Samurai Goal

トッテナム


スポンサード リンク





【詳報】ポスト2発も…勝負を決めたのはメッシ!! バルサ、トッテナムとの打ち合い制してCL2連勝 

32325_ext_04_0

“電撃解任"もある!?トッテナム・ポチェッティーノ…就任後初の公式戦3連敗 

Pochettino

“キャプテン継続”飲酒運転で有罪となったロリスをトッテナム指揮官が擁護!! 

キャプチャ

PL初の“珍事!?”トッテナムが何と今夏の補強「ゼロ」 

キャプチャ
 イングランドの移籍市場が9日に閉幕を迎えたが、プレミアリーグのトッテナムが“珍記録”を樹立した。英『フォー・フォー・トゥー』の公式ツイッターなどが伝えている。

 トッテナムはマウリシオ・ポチェッティーノ監督が2014年5月に指揮官に就任して以降、5位(14-15)、3位(15-16)、2位(16-17)、3位(17-18)と好成績をおさめ、優勝争いができるチームへと成長。

彼のもとでFWハリー・ケインやMFデル・アリといった若手がブレイクしており、プレミアリーグ優勝も夢ではない状況にある。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-01659738-gekisaka-socc

バルセロナがPK戦でトッテナムを制す!!ソン・フンミンの活躍が実らず... 

GettyImages-489293570
1 2018/07/29(日) 14:41:25.33 _USER9
【バルセロナ 2-2(PK5-3) トッテナム インターナショナルチャンピオンズカップ】

 現地時間28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップの試合で、バルセロナとトッテナムが対戦した。

 両チームともに、ワールドカップに出場した主力選手の多くは不在。だがトッテナムは韓国代表FWソン・フンミンやデンマーク代表MFエリクセンなどの主力も先発に名を連ねる。バルサは新加入のMFアルトゥールやDFラングレなどが先制した。

 前半15分、アラベスへのレンタルから戻ってきたFWムニルがバルサに先制点をもたらす。左サイドからのクロスをラフィーニャがエリア右から頭で折り返し、最後はムニルが至近距離からのヘディングで押し込んだ。

 さらに29分には期待の新戦力にも初ゴールが生まれる。右サイドのラフィーニャがエリア手前に落としたボールを受けたアルトゥールが、ワントラップから強烈な右足ミドルをゴール左へ突き刺した。

 そのまま2点差で前半を終え、後半からはもうひとりの新加入選手であるマルコムもデビュー。だがトッテナムも反撃に転じ、立て続けの2ゴールで試合を振り出しに戻した。

 73分にはバルサ守備陣がクロスへの対応を誤り、ゴール正面にこぼれたボールをソン・フンミンが蹴り込んで1点差。さらに75分、またしてもバルサのゴール前で同様の混乱が生じ、最後はエヌクドゥが押し込んで同点に。

 2-2でタイムアップを迎え、レギュレーションにより勝負はPK戦へ。5人全員が決めたバルサが5-3の勝利を収める結果となった。

【得点者】
15分 1-0 ムニル(バルセロナ)
29分 2-0 アルトゥール(バルセロナ)
73分 2-1 ソン・フンミン(トッテナム)
75分 2-2 エヌクドゥ(トッテナム)

https://www.footballchannel.jp/2018/07/29/post283436/

ソン・フンミン、トッテナムと契約延長!!兵役の場合はどうなるのか? 

GettyImages-841198642-800x533
1 2018/07/21(土) 14:52:04.25 _USER9
7/21(土) 12:13配信
孫興民がトッテナムと契約延長、2023年まで5年間

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)は、韓国代表FWの孫興民(Heung Min Son、ソン・フンミン)との契約を2023年まで5年間延長したと発表した。

 孫はマウリシオ・ポチェッティーノ(Mauricio Pochettino)監督の下で重要な選手になっており、昨シーズンは全55試合のうち53試合に出場し、公式戦通算20ゴールを記録。チームはリーグを3位で終え、FAカップ(FA Cup 2017-18)で準決勝に進出したほか、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)では16強に残った。

 2015年にドイツ・ブンデスリーガ1部のバイヤー・レバークーゼン(Bayer Leverkusen)からトッテナムに加入した26歳の孫は、これまで同クラブで通算140試合に出場して47得点をマーク。プレミアリーグにおけるアジア選手最多得点記録保持者となっている。

 W杯ロシア大会(2018 World Cup)でも2ゴールを記録した孫は、これからチームに合流し、米国ツアーでスペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)、イタリア・セリエAのASローマ(AS Roma)やACミラン(AC Milan)と対戦する。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000020-jij_afp-socc

V逸のトッテナムが失速…サウサンプトンに逆転負け喫し3戦白星なし! 

1: 名無しさん 2016/05/08(日) 23:47:35.26 ID:CAP_USER9
プレミアリーグは8、第37節2日目を行った。トッテナムはホームでDF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、1-2で敗れた。
ベンチスタートの吉田は最後まで出番はなく、3試合ぶりの出場とはならなかった。

 前節チェルシー戦は引き分けに終わり、逆転優勝の可能性が消滅したトッテナム。その試合でFWジエゴ・コスタに暴力行為を働いたため、MFムサ・デンベレが6試合の出場停止処分を科せられ、代わってMFライアン・メイソンが先発出場した。一方、ヨーロッパリーグ出場権獲得の可能性を残しており、前節シティに快勝したサウサンプトンはメンバーを変えずにこの試合に臨んだ。

 優勝を逃し、モチベーションが心配されたトッテナムだが、立ち上がりから積極的な入りを見せると前半5分、DFダニー・ローズが左から折り返したボールをMFクリスティアン・エリクセンが滑り込みながら右足で合わせたが、GKフレイザー・フォスターに止められる。それでも同16分、MFソン・フンミンがMFエリク・ラメラに預けて一気にゴール前に走り込み、PA内右でリターンを受けてGKフォスターをかわす。角度はなかったが、ゴールライン際から中央に切れ込み、左足で冷静にゴールに流し込んだ。

 先制点を許したサウサンプトンだが、トッテナムの一瞬の気の緩みを突き、同点に追いつく。前半31分、後方からのボールをMFドゥサン・タディッチが中央に折り返し、ニアに走り込んだMFスティーブン・デイビスが右足で合わせる。シュートの威力はなかったが、GKウーゴ・ロリスは弾き出せず、ボールはゴールに吸い込まれ、1-1と試合を振り出しに戻した。

 トッテナムは前半アディショナルタイム3分に決定機が訪れ、左サイドでFWハリー・ケインがDFジョゼ・フォンテと体を入れ替えて中央に切れ込み、右足を振り抜くもGKフォスターのブロックに遭い、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。後半25分には給水タイムが設けられ、試合は一時落ち着いたかに思われたが、給水タイム明けの同27分にサウサンプトンが逆転ゴールを決める。

 サウサンプトンはPA手前でパスを細かくつなぎ、中央やや左でパスを受けたデイビスがタディッチとのワンツーからシュートコースを作って右足を振り抜く。強烈なシュートではなかったが、ゴール右隅に吸い込まれ、サウサンプトンが2-1と逆転に成功した。アディショナルタイムにはFKから決定的な場面を作られたが、GKフォスターのファインセーブでリードを守り抜き、逆転勝利で3連勝。一方のトッテナムは3試合白星なし(2分1敗)となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-01627119-gekisaka-socc

no title

【チェルシー×トッテナム試合結果】レスター優勝決定!トッテナムが2点差を追いつかれ2-2ドロー!![全ゴール動画有] 


プレミア・リーグ 2015/2016 第36節
チェルシー 1-2 トッテナム・ホットスパー

■ 得点:
0-1 ハリー・ケイン(前半35分)
0-2 ソン・フンミン(前半44分)
1-2 ガリー・ケイヒル(後半13分)
2-2 エデン・アザール(後半38分)

▽キックオフ:2016/05/02(月) 21:00 │ 日本時間 05/03(火) 04:00
▽スタジアム:スタンフォード・ブリッジ(London) ▽観衆:41,545人
▽主審:M. クラッテンバーグ ▽副審:S. Beck、J. Collin

ChZ5KRkXEAAVJ1z
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


チェルシーがレスターへのアシストを約束?「スパーズの優勝を阻みたい」 

1: 名無しさん 2016/05/02(月) 22:57:54.80 ID:CAP_USER9
チェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスは26年間守ってきた記録を止めたくはないと考えているようだ。

1日、トッテナムとホームで対戦するチェルシー。2位のトッテナムにとっては逆転優勝のため絶対に勝ち点3が欲しい試合だが、26年間トッテナムはチェルシーのホームで勝利していない。 

それについてペドロは英『London Evening Standard』で「僕らの誰も記録を止めたくはないと考えているよ。本当に集中を続けている」と話した。

もちろん理由はそれだけではない。同選手は続けて「スパーズの優勝を阻むモチベーションがあるかって? もちろんだよ。僕らにとって最も重要なことは勝つことだけどね。僕らの戦いがレスターを有利にするなんてことは二の次だ。

彼らは今季本当によくやっているし、あの順位に値しているけど、チェルシーのファン、選手にとってもこの試合は大きな戦いなんだ。大きなダービーマッチだし、いつも情熱と感情が込められて行われている」とこの試合へのモチベーションを語っている。

今のトッテナムにとって26年間の記録は破らなければならないものであることは間違いない。しかし同時にチェルシーにとっても絶対に負けられないダービーマッチであるようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/20160501/01world/england/58898
no title


午前4時 

チェルシーvsトッテナム 
http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/

【実況】サッカーch
http://wc2014.2ch.net/livefoot/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索