Samurai Goal

トッテナム


スポンサード リンク





マルセイユ酒井宏樹が「世界最高峰の監督」から熱視線!プレミア参戦間近か 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/22(水) 07:20:14.27 ID:Q+vqQ0cu9
フランスのマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹がイングランド・プレミアリーグへ参戦することになるかもしれない。

イタリアメディア「Tutto sport」は、英国の名門トッテナムを率いる名将ジョゼ・モウリーニョ監督が守備網の強化として酒井の獲得を模索しており、
現在チームの右サイドバックとしてレギュラーを確保しているコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエに代わって、酒井に先発の座を与える可能性があると報じた。

モウリーニョ監督は国内リーグ22試合を終えた段階での、31もの失点数に大きな不満を抱いており、その原因の一つとして、
後方エリアに大きなスペースを与え、対人プレーでもミスの多さが指摘されるオーリエのクオリティーを疑問視。そこで、攻守にバランスの取れた酒井に白羽の矢を立て、
また右サイドだけでなく、左サイドバックとしてもプレーできる日本人DFのユーティリティー性も高く評価しているという。

「トッテナムが酒井の獲得を熱望しているとの報道は今回が初めてではなく、前指揮官マウリツィオ・ポチェッティーノが在籍していた時期にも幾度か酒井への関心が報じられていたことから、
チームとして彼との契約を継続的に望んでいる可能性が高いです。酒井は2016年夏にドイツのハノーファーからマルセイユへ加入し、常に先発の座を保証され続け、累計ではすでに100試合以上に出場。
リュディ・ガルシア監督やアンドレ・ビラス・ボアス監督と、いずれもワールドクラスの指揮官から信頼を寄せられ、日本代表含め、様々な監督から常に高い評価を受けてきました。
今回、酒井へ熱視線を向けているとされるモウリーニョに至っては世界最高の指揮官の1人であり、ネットでも『モウリーニョに欲しがられているのだとしたら凄いこと』
『イングランドで見たい』『モウリーニョに戦術叩き込まれたらもっとすごくなりそう』という反応が出ています」(スポーツライター)

果たしてマルセイユからトッテナムへの華麗なるステップアップは実現するだろうか。
今後の続報に注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/2163929/
2020.01.22 06:00 Asagei Biz

no title

no title

<酒井宏樹(マルセイユ)>モウリーニョが獲得熱望!? プレミアリーグ挑戦の可能性も 

1: Egg ★ 2020/01/16(木) 18:10:36.94 ID:/Ia896oQ9
フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹に対し、イングランドのトッテナムへの移籍に向けた噂が再び持ち上がっている。

 名門マルセイユで不動のレギュラーとしてプレーを続ける酒井には、昨年夏の移籍市場でトッテナムからの関心が噂されていた。1月の移籍市場に向けても酒井をトッテナムの新戦力候補に挙げるイギリスメディアもあった。

 伊紙『トゥットスポルト』が報じたとしてフランス『le10スポール』が伝えたところによれば、酒井にはトッテナムからの獲得打診が届いているという。トッテナムが関心を示す他の候補としてはRBライプツィヒのフランス人DFノルディ・ムキエレやナポリのアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイの名前も挙げられている。

 昨夏に酒井の移籍が噂された際にトッテナムを率いていたのはマウリシオ・ポチェッティーノ前監督だったが、11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督も酒井を高く評価しているようだ。両サイドバックを務められるユーティリティー性が特に評価されているとも伝えられている。

 昨季はファンの選ぶチーム年間MVPに選出されるなど、マルセイユでの評価は非常に高い酒井。昨年8月には契約を2022年まで延長しているが、プレミアリーグ挑戦の可能性もあるのだろうか。

1/15(水) 19:14 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00357976-footballc-socc

写真
no title

プレミア第22節 南野拓実のプレミアデビューはお預け。リバプール、トッテナム撃破でリーグ戦20勝到達 

20200106-00238838-soccermzw-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/12(日) 09:00:29.69 ID:9pLuhCAT9
【トッテナム 0-1 リバプール プレミアリーグ第22節】

プレミアリーグ第22節のトッテナム対リバプールが現地時間11日に行われた。
試合は1-0でアウェイのリバプールが勝利を収めている。リバプールの南野拓実はベンチ入りしたが、プレミアリーグデビューの機会は訪れなかった。

プレミアリーグの首位を独走するリバプールと、2020年に入ってまだ白星がないトッテナムの一戦。
FAカップでデビューを飾った南野は、ベンチからプレミアリーグデビューの機会をうかがうことになった。

試合は序盤からリバプールが主導権を握る展開。37分、ペナルティエリア内でDFを背にボールを受けたサラーが左に落とすと、これを受けたフィルミーノが決め、リバプールが先制する。

後半に入ってもボールを保持するリバプールは、追加点が欲しいところだが、なかなか決まらない。

するとトッテナムのモウリーニョ監督は69分、2枚替えで勝負に出る。75分には高い位置でボールを奪って決定機をつくったが、
ソン・フンミンのシュートはクロスバーの上に外れた。82分にはオーリエのクロスにロ・チェルソが合わせたが、これも枠外だった。

終盤は苦しんだリバプールだが、トッテナムの猛攻に耐え抜いて逃げ切りに成功。敵地で1-0の勝利を収め、今季リーグ戦20目を挙げた。

【得点者】
37分 0-1 フィルミーノ(リバプール)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00357416-footballc-socc
1/12(日) 4:22配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075419
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
得点ランキング

去就注目のエリクセン、今冬のインテル移籍が濃厚に すでに合意間近と母国紙報道 

20200104-00238702-soccermzw-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2020/01/04(土) 11:24:03.27 ID:7XVcuqGp9
1/4(土) 9:20配信 Football ZONE web


去就問題が注目されていたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンはインテル移籍が濃厚となったようだ。デンマーク地元紙「Ekstra Bladet」によれば、セリエAの強豪が争奪戦を制し、移籍金は1億5000万から1億8000万クローネ(約24億~29億円)になるという。

 エリクセンは今季開幕前に移籍希望を表明し、レアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されていた。しかし、夏の移籍市場の期限内に決まらず残留。熱望していた新しいチャレンジは叶わなかった。

 トットナムとの契約が今季限りということで、この冬には他クラブとの交渉が可能になり、再び去就問題が過熱していた。マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、ユベントスといったメガクラブが関心を示していたが、その激しい争奪戦にインテルも参戦。記事によれば、両クラブは合意間近で、1月中に移籍が完了する見込みだという。移籍金は約24億から29億円と推測されている。

 精度の高いキックを武器に攻撃を組み立て、得点力の高さも光るエリクセン。アヤックス出身のテクニシャンは、イタリアの地でさらなるステップアップを狙うことになりそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238702-soccermzw-socc

<酒井宏樹>夏に続いて再びトッテナムの新戦力候補に!約28億7000万円以上という十分な補強予算が投入可能 

1: Egg ★ 2020/01/01(水) 12:52:58.11 ID:Rd3PxF479
フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、1月の移籍市場でプレミアリーグのトッテナムの新戦力候補になり得るという見方を英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 同メディアは1日から開始される冬の移籍市場に向けてプレミアリーグ各クラブの補強の見通しを分析。トッテナムについては、センターバックやアタッカーなどに加えて、右サイドバックも補強が検討されるポジションのひとつだとされている。

 その新戦力候補として挙げられたのは酒井と、ナポリのアルバニア代表エルセイド・ヒサイの2人。このポジションには2000万ポンド(約28億7000万円)以上という十分な補強予算が投入可能だとも述べられている。

 名門マルセイユでレギュラーとしてプレーを続ける酒井は、昨年夏にもトッテナムへの移籍の可能性が噂されていた。だがファンや監督などからの強い要望もありマルセイユ残留を選んでいる。

 昨季はチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど大きく飛躍したトッテナムだが今季は苦戦し、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督は11月に解任。ジョゼ・モウリーニョ監督が後任として指揮を執っている。

1/1(水) 12:25 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00355947-footballc-socc

写真no title

最悪の評価でも足りない愚行! ソンフンミンに評点1(10点満点) 英メディア  

0002831735_001_20191223085203162[1]




1: 動物園φ ★ 2019/12/23(月) 11:59:19.73 ID:CAP_USER
「レッドカード」ソン・フンミン、圧倒的どん底「1点」... 「初めてでもない」[英メディア]
記事入力2019.12.23。 午前08:51

トッテナムのソン・フンミン(27)が良くない日を送った。 競技力も良くなかった上、退場までしてしまった。足を間違って出した。チームも負けた。地元でも最悪の評価を残した。

英国のサッカーロンドンは試合後ソン・フンミンに評価1点を与えた。チーム内最低の評価。 あまりにも競技力が良くなかったためほとんどの選手が3点?4点にとどまったが、
ソン・フンミンはさらに低い1点だった。

https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=108&aid=0002831735

モウリーニョ、スパーズでの年俸は約21億円! 前任者ポチェのほぼ倍額に  

20191120-00364751-usoccer-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/25(月) 22:11:33.74 ID:7q3lqC719
20日にトッテナムの新指揮官就任が決定したジョゼ・モウリーニョ氏(56)だが、同クラブで受け取るサラリーはマンチェスター・ユナイテッド時代とほぼ同額のようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

今季ここまでの成績不振を理由にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督(47)を解任したトッテナムは、その後任に約1年の休養を経た“スペシャル・ワン”を招へい。

ユナイテッドでの失敗によってやや評価を落とすも、未だに世界屈指の名将と評されるポルトガル人指揮官に関しては、ヨーロッパのメガクラブに加え、中国スーパーリーグや代表監督のオファーも届いていたとされている。

そのため、トッテナムがいかにしてモウリーニョ氏を口説き落としたかに注目が集まる。モウリーニョ自身は、「このクラブが持つスカッドとアカデミーのクオリティーにも興奮させられている。彼らのような素晴らしいプレーヤーと共に働けることは、自分にとって魅力的なものだった」と、同クラブの持つ人的リソースが理由のひとつだと語っていた。

しかし、モウリーニョ氏を魅了したのは、トッテナムのクラブレベルと高額なサラリーにあるようだ。

『デイリー・メール』が伝えるところによれば、トッテナムは今回のモウリーニョ氏招へいに際して、ユナイテッド時代とほぼ同額と目される年俸1500万ポンド(約21億円)の3年半契約を打診していたようだ。

この1500万ポンドに関してはポチェッティーノ前監督が受け取っていたとされる850万ポンド(約12億円)のほぼ倍額になるという。

モウリーニョ氏の実績を考えれば、前述の金額は決して高過ぎるとは言えないが、緊縮財政を強いられた中で多くの遺産をもたらしたポチェッティーノ前監督の倍額以上をクラブが簡単に支払うとなれば、同氏へのプレッシャーは強まりそうだ。

なお、今回のモウリーニョ氏の招へいの裏ではサッカー界屈指の代理人ピニ・ザハビ氏の働きが大きかったようだ。

過去にロマン・アブラモビッチ氏のチェルシー買収を手引きし、2004年にモウリーニョ氏をチェルシーに連れて来たザハビ氏は、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキの代理人を務める傍ら、ブローカーとしてブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍を実現させるなど、辣腕として知られる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00364751-usoccer-socc

モウリーニョ新体制は白星発進! トッテナム、ウェストハムに競り勝ち6試合ぶり勝利  

20191123-01001425-soccerk-000-5-view[1]




1: ほニーテール ★ 2019/11/23(土) 23:51:09.40 ID:m/WQawUY9
プレミアリーグ第13節が23日に行われ、ウェストハムとトッテナムが対戦した。

 トッテナムは前節終了時点で3勝5分4敗の14位。
19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督を解任し、20日にジョゼ・モウリーニョ新監督の就任を発表。同監督にとって、新クラブでの初陣となった。

 36分、アウェイのトッテナムが先制する。デレ・アリがハリー・ウィンクスからの縦パスを受け、スペースへ走り込んだソン・フンミンにスルーパス。ソンはフェイントで相手DFを剥がすと、左足を振り抜きネットを揺らした。

 続く43分、トッテナムが追加点を獲得する。
サイドへ流れてパスを受けたデレ・アリは、バランスを崩しながらもタッチライン上で粘ってボールをソンに託す。ソンがエリア横まで運んでクロスを上げると、最後はルーカス・モウラが押し込んだ。

 トッテナムは後半開始早々にも追加点。49分、右サイドのセルジュ・オーリエからのクロスをハリー・ケインが頭で合わせて、強烈なヘディング弾をゴールに叩き込んだ。

73分、ウェストハムが1点を返す。マーク・ノーブルのラストパスを受け取ったマイケル・アントニオが、体勢を崩しながらもフィニッシュし、強烈なシュートをゴール右下隅に突き刺した。

 89分、ウェストハムは右サイドからのコーナーキックをセバスティアン・ハラーが頭でボールのコースを変え、デクラン・ライスが押し込みネットを揺らしたが、VAR(ビデオ判定)によってゴールは認められなかった。

 後半アディショナルタイム6分、ウェストハムは1点を返す。左サイドからのコーナーキックをアンジェロ・オグボンナが左足で合わせてゴール左下隅へと流し込んだ。

 ウェストハムの追撃は及ばず試合はこのまま終了。モウリーニョ新体制のトッテナムが白星発進に成功し、プレミアリーグ第7節サウサンプトン戦以来となる勝利を飾った。次節、ウェストハムはアウェイでチェルシーと、トッテナムはアウェイでボーンマスと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 2-3 トッテナム

【得点者】
0-1 36分 ソン・フンミン(トッテナム)
0-2 43分 ルーカス・モウラ(トッテナム)
0-3 49分 ハリー・ケイン(トッテナム)
1-3 73分 アントニオ(ウェストハム)
2-3 90+6分 アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-01001425-soccerk-socc

スパーズ解任のポチェッティーノ、次の職はバイエルン指揮官か  

1: 久太郎 ★ 2019/11/21(木) 11:47:12.10 ID:C9Tk6y0s9
マウリシオ・ポチェッティーノ氏(47)にバイエルン就任の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・メール』がドイツ『ビルト』を引用して伝えた。

2014年にサウサンプトンからステップアップする形でトッテナムの監督に就任したポチェッティーノ氏。クラブを近年のプレミアリーグでトップ4の常連にすると共に、昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導くなど躍進させてきた。しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグでプレミアリーグで3勝4敗5分けの14位と低迷。早くもトップ4フィニッシュに暗雲立ち込め、20日に解任が発表された。

そんなポチェッティーノ氏、早くもドイツ王者が注目している模様。バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチSDが同氏を高く評価しており、現在、ニコ・コバチ監督を解任し、空位となっている監督に招へいしたい意向のようだ。

だが、ポチェッティーノ氏はドイツ語を話すことができない。そこで、今シーズンいっぱいは、暫定的に指揮官を務めるハンジ・フリック氏の体制を継続し、ドイツ語の習得期間を与えることで、来夏に就任させることも考慮しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00364774-usoccer-socc

トッテナム新監督にモウリーニョ氏就任! マンU解任から約11ヶ月ぶりにプレミア復帰  

20191120-00349146-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/20(水) 16:18:11.86 ID:GGfHsCDr9
 トッテナムは20日、トップチームの新監督にジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定したことを発表した。契約期間は2022/23シーズン終了までとなる。

 トッテナムは前日の19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の電撃解任を発表。2014年から指揮官を務めた同監督のもと、昨季はクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど好成績を収めてきたトッテナムだが、今季はプレミアリーグで現在14位と低迷している。

 ポルトガル出身のモウリーニョ氏は過去にポルトやチェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなどの監督を務めて数々のタイトルを獲得してきた。昨季はユナイテッドでの成績不振により12月に解任され、その後は約11ヶ月間フリーとなっていた。

「これほどの素晴らしい伝統があり情熱的なサポーターのいるクラブに加わることを楽しみにしている。チームのメンバーもアカデミーもクオリティーが高い。そういう選手たちと仕事をすることが魅力的だった」とモウリーニョ氏はクラブ公式サイトを通してコメントしている。

 トッテナムでのモウリーニョ新監督の初陣は今週末の23日、アウェイで行われるプレミアリーグ第13節のウェスト・ハム戦となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00349146-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索