Samurai Goal

デュッセルドルフ


スポンサード リンク





宇佐美貴史、ゴール手前5mでシュート失敗 ブンデス公式が動画投稿…「なんてミスだ」「ミス大賞候補」  

news_239212_1




1: 2018/12/23(日) 07:53:26.67 _USER9
ドルトムント戦2-1と勝利も…デュッセルドルフ宇佐美のシュートミスに脚光

FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは、現地時間18日のドイツ・ブンデスリーガ第16節でドルトムントと対戦し、2-1と勝利した。
この試合でゴールをお膳立てした宇佐美だが、その一方でゴール手前5メートルからフリーの状態でシュートを放つも決めきれず、
ブンデス公式YouTubeチャンネルが動画を公開。「なんてミスだ」と驚きの声がファンから上がっている。

前半22分、MFドディ・ルケバキオのゴールでデュッセルドルフが先制。
1-0とリードで迎えた同38分、右サイドからDFジーン・ツィマーの鋭いクロスに反応したのが宇佐美だった。
タイミング良くゴール前に入り込んだ宇佐美は、フリーの状態でシュート。
相手GKはニアサイドに寄っており、無人に近い状態のゴールだったが、宇佐美は合わせきれずにボールも大きく逸れた。
後半11分には宇佐美のパスからDFヤン・ツィマーが追加点を叩き込んで2-0とリード。
終盤に1点返されるも、そのまま逃げ切って2-1と勝利した。

ブンデス公式YouTubeチャンネルでは、宇佐美のプレーに注目。
「タカシ・ウサミが無人のゴールでミス」と題した動画をアップすると、「今季ミス大賞候補の一つ」と評している。
返信欄では「オーマイゴッド」「ハハハハハ」「なんてミスだ」「ボールが後ろから来たりして、選手が時々ミスをするのは理解できる。だけどこれは説明できない」などコメントが並んだ。

今季無敗だったドルトムントに初めて土をつけたデュッセルドルフ。
注目を集めた一戦だっただけに、宇佐美のミスが一層際立つ形となってしまったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00156232-soccermzw-socc
12/23(日) 7:40配信」

https://youtu.be/gSESsNyX_WI


デュッセルドルフMF宇佐美貴史がゴール手前5メートルの位置からまさかのシュートミス

<ドルトムント>今季ブンデス初黒星…宇佐美が2戦連続アシストで大金星に貢献 

img_c5f62f7b59bf2582b8383ba93f69b6aa420311




1: 2018/12/19(水) 06:28:19.05 _USER9
ブンデスリーガ第16節が18日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフに1-2敗れた。宇佐美は左サイドハーフで3試合連続の先発出場。38分に絶好機を外したものの、56分には2試合連続となるアシストを記録し、デュッセルドルフの大金星に大きく貢献した。

 デュッセルドルフは22分、カウンターでドディ・ルケバキオが抜け出して冷静にゴールを沈めて先制。56分には宇佐美からパスを受けたヤン・ツィマーがペナルティエリア手前右から鮮やかなミドルシュートをゴール左上隅に突き刺して2点差とした。

 ドルトムントは60分にパコ・アルカセルとジェイドン・サンチョを投入。すると81分に右サイドからのクロスをP・アルカセルが合わせて1点を返す。

 しかし反撃もそこまで。支配率7割を占めたドルトムントは今シーズンのリーグ戦初黒星で、開幕無敗記録は15でストップ。大金星を収めたデュッセルドルフは今シーズン初の連勝を飾った。なお、宇佐美は同試合で86分までプレーしている。

 次節、デュッセルドルフは22日にアウェイでMF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーと、ドルトムントは21日にホームでボルシアMGと対戦する。

【スコア】
デュッセルドルフ 2-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 22分 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)
2-0 56分 ヤン・ツィマー(デュッセルドルフ)
2-1 81分 パコ・アルカセル(ドルトムント)

【スターティングメンバー】
デュッセルドルフ(4-1-4-1)
レンジング;ツィンマーマン、アイハン、カミンスキ、ギーセルマン;ゾボトカ(分 ボジェク);ツィマー、シュテーガー、フィンク、宇佐美;ルケバキオ

ドルトムント(4-2-3-1)
ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ(46分 トプラク)、ディアロ、シュメルツァー;ヴィツェル、デラネイ(60分 P・アルカセル);プリシッチ、ロイス、ラーセン(60分 サンチョ);ゲッツェ

12/19(水) 6:24配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00878678-soccerk-socc

<宇佐美貴史>CKから2ゴールを演出!4試合ぶり白星に大きく貢献  

1: 2018/12/16(日) 01:29:53.03 _USER9
DFアイハンが2ゴール

ブンデスリーガ第15節が15日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとフライブルクが対戦した。

デュッセルドルフの宇佐美貴史は2試合連続の先発。右サイドのアタッカーに入った。前半はあまり見せ場なくスコアレスで推移すると、後半の55分に試合は動く。

右サイドのコーナーキックで宇佐美がアウトスイングで鋭いボールを入れると、ドンピシャで合わせたのはDFカーン・アイハン。高い打点で叩き込み、先制に成功する。

さらに79分、またも宇佐美の右足から追加点が生まれる。右からのコーナーで、宇佐美のボールをマルチン・カミンスキが折り返すと、再びアイハンが押し込んで、貴重な追加点を奪う。

3点目のチャンスもあったが、ドディ・ルケバキオが決めきれず、試合は2-0のまま終了。フル出場となった宇佐美の活躍もあり、4試合ぶりの白星を手にした。

12/16(日) 1:21 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010003-goal-socc

写真
no title

柏・伊東、独デュッセルドルフから正式オファー アジア杯で決める移籍弾 




 日本サッカー協会は12日、アジア杯UAE大会(来年1月5日開幕)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。森保一監督(50)が1次リーグ首位突破を厳命する中、MF伊東純也(25=柏)にドイツ1部デュッセルドルフから正式オファーが届いていることが判明。Eフランクフルトも獲得に動いており、アジア杯の活躍次第でドイツ移籍が実現する可能性が高まっている。


 初の国際大会は品評会でもある。複数の関係者によると、デュッセルドルフが伊東に正式オファーを出していることが判明。さらにEフランクフルトも獲得意思を示しており、今後正式オファーに発展する可能性があるという。

 デュッセルドルフは今夏も移籍金1億円の正式オファーを出したが、柏側が3億円を要求。互いに歩み寄ることができずに消滅した。だがデュッセルドルフは継続的に幹部を日本に派遣。今季リーグ34試合6得点10アシストを記録したスピードスターへ、2度目の獲得オファーを決めた。伊東自身も、さらなる成長を求め海外移籍に前向きだ。

 最大のネックとなるのは移籍金だ。柏側は今冬、2億円に設定。一方、デュッセルドルフは夏と同じ1億円で交渉を進めているという。来年26歳。海外初挑戦となる伊東に対して移籍金2億円は高額で、Eフランクフルトは静観する状況になっている。

 大きな隔たりを埋める鍵は、自身の活躍だ。アジア杯の代表選出に「チームの勝利に貢献できるように全てを注いで頑張ります」とコメント。得点やアシストなどの目に見える結果でチームを勝利に導けば、柏の求める移籍金にドイツ側が近づいてくる可能性は十分ある。

 現状では堂安の控え扱いだが、国際舞台で2億円の価値を証明できるか。伊東にとっては、2大会ぶりのアジア王者の座を取り戻すだけではなく、ドイツ移籍も勝ち取る戦いが始まる。

 ▽フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1908年創設。79、80年にドイツ杯連覇を果たした古豪。昨季2部で優勝し、6季ぶりに1部復帰。09~10年に結城耕造、13~14年に大前元気、昨季は原口元気、宇佐美貴史が在籍。宇佐美は今季もプレー。本拠はエスプリ・アレーナ(5万1500人収容)。フリートヘルム・フンケル監督(65)。現在18チーム中最下位。

 ▽アイントラハト・フランクフルト 1899年創設。ドイツ1部1回、ドイツ杯5回の優勝を誇る強豪。06~08年に高原直泰、07~09年に稲本潤一、12~15年に乾貴士、14年から長谷部誠が在籍。本拠はバルト・スタジアム(5万1500人収容)。アディ・ヒュッター監督(48)。現在リーグ5位。

 ◆伊東 純也(いとう・じゅんや)1993年(平5)3月9日生まれ、神奈川県横須賀市出身の25歳。逗葉高―神奈川大を経て15年に甲府入り。16年に柏に完全移籍した。今季はチームの調子が上がらない中で、快足を武器に34試合6得点と奮闘。森保ジャパンには発足当初から選出されている。J1通算131試合23点。国際Aマッチ通算7試合2得点。1メートル76、68キロ。利き足は右。血液型A。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000003-spnannex-socc



1 2018/12/13(木)
デュッセルドルフとしては補強ポイントじゃないような・・
プレースタイルもラマンと被り気味だけど、そのラマンも出番少なめだからどうだろう
昨季の原口の例があるから日本人もう一人取ってああいう役割をやって貰いつつ宇佐美ももっと活かしたいのかな

実現すれば相乗効果もあって面白そうではあるかな


2018/12/13(木)
移籍金の要求額に隔たりがあるようだけど、柏側は妥協すべきじゃない。
それで引き下がるようならそれまでの評価だったということ。
Jクラブも選手も自分を安売りするのはもうやめてほしい。


2018/12/13(木)
挑戦するなら応援はしたいと思います。しかし、客観的にみて代表で現状サブ扱いの原口ぐらいの活躍を見たことがない。何より宇佐美を押しのけてベンチに入れるかどうかも未知数としか言えない。移籍するならすぐに帰国しない気持ちで行ってもらいたい。来年夏に2部やベルギー、オランダあたりのチームに行くことになっても。


2018/12/13(木)
Jリーガーで代表戦士に選ばれる逸材で若いのなら、やっぱり海外移籍で経験積んで更なる成長を遂げて欲しいですね!


2018/12/13(木)
一つ間違いない事があるとすれば、
2億円満額でこの移籍が成立したとしても、J2に落ちた柏がそのお金で伊東の代役を手に入れるには相当な運と目利きが必要ってこと。


2018/12/13(木)
柏側の2億は妥当。またはそれ以上だと思う。
今の伊藤純也の価値はとても大きいものがある。
これを安値で売ってはいけない。


10 2018/12/13(木)
フットボーラーのキャリアとして最も良い時期にJ2の柏に居るより、海外に行くのも選択肢としても良いのでは?


14 2018/12/13(木)
J2に落ちるレイソルにいても仕方ないし、海外に行くなら今が1番だと思うから、またドイツに1人増えて良いと思います。


15 2018/12/13(木)
降格しているから流出は仕方ないと・・J1に行かれるよりかは全然良いし・・サポーターも納得することでしょう。


16 2018/12/13(木)
そこまで若くないのだから、今冬は必ず海外挑戦してほしい。


18 2018/12/13(木)
海外移籍することは良いけど言語や文化などで悩んで消えないで欲しい。


19 2018/12/13(木)
そんな安値でドイツの降格候補チームに行くなら、神戸や浦和、川崎など国内ビッグクラブに移籍した方が良いんじゃないかな。


20 2018/12/13(木)
代表レベルの伊東がいて降格して海外移籍の話が出て
柏は厳しいね


22 2018/12/13(木)
足そんな速いっすか?足の速さより、相手の裏を取る速さとか判断の速さが良くないと潰されちゃうと思うな。


23 2018/12/13(木)
言うほど速くないからなー。
しかし海外出ることで得るものは絶対にあるし。


24 2018/12/13(木)
デュッセルドルフはやめておこう。


26 2018/12/13(木)
これは、出て行くんだろうなぁ。
柏のサポじゃないけど良い選手だもんね。


27 2018/12/13(木)
いいと思う!


28 2018/12/13(木)
宇佐美と一緒にがんばれ。


29 2018/12/13(木)
プレースタイル的にブンデス経由プレミア行きが良いと思う。


31 2018/12/13(木)
J2降格したチームの選手が国内ならまだしも海外に行くっていう違和感。


32 2018/12/13(木)
いつかみてみたい
浅野と伊東の快速2枚刃


34 2018/12/13(木)
2億の価値はないし、日本マネー期待できるほど人気ないし
結局柏もデュッセルドルフも両方共的はずれな評価してるんだよ


35 2018/12/13(木)
伊東は何となく今のポジション以外で大成しそうな気がしてる。


36 2018/12/13(木)
最下位のチームに行ってもどうなんだろ


38 2018/12/13(木)
日本企業がたくさんスポンサーしてる中、デュッセルドルフのスポンサーも日立なのになんでトラブってるんだ笑


39 2018/12/13(木)
純也はレイソルには不要です。
今日にでも出て行ってもらいたい。


41 2018/12/13(木)
降格クラブからよくオファーがあったなw


42 2018/12/13(木)
25の選手にオファーとかマジかよドイツ


43 2018/12/13(木)
向いとると思うが、自慢の足は通用しないそんな甘くない。世界的にそんな早くないし
浅野のほうが速く見えるわ
まあ全く関係ないが海外に行く前に髪を切ろうね似合ってないぞ









宇佐美、代表意識も「もっとチームで示さないと」 

20181208-00413738-nksports-000-3-view

【速報】バイエルン追いつかれて3-3のドロー 

usami20171005

【速報】バイエルン vs デュッセルドルフ 宇佐美交代 

usami20171005

【速報】バイエルン vs デュッセルドルフ 2-1バイエルンリードで前半終了 

usami20171005

宇佐美貴史が今季初ゴールでフォルトゥナを7試合ぶり勝利に導く! 

5554d_1532_688270153848d6d707c1d1262b406c13




1: 2018/11/11(日) 01:27:03.47 _USER9
ブンデスリーガは10日に第10節が各地で行われた。

フォルトゥナ・デュッセルドルフは、ホームでヘルタ・ベルリンと対戦。4-1で勝利した。

宇佐美貴史は前節に続いて先発したが、前半は守備に追われる時間が多く、なかなか持ち味を生かす場面が訪れない。30分過ぎにボックス手前からミドルを放ったが、枠を外れた。終了間際に相手が退場者を出したが、前半はスコアレスで折り返す。

すると50分、宇佐美に待望の今季初ゴールが生まれる。左サイドからのパスをボックス内でフリーで受けると、左足を振り抜く。強烈な一撃がネットに突き刺さった。勢いに乗るフォルトゥナは、63分にヘニングスが、84分、92分にラマンが加点。終盤に1点を返されているが、4-1で勝利を収めている。

リーグ戦6連敗中のフォルトゥナだったが、これが7試合ぶり2度目の白星に。宇佐美はゴールという結果で貴重な勝利に大きく貢献している。

ブレーメンは、ホームでボルシアMGと対戦。1-3と敗れている。

ここまでリーグ戦6試合先発が続いていた大迫勇也だったが、この日はベンチスタートに。チームは前半のうちにプレアのゴールを許すと、その後52分までにプレアにハットトリックを達成される苦しい展開に。59分にシャヒンが1点を返したが、反撃もここまで。ブレーメンは、これでリーグ戦3連敗となった。なお、大迫に出場機会は訪れなかった。

また、ニュルンベルクFW久保裕也は、シュトゥットガルト戦でベンチ外に。チームは0-2と敗れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000042-goal-socc

“出番なし”宇佐美貴史「交代枠1枚残していたのは悔しい」  

285178




1: 2018/09/22(土) 10:39:39.92 _USER9
<ブンデスリーガ:シュツットガルト0-0デュッセルドルフ>◇21日◇シュツットガルト

FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは、アウェーでシュツットガルトと0-0で引き分けた。

宇佐美は2試合連続してベンチ入り。出場枠は1枚残っていたが最後まで声はかからず、今季公式戦の出場はまだない。

宇佐美は「勝ちを狙いにいくというなかで交代枠を1枚残してというのは、個人的にはすごく悔しい。どんな練習でもいい形で、いいコンディションでできていると思う。チャンスをつかんだ時に爆発力をもってピッチで表現できるようにやっていくだけです」と話した。

デュッセルドルフは1勝2分け1敗の勝ち点5で暫定8位。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00338257-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索