを決めてマドリーに先制点が入る。56分には、ゴール真正面のフリーキックからセルヒオ・ラモスが直接ゴールを決めてマドリーに追加点が入った。久保はフル出場を果たしたが1点も奪うことが出来ず、マジョルカは0-2の敗戦を喫している。

 結果を残せなかったとはいえ、久保はレベルの違いを示した。特に62分のシーンでは、マドリーの選手3人を抜き去り自らシュートを放ってチャンスを作り出している。
スペイン紙『アス』は「久保は全体的に素晴らしい印象。スラローム(蛇行走行)からサイドネットに突き刺すシュートを放った」と評価。また、スペイン紙『マルカ』は「サイドネットに阻まれたが、久保が自ら仕掛けて技を披露した。彼にはかけがえのない個性と魅力がある」とコメントし、星2つの評価を与えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9525a71fb03ed0523aea23abd4f725d9098e16bb
6/25(木) 7:57配信

中田英寿「サッカー少年が一番やるべき練習はドリブルの練習」 

20180603_hidetoshi-nakata5267




1: 2020/05/17(日) 19:27:05.23 0
世界を見てきた中田曰くドリブルの練習が一番大事なんだってよ

久保建英、フリーキックは「C・ロナウド」、ドリブルは「メッシ」の方がより気に入っている 

1: 2020/03/19(木) 04:34:55.14
スペイン1部のマジョルカに所属する日本代表MF久保建英は、レアル・マドリードのトップチームで練習に参加して最も強烈な印象を受けた選手としてスペイン代表MFイスコを挙げている。マジョルカのFWクチョ・エルナンデスがSNSを通して久保に“インタビュー”を行った中でのコメントをスペイン紙『マルカ』が伝えた

 久保は昨年夏にFC東京からマドリーへ完全移籍。当初はBチームでのプレーが見込まれながらもトップチームのプレシーズンキャンプに参加し、その後リーガ1部での出場経験を積むためマジョルカへのレンタルを決めた。

「(マドリーで)練習に参加した時、本当に凄いと思ったのはイスコ」と久保はコメント。「良い選手だというのは知っていたけど、一緒に練習をしてみると信じられないほどだと分かった」と衝撃を振り返っている。

 久保はまた、サッカー界の2大スターであるクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシについても質問を受けた。「マンチェスター・ユナイテッドの頃のクリスティアーノの方が好きだったけど、マドリーではより点取り屋っぽくなった」と久保は返答し、フリーキックに関してはC・ロナウド、ドリブルに関してはメッシの方がより気に入っているとも話している。

 レンタルの形でマジョルカに在籍している久保は、来季以降の去就も注目されている。だが「まずはマジョルカを(降格から)救いたい」と今季のプレーに集中する姿勢を強調した。

3/18(水) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00367424-footballc-socc

写真
no title

相手がドリブルするボールに“ボール”を投げ一発退場 マケドニア 

20200227-00248669-soccermzw-000-2-view




1: 2020/02/27(木) 19:45:58.55
海外騒然の退場劇 ボールに“ボール”を投げる衝撃の妨害行為に反響「異常な行動」

マケドニア1部アカデミヤ・パンデフのDFコストフが衝撃の行動で一発退場
 マケドニア1部のリーグ戦で驚きの退場劇が起こった。インプレーの最中、相手がドリブルするボールに対してディフェンダーが別のボールを投げ当てて攻撃を阻み、レッドカードで一発退場。海外メディアも「ハンドボール!!」「異常な行動」と報じている。

【動画】「どうやった?!」と海外騒然 マケドニアDFがボールにボールを当てる“妨害行為”で一発退場
https://twitter.com/i/status/1232576031774724097

 注目を集めているのは現地時間23日に行われたマケドニア1部リーグ第20節、マケドニヤ・ジョルチェ・ペトロフ(マケドニアGJP)とアカデミヤ・パンデフの一戦だ。

 0-0と膠着状態が続いたなかで迎えた後半20分だった。マケドニアGJPの選手が左サイドをドリブルで駆け上がるなか、追いかけるアカデミヤ・パンデフDFステファン・コストフの手にはなぜか別のボールを抱えている。そして、相手がクロスを上げようとした瞬間、無防備になったボール目掛けて持っていたボールを投げ、華麗に命中させた。

 当然ながら主審は笛を吹いてプレーを止め、コストフにはレッドカードが提示されて一発退場。1人少なくなったアカデミヤ・パンデフは後半アディショナルタイムに失点して0-1で敗れている。

 英公共放送「BBC」のスポーツ専門ツイッターは、「ハンドボール!! どうやった?! なぜ?!」と動画を投稿。「ボールはどこからやって来た?」との一文も付け加えている。また、ポーランドのスポーツ専門チャンネル「TVP Sport」は「奇妙な中断。彼は投げた…ボールにボールを投げた」と見出しを打ち、「マケドニアリーグで異常な行動。ステファン・コストフは非常にレアな形でレッドカードを受けた。相手の足元のボールに“二つ目のボール”を投げつけることを決めた」と驚きを持って報じている。

 コストフの衝撃的な行動は、国境を超えて世界で反響を呼んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00248669-soccermzw-socc
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索