Samurai Goal

デ・ヘア


スポンサード リンク





GKデ・ヘアと、レアルの幻の契約書が流出! 6年契約で年俸約15億円を手にする一方で、約14億円の契約ボーナスなど成果給 

1: 名無しさん 2016/02/10(水) 15:12:55.92 ID:CAP_USER*.net
今オフにも移籍が再燃
 
マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは、昨夏の移籍市場最終日に、
レアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスとのトレードで移籍合意に達しながらも登録が間に合わず、
白紙になるというドタバタ劇が話題となった。

その白い巨人との幻の契約書が流出。
6年契約でGKとしては史上最高クラスの条件となる、総年俸6670万ポンド(約110億円)を手にできたはずだったことが明らかになった。

これまでに様々な契約書を流出させてきたサッカー専門サイ
ト「フットボール・リークス」が新たに報じたもので、英衛星放送「スカ イ・スポーツ」などがリポートしている。

この契約書では、デ・ヘアはレアルから年俸900万ポンド(約15億円)を手にする一方で、
840万ポンド(約14億円)を契約ボーナスなど成果給も手にすることになっていたという。

GKとしては史上最高クラスの年俸を手にする寸前だったデ・ヘアは残留決定後、マンUと契約を結び直している。
今季もマンUで獅子奮迅の活躍を見せているが、スペイン地元メディアは今オフのレアル移籍の可能性を報じており、火種はくすぶったままだ。

レアルとマンUは、この流出文書に対するコメントは控えているという。

Soccer Magazine ZONE web 2月10日(水)12時50分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160210-00010007-soccermzw-socc

Ca0iORJWwAAU-pr


【サッカー】これがレアル・マドリードの新銀河系軍団か?会長が狙うクレイジーな11人…©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454918325/

ユナイテッドGKデ・ヘア「ロッカールームは最高の空気!チーム全員がハッピーな気持ちでいるよ」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 20:16:55.37 ID:CAP_USER*.net
未勝利が続いて険悪なムードと言われたが……

ヴォルフスブルクに敗れてチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出の夢が消え、
リーグ戦でも低調な戦いが続いているマンチェスター・ユナイテッドは未だ12月は勝ち星がない。
一部ではロッカールームの空気が悪くなっているとも言われているが、GKダビド・デ・ヘアは
この噂を否定している。

英『デイリー・ミラー』によると、デ・ヘアはチームに一体感があり、他のリーグよりも難しいと
言われているプレミアリーグの12月を上手く切り抜けたいと語っている。

「ロッカールームの空気は最高だよ。チームには一体感があるし、チーム全員がハッピーな気持ちでいるよ。
何か大きなものを獲得したいのなら、こういう良い空気は非常に重要なものだと思うね。
僕たちは12月がいつもタフなものになることを分かっているし、疲労も溜まる。12月の終わりには
良い結果を得ている必要があり、今はそれに向かってトレーニングしているよ。僕たちはハードに
トレーニングに取り組み、最高のフィットネスで12月の戦いを切り抜けないといけない。
そして首位に近い位置にいないとね」

デ・ヘアはチームの意思が乱れていないことを強調しており、敗戦が続いている現在もファン・ハールを
中心にチームはまとまっているようだ。しかしデ・ヘアの言う通り日程が厳しくなる12月~1月にかけては
苦しい中で結果を掴んでいく必要があり、さすがにここでも勝てないようではチーム内の空気も
悪くなっていくことだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00010008-theworld-socc
no title

今のマンUでドルトムントのレギュラーになれるのはマタとデヘアしかいない!? 

443: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/12/13(日) 12:32:46.26 ID:BWIyiS76.net
今のマンUの選手でドルのレギュラーになれるのはマタとデヘアしかいないな

no title

正守護神に返り咲き!? マンUがデ・ヘアと2019年までの契約延長を発表 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 21:24:48.41 ID:???*.net
双方が歩み寄りを見せる

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)は11日、
スペイン代表GKダビド・デ・ヘアと2019年までの契約延長で合意したことを発表した。
クラブ公式によれば、1年の延長オプションも付加されている。

移籍手続きが遅れ、今夏のレアル・マドリード行きが破談となったデ・ヘアが新たな契約をマンUと結ぶことになった。
10日に同選手の代理人であるジョルジュ・メンデス氏がマンチェスター入りしていたことにより
交渉が始まったことを英メディアは報じていたが、早くもそれは結果として現れた。
デ・ヘアは来夏フリーでレアルに移籍する可能性があると見られていたが、
契約更新によって高額移籍金が発生することは確実となる。

ルイス・ファン・ハール監督の不興を買ったデ・ヘアは今シーズンまだ1試合も出場機会を与えられていない。
しかし、来年のEUROにスペイン代表として参加するためには出場機会を失うわけにはいかず、
また、マンU側も戦力的な観点からワールドクラスのGKを使わないわけにはいかないため、双方が歩み寄った形と考えられる。

今節マンUはリヴァプールとの大一番を行うが、デ・ヘアはこの試合で正守護神の座に返り咲くことになるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00010023-theworld-socc
no title

レアル移籍失敗のマンUデ・ヘアが契約延長か…代理人がマンチェスターへ 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 11:18:25.87 ID:???*.net
マンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが、同クラブと契約延長する可能性が浮上している。

現在24歳の同選手は今夏、レアル・マドリード移籍間近に迫っていた。
交渉は成立に至っていたが期限内に手続きを終了させることはできず、移籍不成立に終わっている。
思わぬ残留を果たしたもののマンチェスター・Uとの契約は残り1年となっており、クラブ側は契約延長を熱望しているようだ。

10日付のイギリス紙『デイリー・メール』によると、デ・ヘアの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は
同日にマンチェスター入りしたという。

一方、スペインのラジオ局『Cadena Cope』のインタビューに応えたレアル・マドリードの
フロレンティーノ・ペレス会長は、「デ・ヘアはあちらの選手で、我々には3人のゴールキーパーがいる。
デ・ヘアに新契約を結ぶなとは言っていないし、彼は自身のキャリアにとってベストな行動をとる必要がある」と、
同選手の選択を尊重する考えを示した。

このまま行くと来夏にはフリー移籍が可能となるが、マンUも手放しで認める訳にはいかない。
移籍騒動の渦中にあった今季ここまではベンチ入りできていなかったことからも、
契約延長を断った場合は出場機会を与えられない可能性も考えられる。

ペレス会長は、「1年間何もしないというのは非常に厳しいものだ。
来年まで待ってフリーで獲得しろと人々は言うが、偉大な選手にそんなことは決して起こらない」と、
楽観視していないことを強調した。

12日に行われるプレミアリーグ第5節で、マンチェスター・Uはリヴァプールと対戦する。
同紙によると、チームを率いるルイ・ファン・ハール監督はデ・ヘアの起用について前日に決断する見通しとなっているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00348851-soccerk-socc
no title

マンUGKデ・ヘアのレアル移籍はマンUからの書類が遅れ破断に!しかしレアルGKナバスの移籍は成立!? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 09:08:26.72 ID:???*.net
レアル・マドリーへの移籍が目前に迫っていたマンチェスター・ユナイテッドの
スペイン代表GKダビド・デ・ヘアだが移籍は実現しなかった。
その詳細をスペイン『アス』が伝えた。

日本時間の8月31日夜にも移籍金3000~3500万ユーロ(約40~47億円)で合意に達したと報じられていた今回の移籍。
その後にレアルGKケイロス・ナバスの譲渡の詳細も含めた契約変更を行い、
現地時間31日の23時半にクラブ間で最終合意に達したという。

しかし関係者によると、マンチェスター・ユナイテッドからの書類が遅れたことから、
スペインプロリーグ機構(LFP)へ正式な書類が届いたのは、現地時間1日の0時28分だった。
この約30分間の遅れにより、移籍は叶わなかった。

今回の移籍で“特例”が認められる可能性は非常に低い。
契約延長を否定しているデ・ヘアだが、半年はユナイテッドへ残留することが規定路線となりそうだ。
そのモチベーションとルイス・ファン・ハール監督の対応が注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-01022888-gekisaka-socc
no title

開幕戦欠場は自らの意思…デ・ヘア「もうマンUでプレーしたくない!」 

704: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/08/14(金) 17:28:25.93 ID:37Gw01zm0.net
開幕戦欠場は自らの意思…デ・ヘア「もうここでプレーしたくない」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?169650-169650-fl
 マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアが、出場拒否していたことが分かった。

 デ・ヘアは今夏、レアル・マドリーへの移籍を目指して交渉を進めてきた。しかし交渉は思うように進まず、現在でも状況に進展はない。8日に行われたプレミアリーグ第1節のトッテナム戦でベンチ入りせずにスタンドから試合の行方を見守っていた。

 しかし、これはデ・ヘアの意向も組んでの采配となっているようだ。『BBC』によると、デ・ヘアは開幕戦前にクラブスタッフに対し、「もうここでプレーしたくない」と訴えたのだという。

 13日に会見を行ったルイス・ファン・ハール監督は、「私が一人ですべてを決めているのではない」とした上で、14日に行う第2節のアストン・ビラ戦でも起用しないことを明言。デ・ヘアが今はプレーできる精神状態にないと考えているようだ。

15/8/14 17:20 ゲキサカ
no title

デ・ヘアの移籍騒動は終焉か…ファン・ハール監督が開幕戦での起用を示 

1: 名無しのSamurai
デ・ヘアの移籍騒動は終焉か…マンU指揮官が開幕戦での起用を示唆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00334067-soccerk-socc
 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が、新シーズンのプレミアリーグ開幕戦で、移籍が噂されるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの起用を示唆した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日に伝えている。

 今夏、レアル・マドリードへの移籍が噂されているデ・ヘア。マンチェスター・Uの北米ツアーには帯同しているものの、プレシーズンマッチに出場していなかったため、移籍の噂は後を絶たなかった。

 ファン・ハール監督は、25日に行われるインターナショナル・チャンピオンズ・カップ2015・北米ラウンドのバルセロナ戦を前に、デ・ヘアについて言及。8月8日に行われる2015-16シーズンのプレミアリーグ開幕節であるトッテナム戦でデ・ヘア起用を示唆しており、新シーズンも同選手をチームの一員としてカウントしているようだ。

 同監督は、「(負傷した)選手たちには、回復やコンディションを戻すのに時間を与えている」と欠場の理由を説明。さらに、「彼(デ・ヘア)がトッテナム戦で先発する可能性はまだある」と語ると、「なぜなら彼は明日(25日)の試合でプレーするからだ」と、バルセロナ戦での出場を明かした。

 マンチェスター・Uは、25日のバルセロナ戦後、29日に行われる同カップでパリ・サンジェルマンと対戦する。

SOCCER KING 7月25日(土)18時18分配信
no title

デ・ヘアに関する質問にファン・ハールの怒りが爆発 「私は知らない!」 

1: 名無しのSamurai
デ・ヘアに関する質問にファン・ハールの怒りが爆発 「私は知らない!」
http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%A4%E3%B3%E3%B0%E3%A9%E3%B3%E3%89/2015/07/16/1
マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、GKダビド・デ・ヘアの移籍問題への苛立ちを露わにした。去就に関する記者の質問に厳しい口調で返答している。

デ・ヘアは早くからレアル・マドリーが獲得に動いているが、交渉が難航しており、現在はユナイテッドのプレシーズンツアーに参加している。記者会見ではデ・ヘアの去就に関連して、後釜として交渉中とされるアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロに関する質問も飛んだが、ファン・ハール監督の答えは冷ややかだった。

「デ・ヘアに関する質問はバカげている。(ユナイテッドがロメロと契約するかについては)交渉中だから、何も答えられない。交渉中のこと、ユナイテッドの戦略については何も話せない。私は過去に2、3回、記者会見でそう話したが、いつも同じ質問をされる。契約するかもしれないし、しないかもしれない」

「デ・ヘアが残留するかって? 私は知らない! あなたはデ・ヘアと話しただろう? 彼はここで練習しているし、最善を尽くしているんだ」

ファン・ハール監督はGKビクトール・バルデスを放出する考えを明かしており、デ・ヘアの去就は新シーズンの戦略に大きな影響を及ぼすだろう。指揮官のフラストレーションが爆発した格好だが、プレミアリーグ開幕までに決着はつくのだろうか。

2015/07/16 15:42:00
no title

GK世界最高額へ…マンUが守護神デ・ヘアに週給3600万円提示で慰留か 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 13:55:27.84 ID:???*.net
マンチェスター・Uが、移籍が噂されるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに対し、
週給20万ポンド(約3600万円)の新契約を提示したことが明らかになった。24日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

デ・ヘアとマンチェスター・Uが結んでいる契約は、2016年6月末までとなっており、
来シーズンの契約満了をもって母国のレアル・マドリードへ移籍する可能性が報じられている。

チームを率いるルイ・ファン・ハール監督は、デ・ヘアに対して巨額の契約をオファーしたことを認め
「我々は彼にビッグファーを出した。長い交渉になるだろう。上手くいく可能性もある」と、契約延長に向け、交渉を開始したことを明かした。

続けて「私は彼に残って欲しいと思っているが、決めるのは私じゃない。選手が自分自身のボスなんだ。
彼だけがイエスかノーかを決められる。デ・ヘア本人に聞いてみてくれ。ただサインせざるを得ないだろう」と述べ、
選手が決めることだとしながらも、契約延長に自信を覗かせた。

クラブが提示しているのは、週給18万ポンド(約3200万円)とボーナスが付いており、
契約延長が実現すれば、マンチェスター・Cのイングランド代表GKジョー・ハート、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、
バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、レアル・マドリードのスペイン代表GKイケル・カシージャスら、
名だたるビッグプレーヤーを越えて、デ・ヘアがGKとしては世界最高額の給与を手にすることとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150425-00305919-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索