Samurai Goal

ドイツ代表


スポンサード リンク





「優勝国を封じ込める事が出来た」UEFA“フランス戦”についてドイツ代表レーヴ監督がコメント 

キャプチャ
1 2018/09/08(土) 18:27:49.73 _USER9
ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が、フランス戦の感想を語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が7日に伝えている。

 UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1の第1節が6日に行われ、フランス代表とドイツ代表が対戦。“新旧W杯王者”の一戦はスコアレスドローに終わった。

 レーヴ監督は試合を振り返り、チームのパフォーマンスを評価した。

「我々がどのような戦いをするのかが重要だった。チームとしていいパフォーマンスができたと思っている。しかし、確実に得点のチャンスはあった。守備面は非常によかった。ワールドカップ優勝国を封じ込めることができた」

「今日はベストを尽くし、全力で取り組めていた。しかし、今日の試合でワールドカップの埋め合わせができたとは思っていない。名誉挽回の機会は次の大会だけだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827580-soccerk-socc

「フランス×ドイツ」がUEFAネーションズリーグで対決!結果はスコアレスドローに!! 

1 2018/09/07(金) 06:03:00.90 _USER9
UEFAネーションズリーグは6日にリーグAの試合が行われ、グループ1ではドイツとフランスが対戦した。

今夏新たに設置されたUEFAネーションズリーグ。およそ10カ月かけて欧州の頂点を決めるUEFAの新たな戦いは、現W杯王者と前W杯王者の激突という、世界屈指の好カードで幕を開けた。

ロシアW杯で20年ぶりの優勝を飾ったフランスは、クロアチアとの決勝戦からのメンバー変更は1人のみ。負傷離脱している守護神ロリスに代わり、アレオラがゴールマウスに入った。ムバッペやグリーズマン、ポグバらが軒並み先発している。

対するブラジルW杯王者ドイツは、主将ノイアーの他、フンメルスやボアテング、ミュラー、クロースなど重鎮メンバーが先発。代表引退したエジルらの代わりに、ギンターやゴレツカなど若いメンバーがスタメン入りしている。

試合は、やはりドイツがボールを握って激しいプレッシャーをかけ、フランスがカウンターをねらう展開となる。アレオラがヴェルナーのシュートをセーブし、ノイアーがジルーのヘッドを防ぐなど、両守護神もゲームを引き締め、前半はスコアレスで折り返す。

後半はドイツが主導権を握る展開に。フンメルスやロイス、ギンターが決定機を迎え、何度も枠内シュートを放つものの、フランス守護神アレオラが好セーブを連発。ゴールを許さない。

結局、試合はスコアレスで終了。記念すべきUEFAネーションズリーグ・リーグA開幕戦は、0-0に終わった。

■試合結果

ドイツ 0-0 フランス

 

9/7(金) 5:38配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000020-goal-socc

写真
no title

ドイツ代表レーブ監督、“W杯敗退”を振り返り自身の過ちを語る 

pht_JoachimLoew
1 2018/08/30(木) 18:30:37.71 _USER9
グループステージ敗退という格好で今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)から去った前大会王者のドイツ代表。ヨアヒム・レーブ監督は29日に開かれた記者会見で、主な敗因に自身の戦術アプローチを挙げた。

2014年のブラジル大会では世界王者に輝いたドイツだが、ロシアではメキシコとの初戦を0-1で落とすと、スウェーデンには2-1で勝つも、グループステージ最終節の韓国戦は0-2と敗れて、まさかのグループステージ敗退。その直後の数日間は「フラストレーション、失望、怒りの日々だった」と振り返るレーブ監督だが、「勝利するときと同様、失敗でも原因は一つだけではない」と語りながら、次のように自身の見解を述べた。

「我々は特に2010年大会、2014年大会と過去のW杯、そして今回のW杯をもう一度細かく分析し、データを照らし合わせた。2010年の大会では堅い守備、コンパクトさを象徴するチームで臨み、特に数々のスピーディーなカウンターにより準決勝まで勝ち上がり、良い大会を過ごせた。もちろん、それからも常に発展を続け、2014年は優勝を成し遂げている。今年は、2014年の結果としてポゼッション、相手を完全に圧倒することで勝利を収めようとするチームとなっていた」

レーブ監督の考えでは、2014年大会を制したことで、プレースタイルを変えざるを得なかったようだ。

「すべてのデータにおいて一つの事柄が明かされる。2014年はすべてに関してバランスが取れていたことだ。2014年以降、2018年に向けてポゼッションにおいて発展をせざるを得なかった理由は2014年大会にある。何故なら、そこから相手はより引いて守るようになったからだ。ブラジルでのブラジル戦(7-1でドイツが勝利)が影響し、常に守備に人数をかける相手と対戦することになったんだ」

「今回のW杯は以前の大会に比べて守備が最大限に重視される大会だった。ほぼ全チームは3人のアタッカーのみでプレーし、カウンター攻撃が非常に重視されるようになったんだ。以前と比べてはるかにたくさんのゴールはカウンターやセットプレーから生まれた」

「ということはポゼッションサッカーの時代が終わったのだろうか」と取材陣に問いかけ、次のように続けた。

「ドイツではバイエルン・ミュンヘン、フランスではパリ・サンジェルマン、スペインではバルセロナ、イングランドではマンチェスター・シティがそれぞれ高いポゼッション率を維持しながら、非常に攻撃的なプレーを見せるチームだ。だが、チャンピオンズリーグ(CL)で3連覇を成し遂げているのはレアル・マドリーという少しばかりか異なるスタイルのチーム。ポゼッションはリーグといった長期に渡ったコンペティションでは今後も重要であり続けるだろうが、CLやW杯などKOトーナメント式の大会ではスタイルを工夫しなければいけなくなる」

「私の最大の誤認識、最大の過ちは、相手を圧倒するサッカー、ポゼッションサッカーで、少なくともグループステージを突破できると考えたことだ。だが、そのようなプレーを実践するためには、すべての条件が揃う必要がある。高いリスクを冒すため、すべてがフィットしなければいけなるなる。だが、それら条件は揃わなかったんだ。傲慢だったとも言えるだろう。私はそのアプローチを極めて、(そのシステムを)さらに完璧にしたかった。より安定感のある安全なプレーに向けて、チームを準備しなければいけなかったね」

戦術面でのバランスの傾きを主な敗因に挙げるレーブ監督。チームマネジャーのオリバー・ビアホフ氏とともに登壇し、2時間近くの会見では、さらに敗退につながったもう一つの要因として、「情熱を掻き立て、試合ごとにその熱気が増していかなければいけないが、今大会ではチームに新たな刺激を与えること、新たな火を起こして大きな炎を掻き立てることができなかった」とも認めている。しかし、今後については「戦略面でのバランスが整え、情熱もまた吹き込むことができれば、とても良い基盤となるだろう」と前向きな姿勢も示し、チームの立て直しへの意気込みをうかがわせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000004-goal-socc

ドイツ代表“新メンバー発表”マンC・ザネが復帰!!果たして再建なるか! 

f6d2f_1610_4649d6af_a935b3cd

1 2018/08/30(木) 00:39:34.16 _USER9
ドイツサッカー連盟(DFB)は、9月に行われるUEFAネーションズリーグのフランス戦およびペルー代表との国際親善試合に向けた招集メンバー23名を発表した。

【2018年ロシアW杯】得点ランキング

ドイツ代表はロシアワールドカップでまさかのグループリーグ敗退。屈辱的な結果からの再起を図る。2022年までの契約を残していたヨアヒム・レーブ監督は続投し、引き続き代表チームの指揮を執り続けることになった。
ワールドカップメンバーからは6人が入れ替えられた。代表引退を表明したMFメスト・エジルとFWマリオ・ゴメスのほか、GKケヴィン・トラップ、DFマルヴィン・プラッテンハルト、MFサミ・ケディラ、MFセバスティアン・ルディが外れている。

代わって、ワールドカップでは最終メンバーからまさかの落選となったマンチェスター・シティのFWレロイ・ザネが復帰。同じくワールドカップの候補メンバーだったDFヨナタン・ターとFWニルス・ペーターゼンも復帰した。
代表出場経験のないDFニコ・シュルツ、DFティロ・ケーラー、MFカイ・ハフェルツも招集されている。

ドイツ代表は9月6日にフランスと、同9日にペルーといずれもホームで対戦する。招集メンバーは以下の通り。

▽GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)

▽DF
ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
マティアス・ギンター(ボルシアMG)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)

▽MF
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン・ミュンヘン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)

▽FW
ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
レロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

8/29(水) 21:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00287350-footballc-socc

ドイツサッカー連盟会長が“今さら”エジルに謝罪!!「エジルを守るべきだった」 

mesut-ozil-germany-world-cup-27062018_zdzqtj89vmqr1dzsyoqzeyd9u
ドイツサッカー連盟の会長を務めるラインハルト・グリンデル会長が、代表引退を表明したMFメスト・エジルに対して謝意を示している。

ドイツ紙『ビルト』が報じた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000013-goal-socc

ドイツ代表クロースがエジルの“人種差別批判”を批難!!『ナンセンス』 

766f68ca
1 2018/08/17(金) 23:12:21.74 _USER9
サッカードイツ代表のトニ・クロースは、先月代表引退を表明したメスト・エジルのチーム内での人種差別批判は「不適切」だったと語った。

 28歳のクロースは独紙ビルト(Bild)に対し「実際メストは代表で長くプレーした選手であり、サッカー選手としてより良い幕引きに値した」と語った。

「私は何年もメストとともにプレーし、彼がナイスガイであることを知っている。しかし、彼の引退の方法は不適切だった」

「公平で理にかなった彼の発表文には、ナンセンスな内容がかなり含まれており、それによって残念ながら見劣りするものになった」

「ドイツ代表とドイツサッカー連盟(DFB)の中に人種差別がなかったことは、彼自身も知っていたと思う」

「それどころか、われわれは多様性や融和に対して常に意識を注いできた。他の多くのチームメートとともに、メストはその良い一例だった」

 29歳のエジルは先月、3部に分かれた発表文で代表チームから引退を認め、その中でDFBのラインハルト・グリンデル(Reinhard Grindel)会長を非難するなど大きな騒動を引き起こした。

 クロースはまた、イルカイ・ギュンドガン(Ilkay Guendogan)同様トルコにルーツを持つエジルが、同国のレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領と面会し、2か月間も沈黙を続けたことは間違っていたと話した。

「メストはあの(エルドアン大統領との面会時の)写真のことで批判された。それは適切だ」とクロースは述べ、「そして自身について説明する機会を逃した」と続けた。

「それにもかかわらず、彼はコーチ陣や代表チームからしっかりとサポートを受けた」

「後になって彼は他の選手たち同様、W杯ロシア大会(2018 World Cup)でのパフォーマンスを非難された」

「確かにこの種の批判は常に正当なものとは限らないが、一人の選手としてそれに対処しなければならない」

 W杯で惨敗したドイツの世界ランキングは、15位にまで急降下。9月6日には新たに創設されたUEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2018-19)で世界王者のフランスと対戦するが、これはドイツにとってW杯終了後初の試合になる。

 ドイツを率いるヨアヒム・レーブ(Joachim Loew)監督は全面的な刷新を約束しているが、クロースは引退を勧告する声に対して抵抗の意を示した。

「私は2020年まで続けるつもりだ。そして、前回のW杯の結果をはるかに超えるような目標を立てた」

 レーブ監督は、代表でのキャリアを続けるというクロースの決定を歓迎した。

 指揮官はDFBのウェブサイトで「彼は経験と気品、人間性を備えており、もちろんわれわれの将来的なプランの中で非常に重要な役割を担うことになるキープレーヤーだ。ピッチの内外でね」と話したが、エジルの失態についてはコメントしなかった。
74eb84f3-c0be-458c-942e-5e16afcc0f47

8/17(金) 13:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000016-jij_afp-socc

ドイツと日本の“サッカー格差”とは⁉『日本も“サッカーの国”になる』 

1 2018/08/13(月) 19:32:38.25 _USER9
元Jリーグ監督のエンゲルス氏、1980年代に来日した際に受けた衝撃
「日本は労働時間、通勤時間が長くて、土地が高い。一般人がスポーツを楽しむのが物凄く難しい国。でも歴史は速やかには形成されない。できたことをポジティブに楽観視していってほしい」――ゲルト・エンゲルス(現・ヴィッセル神戸ヘッドコーチ)

 ゲルト・エンゲルスは、ケルン体育大学を卒業するとともに来日し、地域のクラブチームや滝川二高のコーチを経て、プロの指導に携わるようになった。長く日本に住み、様々なカテゴリーで指導を重ねてきただけに、この国の文化や環境への理解にも独特の深みがある。

 来日したのは1980年代。ショックだったのは、テレビにサッカー番組がまったく見当たらず、新聞にもリーグ戦の成績が載っていないことだった。

「だから自分がどんなカテゴリーで試合をしているのか、まったく分からなかった。ドイツなら8部リーグまで全ての試合の結果が載るからね。それに試合をするグラウンドが酷かった。ドイツでは、10部のチームにもホームグラウンドがある。ところが僕が最初に所属したクラブは、今週は大学のグラウンド、次は市のグラウンドという具合いで、前後には他の試合も行われる。とても公式戦とは呼べなかった」

 しかしそんな日本にも、やがてプロが創設されて、気がつけば6大会連続してワールドカップに出場した。

「いつかは日本も“サッカーの国”になると思う。でもサッカーの歴史は、そんなに速やかには形成されない。日本は労働時間、通勤時間が長くて、土地が高い。一般人がスポーツを楽しむのも物凄く難しい国だ。それでも育成組織が整い、たくさんのグラウンドができて、そこで大人も子供も楽しむようになった。そういう環境ができて初めてピラミッドの土台が広がっていく。そこが一番大切なんだよ」



2018.08.13 the answer
https://the-ans.jp/column/33372/

写真
no title

ドイツ代表“最優秀選手賞”をレアル・クロースが獲得 !!  

1 2018/08/06(月) 22:20:11.82 _USER9
クロースが2017/18ドイツ最優秀選手賞を獲得

レアル・マドリードMFトニ・クロースは、ドイツのスポーツ紙『kicker』が主催したスポーツジャーナリスト達の投票により、2017/18シーズンのドイツ年間最優秀選手に選出された。
クロースは185票を獲得。フライブルグ所属のFWニルス・ペテルセンの39票、シャルケ所属のブラジル人DFナウドが獲得した38票を大きく上回りこの栄冠を手にしている。

1990年にドイツ東部のグライフスヴァルトで生まれ、父親の影響から地元クラブのグライフスヴァルトSCでサッカーを始めたクロースは、ハンサ・ロストックの下部組織に進むと瞬く間に頭角を現した。
2006年にはバイエルン・ミュンヘンと2012年までの契約を締結。下部組織で経験を積み、2007年9月に18歳8か月でトップデビューを果たした。これはバイエルンでの最年少ブンデスリーガデビュー記録となった。

その後2008/09シーズン途中から2009/10シーズン終了までバイヤー・レヴァークーゼンへとローン移籍を経験し、そこで大きな飛躍を遂げた。
2010/11シーズンからはバイエルンへ復帰し、ブンデスリーガのタイトルを3回(07/08、12/13、13/14)、DFBポカールを3回(08、13、14)、リーグカップを1回(07)、欧州CLを1回(12/13)、FIFAクラブW杯を1回(13)と数多くのタイトル獲得に貢献した。
ドイツ代表では、2014のブラジルW杯で世界王者となり、同年に移籍金2,500万ユーロ(約32億円)でレアル・マドリーへと加入し6年契約を結んだ。

女子部門の最優秀選手は、オリンピック・リヨン所属のドイツ代表キャプテン、ジェニファー・マロジャンが105票を獲得し、同賞3度目の受賞となった。
最優秀監督賞には、バイエルンの前指揮官ユップ・ハインケスが91票を獲得し、シャルケ監督のドメニコ・テデスコ(89票)を僅差ながら退けた。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00010016-sportes-socc
no title

ドイツ代表マリオ・ゴメスが33歳で代表引退を発表!!“78試合出場の経歴” 

1 2018/08/05(日) 22:31:09.08 _USER9
https://m.bild.de/sport/2018/sport/nach-78-laenderspielen-mario-gomez-tritt-aus-nationalmannschaft-zurueck-56551240.bildMobile.html#%23wt_ref=https%3A%2F%2Ft.co%2FVffYjSaasO&wt_t=1533475719209

NACH 78 LÄNDERSPIELEN
Mario Gomez tritt aus Nationalmannschaft zurück

05.08.2018 - 15:19 Uhr

Mario Gomez tritt aus der deutschen Fußball-Nationalmannschaft zurück!
Der 33 Jahre alte Stürmer von Bundesligisten VfB Stuttgart am Sonntag bei Facebook bekannt. Gomez lief 78 Mal für das DFB-Team aus

Mario Gomez beim 2. WM-Gruppenspiel gegen Schweden
Foto: WITTERS
no title
[Google翻訳]
マリオ・ゴメスはドイツ代表のサッカーチームを辞任します!
ブンデスリーガ側のVfBシュツットガルトの33歳のストライカーは、日曜日にFacebookに知られている。 ゴメスはDFBチームのために78回走った

渦中のエジルの代表引退に対し「少し臆病だと思う」ボビッチ氏が言及!! 

https _jp.hyp
元ドイツ代表FWで現在はフランクフルトのスポーツディレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏が、先日代表から引退したメスト・エジルに関してコメントした。

トルコ系ドイツ人のエジルに関しては今年5月、イルカイ・ギュンドアンと共にロンドンでトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮り、それぞれのSNSにアップ。これが一部のメディアや人々に、人権問題などで非難されるエルドアン政権を支持していると受け取られた。

そして、エジルはロシア・ワールドカップ終了後、自身が受けた人種差別的批判やドイツサッカー連盟(DFB)のサポート不足を理由に、代表を引退。「勝ったらドイツ人、負けたらトルコ系移民だと言われる」などと言われたことなどを明かしたSNSでの引退表明文は、世界中で話題となった。


<続く>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000016-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索