Samurai Goal

トゥールーズ


スポンサード リンク





トゥールーズ指揮官がスタッド・ランス戦で苦戦の昌子源に「トラブルの原因の1つだった」 

20190211-00010017-goal-000-2-view

4戦連続フル出場のトゥールーズ昌子がファルカオ封印も…モナコがセスク加入後初弾で7戦ぶり勝利 

20190203-24657023-gekisaka-000-1-view

<トゥールーズ昌子源>デビュー戦で完封白星!監督から紙で指示、口論仲裁も  

fb88b_1429_d93d72c8_19873c37




1: 2019/01/20(日) 07:48:25.97
[1.19 リーグアン第21節 ニーム0-1トゥールーズ]

 フランス・リーグアンは19日に第21節を行い、日本代表DF昌子源が所属するトゥールーズは敵地でニームと対戦し、1ー0で勝利した。4日に加入した昌子は初先発でリーグアンデビューを果たした。

 昌子の海外挑戦がスタートした。4日にトゥールーズに加入した昌子は先発入りを果たし、3バックの左で起用される。前半5分には相手の縦パスを素早くカット。そのまま味方にパスを出し、攻撃へとつなげていく。また積極的に周囲に声をかけ、ジェスチャーを交えてコミュニケーションを取っていった。

 前半28分、PA内で味方に当たったボールが昌子の体に当たり、ニームの選手がハンドを主張。敵地のスタジアムが騒然とするも、主審はハンドの判定を取らず。その主審の判定に抗議した相手指揮官が退席処分となった。

 前半30分過ぎにはベンチから昌子に指示が出る。しかし、その指示は声ではなくスタッフが書いた紙。昌子は指揮官から紙を受け取ると、注意深く目を通していった。

 するとトゥールーズが前半41分に先制する。右サイドのDFケルビン・アミアンがアーリークロスを上げ、最前線のFWヤヤ・サノゴがスライディングでワンタッチ。トゥールーズがスコアを動かし、1-0で前半を折り返した。

 後半19分にはアクシデント。サイド際でMFイッサイガ・シラが相手選手と交錯した際に口論に。異常に気づいた昌子はいち早く両者の間に割り込み、仲裁に入った。

 試合はそのままトゥールーズが1-0で勝利した。昌子は初戦という状況と、1対1の対峙が激しいリーグアンの戦いに不慣れな中でもフル出場で完封に貢献。新天地で好スタートを切った。

1/20(日) 5:52配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-20058871-gekisaka-socc

昌子源、トゥールーズ入団会見 

20190107-00000022-kyodonews-000-2-view

「日本最高のDFの1人。驚くことになるかも」仏紙がトゥールーズ加入の昌子源に大きな期待 

20181231-00000008-goal-000-3-view

昌子源、トゥールーズへの完全移籍が決定!「8年間ありがとうございました」  

1: 2018/12/29(土) 10:31:53.87 _USER9
12/29(土) 10:23配信
昌子源、トゥールーズへの完全移籍が決定!「8年間ありがとうございました」

 鹿島アントラーズは29日、DF昌子源がトゥールーズに完全移籍についてクラブ間合意に達し、今後はフランスにてメディカルチェック等を経て正式契約が結ばれる予定と発表した。

 自身初の海外挑戦が決まり、昌子は鹿島のクラブ公式HPでコメントを発表。心境を記した。

「8年間ありがとうございました!8年で6つのタイトルを取らせて頂き、鹿島では少ないかもしれませんが、皆さんと共にタイトルを取れたこと誇りに思います。W杯後、海外クラブからオファーをもらい、移籍するかとても悩みました。鹿島のタイトルのため、特にACLを取るために一度はこのクラブに残ると決めました。しかし、再びオファーをもらい、海外で自分の力を試したい、サッカー選手としてもっと成長したいと強く思いました。移籍については、色々な方に相談しました。内田選手、遠藤選手には背中を押してもらい、その中でも小笠原キャプテンに相談をした時、「お前が活躍して勝ち取ったオファーだろ!誰になんて言われようと、行きたいなら迷わず行け!!」と言われ、この言葉で勝負しようと決めました。いつか、小笠原キャプテンのように逞しくなるために。鹿島アントラーズに関わるすべての皆さん、これからもどこにいてもファミリーだと思ってます!本当にありがとうございました!」

 昌子は兵庫県神戸市出身の現在26歳。米子北高校から2011年に鹿島へ加入し、プロキャリアをスタートさせた。プロ4年目の2014年に定位置をつかみ、J1リーグ戦全試合出場を達成。優秀選手賞を受賞した。2016年と2017年にはベストイレブンにも輝いている。今季はケガの影響もあってJ1リーグ戦は16試合出場1得点に終わったが、AFCチャンピオンズリーグでは守備の要としてクラブに初優勝をもたらした。2015年からは日本代表としても活躍を重ね、2018 FIFAワールドカップ ロシアでは4試合中3試合にフル出場。日本の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。

 新天地となるトゥールーズは、2014-15シーズン以降低迷が続いている。同シーズンからのリーグ・アンにおける順位は、17位、17位、13位、18位。今シーズンの浮上に向けた切り札として昌子には大きな期待がかかる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00880804-soccerk-socc
no title

J1鹿島の昌子、仏移籍決定的に 

20181223-00000089-kyodonews-000-2-view

アジア杯で代表選外、鹿島DF昌子源のトゥールーズ移籍交渉は大詰め…仏メディアが報道 

20181215-00000039-goal-000-3-view

鹿島DF昌子源の仏トゥールーズ移籍を容認!違約金として推定約3億8700万円が支払われる見通し  

GettyImages-685574828-800x533




1: 2018/11/29(木) 08:26:59.19 _USER9
フランス1部・トゥールーズから今冬の完全移籍で正式オファーを受けている鹿島のDF昌子源(25)について、鹿島側が移籍を容認する方針であることが27日、分かった。

クラブは来季以降も必要な戦力として慰留に努めてきたが、本人の意思を尊重し、移籍を認める構え。昌子は来季以降も鹿島との契約が残っているため、違約金として推定約300万ユーロ(約3億8700万円)が鹿島側に支払われる見通し。

 昌子は今年のロシアW杯で日本の主力として16強入りに貢献。夏の移籍期間にはトゥールーズを含む複数の欧州クラブから獲得を打診されたが、ACL初制覇を目指すために残留していた。

11/29(木) 6:09配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000293-sph-socc

鹿島の昌子、トゥールーズ移籍へ 

20181127-00000178-kyodonews-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索