Samurai Goal

トッテナム


スポンサード リンク





トッテナムMFデレ・アリが自宅で強盗被害。顔面殴打されるも重傷は免れる 

20200514-00373794-footballc-000-1-view




1: 2020/05/14(木) 10:25:52.32
トッテナムに所属する24歳のイングランド代表MFデレ・アリが自宅で強盗被害にあったようだ。13日に英メディア『BBC』が報じている。

【画像】トッテナムの基本フォーメーション

 同メディアによると、事件が起きたのは現地時間13日の早朝だという。ロンドンにあるデレ・アリの自宅に2人の男が押し入りナイフで脅されたとのこと。さらに殴られ、乱闘中に顔面に軽傷を負ったようだ。幸いにも病院へ行くほどの重傷は免れている。その後、侵入者は時計などの宝飾品を盗んでいったと伝えている。

 デレ・アリは防犯カメラの映像を警察に提供。捜査は続いているが、現時点で犯人は捕まっていない。なお、デレ・アリは自身のツイッターを通じて「すべてのメッセージに感謝する。恐ろしい経験だったが今は大丈夫だ。サポートに感謝」と語り、無事であることを報告した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00373794-footballc-socc

トッテナムお金が無い モウリーニョ監督懸念 

20200414-24140202-nksports-000-7-view




1: 2020/04/17(金) 22:11:01.78
トットナムにはお金がない…。イングランド・プレミアリーグ・トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督(57)が今夏の移籍市場で新戦力を獲得する資金がほぼないと懸念している。

13日に報じた英ザ・サン紙によると、モウリーニョ監督はダニエル・レヴィ会長から昨年11月に就任した段階で限られた予算しかないとの説明を受けており「新たな選手に使う資金はないかもしれない」と認めているという。

新型コロナウイルス感染拡大による公式戦中断で、トットナムは他クラブ以上に打撃を受けているとされる。既に同監督はクラブ側から財政難の現状も説明されており、移籍市場で仕事をすることはほぼないと認識している。

現在、クラブは6億3700万ポンド(約891億円8000万円)の負債を抱える。毎月の賃金請求額が1000万ポンド(約14億円)超えているが、補てんする予備金もない。公式戦が再開されれば、クラブに放送権料は入るものの、無観客のために1試合あたりに収益が500万ポンド(約7億円)を超えることはない。モウリーニョ監督がFWケーンやFW孫興民ら主力放出には後ろ向きだ。

またクラブは13日、公式サイトで1部スタッフの一時帰休決定を撤回すると発表した。雇用死守のため、クラブスタッフ550人の4~5月の給与を20%カットし、英政府の雇用維持政策(給与80%保証)を活用することを発表していたが、サポーターに大きな批判を浴びて方針転換。クラブスタッフは満額、役員のみの給与カットにすると見直したばかりだ。もともとの資金難に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、トットナムはドタバタが続いている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-24140202-nksports-socc

トッテナムDFフェルトンゲン宅にナイフを持った強盗が侵入 妻らが居合わせるも幸い負傷者なし 

20200316-00010005-sportes-000-1-view




1: 2020/03/16(月) 11:15:06.11
トッテナムのDFヤン・フェルトンゲンの家族は、先週火曜日(10日)に恐ろしい体験をしていた。フェルトンゲンの妻と2人の子供が自宅にいる際にナイフを持った4人の強盗が押し入り、金品を持ち去ったということである。

その時フェルトンゲンはドイツでチャンピオンズリーグのRBライプツィヒ戦を戦っている。
強盗はフットボーラー宅を狙う際、いつも同じ戦略を使っている。彼らは試合スケジュールを利用して、彼らが不在の時を襲う。

今回の事件で最も恐ろしいのは、強盗が押し入った際に家族が家にいたということである。救いは家族が全員無事だったということだ。

この窃盗事件は、ライプツィヒ対トッテナムの2ndレグの直前に起こってた。フェルトンゲンは3-0で敗れた試合に出場しなかったものの、この件は試合後に本人に伝えられた。

イギリス警察は、「目出し帽を被り、ナイフを持った4人の強盗がフェルトンゲンの自宅に押し入り、複数の金品を盗んだようである。負傷者はいないものの、犯人は捕まっておらず、捜査が続けられている」と発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00010005-sportes-socc

<トッテナムのモウリーニョ監督> 6試合未勝利はキャリア最低の数字 

1: 2020/03/11(水) 23:41:20.96
トッテナムの監督ジョゼ・モウリーニョは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でRBライプツィヒに3-0で敗れ、監督キャリアで最悪の成績を記録した。

モウリーニョ “トラウマ”の負傷者続出でも「得点する方法はある」

ホームで行われた1stレグを0-1で落とすと、アウェイの2ndレグでザビッツァーの2得点とフォルスベリの得点で0-3で敗れ、2試合通じて1得点も奪うことができず、トッテナムはCL敗退となった。

この敗戦で6試合未勝利となったが、監督モウリーニョが通算935試合に及ぶキャリアの中で最長の記録となった。

トッテナムは2月16日に行われたアストン・ヴィラ戦で3-2で勝利して以降、1か月近く未勝利となっている。

3/11(水) 19:56配信スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00010013-sportes-socc

写真 no title

トッテナムのエースFWケイン、マンU移籍か 移籍金208億円…退団決意と英報道 

20200305-00249878-soccermzw-000-1-view

UEFA-CL決勝T1回戦第2戦 バレンシア×アタランタ、ライプツィヒ×トッテナム 結果 

20200311-00010004-goal-000-3-view




1: 2020/03/11(水) 06:55:59.96
バレンシア 3-4 アタランタ
第01戦   1-4 
合計    4-8

[得点者]
ヨシップ・イリチッチ(前半03分)アタランタ
ケヴィン・ガメイロ (前半21分)バレンシア
ヨシップ・イリチッチ(前半43分)アタランタ
ケヴィン・ガメイロ (後半06分)バレンシア
フェラン・トーレス (後半22分)バレンシア
ヨシップ・イリチッチ(後半26分)アタランタ
ヨシップ・イリチッチ(後半37分)アタランタ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085327


ライプツィヒ 3-0 トッテナム
第01戦    1-0
合計     4-0

[得点者]
マルセル・サビッツァー(前半10分)ライプツィヒ
マルセル・サビッツァー(前半21分)ライプツィヒ
エミル・フォルスベルグ(後半42分)ライプツィヒ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085331

CL決勝T1回戦結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

侮辱発言に怒り爆発 トッテナムMFダイアーが客席乱入、モウリーニョ監督「全員同じことする」 

20200305-00106983-theanswer-000-1-view[1]




1: 2020/03/05(木) 19:27:11.36
トッテナムMFダイアーが侮辱発言にキレた、ファンの胸ぐらをつかみ…
 海外サッカー、プレミアリーグのトッテナムMFがスタンドのサポーターに怒りをあらわにするシーンが注目されている。4日のFAカップ5回戦ノリッジ戦後に客席に乗り込んだのは、イングランド代表でもあるエリック・ダイアー。海外メディアは動画付きで報じている。

【動画】「全員同じことをする」とモウリーニョ監督は擁護、怒りが収まらない様子で…トッテナムMFの客席乱入で観客騒然の実際の動画
https://twitter.com/i/status/1235342219940433927

 どうにも怒りが収まらない様子だ。試合終了直後のスタジアム。他の選手が引き揚げる中、一人の選手が客席に向かって走り出した。最前列の柵を飛び越えると、猛然と客席を一つずつ乗り越えていく。行く先は決まっているようだ。ターゲットに向かって突き進む姿に、他の観客は騒然と見つめている。そして、目的の人物の胸ぐらをつかむと、人だかりができた。2人はもみ合いとなっている中、警備員が駆け寄る様子が映されている。

 動画を公開したのは、米ESPNのスポーツ情報番組「スポーツセンター」のスペイン語版ツイッターだった。イングランド代表のとった行動を英公共放送「BBC」も「トッテナムのミッドフィールダー、エリック・ダイアーが“侮辱を受けた”あと、ファンと激しい口論に」の見出しで報道。さらにこう続けている。

「スパーズのFAカップ敗退後にスタンド内でファンとの衝突に関与。ジョゼ・モウリーニョ監督によるとファンから“侮辱された”とのこと」

 一連の騒動について「モウリーニョは“真のトッテナムファン”を入れていないと非難」と報じ、ジョゼ・モウリーニョ監督のコメントを紹介している。

「エリックはプロとしてすべきではない行動をしたと思う。しかし、全員が同じことをしただろう」「エリックの家族がそこにいて、エリックを侮辱した人物に対して、エリックの弟がよく思わなかった」

 指揮官によると、ダイアーが侮辱されたことをそばにいた弟がよく思わなかったことで、結果的にダイアーが客席に乗り込む騒動に発展したという。トッテナムはPK戦の末に敗れ、ベスト16で姿を消す結果となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00106983-theanswer-socc
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

トッテナムMFデレ・アリ、FAから告発される…新型コロナに言及した不適切なSNS投稿 

20200227-01040406-soccerk-000-1-view




1: 2020/02/27(木) 10:50:33.56
イングランドサッカー協会(FA)が、トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリを倫理規定違反で告発した。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 アリは今月8日、「Corona whattt、ボリュームを上げて聞いて」というタイトルの動画をスナップチャットに投稿。フェイスマスクをした自撮りをし、カメラを一般アジア人男性に向けた、という内容のものだった。さらに、消毒器の写真に「僕を捕まえるには、ウイルスはもっと速くならないとね」と付け加え投稿していた。この一連の投稿はすぐに削除され、アリは9日に中国のSNSプラットフォームWeiboを通じて謝罪していた。

 FAは公式声明を通じて、デレの投稿がソーシャルメディアへの利用方法を規定したFAのルールE3に抵触している可能性があることを指摘した。

「トッテナムのMFの投稿は、『“侮辱”および/または“不適切”および/または“試合の信用失墜”』に関するFAのルールE3(1)に違反したと言われています」

「さらにこの投稿は、FAルールE3(2)で定義されている『明示または黙示を問わず、“人種”および/または“肌の色”および/または“民族的出身”および/または“国籍”への言及』が含まれていたため、『さらに重大な違反』に当たると主張されています」

「彼は2020年3月5日(木曜日)までに、(告発内容について)返答する必要があります」

 今季前半には、マンチェスター・Cに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァが同様のケースでFAの処分対象に。同選手は昨年11月、自身のSNSに同僚のフランス代表DFバンジャマン・メンディの幼少期の写真と、菓子ブランド「コンギトス」のチョコレート色のキャラクター画像を並べて投稿したことで、1試合の出場停止と罰金5万ポンド(約700万円)の処分を言い渡された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-01040406-soccerk-socc

トッテナムMFエリクセン、遂にインテル加入が決定! 昨季はCL準優勝に貢献 

image




1: 数の子 ★ 2020/01/28(火) 22:21:12.10 ID:0qfkoBXf9
1/28(火) 22:08配信SOCCER KING

 インテルは28日、トッテナムからデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを獲得したことを発表した。

 エリクセンは、今シーズン末でトッテナムとの契約が満了するため、レアル・マドリードやバルセロナなど多くのクラブが熱視線を注いでいたが、アントニオ・コンテ監督のもと、スクデットを目指すインテルが射止めた。

 インテルは第21節終了時点で勝ち点「48」を積み上げ、首位ユヴェントスを勝ち点「3」差で追いかけている。そのインテルは今冬の移籍市場で積極補強に動き、マンチェスター・Uから元イングランド代表DFアシュリー・ヤング、チェルシーからナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスを既に獲得。プレミアリーグから3人目の補強となった。

 現在27歳のエリクセンはオーデンセBK、アヤックスのユースチームに所属。2010年にアヤックスのトップチームでプロデビューを果たした。アヤックスではエールディヴィジ3連覇に大きく貢献すると、2013年にトッテナムに加入し活躍を見せ、2018-2019シーズンにはチャンピオンズリーグ準優勝したチームの核として君臨した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-01027539-soccerk-socc

レアルで不遇のベイル(30)今冬にトッテナム復帰へ…完全移籍が濃厚か 12試合2得点 

20200126-01027249-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/26(日) 22:30:46.12 ID:3XFh7qJc9
レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは今冬の移籍市場で古巣トッテナムへと復帰するようだ。26日にイギリス紙『エクスプレス』が報じている。

ベイルは今シーズン、レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督と衝突し、出場機会の獲得に苦しんでいる。昨夏の移籍市場では中国への移籍を目前としていたが、最終的に交渉は破断しスペイン残留が決定した。

トッテナムの指揮官を務めるジョゼ・モウリーニョ監督はベイルの獲得に関心を示しているという。当初はレンタル移籍が濃厚であると複数メディアにより報じられていたが、同紙によるとベイルはトッテナムへの完全移籍を果たすようだ。

同選手はレアル・マドリードにて公式戦通算246試合に出場し105ゴール67試合をマーク。チャンピオンズリーグ決勝でも得点するなど、クラブの成功に貢献してきたベイルだが、今冬の移籍市場でレアル・マドリード退団を強いられるのであろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-01027249-soccerk-socc
1/26(日) 21:41配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索