Samurai Goal

トゥーロン国際


スポンサード リンク





U-22日本代表、トゥーロン国際大会初優勝ならず!! PK戦の末にブラジルに敗れる 

1: 豆次郎 ★ 2019/06/16(日) 01:46:51.65 ID:4DemHcO59
6/16(日) 1:09配信
U-22日本代表、トゥーロン国際初制覇ならず…PK戦の激闘の果てブラジルに屈す

 第47回トゥーロン国際大会2019の決勝が15日に行われ、U-22日本代表とU-22ブラジル代表が対戦した。

 ここまでの4試合で15得点無失点と、力をいかんなく発揮しているブラジルに対し、大会初の決勝進出を果たした日本代表はPK戦の末に勝利した12日のメキシコ戦から先発4人を変更。田中駿汰、長沼洋一、舩木翔、小川航基がピッチに立った。

 日本のプレスを剥がして押し込むブラジルは19分、中央を割るとマテウス・クーニャ(ライプツィヒ/ドイツ)のラストパスからアントニー・マテウス(サンパウロ)が決めて、先制に成功する。

 苦しい展開となった日本だったが、ワンチャンスをものにする。39分、ロングボールをCBがヘディングで処理するが、中途半端なボールとなってしまうと、落下点に入っていた小川が左足ダイレクトボレー。しっかりと抑えた弾道がゴール右に決まって、同点とした。ブラジルは今大会初失点となった。

 後半に入ると時間の経過とともに、日本が中盤でボールを持てる時間が増加するが、なかなか決定機までは至らず。守備ではミスから危ない場面を招きかけるところもあったが、体を張った守備は最後まで切れず。1-1のまま、PK戦となる。

 PK戦では先攻のブラジルが5人全員が成功したのに対し、日本は5人目となった旗手怜央のシュートがセーブされて、ブラジルが5年ぶり9度目のトゥーロン国際優勝を果たした。


【スコア】
U-22日本代表 1-1(PK 4-5) U-22ブラジル代表

【得点者】
0-1 19分 アントニー・マテウス(ブラジル)
1-1 39分 小川航基(日本)

【スターティングメンバー】
日本(3-4-2-1)
オビ・パウエルオビンナ;大南拓磨、岡崎慎、田中駿汰;長沼洋一、田中碧、高宇洋、舩木翔(46分 相馬勇紀);岩崎悠人(66分 三笘薫)、旗手怜央;小川航基(81分 神谷優太)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00948396-soccerk-socc
no title


★1がたった時間:2019/06/16(日) 01:08:53.89
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560614933/

【速報】トゥーロン国際 決勝 日本、ブラジルにPK戦の末に敗れる 

名称未設定 1


【速報】トゥーロン国際大会 準決勝 日本、PK戦の末メキシコに勝利、初の決勝に進出! 

5cf7646e-ca84-4c9e-8dd8-7253d3093d95

【速報】トゥーロン国際大会 準決勝 メキシコ戦 スタメン発表! 

5cf7646e-ca84-4c9e-8dd8-7253d3093d95

U-22日本代表、2008年以来の4強入り トゥーロン国際大会グループステージ突破決定!  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/08(土) 05:37:25.61 ID:aACYsNPT9
6/8(土) 5:33配信
U-22日本代表、08年以来の4強入り【トゥーロン国際大会】

【U-22チリ 2-1 U-20イングランド トゥーロン国際大会グループステージA組第3節】

 トゥーロン国際大会グループステージA組第3節、U-22チリ代表対U-20イングランド代表が現地時間7日に行われた。試合は2-1でチリが勝利し、U-22日本代表のグループステージ突破が決まっている。

 この試合の前にU-22日本はU-19ポルトガルと対戦し、0-1で敗れた。2連勝できていた日本は引き分け以上でグループ首位が確定する状況だったが、最終節を落としたことで、他会場の結果待ちとなっている。

 第2戦のチリ戦で6得点を挙げた日本は、第3節でチリがイングランドに大差をつけて勝たなければ2位転落はない状況。この一戦は接戦となり、終了間際の2ゴールでチリが2-1の逆転勝利を収めた。この結果、A組は上位3チームが勝ち点6で並んで終了。得失点差+5の日本が首位、+1のポルトガルが2位となった。

 12ヶ国が3つのグループに分かれて戦っているトゥーロン国際大会は、各組トップのチームに加えて、各組2位のうち成績上位1チームが準決勝に進む。日本が同大会でベスト4に入るのは、2008年以来だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00325028-footballc-socc
no title

【詳報】U-22日本代表、トゥーロン国際でポルトガルに0-1敗戦 4強進出は他会場の結果次第に…  

20190608-00194386-soccermzw-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/08(土) 02:03:39.18 ID:529CXI2c9
後半に攻勢を仕掛けるも得点奪えず、終盤に痛恨の失点 勝ち点6から伸ばせず
 来年の東京五輪に向けて強化を進めるU-22日本代表は現地時間7日、トゥーロン国際大会のグループリーグ第3戦U-19ポルトガル代表戦に臨み、後半40分に痛恨の失点を喫して0-1で敗れた。これにより日本は2勝1敗の勝ち点6となり、同勝ち点のポルトガルを得失点差で上回っているものの、準決勝進出の行方は他会場の結果次第となった。

 グループAの日本は、第1戦でU-20イングランド代表に2-1と白星スタートを飾ると、第2戦ではU-22チリ代表に6-1と大勝。2連勝でこの最終戦を迎えた。12チームが3組に分かれている同大会は、各組1位と各組2位の最上位1チームが準決勝に進出。日本は引き分け以上でグループ1位が確定する状況のなか、MF神谷優太(愛媛FC)、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)、MF田中碧(川崎フロンターレ)らがスタメンに名を連ねた。

 前半は両者とも手堅い展開となり、日本もなかなかチャンスを作れない。0-0のまま試合を折り返すと、後半17分にFW小松蓮(ツエーゲン金沢)に代えてFW小川航基(ジュビロ磐田)を投入すると、リズムをつかみ始める。同20分には日本が押し込みながら、ペナルティーエリア手前でボールを受けた田中がミドルシュート。その2分後には右サイドでパスを受けたMF長沼洋一(愛媛FC)が抉って、ペナルティーエリア内に侵入し、左足でシュートを放つも相手GKに惜しくも弾かれた。さらに同28分には、左サイドの田中からのパスに反応した長沼が抜け出し相手GKと1対1になったが、シュートを決めきれなかった。

 その後も何度か良い形を作った日本だったが、この日はゴールネットを揺らすことができず。すると同40分、カウンターからディフェンスラインの背後を取られ、FWウマロ・エムバロに鮮やかな一撃を叩き込まれてしまった。

 試合はこのまま0-1で終了。日本は2勝1敗の勝ち点6となり、ポルトガルと勝ち点で並ぶも得失点差で上回りグループリーグを終了。ベスト4進出の行方は他会場の結果に委ねられることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00194386-soccermzw-socc

【速報】トゥーロン国際 ポルトガル戦 日本惜しくも0-1で敗れる 

59736_ext_04_0[1]

圧勝! 日本 6-1 チリ トゥーロン国際グループステージ  

201906050000020-w500_0[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/06/05(水) 00:55:54.66 ID:Bhx5HWDZ9
トゥーロン国際大会 グループステージ
2019/6/4(火) 23:05
スタッド ドヌール


U-22日本 6-1 U-22チリ

三笘 薫 前半7分 (日本)
旗手 怜央 前半12分(日本)
旗手 怜央 前半18分(日本)
アンジェロ アラオス 前半35分(チリ)
岩崎 悠人 前半39分(日本)
岩崎 悠人 前半46分(日本)
旗手 怜央 後半18分(日本)

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019060404

【速報】トゥーロン国際 U-23チリ戦 日本ゴールラッシュ6-1で快勝! 

5cf340d5-5404-4716-bb0b-6ad6d3093d95


海外メディア、U-22日本代表を称賛! 初戦で前回王者イングランドを破り「恥をかかせた」  

1: Egg ★ 2019/06/03(月) 09:30:54.55 ID:tSGZw8W39
「日本の攻撃をけん引していた」
no title


U-22日本代表が6月1日、フランスで行なわれているトゥーロン国際大会のグループリーグ初戦でイングランドと対戦し、2-1で逆転勝利を収めた。

 英紙『The Sun』は「3連覇中のトゥーロン国際大会に参加したU-20イングランド代表は、初戦で日本代表に降伏」と報じた。

「前回王者は何度も良い形を何度も作り、38分にはチェルシー所属で主将を務めるトレヴォ・チャロパーが先制点を決めた。これでゲームの主導権はイングランドが握るかと思われた。

 だが、日本は後半早々に1点を返し、68分には、長沼洋一がきれいなゴールを決めて流れをつかんだ。追うイングランド代表にはアーセナルのジョー・ウィロックやエディー・ネケティアなども参加していたが、最後まで同点に持ち込むことはできずに敗れている」

 また、英フットボール・アソシエーション(FA)は「3連覇中の若きイングランド代表たちが挑んだトゥーロンでの初戦は、前半リードしながらも逆転され、日本に土を付けられて始まった。(監督の)ポール・シンプソンはチームの方向転換を余儀なくされている」と伝えている。

 そして、この試合で注目されたのが、2点目をアシストした伊藤達哉だ。米スポーツメディア『Bleacher Report』は、「鋭いプレーでサイドをえぐって決勝点を演出した」と評し、日本を勝利に導いたキーマンとして讃えている。

「同点にされてからイングランドは覇気をなくし、試合の流れは少しずつ日本に傾いているように思われた。それを決定的にしたのが、伊藤がアシストした日本の2点目のプレーだ。ドイツ・ハンブルク所属の彼が攻撃をけん引し、前線を活性化した。それに対してイングランドは創意工夫を欠いていた。結果、アイデアあふれる伊藤のせいで、イングランド代表は恥ずかしい思いをすることになった」

 伊藤は今季、ハンブルクでなかなか出場機会に恵まれておらず、現地では来季は移籍を志願したとも報じられている。ブラジルで開催されるコパ・アメリカにも選出されている東京五輪世代の21歳は、前回王者との対戦で、さっそくアピールに成功したようだ。

 U-22日本代表は4日にチリと、8日にはポルトガルと対戦する。伊藤は再び、チームを勝利に導くプレーを見せることができるだろうか

6/3(月) 5:40 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00010001-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索