Samurai Goal

デ・ブライネ


スポンサード リンク





ヴァーディが初のプレミア得点王に! デ・ブライネはリーグ記録の20アシスト到達! 

スクリーンショット 2020-07-27 15.12.31のコピー




1: 2020/07/27(月) 14:46:11.83 _USER9
2019-20シーズンのプレミアリーグの全日程が26日に終了した。得点王には23得点を挙げたレスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが輝いた。


昨年2月に就任したブレンダン・ロジャーズ監督の下、開幕から好調を続けた今季のレスター。序盤戦はマンチェスター・ユナイテッドやリバプールに敗れることはあったものの、中堅以下の相手には確実に勝利を重ね、第9節からは8連勝を収めた。

その中でアウェイで9-0という歴史的大勝利を挙げた第10節のサウサンプトン戦で、ヴァーディは今季唯一のハットトリックを達成。また、この8連勝中に8試合連続ゴールを決めており、計11得点を記録した。

ヴァーディはレスターがプレミアリーグを制覇した2014-15シーズンにも24得点を挙げていたが、そのシーズンは25得点を記録したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの後塵を拝していた。

なお、2位は共に22得点のアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと、サウサンプトンのイングランド人FWダニー・イングスとなった。

また、アシスト王はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに。

開幕から4試合連続アシストを記録するなど、今季もその実力を遺憾なく発揮したデ・ブライネ。最終節のワトフォード戦でも1アシストを記録し、02-03シーズンにアーセナルの元フランス代表FWティエリ・アンリが作ったリーグ記録の20アシストに到達。

また、ゴール数も13得点と、共に自己最多記録を更新する見事な成績となった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/6fa6302f50e05baa08b49fb70233c0624d95838e

マドリーから注目されるデ・ブライネ、2つの理由からマンC残留に近づく 

20200620-00010004-sportes-000-1-view

デ・ブライネが語る理想の相棒は?「C・ロナウドならアシストをもっと増やせる」 

20200427-00373816-usoccer-000-1-view




1: 2020/04/27(月) 12:56:58.54
マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが理想の相棒についてイギリス『スカイ・スポーツ』で語った。

2015年夏にヴォルフスブルクから加入して以降、シティの司令塔としての地位を確立するデ・ブライネは、今季のプレミアリーグでも17アシストを挙げ、リーグ史上初の3度目となる15アシスト以上をクリアするなど、世界屈指のチャンスメーカーとして活躍している。

そんなデ・ブライネは、『スカイ・スポーツ』の番組で、ジェイミー・レドナップ氏から一緒にプレーしたいストライカーについて問われると、プレミアリーグのレジェンドとポルトガルのスターの名前を挙げた。

「おそらくティエリ・アンリのような選手か、クリスティアーノ(・ロナウド)のような選手だね。クリエイティブな選手である僕にとって彼らがそうだろう」

「素晴らしいミッドフィルダーとプレーすることもできるが、僕にとってはプレースタイルからして、ストライカーが最も重要だ。だから僕はクリスティアーノ、もしくはティエリ・アンリと言うだろう」

「多分、(ロナウドなら)3メートルの高さまで収めることができるし、彼はとにかくゴールを決めてくれる。そうしたら僕のアシストが増えるだろうね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00373816-usoccer-socc

デ・ブライネ、すでに症状なしの新型コロナに感染していた?「家族が体調を崩していた…」 

20200418-00010010-goal-000-1-view




1: 2020/04/18(土) 13:30:38.82
マンチェスター・シティのMFケヴィン・デ・ブライネが、すでに新型コロナウイ
ルスになっていた可能性があることを明かした。『スカイスポーツ』が伝えた。
プレミアリーグは現在、新型コロナウイルスの影響で中断に。デ・ブライネの住
むマンチェスターも都市封鎖となったことが、その期間の間に家族が体調を過ご
していたと、語っている。

「封鎖が始まった当初、僕の家族は8~9日間病気になっていた。息子から始まり、
上の男の子、妻と体調を崩していたけど、検査を受けることができなかったから、
コロナだったかどうかはわからない」

だが、現在はすでに快復中で、「この2~3週間は順調だよ。いいルーティンも見つ
けられているし、何も問題ない」とコメントし、自宅でのコンディション調整につ
いて語った。

「最初の2週間は何が起きているのかわからなかったし、奇妙だった。その後、トレ
ッドミルを手に入れて、下にプールもあるから、泳いでいた。かなりいい状態を維
持できていると思う」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00010010-goal-socc

<マンチェスターCのドイツ代表ギュンドアン>世界トップ3の選手を問われ「メッシ、デ・ブライネ、ムバッペ」 

1: 2020/03/19(木) 18:21:42.28
マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、自身が考える世界3指の選手を答えた。

現在、世界各国で新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けており、欧州フットボール界でも5大リーグやチャンピオンズリーグ(CL)が中断している。多くの選手がサポーターとSNSを通じて交流を行っている中、ギュンドアンは先日、ファンとのQ&Aを実施した。

自身の『ツイッター』で「今現在、世界トップ3の選手は誰?」との難しい問いを受けたギュンドアンは、「メッシ、デ・ブライネ、ムバッペ」と回答。歴代最多バロンドーラーであるバルセロナのFWリオネル・メッシを1位に、マン・Cで同僚のMFケヴィン・デ・ブライネを2位に、そして3位にはパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペの名前を挙げた。

欧州のメディアはこのギュンドアンの回答を受け、ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの名前がないことを強調して伝えている。

一方でギュンドアンは、ドイツ代表の正守護神争いをしているバイエルンのマヌエル・ノイアーとバルセロナのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンのどちらが優れているかについては、「間違いなく、二人ともワールドクラスのGKだ。贅沢な悩みで、僕たちにとっては誇らしいこと。どちらが優れているかは答えられないな」とコメント。こちらは明言を避けている。

写真
no title


3/19(木) 16:32配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00010016-goal-socc

マンCのグアルディオラ監督「チケットはソールドアウト、エティハドに居るかのような素晴らしい雰囲気」  

1: Egg ★ 2019/07/27(土) 22:36:33.16 ID:XMfjXHLI9
マンチェスター・シティは27日、日産スタジアムで行われた「EURO JAPAN CUP 2019」で、横浜F・マリノスと対戦し、3-1で勝利した。試合後にジョゼップ・グアルディオラ監督は、横浜FM戦のパフォーマンスに一定の評価を下した。

 開幕を約2週間後に控えるプレミアリーグ王者のマンチェスター・C。アジアツアー最終戦となる日本での横浜FM戦は、来週に控えるコミュニティ・シールドのリヴァプール戦を見据え、ダビド・シルバやケヴィン・デ・ブライネといった主力を先発起用。ハイライン・ハイプレスを標榜する横浜FMを相手に序盤からアグレッシブな戦いを見せた。

 マン・Cは18分にGKクラウディオ・ブラーボのロングボールに抜け出したデ・ブライネが先制点を奪うと、24分に1点を返されたものの、前半終盤にラヒーム・スターリングが勝ち越し点を奪取。終了間際には期待の若手ルーカス・ネメヒャが試合を決定づける3点目を決めて勝負あり。粘る横浜FMを3-1で振り切り、アジアツアーラストゲームを白星で飾った。

 グアルディオラ監督は「非常に良い試合ができた。とても厳しい試合でしたが、どちらもハイプレスをしていて良いパフォーマンスだった」と振り返り、「ミスもありましたけど、ツアーを通じてケガが無かったことが良かった」と、過密日程のなか行われたプレシーズンツアーを総括した。

 なかでも1ゴール1アシストの活躍を見せたデ・ブライネについては「今日はよくやってくれた」とグアルディオラ監督。「(彼は)資質があり素晴らしい才能のある選手。契約がある限り素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれると思う」と、新シーズンでの活躍にも期待を寄せた。

 一時同点に追いつかれたマン・Cは、給水タイム時にグアルディオラ監督がDFラインの選手を中心に身振り手振りに熱心な指示を送っていたが「今日みたいに厳しい、フィジカルもベストでないなかでのパフォーマンス。選手たちのハングリーさが表れたと思う」と、厳しい環境での選手の戦いぶりに評価を与えていた。

 指揮官にとって来日するのは「バルセロナの時にクラブW杯で」来て以来。「また日本に来れて嬉しかった」と話し、「チケットはソールドアウトで、ファンもチャントを歌ってくれた。エティハド(スタジアム)に居るかのような素晴らしい雰囲気だった」と日本のファンに感謝の言葉を述べていた。

7/27(土) 22:17配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00010035-goal-socc

写真no title

デ・ブライネ“移籍防止対策”は契約解除金366億円以上!? 

GettyImages-918144422-800x533
 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は、現在負傷離脱中のベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネを移籍から守るために驚愕の数字を語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に伝えている。

 『スカイスポーツ』によると、インターナショナルウィーク中、スペインのテレビ局はグアルディオラ監督へインタビューを実施。その際、デ・ブライネが契約でバイアウト条項を持っていると間違って報道してしまっていたという。

 なお、バイアウト条項(契約解除違約金)とは、契約書内で合意のうえに定められた一定の金額を支払うことによって、クラブまたは選手が一方的に契約を解除できるという制度のこと。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00831260-soccerk-socc

マンCの中核、デ・ブライネの3ヵ月離脱が決定!!代役はフォールデンになりそうか 

4124443fcd5b38c84abedf4e358e1068_1530915231_1

“マンC大ピンチ”デ・ブライネが負傷!!長期離脱の可能性も...! 

1 2018/08/16(木) 09:44:17.39 _USER9
 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがトレーニング中に膝を負傷し、戦線離脱となりそうだ。離脱期間は2カ月から最大4カ月にもなる見込みだという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 デ・ブライネは現地時間15日の午前中の練習で右膝をひねってしまったという。詳細については検査結果を待っている状況だが、長期離脱の可能性も出てきた。

 ベルギー代表としてロシア・ワールドカップに出場し、3位決定戦まで戦ったデ・ブライネ。長めの休暇を取り、先週ようやくチームに合流。12日に行われたアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦(2-0)はベンチスタートで、後半15分から途中出場していた。

 27歳の攻撃的MFは昨季にプレミアリーグで37試合8得点16アシストを記録。リーグ新記録である勝ち点100での優勝に大きく貢献し、自身も「年間最優秀プレーメーカー」に選出された。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティの中心に君臨した。

 開幕戦でアーセナルを下して絶好のスタートを切ったシティだが、次節の本拠地ハダースフィールド・タウン戦以降、敵地ウォルバーハンプトン戦、本拠地ニューカッスル戦などは、絶対的司令塔を欠いて戦わなければならない可能性がある。(Football ZONE web編集部)

https://article.auone.jp/detail/1/6/11/93_11_r_20180816_1534379641835006
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索