Samurai Goal

トゥヘル


スポンサード リンク





【これは酷い!】香川投入は相手の“ファウル地獄“から主力を守るため? トゥヘル「怪我を回避するため…」 

823: 名無しさん 2016/10/02(日) 22:02:39.42 ID:JQGfuEsgr
香川投入は相手の“ファウル地獄“から主力を守るため?
トゥヘル「怪我を回避するため……」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00010023-theworld-socc
香川にとってはチャンスだったが……

1日にアウェイでレヴァークーゼンと対戦したドルトムントは、相手の激しいプレスへの対応に苦労して0-2で敗れた。首位バイエルンがケルン相手に1-1と躓いたため、ドルトムントとしては差を縮めたいところだっただろう。

この一戦でドルトムント指揮官トーマス・トゥヘルが不満に感じているのは、レヴァークーゼンの激しすぎる守備だ。『FourFourTwo』によると、トゥヘルはレヴァークーゼンのファウルがあまりにも多すぎたと指摘。1人も退場者が出なかったことや、主力選手が負傷させられる恐れがあったことなど不満を露わにしている。

「我々は21ものファウルを受けた。我々は負傷を回避するために選手を代えなければいけなかったんだ。カストロとローデは2人ともプレイできなかったよ」

「我々は多くのことに対応しないといけない。攻撃陣は多くのファウルを受けたね。通常、試合中ずっとファウルをしているチームは11人では終われないはずだけどね」

この試合では71分に先発していたセバスティアン・ローデに代わって日本代表MF香川真司がピッチに立っている。香川にとっては久しぶりのチャンスとなったが、トゥヘルとしては大怪我を恐れての交代だったのかもしれない。

今後も攻撃陣が好調のドルトムントは相手の厳しいチェックに悩まされることになるだろう。主力選手の負傷回避を含め、何か対策を打つ必要がありそうだ。
no title



確かにカストロが怪我するのはドルにとってはもの凄く痛いが
香川が怪我しても何も痛くはない


ただトゥヘルよ
本音は心の中に閉まっとけw

【画像】日本人記者がトゥヘルを脅迫しててワロタwwwwwwwwww 

455: 名無しさん 2016/09/29(木) 21:08:30.40 ID:q16T3FQo0
日本人記者の質問に答えるトゥヘル
no title

トゥヘル「90分を戦ってパス本数710本、ボール支配率74%が理想だ」 

633: 名無しさん 2016/08/29(月) 18:15:37.37 ID:EW+0Pd9e0
後半43分には香川を起点としたカウンターの流れから、シュールレがボックス内で倒され、PKを獲得。
これをオーバメヤンが決めて2点差とすると、後半アディショナルタイムにFW武藤嘉紀に1点を返されるも、2-1で逃げ切った。

試合後、ドルトムントの戦いぶりに対してマインツのシュミット監督は「まるで攻撃とパスのマシーン」と称賛の言葉を送ったが、
トゥヘル監督はこれを訂正。「今日の我々は攻撃とパスのマシーンだったかもしれないが、正確なマシーンではなかったね」と自虐気味に答えた。

クラブ公式サイトによると、ドルトムントはボール支配率で70%を記録しながらも、パスは290本にとどまった。

トゥヘル監督はこれに不満を感じていたようだ。
「290本は低い数字だ。パスをどんどん回してプレーをスピードアップさせることがなかなかできなかった」と話し、
「90分を戦ってパス本数710本、ボール支配率74%が理想だ」と目指すべき具体的な数字を挙げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630763-gekisaka-socc
no title

【動画】マインツ戦 香川とシュールレのタッチ集&トゥヘルの戦術ボードを見てみた 

739: 名無しさん 2016/08/28(日) 07:26:55.97 ID:8Qp/GA/o0
マインツ戦
香川


シュールレ


戦術ボード



no title

グアルディオラが 自身の後任にトゥヘルを推薦していた!!バイエルン幹部が明かす 

199: 名無しさん 2016/07/29(金) 10:30:58.48 ID:gRq7XoFY0
バイエルン・ミュンヘンのミヒャエル・レシュケTD(テクニカルディレクター)が、ジョゼップ・グアルディオラ監督がかつて、
自身の後任にボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督を推薦していたと明かしている。

2014年にバイエルンに加わったレシュケTDは、
グアルディオラ監督がミーティングでマインツを退団していたトゥヘル監督こそ「私の後任になるべき」指揮官だと話していたと明かした。
『11 Freunde』でのコメントを、『ESPN』が伝えている。

「私はトゥヘルと信頼関係にあり、彼がペップの仕事を称賛していたのを知っていた。一方でペップもマインツのプレーに感銘を受けていたんだ。
彼はよくトーマスについて私に話していた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000004-goal-socc
no title

トゥヘル「ムヒタリアンがいなくなってしまったのでどうしてもシュールレが必要だった」 

900: 名無しさん 2016/07/24(日) 14:18:03.79 ID:n8j9P8Qv
別スレにも貼ってあったけど香川もスタメンになるためには
アグレッシブに攻撃するだけじゃなく守備も更に頑張れってことだな

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-00000015-ism-socc
先日、FWマリオ・ゲッツェとMF/FWアンドレ・シュルレの獲得を立て続けに発表したドルトムント(ドイツ)。
すでに6選手を獲得し、ゲッツェも手に入れた状況で
さらにシュルレの獲得が必要だった理由について、トーマス・トゥヘル監督が語った。
現地時間23日付の独『ビルト』紙(電子版)が伝えている。

3000万ユーロ(約35億円)前後と目される移籍金でヴォルフスブルク(ドイツ)からシュルレを獲得したドルトムント。
トゥヘル監督は「ミッキ(ムヒタリアン)を失うとともに、サイドで使える選手を失った。
このポジションで彼のように仕事ができる選手はあまりいない。
しかし、シュルレはそれができる選手だ」とコメント。
ゴールを量産しながらもエゴのない選手がいるが、シュルレもそのタイプだと述べた。

トゥヘル監督は「そういう選手が前にいると、守備も上手くいく。
だからどうしてもアンドレが必要だった。ミッキがいなくなってしまったので」と、
ムヒタリアンの穴を埋めるためにシュルレが欲しかったと話した。

一方で同監督は「今後は、アグレッシブに攻撃ができるだけでなく
アグレッシブに守れる選手もチームには欠かせない」ともコメント。守備面に対する要求も口にしている。

no title

トゥヘル「私はゲッツェをセンターの選手として見ている!彼には険しい道のりが待っている」 

554: 名無しさん 2016/07/22(金) 11:17:00.06 ID:mSaEMOI+0
独『ビルト』紙(電子版)によると、トゥヘル監督は「彼は我々に『ここに戻って、かつてのパフォーマンスを取り戻したい』と明言し、ここでならそれができると話した。
以前のように、よく笑う彼が見たいね!」とコメント。ペップ・グアルディオラ前監督のもと、バイエルンで笑顔の消えていたゲッツェを気遣った。

ファンの一部はゲッツェの復帰を快く思っておらず、当然本人もそれを意識している。イングランド・プレミアリーグのクラブからも関心が寄せられていた同選手だが、
あえて古巣復帰を決め、パフォーマンスでファンを納得させたいと話している。

トゥヘル監督は「彼の(バイエルン)移籍を巡る状況については、ご存知のとおり。国外クラブに移籍することで新たなスタートを切ることもできたが、
彼はどうしてもここに戻ることを決めたんだ」と、ゲッツェの決断を称えた。

DFマルセル・シュメルツァーも「彼は再び僕らの仲間となった。ほかの選手と同じように応援してほしいな」と、ゲッツェのサポートをファンに呼び掛けている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00000011-ism-socc
no title

トゥヘル「すべてが悪かったわけではないが、失点には怒りを覚えている!」 

1: 名無しさん 2016/07/18(月) 10:36:05.08 ID:CAP_USER9
香川ドルト2部に黒星「失点に怒りを覚える」監督
日刊スポーツ 7月18日(月)10時32分配信

 日本代表MF香川真司(27)の所属するドルトムントが16日、ドイツ2部1860ミュンヘンと練習試合を行った。

 トップ下で先発した香川は、コンディションが上がらない他の選手に比べて軽快な動きを披露。だが2部クラブはリーグ開幕が3週間早いために仕上がっており、前半36分に失点すると、そのまま0-1で敗れた。トゥヘル監督は「すべてが悪かったわけではない」としながらも「今日の失点も防げる失点だった。それについては怒りを覚えている」と話した。(鈴木智貴通信員)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000066-nksports-socc

CnjETsjWIAAXyqc

トゥヘル「限界にぶつかったこと、我々のさらに上に立つクラブが存在することを認めなければいけなかった」 

442: 名無しさん 2016/07/13(水) 10:37:48.81 ID:SCoOyQHk0
ボルシア・ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が、シーズン最初の会見に臨んだ。

主力3人を失ったドルトムントだが、DFマルク・バルトラ、ラファエル・ゲレイロ、MFセバスティアン・ローデ、ミケル・メリーノ、FWウスマン・デンベレ、エムレ・モルを獲得した。

「限界にぶつかったこと、我々よりも大きな魅力を放つクラブがいること、我々のさらに上に立つクラブが存在することを認めなければいけなかった。
それを否定して彼らの移籍を受け入れなかったら、その壁に頭から突っ込み続けることになる。だが、そうしないために、クリエイティブな姿勢で新たな解決策を見つけようとする選択肢がある」

「我々が選んだ道は、若くてリスクに満ちた道だ。だが、リスクを冒せば報われるはずだ。ドルトムントにすべてを尽くし、我々のためにプレーすることに目を輝かせる選手たちを選んだ」

これからのスタイルについては、こう話している。

「すべてを整理するまで、時間が必要だ。退団した3人のところにそれぞれ1人の新しい選手を入れ替えることはできない。
大事なことは、そんなことを試みるのではなく、チームが持つタレントを発展させることだ。グループとして、プレーや人間関係、お互いのことを知っていかなければいけない」

「プレースタイルに関してはオープンだ。今までのものを再現しようとするのではなく、強く意識しながら新しいものをつくろうとしなければいけない。
我々はこれからもトップにチャレンジしていくためにプレーする」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00000003-goal-socc
no title

テストマッチで活躍のデンベレにトゥヘルがウキウキw「ぜひ私の家に来てほしいね。パンなしのグリルソーセージが待っているよ」 

700: 名無しさん 2016/07/10(日) 10:57:03.06 ID:XByXadgd0
ドルトムント新加入デンベレ好発進、親善試合で印象残す トゥヘル監督「ぜひ私の家においで」

前日に行なわれた今季最初のテストマッチ、エアケンシュヴィック(ドイツ5部)戦を5対2で終えていたドルトムント。
この試合で開始3分にゴールを挙げていたデンベレは、ヴッパータール戦では得点こそなかったものの、球際での強さを発揮した。

試合後、トゥヘル監督はクラブ公式HP上で「非常に満足している」とコメント。2戦連続で強さを見せたデンベレについては「サッカーの能力も素晴らしいが、
非常に生き生きとしており、若く、謙虚な選手。できるだけ早くなじもうと努力しているね。これまでどおりのプレーをしてくれれば問題ないと思う。
ウスマンが明日のEURO決勝をオーバ(オーバメヤン)の家で見ない場合は、ぜひ私の家に来てほしいね。パンなしのグリルソーセージが待っているよ」と上機嫌だった。

なお、香川真司をはじめ、代表戦の関係から長めの休暇をとっていた主力はこの2戦には参加せず。香川は日本での休養を終えて8日に日本を発っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00000010-ism-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索