Samurai Goal

トゥヘル


スポンサード リンク





ムヒタリアンの代役候補にシュールレ!? トゥヘルが愛弟子と接触!独ビルド紙報じる 

605: 名無しさん 2016/06/24(金) 19:00:32.51 ID:W6WsxTuU0
トゥヘル、すでにムヒタリャンの代役候補と接触? ドルトムントで愛弟子と再会か

ボルシア・ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍の可能性が盛んに報じられるMFヘンリク・ムヒタリャンの退団に備えて動き出しているようだ。
ドイツ『ビルト』によれば、同監督はマインツ時代に指導したヴォルフスブルクFWアンドレ・シュールレ(25)とすでに接触しているという。

早い段階から補強を活発に進め、6人の新戦力を加えているドルトムントだが、そのうちブンデスリーガでのプレー経験があるのはバイエルン・ミュンヘンから獲得したMFセバスティアン・ローデのみ。
トゥヘル監督としては、クラブがムヒタリャンの売却に応じた場合、即戦力として計算できる選手が補強されることを希望しているとみられる。

そこで指揮官が目につけたのは、マインツのU-19チームのコーチを務めていた頃からよく知る選手であり、現在はドイツ代表としてもプレーするシュールレ。
『ビルト』が伝えているところによれば、トゥヘル監督は自ら同選手と連絡を取り、シュールレ本人もドルトムント行きを前向きに検討中だという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000012-goal-socc
no title

ムヒタリアンが契約延長交渉でクラブに大胆要求!「もしトゥヘルが退任したら、移籍できる」 

1: 名無しさん 2016/05/25(水) 13:07:16.60 ID:CAP_USER9
2017年6月でドルトムントと契約満了のムヒタリアン
 
ドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、クラブとの契約延長交渉において大胆要求を提示したとして話題になっている。

クラブとの契約延長が保留状態となっている27歳の万能アタッカーは、
トーマス・トゥヘル監督が退任あるいは解任時に自身も移籍できる特別な条項を組み込むという条件を要求しているという。独地元紙「キッカー」が報じた。

昨季はユルゲン・クロップ監督(現リバプール監督)の下で不調だったムヒタリアンだが、
今季は驚異的なパフォーマンスを見せてアルメニア史上最高のタレントと言われる実力を示した。

公式戦52試合に出場して23得点32アシストを記録。
同紙が集計したブンデスリーガのアシストランキングでは20アシストで1位に輝くなど、常に安定した活躍ぶりでチームになくてはならない存在となっている。

中央でもサイドでも機能する万能アタッカーを、メガクラブが放っておくはずがない。
チェルシーやアーセナルが獲得を狙っていると噂され、2017年6月末までとなっているドルトムントとの契約延長を拒否したとの報道も出るなど、今夏の移籍が濃厚となっていた。

最新のレポートによると、ムヒタリアンがドルトムントとの契約に、移籍に関する特別な条項を盛り込むよう要求しているという。

トゥヘル監督に寄せる全幅の信頼

その条項とは、クロップ監督の後任として就任したトゥヘル監督がクラブを離れた際には、自身も移籍できるというもの。
ムヒタリアンは昨夏にも移籍の噂が浮上していたが、トゥヘル監督の引き留めによって残留を決めた。
トゥヘル監督に全幅の信頼を寄せており、ドルトムントでは同監督の下以外でプレーする気はないようだ。

主将のDFマッツ・フンメルスが宿敵バイエルン・ミュンヘンに移籍し、
司令塔MFイルカイ・ギュンドアンもマンチェスター・シティ加入が合意間近となっているドルトムント。
攻撃の核となるムヒタリアンを失う訳にはいかないが、この特別待遇を受け入れるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160525-00010002-soccermzw-socc
no title

トゥヘル「シンジだけ正しかった!!」 

79: 名無しさん 2016/05/23(月) 16:55:01.86 ID:p0aGZbuid
http://sports.yahoo.co.jp/video/player/102313


これを見ると
二人が蹴りたいと言ったのを止められなかった私のミスだ
とトゥヘルがミスを認めてる

トゥヘル「PK戦の選択を間違えた!ベンダーとソクラティスに蹴らせてはいけなかった」 

1: 名無しさん 2016/05/22(日) 12:21:25.13 ID:CAP_USER9
 現地時間21日に行なわれたドイツカップ決勝でバイエルンにPK戦の末に敗れ、今季無冠に終わったドルトムント。トーマス・トゥヘル監督は試合後、「PK戦の選択を間違えた」と自分のミスを悔やんだ。

 今季ブンデスリーガ得点王のロベルト・レヴァンドフスキ擁するバイエルンを120分間封じ込めたドルトムントだが、こちらも勝利に必要なゴールが奪えず。0対0のまま迎えたPK戦では、1番手の香川真司がキックを成功させるも、2人目のスヴェン・ベンダー、3人目のソクラティス・パパスタソプーロスが失敗。最終的に3対4でPK戦を終え、タイトル獲得はならなかった。

 独放送局『Sport1』(電子版)によれば、トゥヘル監督は試合後「PK戦のキッカーを決めるまで、非常に長く掛かった。5人のキッカーを選ぶのは難しかった。オーダーを間違え、腹立たしいよ。違う形にするべきだった。マニ(ベンダー)とパパ(ソクラティス)に蹴らせてはいけなかった」と自らのミスを悔やんだ。

 同監督は試合内容について「非常によく守ったと思う。熱戦だった。ただ、やりたかった内容とはかけ離れていた。相手陣内に攻め入るのにいつもより時間が掛かっていた。前半についてはあまり満足していない。前半が後半に影響した。延長戦についてはあれでオーケーだが、もっと上手くやれる」とも語っている。

 この試合を最後にドルトムントを去り、バイエルンに活躍の場を移す主将のマッツ・フンメルスは「自分たちの最高の試合をしたとは言えないけど、いい戦いぶりだった。PK戦は運と技術だから。うちには運がなかった。ものすごく残念だ」と試合を振り返った。

 なお、フンメルスは途中でピッチを去ったことについて「よくあるような痙攣だ。どこかで足首を捻ってしまい、それが筋肉にきたんだ。でも何日か休めば大丈夫だし、EURO2016に向けて心配はない」と語り、「これからほかの選手たちと別れのパーティだよ。彼らとは言葉にできないくらい素晴らしい時間を過ごしたから、会えなくなるのがさみしくなるだろうね」と話していた。

 一方、勝利したバイエルンのトーマス・ミュラーは「まさに熱戦だったね。長いシーズンだったし、この試合がどれだけ消耗させるものだったか、見ていた人は分かったと思う。PK戦は非情なものだけど、今日はバイエルンが勝利に値したと思うよ」と振り返った。

 ジェローム・ボアテングは「PK戦がまだ続いていたら、僕が蹴ることになっていたんだ。でもその前に決まったからね。ダグラス・コスタに言ったんだよ。『いいか、ハードに蹴るんだぞ。ブラジル人っぽくやるんじゃなくて』」とコメント。5人目のキッカーだったコスタにアドバイスしていたことを明かした。

最終更新: 5月22日 12時13分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00000013-ism-socc
no title

トゥヘルが選手たちに逆ギレ!?「バイエルンとの勝ち点差が10に開いてしまった!ハッピーではない」「本調子からは程遠い!気分もよくない」 

73: 名無しさん 2016/05/15(日) 14:51:57.06 ID:7DOtS3eUd
トゥヘルが怒ってるぞ
http://www.bvb.jp/news/%E9%9B%E4%B8%AD%E5%8A%9B%E3%AE%E6%AC%A0%E5%A6%E3%92%E6%94%E3%84%E3%80%E3%88%E3%A5%E3%98%E3%AB%E7%9B%A3%E7%9D%A3/
ボルシア・ドルトムントはケルンをホームに迎えた今シーズン最終節を引き分けた。BVBのトーマス・トゥヘル監督はDFBポカール決勝への影響を見据え、「本調子からは程遠く、このようなことは今シーズンに記憶がない」とチームを批判した。

ケルン戦を総括:
満足していない。気分もよくないね。バイエルンとの勝ち点差は、シーズン最後の2試合で10に開いてしまった。とても残念に思う。このような結末を思い描いていたわけではないし、ハッピーではない。

最終的な順位:
第32節で集中力が切れてしまった。すべての試合に全力を尽くしてきたが、それが10日前で終わってしまった。それが納得できないし、自分たちらしくもない。だからこそ気分が悪く、尻すぼみでは今シーズンを肯定的に評価することが難しくなった。ケルンから勝ち点1を奪えたのも幸運でしかない。

緊張感の欠如:
緊張感がなくなる状況でもあったが、自分たちの姿勢に問題があった。フランクフルト戦とケルン戦の内容はいただけないし、あれではブンデスリーガで勝ち点を獲得できるはずがない。(最後の2試合で)バイエルンに5ポイントもリードを広げられてしまった。わずか10日間でだ。せめて勝ち点5差のままで終わり、ベルリンでの決勝を迎えたかった。ここから調子を上げ、再び自分たちの力を見せつけるしかない。

難しい課題:
これでさらに難しい課題に挑まなければならなくなった。すべては自分たちに非がある。第32節で今シーズンを戦い終えてしまったのが本当に残念だ。これから調子を取り戻し、それを維持することが余計に難しくなってしまったからね。だからこそ私は不安でならない。

DFBポカール決勝の勝算:
トップフォームでなければベルリンで勝てるはずがない。本調子からは程遠く、このようなことは今シーズンに記憶がない。我々がやるべきことはたくさんある。最後に勝利を収めたければ、もう一度自分たちの力を出し尽くすだけでなく、試合中に幸運を引き寄せなければならない。そんな準備が整うまで、相当な長い道のりになるだろう。
no title

ドルトムントの方がバイエルンより面白い! ブンデス最優秀監督にトゥヘルが選出!! 

1: 名無しさん 2016/05/08(日) 21:39:52.66 ID:CAP_USER9
グアルディオラに大差つける

ブンデスリーガ公式サイトが選出した今季の最優秀監督候補には、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ、
ドルトムントのトーマス・トゥヘル、ヘルタ・ベルリンのパル・ダールダイ、
インゴルシュタットのラルフ・ハーゼンヒュットルの4名がノミネートされていたが、
ファン投票の結果ドルトムントのトゥヘルが最優秀監督に選ばれた。

今季もリーグ戦を支配していたのはグアルディオラ率いるバイエルンで、ブンデスリーガ史上初となる4連覇を達成した。
しかし、そんな偉業もトゥヘルが立ち直らせたドルトムントの前には霞んでしまうようで、
インゴルシュタットのハーゼンヒュットルが3%、ヘルタ・ベルリンのダールダイが8%、
グアルディオラが27%の票を集めたのに対し、トゥヘルは62%と大差をつけている。

今季のドルトムントは開幕直後から攻撃陣が爆発。開幕戦ではボルシアMGを4-0で倒し、開幕直後は首位に立っていた。
その後はバイエルンに徐々に差をつけられてしまったが、中盤戦まで優勝争いの行方は分からなかった。
また、今季のドルトムントの攻撃には圧倒的な破壊力があり、ロベルト・レヴァンドフスキと得点王争いを繰り広げた
ピエール・エメリク・オバメヤン、マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン、
そして日本代表MF香川真司の前線4人で構成されるファンタスティック・フォーと呼ばれるユニットまで完成した。

トゥヘルは今季前半戦でもグアルディオラを抑えてリーグ最優秀監督に選ばれており、
今季はシーズンを通してドイツのサッカーファンを魅了することになった。
グアルディオラ率いるバイエルンが強いのは明らかだが、ファンの目にはトゥヘル率いる
ドルトムントのサッカーの方が魅力的だったということだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00010037-theworld-socc
no title

トゥヘルからは戦術オタクのモイーズって感じw!? 

96: 名無しさん 2016/04/21(木) 18:08:50.83 ID:lVWaQCZWd.net
多分トゥヘルの考え
最初F4スゲー

バイヤンにフルブッコ

やっぱりサッカーはディフェンスだ

守備的にして香川干す

後半戦失点数激減するも得点数も激減

バイヤン戦、リバポ戦の守備的な戦術が非難され仕方なく香川使うようになる

やっぱ香川いれとこ

こんな感じだろ

no title

クロップとトゥヘルの決定的な「差」。リバプールは何故大差を覆せたのか。 

1: 名無しさん
クロップとトゥヘルの決定的な「差」。
リバプールは何故大差を覆せたのか。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825514
 歴史と経験の差は、目に見えない。でも、それは試合の行方を左右する重要なファクターとなる。

 2010年にELが始まってから、最もエモーショナルな試合の1つに数えられるリバプールとドルトムントの対戦でも、それが勝敗を左右した。

「サッカーの世界では2-0になって試合の行方が決まるということは、よくある。でも、ここアンフィールドでは、そしてリバプールというチームは、そうはならないんだ」

 リバプールのクロップ監督は、4-3の大逆転劇を演じた試合後にそう語った。

 一方のドルトムントで、今年に入ってから重要な試合でスタメンを外れることが多かった香川真司は、スタジアムに着くと、全選手のなかで4番目に早くロッカールームへ入った。この重要な試合に向けた準備に、いち早く取り組もうとしていたのだ。そんな彼も、バスがスタジアムに近づいていく過程で、リバプールファンとアンフィールド・ロードの作り出す雰囲気に、怖さのようなものを感じていた。

「試合前、バスが入っていくところでもすごい雰囲気でしたし、これこそがヨーロッパの戦いだなというのを感じました。このスタジアムで、今日のような勢いを持った相手と戦うのは怖いなと感じました」
戦術家トゥヘルが試合前に仕掛けたメンタル戦。

 ドルトムントのトゥヘル監督は、自身の判断基準を冷徹に貫いた選手起用と戦術でここまでのシーズンを戦ってきた。前任のクロップがリーグタイトルを手にしたときを上回る、クラブ史上最多ペースでリーグ戦の勝ち点を積み上げているのは、その成果だ。

 そしてシーズン途中で、前半戦の戦い方に躊躇なく手を加えたのもトゥヘルらしい。シーズン前半戦で23失点を喫した点が気に食わなかった。当時リーグ最下位だったホッフェンハイムに迫る数の失点をした守備を改善しようと、以前よりも守備と全体のバランスに重きを置いた戦い方へとシフトチェンジしていった。攻撃で相手を圧倒する試合は減ったが、その分だけ負けない強さは手にした。今年はまだ一度も負けていない。

 しかし、リバプール戦を前にトゥヘルは、その方針を改めた。

「我々はリスクを冒すために、攻撃をするためにここにやってきた。1ゴールではダメだ。2ゴール、あるいはそれ以上を奪いに行くんだ!」

 それまで戦術で戦ってきた彼が、選手のメンタル面に訴えかけたのだ。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825514
no title

香川の交代は誤りだったのか? クロップらの「熱」に屈したドルトムントが逆転敗退 

1: 名無しさん 2016/04/15(金) 21:29:36.45 ID:CAP_USER*.net
4-3。
UEFAヨーロッパリーグ準々決勝、リヴァプール対ドルトムントのセカンドレグ(第2戦)は、
『クロップダービー』の名に恥じない、壮絶な打ち合いになった。
 たしか“3点”は、サッカーの試合におけるセーフティーリードとされたはずだが、そのような常識も、
クロップとアンフィールドが発する呆れるほどの熱量の前では無力だったのか。
 ドルトムントは、前節シャルケ戦でファンタジックなループシュートを決めた香川真司を先発メンバーに加えた。
 2戦合計180分の前半にあたるファーストレグこそ、守備的に戦ったドルトムントだが、
セカンドレグでは香川をトップ下に置く4-3-3を用い、攻撃に舵を切った。
 試合開始から9分間で、ヘンリク・ムヒタリヤンとエメリク・オーバメヤンがゴールネットを揺らし、
ドルトムントが2点を先行。リヴァプールは早々とアウェイゴールを2点許し、逆転するには“3点”が必要に。
いきなり苦しい状況に追い込まれた。
 そのリヴァプールの1トップは、ファーストレグに続き、ダニエル・スタリッジではなく、ディボック・オリギが先発。
裏へ飛び出す動き、スピードとパワーに長けたベルギー代表FWを置いた。
 オリギが飛び出し、それに続いて2列目からララーナ、フィルミーノらも飛び出す。
単発に終わらない、“飛び出しの連鎖”がドルトムントを襲った。
 しかし、ファーストレグでオリギに飛び出しの恐怖を植え付けられたドルトムントは、同じ轍を踏まず、
警戒心を強めて対応した。前半はリヴァプールにポゼッション率58%とボールを握られるも、
被枠内シュートは0。裏のスペースをしっかりと守り、決定的なシーンを作らせなかった。

 ところが、その次にリヴァプールがターゲットを定めたのが、ドルトムントの中盤の底のスペースである。

 後半開始直後の48分、リヴァプールは中盤からエムレ・ジャンがワンツーでカストロとヴァイグルを抜き去って
相手の中盤の底へ侵入。ドルトムントの最終ラインが足を止めた瞬間、スルーパスを送り、オリギが1点を返した。

 ドルトムントはゴンサロ・カストロが前掛かりになり、1人残ったユリアン・ヴァイグル周辺のスペースが空きやすい。
リヴァプールにとって、セカンドレグでは、この中央を突く攻撃が最も効果的だった。

 ところが、反撃ムードもつかの間。リヴァプールは57分にマルコ・ロイスに追加点を食らい、
1-3と突き放され、終始3点を追う展開に広げられてしまう。

 意気消沈してもおかしくないロイスの一撃だったが、しかし、直後の62分、クロップがこの試合でベストの一手を打つ。

 フィルミーノとララーナに代えて、ジョー・アレンとスタリッジを投入。システムを中盤ダイヤモンド型の4-4-2へ。
スタリッジとオリギが2トップを組み、トップ下にコウチーニョが入る。

 狙い所であるヴァイグル周辺のスペースに、最も調子の良いコウチーニョを置き、さらにドルトムントを攻め立てる。
21分、コウチーニョはミルナーとのワンツーでヴァイグルをかわし、得意のミドルシュートを叩き込んだ。これで2-3。
まだわからない。

 クロップ采配が見事に当たったコウチーニョのゴール。終盤にセットプレーの2発を呼び込むことになる、
この試合で最も重要なゴールだった。

no title

トゥヘル「説明できない。私は論理的に説明できる能力は持っているが、これは論理じゃない!」 

183: 名無しさん 2016/04/15(金) 07:00:46.82 ID:I8IXxkjs0.net
>トゥヘル「説明できない。私は論理的に説明できる能力は持っているが、これは論理じゃない。」

おまえの交代策のせいじゃねえかwww

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索