Samurai Goal

トゥベンテ


スポンサード リンク





「おそらくオランダには戻らない…」中村敬斗はガンバ大阪に復帰? 現地紙がトゥベンテ退団の可能性を指摘! 

20200529-00010012-sdigestw-000-2-view




1: 2020/05/30(土) 05:33:39.14
開幕戦からの鮮烈デビューも…

昨夏にオランダ・エールディビジに鳴り物入りで参戦したトゥベンテの中村敬斗が、苦境に立たされている。

現地時間5月29日、トゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。

2019年5月に開催されたU-20ワールドカップでインパクトを残した中村は、大会後の7月に2021年6月30日までの期限付きでトゥベンテに加入。PSVとのエールディビジ開幕戦から2戦連続ゴールを決めるなど、鮮烈なスタートを切った。

だが、ウインターブレイク以降は出場機会が激減。エールディビジが打ち切りになるまでの全8試合でスタメン落ちをし、そのうち4試合は出場なしと大きく序列を下げていた。

エールディビジでは17試合で4ゴールという結果に終わった若きサムライ戦士について、『Tubantia』は、
「テクニカルディレクターのテッド・ヴァン・レーヴェンはナカムラを『素晴らしい才能をもたらした小さな奇跡だ』と評したが、ウインターブレイク明けからはほとんどプレーできていない」と綴り、こう続けた。

「19歳の日本人はガンバ大阪から2年契約で雇われたが、エールディビジでの圧倒的なスタートの後に失速。一部のファンからは冷笑されるまでになってしまった。今は日本に帰国中だが、全ての当事者は契約解消の方法を模索している」

この一報を伝えたオランダ・メディアの『Football Oranj』は、「ナカムラとトゥベンテは契約打ち切りの見込みとなっている」と速報。さらに『RTV』も「すでに帰国してしまったナカムラはおそらくオランダには戻らない」とした。

契約解消となった場合には、保有権を有しているガンバ大阪にレンタルバックされる格好となるが、中村はどのような決断を下すのか。東京五輪出場も期待される俊英アタッカーの動向から目が離せない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7f639c131df18c7fdef658341cbdcb472d04dc2
5/29(金) 20:44配信

「よくやった」「ナイス!」トゥベンテ中村敬斗が2ゴール! 国内カップ戦で勝利の立役者に  

20191031-00066006-sdigestw-000-9-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/31(木) 05:51:34.34 ID:jkf1Jytf9
鮮やかなミドルシュートで先制点

 現地時間10月30日にオランダの国内カップ、KNVBカップ戦の1回戦が行なわれ、トゥベンテは同国3部のトレファーと対戦。2-0で下し、2回戦進出を決めている。

 この試合、3トップ左で先発出場した中村敬斗は、16分に左サイドから見事なミドルシュートで先制点をあげると、22分にはカンタラピエドラからのアシストで2点目を決めた。この仕事ぶりには、地元サポーターも「ナイス!」「よくやった」「オメデトウ」といった称賛の声が寄せられた。

 前半だけで2点のリードを得たトゥベンテ。後半も有利なペースが続くが、絶好機がポストに阻まれるなどなかなか追加点は生まれないまま時間が経過する。

 中村はその後もプレーを続け、フル出場でチームの勝利に貢献。これまでに、リーグ戦3得点をあげており、カップ戦での2ゴールを加え、公式戦の記録は計5ゴールにのぼる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 10/31(木) 5:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00066006-sdigestw-socc

「サッカーの死だ!」「足を壊すタックル」トゥベンテ中村敬斗の“VAR退場劇”に賛否! 担当主審の見解は… 

20190917-00010001-sdigestw-000-2-view[1]

「得点は素晴らしかったが…」トゥベンテ中村敬斗、1G1Aの大活躍後に一発退場…。まさかの展開に地元紙も反応  

news_285250_1[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/16(月) 08:30:27.30 ID:9qFp3igx9
日本の若武者が話題をさらった。

 現地時間9月15日、エールディビジの第6節が行なわれ、トゥベンテは敵地でフォルトゥナ・シッタルトと対戦した。

 この試合で良くも悪くも注目を浴びたのが、トゥベンテの中村敬斗だった。

 4-3-3の左ウイングで6試合連続のスタメン起用された19歳の俊英アタッカーは、立ち上がりの16分に味方のロブパスに抜け出して、
第2節のフローニンヘン戦以来となるシーズン3点目をゲットすると、24分にはハビア・エスピノーサの追加点をアシストした。

1ゴール・1アシストと圧倒的なパフォーマンスを披露した中村は、しかし前半終了間際にまさかの事態に見舞われる。アディショナルタイム2分、
相手に果敢なスライディングタックルを仕掛けると、このプレーがVAR検証の末にファウルの判定となり、レッドカードが提示されてしまったのだ。

結局、試合は2-3でトゥベンテが勝利したものの、中村は後味の悪い形でピッチを退く結果となり、良くも悪くも目立ってしまった。

 そんなサムライ戦士に対し、地元メディアから次のような評価が寄せられている。

 地元紙『Tubantia』は「アイトールからのパスを受けたナカムラ、は飛び出したGKをかわしてゴールにパスするように難なく決めた」と得点シーンを振り返ったうえで、
前半終了間際の退場シーンについては、「この日本人は素晴らしい先制ゴールを決めたが、不慣れな守備によってピッチを去った」と綴っている。

 また、オランダ全国紙『NU』も、「鋭い飛び出しから焦らずにしっかりと決めた」と得点を称えつつ、「何度も危険な場面に絡み続けたナカムラは、レッドカードで退場させられた」と報じた。

 来夏に迫った東京五輪出場を目指す"ミレニアム世代"の期待のひとりである中村。一発退場という思わぬ形でピッチを去ったものの、
目に見える結果を残したのも事実。下を向くことなく、この調子を維持していってほしいものだ。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=64221

「夢のような船出だ」「PSVを黙らせた!」中村敬斗の衝撃デビュー弾にオランダ・メディアも驚嘆! 

20190804-00010001-sdigestw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索