Samurai Goal

トルシエ


スポンサード リンク





【驚愕】トルシエ“手のひら返し!?”『日本の16強入り確率は60%』 

20180614-00000093-spnannex-000-3-view
1 2018/06/14(木) 19:31:32.29 _USER9
日本がロシアW杯のグループリーグを勝ち抜ける可能性を問われたトルシエ氏は、期待も込めて「60パーセント」と答えた。先日に行われたパラグアイ戦前には日本のグループリーグ突破に向けて非常に厳しいコメントを残していた同氏だが、4-2で勝利を収めた一戦を受けて希望の光を見いだしたようだ。

「4つのチーム全てが“絶対に決勝トーナメントに上がるんだ”と、モチベーションが上がっている。その中でも突破できるのは2チームだけ。突破できなかったとしても、そのチームがほかよりも悪いというわけではないが、サッカーはディテールがモノを言う」

「私は何と言っても日本のサポーター。日本が決勝トーナメントに上がれる可能性は60パーセントと言いましょう」

また、本大会での勝利のために何が必要か問われたトルシエ氏は「ゴールを決めること。勝ち点を取ること。少しの運に恵まれること。そして、何といっても100パーセントの力を出し切らなければいけない。後悔しないように、最大限自分の力を出し切ること。それでも相手が勝っていれば、相手を認めるしかない」とコメント。持っているポテンシャルを発揮した上で、運も必要だとの見解を示した。

6/14(木) 12:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000006-goal-socc

トルシエが見た“スペイン監督解任劇”「日本と同じ状況になった」 

1 2018/06/14(木) 00:25:18.78 _USER9
スペイン代表を率いるジュレン・ロペテギ監督が、ロシア・ワールドカップ開幕前日に電撃解任された。


そんな決定が発表されたまさにそのとき、『Goal』は元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏に独占インタビューを行っていた。スペイン中に、世界中に激震が走ったビッグニュースを、トルシエ氏はどう受け止めたのか。

驚きの表情を見せながら口をついて出たのは「スペインも日本と同じ状況になりましたね!」。

同じくワールドカップ直前に監督が変わった日本代表を引き合いにトルシエ氏らしいユーモアあふれるジョークを放った後、スペインについて語ってくれた。

「(ロペテギが)レアル・マドリーの監督になることは知っていたが、(解任は)知らなかった」

「日本だけではない、ということが分かった。つまり、そういう決定をすることが他の国にもあるということだ。(日本にとっては)反対に安心材料になるわけで、これだけのビッグなフットボール大国でもそういった話がある」

「スペインは私が考える優勝候補ではないが、一般的には優勝候補のままであることは変わりない。実際にやるのは監督ではなくて選手。最後にピッチでプレーするのは選手だ」

6/13(水) 20:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010035-goal-socc

写真
no title

トルシエがズバリ!!『日本はノーチャンス!モウリーニョやヴェンゲルでも困難』 

wine2016070502
1 2018/06/12(火) 09:13:16.79 _USER9
元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が11日に仏紙『レキップ』のインタビューに答え、日本代表について言及している。

 まず、日本代表が決勝トーナメントに進出する可能性に関しては「ノーチャンス」と答え、グループステージ敗退に終わると予想した。続いて「例えジョゼ・モウリーニョやアーセン・ヴェンゲルが日本を率いたとしても、ベスト16進出に導くのは難しいだろう」と答えている。

 ロシアW杯直前まで日本を率いていたヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が解任されたことについては「私はこの決定に驚いた。おそらく日本サッカー協会は結果に不満を持ち、最初の試合で壁にぶつかることを待てなかったのだろう。日本は強いプレッシャーを受ける中で、ベスト16に進出する必要があった。それが成功しなければ日本サッカー協会にとっての失敗になるからね」とコメント。

 続けて「最初にコロンビア戦、続いてセネガル戦だ。それを考えると、私は日本にチャンスはないと思う」とし「コロンビア代表やセネガル代表には違いを作れる選手が3人から5人いる。そのため、日本にとって厳しい試合になるだろう」と語っている。

 一方で「2002年W杯、韓国代表は準決勝まで進んだ。今年フランスでは、3部のレ・ゼルビエがクープ・ドゥ・フランス決勝まで進んでいる。トーナメントでは時に、非常に驚く結果がもたらされることもある」とも答えている。

フットボールチャンネル6/12(火) 9:08
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00273945-footballc-socc

トルシエ、ハリルを全面擁護!!西野JAPANに対して「酷評」も! 

main_Troussier_02_kane_c
1 2018/06/07(木) 12:28:18.16 _USER9
無駄なパス、意味もなくコレクティブ。

 「自信の回復は不可欠だ。今日の日本代表はたしかにいい状態にはなく、効率も力強さも欠いていた。無駄なパスが多く、意味もなくコレクティブだった。個の力とフィジカルが十分ではなかった。

 この試合が重要であったのは、今こそ覚醒のときであるからだ。改革の狼煙をあげるときだ。そして改革は、個の力によってもたらされる。主力となる選手たちの力によってもたらされる。要は選手次第であるということだ。

 日本はコレクティブな力を発揮して試合に勝つことはできる。今日の試合にしても、多くの得点機を作った。負けたのはふたつのセットプレー、FKとPKによる失点だが、勝つ余地は十分すぎるぐらいにあった。

 だが、選手たちは試合の持つ意味を意識しすぎて萎縮し、西野監督も思い通りの采配を揮えなかった。ヴァイッドと比較されることをよくわかっていたからだ。

 この試合は、忘れていい試合だといえる。目標はグループリーグの突破。そのためにはチームとしてプレーしなければならない。努力も改革も必要だ。それを気づかせるためのガーナ戦だった」

 ――たしかに西野監督自身がまだ確信を抱いていないことが問題だと思います。

 「今日の試合は彼の試合ではなかった。今日の人々の関心は、協会がミスを犯したかどうかだったからだ。そして結果が示しているのは、勝者はヴァイッドだったということだ。試合に勝ったのはガーナではなくヴァイッドだった。

 ただそれが、試合の目的ではなかった。私も勝ったのはヴァイッドだったと思う。しかし試合は、それを証明するためにおこなわれたのではない。

 ヴァイッドはもうここにはいない。彼を肯定するにせよ否定するにせよ、彼はもう日本にはいない。
全文:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00831000-number-socc&p=2

トルシエ、ハリルに負けない『情熱家』だった!? 

20350b00-da99-4d2c-b8e1-38d271d2e044
1   2018/05/22(火) 00:49:03.69 _USER9
とにかく過剰なほど熱い男だった
 【あの代表監督の成功と失敗】

 岡田武史監督のもと、悲願のW杯初出場を果たした1998年フランス大会本戦で、日本代表は3戦全敗に終わった。

 日韓共催の2002年大会へ向け、日本サッカー協会の意向は「岡田続投」で一致。ところが岡田監督は固辞した。

 そこで日本協会が白羽の矢を立てたのが、J1名古屋の再建で実績を挙げ、当時イングランドプレミアリーグ・アーセナルの監督を務めていたアーセン・ベンゲル氏(68)。

 こちらにも「オファーを受けることはできない」と断られたが、ベンゲル氏が代わりに「頭が良く、驚くような発想の持ち主で、誰にも負けない情熱家がいる」と強く推薦したのが、フィリップ・トルシエ監督(63)だ。

 実際のトルシエ監督は、情熱家というか、“熱すぎる”男だった。

 選手にはもちろん、協会幹部に対しても上から目線。当時日本代表のエースだった中田英寿氏に、「ナカタは携帯電話のCMに出ているが、私が30回その電話を鳴らしても出たためしがない」とチクリ。フランス遠征の際には、日本代表の公式ジャージーを着て外出した中村俊輔(39、現磐田)に「おまえ、パリのシャンゼリゼにジャージーで行くなんて、ナメてるのか!」と詰め寄った。自分より目立つスター選手には、ことのほか辛辣だった。結局中村は02年W杯の最終メンバーから外された。

 反旗を翻した選手もいた。主将を務めたDF森岡隆三(42、現J3鳥取監督)はスパイクを投げつけ練習をボイコットしたことがある。DF松田直樹(故人=2011年逝去)もそのやり方に異議を唱えた。

 一方で、「歴代の日本代表監督の中で最高の監督といってもいい。有無を言わせず強引に統率する手法は、日本人選手には合っていた」(代表スタッフ)との声もあり評価は真っ二つだ。

 トルシエ氏はいま、自分のワインブランドを立ち上げビジネスマンとして活躍中。来日時、「あの頃は怒鳴りすぎた。私も丸くなった」と、かつて怒鳴り散らした記者に握手を求めてきたことが思い出される。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

夕刊フジ 5/21(月) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000020-ykf-spo

写真
no title

トルシエとがザンビア代表監督に!トルシエ人選の理由はあのイケメン監督と「似ている」かららしい 

1: 名無しさん 2016/07/02(土) 17:43:26.79 ID:CAP_USER9
『Africanfootball』は「ザンビアサッカー連盟は、新たな代表監督にはエルヴェ・ルナール氏と似た人物を求めている」と報じた。

アフリカネイションズカップ2017の予選で敗退してしまったザンビア。5年前の大会では優勝を果たしたが、近年は徐々に成績が低下している。

監督は昨年から自国のジョージ・ルワンダミナ氏が務めているが、現在新たな代表監督を探している状況にある。

そして、先日協会が交渉を行っているのは元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏であることが明かされていた。

元連盟幹部のキーガン・チョパンゴ氏はメディアに対して以下のように話し、ザンビアは2013年アフリカネイションズカップ優勝に導いたフランス人監督エルヴェ・ルナール氏と似たコーチを選ぼうとしていると明かした。

ルナール氏とトルシエ氏は、世代こそかなり違うものの、若いころからアフリカで指導を行ってきたフランス人監督ということで大きな共通点はある。

もちろん、イケメンとして有名、かつCM出演経験もあるルナール氏と顔が似ているわけではない。

キーガン・チョパンゴ

「監督、マネージャーになる者は、チームを構築できる人物でなければならない。

アフリカのような場所では、コーチにはそれが求められるのだ。例えば、かつてのエルヴェ・ルナール監督のような人物だ。

我々は、時間というファクターに関係なく選手たちをまとめられる人物を必要としている。アフリカ人が試合に向けて見せる態度を理解した人物を。

チェルシーのコーチをもたらすこともできる。しかし、その人はアフリカのサッカーを理解していない。そうなれば、望むような結果は得られない」

http://qoly.jp/2016/07/02/zambia-want-to-sign-with-the-manager-who-like-herve-renard
20350b00-da99-4d2c-b8e1-38d271d2e044

中国リーグ杭州緑城が成績不振でトルシエ監督を解任!! 

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 19:15:34.95 ID:???*.net
時事通信 7月2日(木)19時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000132-jij-spo
 サッカー中国リーグの杭州緑城は1日、フィリップ・トルシエ監督(60)=フランス=を解任したと発表した。
トルシエ氏は2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表監督を務め、チームを初の決勝トーナメント進出に導いた。
 トルシエ氏は昨年12月に杭州緑城の監督に就任。今季16試合を終えて16チーム中14位に低迷し、
わずか7カ月で解任された。(AFP時事)。 

no title

トルシエ元日本代表監督、シンガポール戦に「私の知る日本代表のスタイルではなかった」 

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 11:24:08.04 ID:???*.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000036-sph-socc
◆2018年ロシアW杯アジア2次予選 ▽E組第1戦 日本0―0シンガポール(16日・埼玉スタジアム)

 元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏(60)が、0―0の引き分けに終わった16日のロシアW杯アジア2次予選
シンガポール戦の観戦記をスポーツ報知に寄せた。同じフランス国籍で、アフリカのチームを率いるなど似た経歴を持つ
バヒド・ハリルホジッチ監督(63)に対し、選手のコンディション不良を指摘。引いて守る相手に対しての攻略法も提言し、
じっくりボールを回してスキを突く戦い方も必要だと説いた。

 引き分けは本当に信じられない。日本は恐らく10回戦えば9回は勝っていた。それだけ実力差があったが、
得点が奪えなかったのは驚きだった。

 自分たち固有のスタイルでプレーしなかったことが1つの理由だろう。ショートパスをつないでいくスタイルだ。
攻め急いでいた印象で、ボールを前後左右に動かし、できるだけ早く前に運ぼうとしていた。そしてクロスを上げゴールを狙った。
日本のチャンスはクロス、CK、FKからで、それ以外に得点の可能性はなかった。シンガポールの守備も良く、
運がなかったとも言えるが、それは私の知る日本のスタイルではない。個の力が差を作り出す戦い方だ。
個で勝負するには選手のコンディションがとても重要だが、日本の選手は疲れていてフレッシュな状態にはなかった。

 6月という時期を考えれば当然。欧州でシーズンを終えたばかりの本田、岡崎、香川らは明らかに動きにキレがなく、
組織的なプレーがまったくできなかった。6月に選手をいい状態でプレーさせるのは難しい。フランス代表も最近、
それでアルバニアに敗れた。大国の選手ほど消耗が激しく、小国はそこまで疲弊してはいない。だから番狂わせが起こりやすい。

 仮に日本が先制していたら、8―0で終わっていたかもしれない。しかし、得点が入らないため、
シンガポールは最後まで集中力を維持できた。日本が彼らを助けた形だ。長いボールが空中を行き交い、
グラウンダーでのパスのつなぎがほとんどなかった。

 バイド(ハリルホジッチ)は、アジアで勝つための戦い方をもう少し考えるべきだ。攻め急ぐのではなく、
じっくりとボールを回して相手のスキを突く。引いた相手に対しては、そうやってスペースを作っていくこと。
今回はプレーがあまりに直接的でシンプルだった。アジアの小国が守りだけを固めてくることを理解すべきだ。

 それにバイドは少し神経質になっていた。何かを心配して疑問を抱いている感じで、私の知る彼ではなかった。
試合中、いつもはもっとスタッフと話している。足が地に着いている感じがなく、どうしたらいいのかわからず、
途方に暮れていたのかも知れない。

 初戦でつまずいたが、W杯予選突破の可能性は大きい。これが本当の日本ではない。バイドの目指す日本でもない。
まさに事故だった。バイドはこれを糧にするだろう。彼は改めて理解したはずだ。勝つには大変な努力が必要であることを。
だが、彼と日本代表には豊富な経験がある。

 日本がグループ最強であるのは間違いない。シンガポール戦の悪いパフォーマンスはいい反省材料だ。
バイドがチーム、選手、さらにアジアのレベルをよく理解するいい機会にもなった。彼にはそれらをよく分析して、
対処できる能力がある。それだけ優れた監督だ。

 ◆トルシエ氏とハリルホジッチ監督の戦術
 ▽トルシエ監督 代名詞は、宮本主将ら3人のDFが一直線に並ぶ「フラット3」。オフサイドトラップを活用してラインを高くし、
陣形をコンパクトに保つ。高い位置からプレスをかけ、ショートカウンターを狙う。ショートパスを織り交ぜつつ、
サイドを起点とした攻撃が特徴。主力は中田英、稲本、鈴木隆ら。

 ▽ハリルホジッチ監督 守備面では球際で競り勝つことを要求する。縦への意識が強く、
ボールを奪ったら速攻とカウンター。少ないタッチでボールを前に運び、3、4人が絡んで得点を狙う。
全員攻撃、全員守備のハードワークを好む。

◆フィリップ・トルシエ 1955年3月21日、パリ生まれ。60歳。DFとしてスタッド・ランスなどでプレー。
83年から指導者に転じ、U―15仏代表や仏クラブの監督を務めた。コートジボワールなどアフリカ各国の
クラブや代表監督を経て、98年に日本代表監督に。U―20代表及びシドニー五輪代表監督も兼任し、
16強入りした02年の日韓W杯後に退任。マルセイユ、FC琉球総監督などを経て、今季から中国の杭州緑城監督。
no title

トルシエ氏、中国L杭州緑城の監督に就任!! 

1: 名無しのSamurai
トルシエ氏、中国L杭州緑城の監督に就任
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20141202-1403850.html
 中国スーパーリーグの杭州緑城は2日、新監督に02年の日韓W杯で日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ氏(59)が就任したと発表した。

 同氏は今年7月にチュニジアリーグのスファクシアンに就任。クラブと双方合意の上で9月に契約を解除した。

 杭州緑城は元日本代表監督の岡田武史氏(58)が12年1月から13年11月まで監督を務めていた。

アギーレは“トラブル王”だったトルシエの再来か…協会関係者ビビリまくり 

331: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/12(火) 22:51:32.37 ID:iaL13X/b0.net
アギーレはトルシエの再来か…協会関係者ビビリまくり

日本代表のハビエル・アギーレ新監督(55)は“恐怖の大王”なのか。
11日に東京都内で就任会見を開いた新監督は規律を重視し、選手に厳しい姿勢で接する指導者として知られているが、
日本サッカー協会関係者の見方は少々違う。2002年日韓W杯を指揮し、“トラブル王”だった
フィリップ・トルシエ氏(59)の「再来」ととらえており、早くもビビリ気味だ。

 新監督は厳格な指導で有名。あくまで自分の意見を貫き通すタイプだが、協会スタッフは困惑気味にこう明かす。

「まるでトルシエの再来ですよね。東スポにも書いてあったけど、選手を怒鳴るだけではなく、クラブイベントの参加を拒否し、
フロントとモメたって…。そういうのが一番困るんですよ。トルシエ時代は本当に大変だったから」

 トルシエ氏は2002年W杯で日本代表をベスト16に導いた手腕の持ち主だが、ピッチ内外でトラブル続き。
独裁者のように振る舞い、エースのMF中田英寿ら主力選手とも対立を繰り返した。さらには協会側が指定する
各種イベントへの出席を拒否し、自らが選出したW杯メンバー発表会見まで出席を固辞した。また協会やJリーグ、
スポンサーを批判し、当時のJリーグチェアマンだった川淵三郎氏(77=日本サッカー協会最高顧問)が大激怒。
何度も解任騒動が起き、協会関係者もいまだに「暗黒時代」と振り返るほどだ。

 同関係者は「そのたびに事務局員が謝罪に出向いたみたい。億単位の支援をいただいているスポンサーにも
顔が立たないですからね。日本代表監督なんだから、ある程度の理解がないと難しいと思う。指導法も含めて
トルシエみたいだし、アギーレもかなりヤバそうじゃないですか」

 こうした懸念に対して日本サッカー協会の大仁邦弥会長(69)は
「イベントへの出席もアギーレ監督にはきちんと伝えてあります。大丈夫ですよ。彼はジェントルマンですから」と
“心配なし”を強調するが…。協会が三顧の礼で迎えた新指揮官をうまくコントロールできるかも、
アギーレジャパン躍進のカギになりそうだ。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/300334/
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索