Samurai Goal

トーレス


スポンサード リンク





トーレスが来日会見!!『サガンティーノの皆さん、コンニチハ』 

キャプチャ
1 2018/07/15(日) 13:21:15.16 _USER9
サガン鳥栖は15日、東京都内のホテルで元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)の加入記者会見を開いた。国内で公の場に登場するのはこれが初めて。「早くプレーしたい」と新天地での意気込みを口にした。

 2017-18シーズン限りでアトレティコ・マドリー退団が決まっていたF・トーレスはリーガ・エスパニョーラ通算121得点を記録したレジェンド的ストライカー。リバプール、チェルシーでも華々しい活躍を見せ、プレミアリーグでは通算126ゴールを挙げている。

 午後1時の開始時刻を迎えると、F・トーレスのDAZNプロモーション映像が公開。これまでの所属クラブ、おなじみのゴールシーンをはじめ、スペイン代表通算得点3位などの偉大な記録が披露され、「WELCOME!」と歓迎ムードが高まった。

 鳥栖を経営するサガン・ドリームスの竹原稔社長に続き、F・トーレスが登場し、「日本の皆さん、サガンティーノの皆さんこんにちは」と日本語で挨拶。来日したばかりだったが、「長い旅でしたが、楽しみにしていたので、疲れておりません」と笑顔で口にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-01656205-gekisaka-socc

韓国が日本の“サッカー事情”に反応!!「日本がますます遠ざかった...」 

1 2018/07/14(土) 18:58:29.22 _USER9
元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、Jリーグクラブに移籍したことについて、韓国紙『スポーツソウル』は、「日本が韓国からますます遠ざかった」と独特の表現で連日反応している。

同紙はまず、ロシア・ワールドカップでベスト16に進出した日本代表について「日本国内では西野ジャパンの快挙の余韻がまだ濃く残っている。テレビでは特別番組が組まれ、書店では『日本代表激闘録』のような雑誌が多数陳列されている。西野ジャパンの躍進により、日本でのワールドカップ特需はしばらく続きそうだ。そして、これはJリーグにも広がる見込みだ」と独自の見解を述べた。

「ロシアで戦った主力の中でJリーグでプレーしていたのは鹿島アントラーズの昌子源だけ」と前置きしつつ、W杯フィーバーがJリーグにつながる理由として「イニエスタとトーレスという二人のビッグスターが日本にやってくるからだ」と続けた。

日本がここまでのスター選手を獲得できた要因については「イニエスタの年俸は、昨季ヴィッセル神戸に加入した(ルーカス)ポドルスキの年俸(約10億円)を大きく上回るJリーグ史上最高額の約32億円だ。このような高額年俸を実現できるのは、JリーグとDAZNが結んだ10年間で推定2100億円に及ぶ巨額の放映権が間接的に関係している。神戸のメインスポンサーである楽天の世界進出に向けた投資の意味合いもある。それに見合った効果は確実に出てくるはずだ」と分析する。

■イニエスタとF・トーレス加入でもたらす2つの効果

ヨーロッパで輝かしいキャリアを歩み、スペイン代表としても2008年のユーロや2010年の南アフリカW杯制覇を経験したイニエスタとF・トーレス。同紙は、この2選手の加入でJリーグに2つの効果をもたらすと見ているようだ。

まず1つ目として、神戸とサガン鳥栖の集客率が上がることを指摘。

「すでに二人の試合を見るために、チケット争奪戦の真っ最中だ。神戸の8月のホームゲームチケット販売数は、例年より7倍も速くで売れており、鳥栖は普段サッカーを見ない層のチケット購入率が増えている。特に神戸と鳥栖が対戦する11月10日の試合に関しては、さらに熾烈なチケット争奪戦が予想される。両クラブにとって費用対効果はあると言えるだろう」

そして2つ目に「神戸、鳥栖と対戦するチームも大きな影響を受ける」と予想。「ワールドカップの余韻が残った中で、7月18日から再開されるJ1で世界的なスターを直接見ることができる。相手チームのファンにとってもスペインの2選手は直接見てみたい存在だ」と続けた。

最後に「日本サッカーは世界から注目されている。名実共に『アジアの盟主』になった日本が、韓国からますます遠ざかっていて複雑な心境だ」と締めくくっている。

明治安田生命J1リーグは7月18日に再開。20日の登録がスムーズに行われれば、22日の第17節で神戸のイニエスタ、そして鳥栖のトーレスがそれぞれピッチに立つ可能性がある。世界中から注目を浴びることとなったJリーグ。世界的ビッグスターの活躍に注目だ。

GOAL 7/13(金) 18:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000022-goal-socc
no title

“ぼったくり!?”サガン鳥栖・トーレスユニの値段に驚きの声!! 

1 2018/07/14(土) 14:37:18.32 _USER9
8カ国争奪戦の末にJリーグ入り 約2万円のユニフォームは「全くもって安くない」
no title


元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは現地時間10日、J1サガン鳥栖への加入を発表した。7月下旬にはJリーグデビューの可能性があり、日本のサッカーファンも心を踊らせているが、スペイン紙は新ユニフォームの「金額」に注目を寄せている。

 今季限りでアトレチコ・マドリードを退団したトーレスは、中国やアメリカ、オーストラリアからの関心が取り沙汰されてきた。また、鳥栖移籍発表後にはフランス、イングランド、ドイツ、スペインからもオファーがあったことが明らかになり、引く手数多のなかでJリーグ挑戦を決断したようだ。

 リバプールやチェルシー、ACミランとビッグクラブで活躍してきたトーレスは、日本での人気も絶大。鳥栖移籍で日本のサッカーファンも沸くなか、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「トーレスのユニフォームはすでに販売、値段は143ユーロ! 衝撃的だ」と特集を組み、その金額に驚いた様子を見せている

「トーレスのユニフォームは全くもって安くない。日本のクラブは1万8900円の値札をつけた。それは換算すると、143ユーロになる。この購入額は非常に高いものだ。だが、日本ではそれほど珍しくない金額のようだ。例えば、アトレチコのレプリカユニフォームも、値段はそれほど変わらない。ちなみにサガン鳥栖は、トーレスの子供用ユニフォームも136ユーロ(約1万7800円)に設定している」

 日本で販売されているユニフォームの価格は、海外ファンから見ると悲鳴を上げたくなる設定なのかもしれない。

ZONE 7/14(土) 11:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00121675-soccermzw-socc

韓国紙が“イニエスタ&トーレス”に言及!何で日本を選んだの!? 

page-3-800x533
1 2018/07/12(木) 11:45:49.94 _USER9
サガン鳥栖は10日に、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの加入を発表した。5月には同代表でロシアW杯にも出場したMFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸入りを果たした。相次ぐ大物選手の加入に韓国紙『スポーツソウル』は、「Jリーグのスターマーケティングが本格化した」と言及している。

1984年生まれの同い年であるイニエスタとF・トーレスの加入は、日本のみならず、世界中で大きな話題を呼んでいる。中国リーグやアメリカのメジャーリーグサッカーといった候補がありながらも、最終的に日本を選んだスペインの2選手。しかし、『スポーツソウル』は2選手の選択を懐疑的な目で見ているようだ。

「鳥栖は降格圏に沈み、神戸も上位進出に課題を残している。その中で2選手が移籍を決断したのは決して容易ではない」とし、「鳥栖、神戸のどちらも来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場も不透明だ」

一方で同紙は、Jリーグが最近こういった世界的な選手たちの移籍に積極性を見せる理由を分析。Jリーグが「2016年にイギリスのパフォームグループとの間で巨額の放映権を結んだこと」を挙げた。「Jリーグは10年間で合計2100億円の放映権を締結した。そのため、Jリーグクラブは財政的な余裕があり、本格的にスターマーケティングの展開を始動させた」とその要因を説明している。

続けて、「そのスター選手加入は早くも効果を得ている」と分析し、「イニエスタのJリーグデビュー戦となる試合には、すでに1カ月半前からチケット全席が売り切れになっている。来たる11月10日のヴィッセル神戸とサガン鳥栖の試合は、イニエスタとトーレスが対決するというだけあって、すでにかなりの関心を集めている」と、大物選手加入の効果に言及。

イニエスタとF・トーレスの選択には懐疑的な目を向けながらも、最終的にはこのマーケティングによって「確実にJリーグの認知度は高まっている」と称賛の言葉を送っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000006-goal-socc

『誤報じゃないよ』トーレス、鳥栖に加入決定!!交渉破談は嘘だったのかよ! 

no title
1 2018/07/10(火) 18:13:57.50 _USER9
元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスが10日、サガン鳥栖に加入すると発表した。

F・トーレスはアトレティコ・マドリーの下部組織出身。16歳でトップチームに昇格すると、抜群の決定力を武器にゴールを決め続けてサポーターの心をつかんだ。ついた愛称は“エルニーニョ”(神の子)。

2007年に一時アトレティコに別れを告げてリヴァプールやチェルシー、ミランでプレーしたが、2015年1月に再び古巣へ復帰した。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラでこそ優勝を逃したものの、ヨーロッパリーグ制覇を達成。有終の美を飾っていた。また、スペイン代表としては110試合に出場し、38得点をマークしている。


“神の子”が一転してJリーグ参戦

F・トーレスは、自身のツイッターで「こんにちは。明日の火曜日に新しい電子書籍の発表イベントに参加する。そこで、次の所属先について発表する」と投稿し、10日に移籍先を明らかにすることを宣言。

注目を集めた去就に関して、中国リーグやメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のクラブのほか、サガン鳥栖との交渉も報じられていた。鳥栖との交渉は一時破談に終わったとみられていたが、一転してJリーグ参戦が正式に決定した。

なお、Jリーグでは先日、ヴィッセル神戸がMFアンドレス・イニエスタの加入を発表。そのイニエスタと同じ1984年生まれのスーパースターであるF・トーレスの日本での雄姿、一挙手一投足に注目だ。

GOAL 7/10(火) 16:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010002-goal-socc

渦中のトーレス、新たな移籍先についてようやく発表くるか!? 

GettyImages-965066000-800x533
1 2018/07/10(火) 13:54:22.38 _USER9
アトレティコ・マドリーに所属する34歳の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、現地時間10日(日本時間:同日16時30分)に移籍先を発表すると、自身のツイッターを通じて明らかにした。

 J1リーグのサガン鳥栖、オーストラリアのシドニーFCやメルボルン・ビクトリー。さらにはリーグアンのリールやメジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアー、中国スーパーリーグなど、様々な移籍先候補が報じられたF・トーレス。去就が注目されているが、ついに移籍先を発表する時が来たようだ。

 F・トーレスが自身のツイッターを通じて「こんにちは。明日の火曜日、午前9時30分に新しい電子書籍の発表イベントに参加する。そこで、次の所属先について発表する」とコメントし、移籍先を明らかにすると宣言した。

7/10(火) 13:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00280905-footballc-socc

〈サガン鳥栖〉トーレス移籍が“破談”に!!原因は合意目前の『年俸増額』? 

thumb_21124_news_main
1 2018/07/01(日) 06:51:24.59 _USER9
 元スペイン代表FWのF・トーレスの鳥栖入りが急転、破談となったことが30日までに分かった。

 関係者によれば、推定年俸7億5000万円の3年契約など条件面でほぼ合意に達していたが、F・トーレス側がその後もさらなる増額を要求してきたため、竹原社長が中心となり粘り強い交渉を続けていた鳥栖も最後の最後で交渉からの撤退を決めたという。

現時点では米MLSシカゴ・ファイア入りが最有力のようで、神戸入団が決定しているスペイン代表MFイニエスタとのJリーグ直接対決は、残念ながら実現しなかった。

スポニチ 7/1(日) 6:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000004-spnannex-socc

トーレスの移籍先発表は焦らしに焦らして...まだ焦らすww 

columnsv2_64811
1 2018/06/05(火) 17:28:22.64 _USER9
アトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、2週間以内に来シーズンの新天地を明らかにするようだ。

今夏の移籍シーズンに起こり得る10大移籍

同選手の父親ホセ・トーレスは、4日に開かれたスペインオリンピック委員会のシンポジウムにおいて、自身の息子が新天地で「満足できる」と信じていると話した。

今のところトーレスは新たなクラブを明かしていないが、ホセによれば「ヨーロッパではない、遠くのところになるだろう。まだ分からないが、おそらく近いうちに、2週間以内には彼が明らかにするだろう。」とのこと。

日本かアメリカか、という点において父は気にしていないとしつつ、父ホセは息子フェルナンドがどこを選ぼうと、選手自身が幸せであることを願っているという。

アトレティコ会長エンリケ・セレソは、トーレスの去就について詳細を明らかにしようとしなかった一方で、同選手が在籍した計11シーズンにおいてクラブに捧げたプロフェッショナルな姿勢を強調した。「幸運なことに、私は彼が在籍した期間、会長・副会長として彼と素晴らしい関係を築くことが出来た。フェルナンド・トーレスのファンでないアトレティなどいないよ。」と表現した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00010013-sportes-socc

トーレス移籍は“デマ情報!?”年俸交渉でトラブルか 

GettyImages-960636474-1-800x533
1: 2018/06/02(土) 21:08:45.45 ID:CAP_USER9.net
アトレティコ・マドリーからの退団が決まったフェルナンド・トーレスは新シーズンの所属先がまだ決まっていない。これまで、日本のほか、中国、アメリカなどへの移籍話が浮上しているが、交渉はいずれもまとまっていないようだ。

アメリカメディア『Sports Illustrated』はMLSにおいて、トーレスが求める条件と各クラブの懐事情が合致していないと伝えている。

とあるクラブの幹部は「現在のトーレスは年間130~150万ドル(約1億4000万~1億6500万円)ほどのサラリーが妥当だと思う。だが、トーレスは400万ドル(約4億4000万円)以上の条件を求めている。それではMLSのチームも獲得するのが難しい」と語っているという。

一部報道によると、中国のクラブもトーレス獲得に向けて動いているとされ、その一方でJリーグ行きのうわさもまだ消滅していないようだ。

これまで数々の大舞台で結果を残してきた元スペイン代表FWは、新シーズンどのユニフォームを身にまとうのか。イニエスタに続いて日本行きを決めるのか、それともアメリカもしくは中国へ新天地を求めることになるのか、引き続きその動向が注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000017-goal-socc

トーレス“二者択一”移籍先を「日本・中国」で悩んでいる 

maxresdefault
1   2018/05/27(日) 01:30:30.54 _USER9
F・トーレス、移籍先は日本or中国か…スペインメディア「有力候補は鳥栖と北京人和」
5/27(日) 0:35配信 GOAL 


今季限りでアトレティコ・マドリーを退団するFWフェルナンド・トーレスの移籍先だが、スペインメディアは日本か中国になるとの見解を示している。

スペイン『マルカ』は、F・トーレスに対してはアメリカのシカゴ・ファイアー、日本のサガン鳥栖、そして中国の北京人和が獲得に動いていると報道。そして移籍先の有力候補は鳥栖か北京人和であると記している。

鳥栖の獲得競争の相手と目される北京人和は、今季に中国スーパーリーグ昇格。レバンテやヘタフェなどを率いたスペイン人ルイス・ガルシア・プラサ監督が指揮を執っている。

北京人和は冬の移籍市場でもF・トーレスにオファーを提示したとされるが、今夏にも獲得に動いている模様。中国でも大人気の元スペイン代表FWを引き入れ、クラブの知名度を上げることが目的で、同選手が魅力的と感じるオファーを用意しているという。

『マルカ』は「中国と日本のスポーツ戦争がイニエスタのときと同じように始まった」と記し、F・トーレスの移籍先が鳥栖と北京人和のどちらになるのか、注目を促している。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索