Samurai Goal

トルコ


スポンサード リンク





<日韓W杯の監督「フィリップ・トルシエ氏」>“16強”トルコ戦の悔恨!「私は間違いを犯したかもしれない」 

1: 2020/06/16(火) 20:24:32.35
2002年日韓ワールドカップ(W杯)で日本代表の監督を務めたフィリップ・トルシエ氏が、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応じ、そのなかでトルコとのラウンド16の一戦について「私は間違いを犯したかもしれない」と語るなど、18年が経った今でも悔やんでいることがあると明かした。

 ホスト国として同大会に臨んだ日本は、グループリーグ初戦でベルギーに2-2と引き分けると、第2戦のロシア戦ではMF稲本潤一がゴールを決めて1-0とW杯初勝利を手にした。その勢いに乗って続くチュニジア戦も3-0と快勝を収め、グループHを2勝1分の首位で通過。決勝トーナメント1回戦で、トルコと対戦することになった。

 それまでのW杯で開催国がラウンド16に進出できなかったことは一度もなかったため、16強どころか勝ち点1すら獲得した経験のないなかで同大会に臨んだ日本代表の選手たちは、とてつもない重圧のなかでのプレーを強いられていた。そのため、トルコ戦を控えてトルシエ氏は選手たちに向かって、「我々は自分たちの目標を達成し、ラウンド16に到達した。この試合は、06年のドイツW杯に向けた準備のための最初の試合になる。君たちはもっと多くのことを見せなければならない。より多くの責任、自信、そして経験だ」と語りかけ、選手たちがこれ以上ストレスを感じないように配慮したという。

 しかし、トルシエ氏は当時の自身の発言を悔いているようだ。同氏はAFC公式サイトのインタビューで、「ひょっとしたら、私は間違いを犯したかもしれない。選手たちからプレッシャーを取り除きたかったのだが、むしろより多くの責任を負わせてしまった可能性がある。監督はチームにとって重要なガイド役だが、なんでもできるわけではない。

私はグループステージとは違った方法で、トルコ戦に向けた準備をしてしまった」とコメント。プレッシャーからの解放を重視し過ぎたことで、逆にトルコ戦に向けた選手のモチベーションを高めることができず、それどころか選手たちに勝敗に関する責任を押し付けてしまったのではないか、との考えを明かしている。

 02年6月18日に宮城スタジアムでトルコと対戦した日本は、前半12分にコーナーキックから失点。その後は自陣で守備を固めたトルコの前に攻めあぐね、同点に追いつくことができないまま0-1で敗れた。失点した後も80分近く時間が残されていたにもかかわらず、決定的な得点チャンスをほとんど作れなかったのは、トルシエ氏が指摘したようなチームマネジメントの部分も影響していたのかもしれない。

6/16(火) 10:20フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/59b8c7a78e9b1d1f574a871f4b5433f0df7d3eef

写真no title

<香川真司>新天地にトルコ1部のギョズテペが浮上!「再びスーパーリーグへ」「コンタクトとった」 

1: 2020/06/12(金) 23:07:35.37
ラ・リーガ2部のサラゴサに所属する香川真司の去就が注目を集めている。

 昨夏に鳴り物入りでスペインに参戦した日本代表MFは、しかしここまで23試合に出場して2ゴール。コンディション不良やシステム変更も重なり、定位置を奪われている。

 現地では安くない年俸に見合った活躍ができていないため、今シーズン限りでの退団が有力視され、先日もベジクタシュやJリーグへの復帰が取り沙汰された。

 そんななか、スペイン・メディア『El Desmarque』のサラゴサ版が6月12日、トルコ1部のギョズテペが香川の獲得に興味を持っていると報じた。
 
 記事によれば、31歳のサムライ戦士がこの夏にサラゴサを離れる可能性が高く、「ギョズテペはスキルフルなこの日本人選手の獲得により、移籍市場で強化を図ることを目論んでいる」と綴っている。

 また、トルコ・メディア『STAR』も、「ギョズテペがカガワにコンタクトを取った」とし、こう伝えている。

「昨シーズンにベシクタシュでの活躍で注目を集めたシンジ・カガワが、再び(トルコ)スーパーリーグへと向かう。スペイン2部のサラゴサでプレーする日本の10番は、ギョズテペから提案を受けた」

 トルコ西部のイズミルに本拠地を置くギョズテペは、昇降格を繰り返すいわゆるエレベータークラブ。だが、6月13日から再開する今季のトルコ・リーグでは、8位の好位置につけている。

 はたして、“憧れの地”スペインで苦しむ香川は、再びトルコへと渡るのか。その動向に注目が集まる。

6/12(金) 19:11サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/b98d01102d9380361fc60d3a0e493d43528790e6

写真
no title

久保建英にトルコ行きの話が浮上?現地紙「ベシクタシュはキャプテン翼を求めている」 

20200602-00010011-goal-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 14:00:54.57
今季、レアル・マドリーからマジョルカへ1年間のレンタルに出されている日本代表MF久保建英だが、来シーズンはスペインを離れることになるかもしれない。

現状の契約では来季はレアル・マドリーに戻る予定だが、出場機会を求めて再レンタルされる可能性が高いと見られる。そんな中、国外への移籍話が急浮上しているようだ。

トルコ『aspor』、『Aksam』、『Ajansspor』など複数の現地メディアは「ベシクタシュは18歳のキャプテン翼を求めている」と伝えた。

「以前長友佑都の代理人と交渉していたベシクタシュは、ロベルト佃氏から一つの提案を受けた。それは黒と白(ベシクタシュ)に対して、久保建英のレンタル移籍という話だった」

記事では「まだ18歳であるにもかかわらず、久保の市場価値はすでに1300万ユーロ(約15億6000万円)に上昇。
今季はマジョルカに貸し出されていた」と紹介しつつ、安価でレンタルが可能だとも伝えている。

今季はマジョルカでプレーした久保建英だったが、果たしてトルコリーグの選択肢は具体化するのだろうか。
これまでレアル・ソシエダやベティス、もしくはマジョルカに再レンタルの可能性も報じられていたが、
来季久保がどのユニフォームに身を包むのかという話題は、引き続き注目を集めることになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/18e1611e835e4759abe4aa69d93b7acff4029060
6/2(火) 12:09配信

<長友をトルコ1部ベシクタシュが獲得か>Jリーグ復帰もささやかれ、どこに向かうか? 

20200513-01849791-tospoweb-000-5-view




1: 2020/05/13(水) 12:59:29.12
トルコメディア「Sabah Spоr」は、同国1部ベシクタシュが日本代表DF長友佑都(33=ガラタサライ)の獲得を計画していると報じた。今季限りで契約満了となる同国代表DFジャネル・エルキン(31)の代わりに、ライバルクラブで処遇が宙に浮いた日本のスター選手に注目しているという。

 長友は昨年11月の欧州チャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリード(スペイン)戦で凡ミスを連発。6失点と大敗した試合の“戦犯”としてサポーターから批判が殺到した。さらにファティ・テリム監督(66)の構想外となり、同戦後はベンチメンバーから外れることも多くなった。今年1月にはイタリア1部ボローニャへの移籍が確実視されたが、土壇場で破談。残留したガラタサライでは選手登録も外れており、契約満了となる今夏の去就が注目されている。

 一方、ベシクタシュは昨季まで日本代表MF香川真司(31=サラゴサ)が所属していたクラブで、複数の日本企業がチームをサポートする。同メディアが「日本のスター」と評した長友の獲得でさらなるPR効果を得る目的もありそうだが、Jリーグ復帰もささやかれる。長友はどこに向かうか。

5/13(水) 11:30https://news.yahoo.co.jp/articles/b3873b5e8657f5047a179a784fc5640519a532d9

長友「日本もこのままでは危険です!」トルコで新型コロナ感染拡大、日本に警鐘 

20200404-43479412-gekisaka-000-2-view

<ポドルスキ>新天地で”過激”な歓待を受ける!「信じられないほどの愛と情熱を持つ国」と動画を投稿 

1: Egg ★ 2020/01/27(月) 22:37:45.87 ID:63F5Zc/z9
「キング、帰ってきてくれてありがとう」
no title


トルコに到着したルーカス・ポドルスキへの”過激な”歓待ぶりが話題となっている。

 契約満了でヴィッセル神戸を退団し、23日にトルコのアンタルヤスポル加入が決まったポドルスキが、27日に自身のSNSを更新。次のようなメッセージとともに、飛行機でトルコに向かうところから始まり、メディカルチェックを受けるまでの動画を投稿した。

【動画】「すごいことになってる」トルコで”過激”な歓待を受けるポドルスキ
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=69232

「次の挑戦はアンタルヤ。サッカーに対する信じられないほどの愛と情熱を持つ国、トルコに戻って来た。クラブのために戦うのが待ちきれない」
 

 その動画には、トルコの降り立ち、空港でファンにもみくちゃにされて熱烈な歓待を受ける元ドイツ代表FWの姿が収められている。

 SNS上でもファンから以下のような投稿が続々と寄せられた。

「再びようこそ!」
「トルコに戻ってきてくれてありがとう」
「伝説のプレーヤーだ」
「なぜガラタサライに来てくれなかったんだ」
「キング、帰ってきてくれてありがとう」
「なんかすごいことになってるな」
「ガラタサライ戦が楽しみだ」

 3度のワールドカップを経験し、神戸でもクラブ初タイトルとなる天皇杯制覇に貢献したポドルスキ。その”勝者のメンタリティー”で、現在リーグ15位に沈むチームの救世主となるか。


1/27(月) 19:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069232-sdigestw-socc

神戸・ポドルスキ トルコ1部移籍浮上 トルコ紙が報道 

20200118-00000017-spnannex-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/18(土) 05:53:50.99 ID:xbX8Dlli9
J1神戸との契約が今月で満了となる元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が、トルコ1部アンタルヤスポルに移籍する可能性が浮上した。

16日付のトルコ紙ヒュリエトが報じたもので、アンタルヤスポルが1年半の契約をオファー。クラブ広報は交渉していることを認めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000017-spnannex-socc
1/18(土) 5:30配信

<香川真司>トルコに電撃復帰も!?長友佑都所属ガラタサライへの移籍の噂浮上.. 

1: Egg ★ 2020/01/07(火) 23:08:47.38 ID:vm2zg7B09
スペイン2部のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司に、トルコ1部のガラタサライへの移籍の噂が浮上している。トルコ『ヒュリエット』など複数メディアが7日付で伝えた。

 香川は昨季後半戦に、ボルシア・ドルトムントからのレンタルの形でトルコのベシクタシュに在籍。今季はサラゴサへ完全移籍し、スペイン2部で戦っている。

 ベシクタシュのライバルクラブであるガラタサライも、過去に香川の獲得への関心がたびたび噂されていた。昨年夏にもトルコメディアなどで移籍の可能性が取りざたされたこともあったが、実現には至らなかった。

 今回もまた、代理人などを通して香川の移籍の話がガラタサライに持ちかけられたという。トルコメディアは「サプライズ」「爆弾」としてこの動きを伝え、ファティ・テリム監督が“逆オファー”に応じるかどうかに注目している。

 サラゴサではここまでリーグ戦17試合に出場している香川だが、シーズン序盤に活躍をみせた後は低調が続き、本領を発揮することはできていないとスペインメディアでも評されている。途中交代が多いことも含め、現状に不満を抱いているようだとも伝えられている。

 ガラタサライには日本代表のチームメートであるDF長友佑都も所属。だが長友は冬の移籍市場でガラタサライを離れる可能性が高いとも報じられている。

1/7(火) 17:34配信https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00356701-footballc-socc

写真no title

<トルコ1部フェネルバフチェ>奥川雅也の獲得検討か?ヤナル監督がプレーに注目し追跡..  

1: Egg ★ 2019/10/16(水) 19:15:41.78 ID:3MDRBgy+9
オーストリア1部ザルツブルクに所属するMF奥川雅也(23)に、トルコ1部フェネルバフチェが獲得を目指していると、16日付トルコの地元メディア・フォトスポル電子版が報じている。

同電子版によると、トルコの名門クラブのヤナル監督が奥川のプレーに注目し、追跡していると伝えた。奥川についてトップ下や両サイドでのプレーが可能と紹介。指揮官はドイツ2部キールに在籍してきた昨季から奥川のことを追跡していたという。

奥川は今季、公式戦10試合に出場して、4得点2アシストを記録。負傷で離脱したこともあるが、レギュラー格の1人としてチームに貢献している。だが、同メディアはリーグ戦では先発しているものの、国内杯や欧州CLではベンチスタートであることを指摘。完全なレギュラーではないため、来季にもチームから離れる可能性があると報じた。

フェネルバフチェは、今季終了と同時に奥川を移籍させたいとしていると伝えた。(オルムシュ由香通信員)

10/16(水) 16:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-10160484-nksports-socc

写真
no title

香川真司、ドルトムントから事実上の戦力外通告か。移籍先探しを容認される  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/03(水) 21:39:35.31 ID:ZXcf2tuf9
7/3(水) 7:20配信
香川真司、ドルトムントから事実上の戦力外通告か。移籍先探しを容認される

 ボルシア・ドルトムントの香川真司は今夏にクラブを離れる事が濃厚となった。

 2日付けの独誌『キッカー』など複数のメディアは、ドルトムントが香川に対し現地時間3日から始まる新シーズンの初練習に参加せず移籍先を見つける事を許可したと報じている。


 2010年にドルトムントに加入した香川はすぐにレギュラーポジションを獲得すると1年目でリーグ優勝に貢献、2年目はリーグとドイツ杯(DFBポカール)の2冠獲得に貢献する。

 その後、マンチェスター・ユナイテッド移籍を経て2014年に再びドルトムントへ復帰を果たすも、かつてのパフォーマンスを見せる事が出来ず。今季はルシアン・ファブレ監督の構想外となりシーズン後半はトルコ1部ベシクタシュでプレーしていた。

 そんな香川にはベシクタシュの他、セルタやベティス、ヘタフェといったスペインのクラブも興味を持っているようで、30歳を迎えた今季は新天地で一からのスタートを切る事になりそうだ。

 なお、ドルトムントは香川の他にアンドレ・シュールレにも同様の通知をしたようだ。28歳のシュールレは昨季フラムにレンタル移籍しリーグ戦24試合で6得点を挙げていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00329120-footballc-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索