Samurai Goal

トレーニング


スポンサード リンク





クラスター発生の柏レイソルがトレーニングを再開 主将・大谷「勝利を届けられたら」 

71ac3_1399_a860297b_412a458e




1: 2020/11/19(木) 08:11:46.97 _USER9
新型コロナウイルスの集団感染で活動を休止していたJ1柏が18日午前からトレーニングを再開。それを受け、主将のMF大谷秀和(36)がコメントを発表した。

 柏はネルシーニョ監督(70)を含む多数の選手、スタッフが新型コロナウイルスに感染し、7日に予定されていたルヴァンカップ決勝(対FC東京戦)やリーグ戦が延期となっていた。

 大谷はクラブを通し「まず、リーグ戦とYBCルヴァンカップ決勝戦が延期になり、Jリーグの関係者やスポンサーの方々をはじめ、ベガルタ仙台、FC東京、大分トリニータの方々に迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っています」と謝罪した。

続けて「ルヴァンカップ延期に際しては、レイソルのサポーターだけでなく、FC東京サポーター、そしてFC東京の選手からのメッセージも目に入っていました。自分たちが迷惑をかけてしまった中で、FC東京の方々だけでなく、リーグ戦が延期になった仙台や大分に関わる方たちからも温かいコメントやメッセージがあったのは、本当にありがたいことでした。〝お互いが万全の状態で〟と言ってもらえたことは、自分たちにとってはものすごく大きなことで、レイソルにとって、その声が励みにもなりました」と感謝の言葉を口にした。

 その上で「こうしてみんなで集まってトレーニングを再開できたことは非常にうれしく思いますが、またもう一度自分たちが気を引き締めてやっていかなければいけないと強く感じています。今後の試合に向けて、できる準備を最大限続けながら、試合を楽しみにしてくれている人たちに勝利を届けられたらと思います。リーグ戦は自分たち次第で上位に行ける可能性が十分にあるので、その目標をチームとして持ちながら戦っていきます」と決意を述べた。

2020年11月18日
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/19242168/%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAa-Jl8_4jdCjvQGwASA%253D

16人陽性 柏が通常トレーニング再開、21日鳥栖戦 

1: 2020/11/18(水) 20:15:28.11 _USER9
16人の新型コロナウイルスの陽性が判明し活動を休止していた柏レイソルは18日、21日のサガン鳥栖戦に向け通常トレーニングを再開したことを発表した。柏はネルシーニョ監督(70)ら選手、スタッフ16人が新型コロナウイルスの集団感染が起こり、3日のアウェー仙台戦が中止となり4日から活動を休止していた。この日の練習は、PCR検査の結果を踏まえた上で行われ、ネルシーニョ監督が練習の指揮をとった。

主将のMF大谷秀和がコメントを発表。リーグ戦2試合(ベガルタ仙台、大分トリニータ)とルヴァン杯決勝・FC東京戦が延期になった中、対戦相手のサポーターや選手から「お互いが万全な状態で」との声が励みになったことを感謝し「みんなで集まってトレーニングを再開できたことは非常にうれしく思いますが、またもう一度自分たちが気を引き締めてやっていかなければいけないと強く感じています」と決意をつづった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/093acf4135f0b2dab863aeb84a5a2cbcd746c178
no title

<ネイマール>問題乱発! 次はトレーニング参加を拒否か 

1: 2020/02/28(金) 19:49:09.80
最近ネイマールが起こした問題は、2月23日のFCジロンダン・ボルドー戦での退場である。そして、それは2月18日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16の1stレグ、対ドルトムント戦の後のネイマールの厳しい声明と関係づけられる。

18日にドイツでドルトムントを前に2-0で敗れた試合後、ネイマールは自身のプレーについて、2月1日に行われた対モンペリエ戦(5-0)で負傷した肋骨の怪我による欠場が原因でリズムが欠けていたと弁明した。

さらにブラジル人FWはメディカルチームに責任を押し付けている。
「4試合もの間欠場しているのは簡単なことではない。不幸にもそれは自分で選んだことではなく、クラブとドクターが下した決断だった。僕はそれがいいとは思わなかったよ」

「このことについてはたくさんの議論を行った。僕はプレーしたかった、怪我も問題ないと感じていたからね。でもクラブが怖がっていた。そして最終的に苦しんだのは僕だった」とはっきりと述べた。

『L’Equipe』の情報によると、彼が起こしていた問題はこれだけではなかった。フランスカップ準々決勝対ディジョン戦(1-6○)の翌日、ネイマールは練習への参加を拒んだという。

試合翌日、スタメン出場した選手達はリカバリーセッションを行ったが、この試合を欠場していたネイマールは、その他の選手たちと共に強度の高い練習を行う必要があった。

監督トーマス・トゥヘルはネイマールにグラウンドへ出るよう要求したが、フランス紙の情報では、この元バルサの選手は、「まだ傷むからここ(ジム)に残る」と主張したようだ。

PSGのスタッフらは、ネイマールが1日のモンペリエ戦(5-0○)で負った肋骨の痛みは癒え、トレーニングに参加できる状態だと感じていたようだが、彼はこれを拒んだ。
ネイマールの目に余る言動は絶えることがない。

2/28(金) 16:07配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-00010011-sportes-socc

写真
no title

久保が存在感見せる一方でレアルに早くも離脱者第1号発生 

20190712-00010005-sportes-000-1-view[1]

久保建英、レアル・マドリーデビュー!アザールらと共に新シーズンへ始動! 

20190711-00010005-sportes-000-1-view[1]

中田や宮市ら所属したボルトン、給与未払いで残留争い中に選手がトレーニングをボイコット 

20190402-43465437-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/04/02(火) 12:18:45.50 ID:JRGKBB6l9
残留争いの中、練習ボイコット!? かつて中田英ら所属したボルトンで給与未払い問題発生

かつて中田英寿氏や西澤明訓氏、FW宮市亮(現ザンクト・パウリ)が在籍していたチャンピオンシップ(2部相当)のボルトンに所属する選手たちがトレーニングをボイコットしているようだ。

 英『ガーディアン』など複数メディアによると、財政難によりクラブ売却を進めているボルトンは、2か月連続で一部選手とクラブスタッフへの給与の支払いが遅延。2月の給与は3月の2週目まで待たなければいけなかった。

 3月の給与については、先月27日にボルトンのケン・アンダーソン会長が、48時間以内に売却が完了する可能性があり、同29日に支払うとしていた。しかし、取引は完了しておらず、給与は支払われていない。これにより、選手たちは48時間のトレーニング拒否を決断したようだ。

 ボルトンは、先月30日に行われた第39節QPR戦で2-1の勝利をおさめたが、ここまで8勝8分23敗で降格圏の23位に沈んでおり、残留圏21位ミルウォールとの勝ち点差は『5』となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-43465437-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索