Samurai Goal

トルクメニスタン


スポンサード リンク





森保ジャパン、慢心が招いた苦戦 最後までぴりっとせず  

20190108-00160200-soccermzw-000-3-view




1: 2019/01/10(木) 07:39:19.36
(9日、サッカー・アジア杯 日本3―2トルクメニスタン)

ボールを持つ相手に、DF酒井は寄せていなかった。
GK権田もシュートへの構えがなかった。
前半27分の失点は、隙から生まれたのに他ならない。
自陣右、ペナルティーエリアの外から強烈なゴールを決められた。
相手が格下でなければしないであろう、緩慢なプレーが原因だった。

選手たちも警戒感は口にしていた。森保監督が就任してから、4勝1分け。
若手が躍進し、勢いに乗っていたチームは、過信が生まれやすい状況にあった。

格上と戦うワールドカップと違い、1次リーグは格下からの挑戦を受ける構図になるアジア杯。守りを固められることは想定内だったはずだ。
なのに、人数を割いて構える中央へ向かって、足元へのパスを繰り返すばかり。
球を失っては逆襲を食らう展開が続いた。

DF長友が言った「きれいなサッカーだけでは勝てない」という反省は、高慢さがあったことを物語る。
長いパスも交えて泥臭く戦った後半、3点を奪ったまでは良かった。
だが、スルーパスで簡単に中央を突破され、1対1となったGK権田が相手を倒して2失点目となるPKを献上。最後までぴりっとしなかった。

主将のDF吉田は厳しい表情で言った。「自分たちで難しい試合にしてしまった。
覚悟と決意を持って臨めたのか、自問自答しなければならない結果になってしまった」。
この辛勝を、「初戦の難しさ」で片付けてしまっては、成長につながらない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000009-asahi-spo
1/10(木) 7:12配信

<海外メディア>大迫勇也に最高評価!単独最高点守備陣には批判...GK権田修一が最低タイ5点  

img_935aa47b67a195f8b25d60805bcacbf4214077




1: 2019/01/10(木) 06:03:30.70
【日本 3-2 トルクメニスタン AFCアジアカップ グループリーグ第1節】

 AFCアジアカップUAE2019のグループステージF組第1節が現地時間の9日に行われ、日本代表がトルクメニスタン代表に3-2の勝利を収めた。『FOXスポーツ』アジア版ではこの試合の各選手のプレーについて採点を行っている。

 同点および逆転の2ゴールを挙げたFW大迫勇也には「9」とこの試合の単独最高点。「この夜の日本の救世主」「90分間を通してトルクメニスタン守備陣にとって悩みの種だった」と絶賛している。

 決勝点となる3点目を挙げたMF堂安律とMF原口元気に対しても「8」と高い評価がつけられた。堂安については「ファンの期待を裏切らなかった」「素晴らしい試合を楽しみ、スキルとスピードで守備陣を翻弄した」と評価されている。

 南野拓実、柴崎岳、冨安健洋のMF陣に対しても「7」と高めの評価。だが攻撃陣が全体的に高評価となったのに対し、2点を奪われた守備陣への評価は厳しい。

 長友佑都は大迫へのアシストなど攻撃面での貢献があったとして「7」。だが槙野智章と吉田麻也のCBコンビは「6」、酒井宏樹はトルクメニスタンの先制点の場面で対応を誤ったとして「5」がつけられている。

 GK権田修一もチーム最低タイの採点「5」。自ら与えたPKも含めて2失点を喫した守護神は「ベストのパフォーマンスではなかった」と厳しく評されている。

1/10(木) 0:03配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00304275-footballc-socc

【サッカー】<FW大迫勇也>2得点!「きれいなサッカーでは勝てない」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547039517/

堂安律がアジアカップ最年少ゴール!小野伸二の記録を塗り替える 20歳6カ月24日  

201901090000960-w500_0




1: 2019/01/09(水) 21:38:33.86
アジアカップ2019が9日に行われ、日本代表がトルクメニスタンと対戦。後半に逆転した日本は堂安律のゴールで点差を2点に突き放した。

大迫勇也の2ゴールで逆転した日本は71分、柴崎岳の鋭いスルーパスから大迫と南野拓実が絶妙なコンビネーションを見せ、左サイドの堂安へ。受けた堂安は華麗な反転から左足で流し込み、3点目を奪取した。堂安は20歳6カ月24日でアジアカップ初ゴールをマーク。これは小野伸二が記録したアジアカップ最年少ゴールを塗り替える得点となった。

日本は南野拓実に代えて北川航也を投入。さらに追加点を奪う姿勢を見せている。

■途中経過
日本 3-2 トルクメニスタン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010030-goal-socc

日本代表、アジア杯初戦は薄氷の勝利…大迫2発と堂安のゴールで白星発進 

1: 2019/01/10(木) 00:28:11.76
 AFCアジアカップUAEグループステージ第1戦が9日に行われ、日本代表とトルクメニスタン代表が対戦した。

 2大会ぶりの優勝を狙う日本の先発はGK権田修一、ディフェンスラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、中盤はボランチに冨安健洋と柴崎岳、右サイドに堂安律、左サイドに原口元気、トップ下に南野拓実、最前線に大迫勇也が入った。

 試合は戦前の予想通り、日本がボールを保持して押し込む展開となったが、先制したのはトルクメニスタンだった。何度か鋭いカウンターで日本ゴールを脅かしていたトルクメニスタンは26分にも速攻を仕掛けると、左サイドでボールを持ったアルスラン・アマノフが中央に切り込んで右足を振り抜く。強烈なシュートがGK権田の手を弾いてネットに突き刺さった。

 ビハインドを背負った日本は30分、エリア内で受けた大迫が反転から左足ボレーで狙ったが、惜しくもゴール右へ。32分には冨安が強烈なミドルシュートを放ったがGKにセーブされ、0-1のまま前半を折り返した。

 早い時間に追いつきたい日本は56分、左サイドの原口がグラウンダーのパスをゴール前に通すと、これを受けた大迫が鋭い切り返しから右足のシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。さらに60分、エリア内左深い位置に走り込んだ長友がGKの手前で折り返したボールを大迫が無人のゴールへシュート。エースの2ゴールで逆転に成功した。

 リードを得た日本は71分、細かいパス交換で崩すと、エリア内左で受けた堂安が反転から左足のシュートをゴール右隅に決め、スコアは3-1に。しかし79分、ミスからピンチを招いた日本はGK権田がエリア内でアルティミラト・アンナドゥルディエフを倒してしまいPKを献上。これをアフメト・アタエフに決められ、1点差に詰め寄られた。

 残り時間はトルクメニスタンが同点ゴールを狙って攻める展開となったが、日本が逃げ切って3-2でタイムアップ。苦しんだ日本だったが、辛くも勝利を収めて白星スタートを切った。

【スコア】
日本代表 3-2 トルクメニスタン代表

【得点者】
0-1 26分 アルスラン・アマノフ(トルクメニスタン)
1-1 56分 大迫勇也(日本)
2-1 60分 大迫勇也(日本)
3-1 71分 堂安律(日本)
3-2 79分 アフメト・アタエフ(PK/トルクメニスタン)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)
権田修一;酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都;冨安健洋、柴崎岳;堂安律、南野拓実(73分 北川航也)、原口元気;大迫勇也

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00890056-soccerk-socc
no title


★1がたった時間:2019/01/09(水) 21:51:07.83
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547044197/

森保監督「何とか勝ったという感じですけど、すべての部分で改善し、成長しながら勝っていく」  

20190108-00000132-dal-000-2-view




1: 2019/01/09(水) 22:06:26.23
2大会ぶりのアジアカップ制覇へ初戦を迎えた日本は、大迫勇也、堂安律、南野拓実らをスタメンで起用。立ち上がりからボールを保持するが、逆にカウンターからピンチを迎えると、26分にアマノフに強烈なミドルシュートを浴びてまさかの失点。

それでも、後半に入った56分にゴール正面から大迫勇也が同点弾を記録して反撃を開始する。さらに60分にも大迫が決めて一気に逆転。さらに71分に堂安律が加点した日本は、79分に権田が与えたPKを決められて1点差とされるも、逃げ切りに成功して白星スタートをきった。

FIFAランキング127位のトルクメニスタン相手に苦戦した日本。逆転勝利した試合後、森保監督はフラッシュインタビューで「何とか勝ったという感じですけど初戦は難しい試合になると思っていました。これがこの大会の難しさかなと思っています」と話し、以下のように選手を称賛した。

「選手たちは先制されてもプレーすることをやめずに、チームとして戦い続けて、今日ここにこられている皆さん、日本で応援してくれているサポーターの皆さんに勝利をとどけられてよかったです」

また、次のオマーン戦に向けては以下のように意気込みを語った。

「すべての部分で改善し、成長しながら勝っていくことをこの大会で掲げています。次のオマーン戦でも最善の準備と、試合でベストを尽くすこと、成長と勝利を目指してやっていきたいです」

日本はこのあと、13日に行われるグループF第2節でオマーン代表と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010034-goal-socc

【速報】トルクメニスタン戦 採点&寸評 

5508d31543253203328deeb804d0ab7b

【速報】アジア杯 トルクメニスタン戦 日本3-2で逃げ切る 

5508d31543253203328deeb804d0ab7b

<トルクメニスタン> 日本警戒も指揮官「勝つチャンスある」  

4bd80_1374_2513c7e6_3c020ef1




1: 2019/01/09(水) 06:18:03.14
 ◇アジア杯1次リーグF組 トルクメニスタン―日本(2019年1月9日 UAE・アブダビ)

 トルクメニスタンのホジャゲルディエフ監督は日本について「組織的でいいチーム。同じグループで光栄」と話し、「強いが、どのチームにも勝つチャンスはある」と意気込んだ。

 チームのストロングポイントは「集中力」と「情熱」。国際試合が少ないためFIFAランク127位だが、W杯ロシア大会2次予選で強豪イランと引き分けた実績もある

1/9(水) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000054-spnannex-socc

【トルクメニスタン戦の予想スタメン】CFで北川の抜擢も!?負傷離脱の中島の代役は原口か 

20190109-00052438-sdigestw-000-13-view

<長友佑都>無敗の日本代表に警鐘!過去大会を引き合い「正直、少し天狗になっていた」  

2f2be5dea72bd5889b9b385461cf8423




1: 2019/01/09(水) 08:39:36.34
日本代表は9日にアジアカップのグループリーグ第1戦トルクメニスタン戦を迎える。2011年大会以来の優勝を狙うなか、当時を知るDF長友佑都(ガラタサライ)は「正直、少し天狗になっていた」と振り返り、大会初戦に向けて気を引き締め直した。

 昨夏のロシア・ワールドカップ(W杯)後に発足した森保一体制は、ここまで5試合を終えて4勝1分の無敗をキープしている。しかし、年末の国内合宿時に国内組のコンディションが今一つと見るや、長友は「国内組はもう少しやっても良かった」と苦言を呈した。 UAE入り後、「チームを引き締めるために発言したという部分もある」と振り返っているが、すべてはアジアカップを見据えたうえでの言動だ。

 長友は10月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節シャルケ戦(0-0)で相手のクロスを阻止した際に負傷交代。肺気胸と診断され、胸腔鏡手術を受けて11月の代表戦を欠場した。同月下旬に復帰したが、「自分自身もコンディションを整えないといけない。僕も肺のオペをしたばかりなので」と急ピッチで調整を続けている。初戦が刻一刻と迫るなか、長友だけでなく、チームの状態も上がってきているようだ。

「チーム全体としては間違いなく上がってきている。体のキレも含めて、みんなの動きも国内でやっていた合宿とは明らかに違う」

 その一方、すでに開幕している大会では、前回王者のオーストラリアがヨルダンに0-1で敗れるなど波乱含みのスタートとなった。日本が順調な調整を進めるなか、長友は「いやーアジアカップが来たなという感じ。オーストラリアの試合もそう」と危機感を強めている。長友は苦戦を強いられながらも優勝した2011年大会を振り返り、ここまで無敗街道を走る森保ジャパンに警鐘を鳴らす。

前回大会王者の初戦黒星、長友の脳裏をよぎる「足をすくわれかけた経験」

「2011年も予選でかなり苦戦した。正直、自分たちが少し天狗になっていたかなという時期にアジアカップが来て、そこで足をすくわれかけた経験がある」

 その思いを強くしたのはオーストラリアの初戦黒星だったようだ。「この前のオーストラリア戦を見ながら、オーストラリアもちょっと気が抜けている部分もあったと思う。入りがスローというか、気持ちが入っていないような部分があった」と分析している。

 チームの緊張感を保つような発言を見せている長友。その意識が伝播したように選手たちは冷静に現状を見つめており、心身ともに良い状態で初戦のトルクメニスタン戦に臨めそうだ。

1/9(水) 6:10 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00160246-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索