Samurai Goal

ドイツ


スポンサード リンク





バラックやクローゼらが所属したドイツの名門・カイザースラウテルンが破産申請 

20200615-00376218-usoccer-000-2-view

FIFA「ドイツのサッカー選手が試合中黒人差別反対アピールしたことを称賛する」←勝手な線引き駄目だろ 

dfeb6384fa2d82e03fcdce9b346f3efd_1591495992_1




1: 2020/06/09(火) 10:47:25.10 0
米黒人男性死亡、独選手が試合中アピール…FIFA「称賛に値」

【ロンドン=岡田浩幸】国際サッカー連盟(FIFA)は2日、「あらゆる種類の差別に断固として反対する」との声明を発表した。

 米中西部ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性が白人警察官に首を押さえつけられて死亡した事件を受けて、サッカー界では多くのクラブや選手が抗議や人種差別の根絶を求める行動をとっている。
ドイツ1部リーグでは一部の選手がシャツに死亡した黒人男性の名前と「正義を求める」などの文言を書き、試合中にアピールした。
競技規則ではユニホームなどに政治的、宗教的なスローガンなどを掲示することは禁止されており、ドイツでは選手の行為が処分の対象となるかが議論になっている。

 FIFAのインファンティノ会長は「ドイツ1部での選手の表現は、罰ではなく称賛に値する」として、選手のアピールを容認する姿勢を示した。
FIFAは「(リーグなどの)主催者が規則を適用する際は、事情を考慮し、常識に基づくべきだ」としている。

ドイツサッカーのイメージって? 

germanynational




1: 2020/06/03(水) 17:43:45.37 0
質実剛健

<ドイツ人記者に訊く>香川、内田、高原、長谷部…ブンデス1部でプレーした日本人選手の「リアル評」は? 

1: 2020/05/18(月) 08:28:21.01
奥寺が好印象を残したにもかかわらず…
no title


 5月16日にようやくブンデスリーガが再開したが、コロナ禍のなか、いつもなら熱狂に包まれるドルトムントとシャルケのダービーも、無観客で行なわれた。

 そのレビア・ダービーでファンの心を掴んだのが、香川真司だった。ドルトムントのユニホームを纏って初めて臨んだシャルケ戦でいきなり2得点を決め、チームを敵地での勝利に導いたのだ。試合後、チームバスでドルトムントへ帰った日本人MFは英雄として迎えられ、歓喜するファンたちに肩車されたものだ。

 香川が愛されたのは、ダービーに強かったからだけではない。成功を収めたチームの重要な柱のひとりだったからだ。ユルゲン・クロップ監督の下で、攻撃的MFとして2010-11、11-12シーズンとブンデスリーガ連覇、11-12にはDFBカップとの2冠を達成。世界中から注目され、マンチェスター・ユナイテッドへと羽ばたいていった。

 そのイングランドの名門では本領を発揮できなかったサムライ戦士を、14年夏の移籍市場最終日にドルトムントが買い戻した。それは、ソーシャルメディアで「#freeShinji」キャンペーンを行なうなど、香川を連れ戻してほしい訴えたファンの願いを叶えるためでもあった。どれだけこの男が愛されていたかが分かるだろう。
 
 香川と同様に、ブンデスリーガでもトップのカテゴリーに入る名手だったのが、内田篤人だ。17年にウニオン・ベルリンへ移籍するまでシャルケで7シーズンに渡ってプレーした右SBは、攻守両面でハイレベルだった。

 そのふたりが活躍する随分前、1977年の夏にブンデスリーガの日本人第1号となったのが、ケルンへやってきた奥寺康彦だった。ドイツの3チームでプレーし、ケルンでの1シーズン目には、リーグとカップ戦で2冠を獲得した。その後にビーレフェルトでプレーした尾崎加寿夫が続いたが、正直、ほとんど記憶に残っていない。

 奥寺が好印象を残したにもかかわらず、尾崎以降はブンデスリーガではしばらく日本人不在の時代が続き、3人目の高原直泰がハンブルクにやってきたのは03年冬だった。当初は懐疑的な見方もあったが、ハンブルクとフランクフルトで計5年間プレーし、135試合に出場して25ゴール。エキゾチックな存在だった“スシボンバー”は、クオリティーの高さを証明し、その後に続く多くの日本人選手のために道を切り拓いたとも言える。

つづく

5/18(月) 6:00 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e86c29cb4ef7ba84f588017b88f7811c7df19a2

<ドイツ・ブンデスリーガ>16日再開!欧州主要リーグで初めて 

4291_1




1: 2020/05/07(木) 22:19:50.24
サッカーのドイツ・リーグは7日、オンライン形式の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断していた同国1、2部リーグを16日から無観客で再開すると発表した。欧州主要リーグは3月から中断しており、再開するのはドイツが初めて。

 16日は長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルト―ボルシアMG戦などが行われる。大迫勇也のブレーメンは18日にレーバークーゼンと顔を合わせる。1部は各クラブとも9~10試合を残しており、6月末までの完了を目指す。

 欧州ではフランスやオランダが既に打ち切りを決め、イングランドやスペイン、イタリアは再開へ模索している。

 ドイツ政府は6日、各種の制限を大幅に緩和すると発表し、サッカーについては5月中旬から無観客での開催を認めることで各州と合意していた。 


5/7(木) 21:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000112-jij-spo

ドイツが封鎖緩和、全店舗とサッカー再開へ…新規感染者が1日1000人未満に減少 

_112170723_merkela




1: 2020/05/07(木) 18:47:06.66 _USER
ドイツ、全店舗とサッカーが月内再開へ 制限を段階的に緩和

 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を鈍化させるという同国の目標が達成されたとして、
ロックダウン(都市封鎖)を段階的に緩和していくと発表した。すべての店舗が営業を再開できるとしている。

 試合が中止されているサッカーのブンデスリーガにも再開の許可が下りたほか、学校は夏季に徐々に再開していく。

 また、2世帯間の面会や食事が認められるほか、介護施設や障害者施設にいる高齢者は特定の1人との面会が可能になる。

 同国の16州はそれぞれ、政府との合意に基づいて経済活動再開の時期を判断していくこととなる。

 一方で、新たな感染者数が急増した場合には、各州が「緊急ブレーキ」を発動させる。

 他人との接触に関するルールは今後1カ月間継続される。

 経済活動はすでに限定的に再開されてはいるが、今回の規制緩和はより広範なものになる。

■「ドイツは他国よりもうまく対処している」
 メルケル首相は、「我々は、このパンデミック(世界的流行)における1番最初の段階を通り過ぎたと、問題なく宣言できると思う」と切り出した。

 そして、「しかし、我々はまだ初期段階にあり、この状況は長期間続くであろうことを十分自覚しておく必要がある」と続けた。

 バイエル州政府のマルクス・ゼーダー首相は、ドイツは他の多くの国よりもうまく対処していると述べた。
その理由については、全国的にも地域的にもいい戦略を導入し、誰もが我慢を続けたからだとした。
さらに、1メートル50センチの社会的距離や衛生状態を保つことが、感染率を低く維持する鍵だと述べた。

 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間7日午前の時点で、ドイツ国内の新型コロナウイルスによる死者は約7200人にとどまっている。
これは、イギリス(約3万人)やイタリア(約2万9600人)、フランス(約2万5800人)、スペイン(約2万5800人)などの西欧諸国と比べ、はるかに少ない。

 ドイツのロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、同国では6日時点で、過去24時間に165人が死亡し、940人以上の感染が確認された。

 同国内の感染率はしばらくの間、一貫して低い状態が続いている。メルケル首相は、日々の新規感染者数が3桁になったことを非常に嬉しく思うと述べた。
また、ドイツ市民が自分自身だけでなくほかの人の命も守るために、ロックダウン措置を順守するという責任を果たしていることを称賛した。

以下略
https://www.bbc.com/japanese/52568987

ドイツ1部リーグの選手、チームメートと握手する動画をSNSに投稿し“出場停止”に「到底許されない行為」 

img_dd17c4c2c58b903e89ac73ef9214e9e617571




1: 2020/05/05(火) 14:54:26.74
サッカーのドイツ1部リーグ、ヘルタは4日、チームメートと握手する動画をフェイスブックに投稿したとして、元コートジボワール代表のFWカルーを出場停止にすると発表した。新型コロナウイルス感染対策の中、リーグからもツイッターで「到底許されない行為」と非難された。

3月中旬から中断中のリーグは再開に向けて検査を実施し、ヘルタの感染者はいなかった。カルーは「みんなが陰性で、うれしくてやってしまった」としている。(ロイター=共同)

https://www.47news.jp/4783876.html

ドイツ・リーグ、10人がコロナ陽性 

4291_1




1: 2020/05/05(火) 00:05:57.45
サッカーのドイツ・リーグは4日、同国1、2部リーグの36クラブを対象にした
新型コロナウイルスの検査結果を公表し、1724人のうち10人が陽性だったと発表した。個人名は明らかにしなかったが、既に自主隔離などの必要な措置は取られているという。
 同リーグは今月中に無観客での公式戦再開を目指している。

ソース:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050400559&g=cov

ドイツ1部ボルシア 客席にダンボールでフィギュア設置へ 

no title




1: 2020/04/10(金) 19:38:23.73
ドイツ1部クラブ、サポーター“等身大フィギュア”のスタジアム設置開始…無観客試合に備え

ドイツ紙ビルドは9日、同国1部ボルシアMGのサポーター有志が無観客試合に備え、段ボールで作成されたサポーター“等身大フィギュア”をスタジアムに設置したことを伝えた。

人型に切り抜いた段ボールに、サポーターが自分の顔写真を貼り付けることで完成する。ドイツリーグは再開の見通しは立っておらず、再開できても無観客での開催になるという憶測が高まっている。ボルシアMGのサポーターグループの代表は、3月30日の同紙の取材に「好意的な意見を多くもらっている。画期的な取り組みになるはずだ。もし(無観客期間が終わり)私たちがスタンドに戻ることができたとすれば、その段ボールを家の壁に飾ることができる」とコメントしていた。

4/10(金) 16:05配信
報知新聞社
https://hochi.news/articles/20200410-OHT1T50110.html

ドイツ1部・2部の13クラブが破産危機 独誌「キッカー」が危機感 「5月に再開できなければ防げない」 

20200404-00255319-soccermzw-000-3-view




1: 2020/04/04(土) 21:53:40.31
新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、ドイツのクラブが財政難に陥っているようだ。
1部(18クラブ)と2部(18クラブ)の計36クラブ中、実に13クラブが破産の危機に直面しているという。

ドイツ誌「キッカー」が伝えた。

記事では「今季36クラブのうち13クラブが破産危機に直面」と見出しを立て、
「1部と2部クラブの経済状況は、以前に知られているよりもはるかに深刻だ」と指摘している。

ドイツ1部と2部はそれぞれ18クラブで構成されており、新型コロナウイルス騒動により4月いっぱいのリーグ中断を発表している。

試合延期を受けて、クラブはチケット収入や放送権収入がない状態。
とりわけ2部クラブは大打撃を受けている模様だ。

「試合が再開されず、メディアパートナーの4回目の分割払いがDFL(ドイツサッカーリーグ機構)に支払われない場合、
7クラブが5月末に破産を申請しなければならない」と記し、さらに「追加の放送権料が分配されない場合、
6月には2部リーグのもう2クラブが破産申請をしなければならない」と続けている。

リーグ再開の見通しは立っていないなか、「5月初めにゲームを再開できなければ、破産を防げない」と危機感を強めている。

世界中が緊急事態に陥っているなか、サッカー界の動向にも注目が集まる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00255319-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索