Samurai Goal

デュッセルドルフ


スポンサード リンク





<薬丸裕英>次男がドイツ1部のデュッセルドルフのフロント入り!18歳でスペイン2部サバデルに加入 

20200630-06300180-sph-000-10-view




1: 2020/06/30(火) 19:41:27.62
タレントの薬丸裕英(54)の次男、薬丸隼人さん(27)が、サッカー・ドイツ1部のデュッセルドルフのフロント入りすることが30日、分かった。この日、同クラブが日本語の公式ホームページで発表した。

 隼人さんは小学校1年からサッカーをはじめ、GKやMFで活躍。横河武蔵野のジュニアユースなどをへて、18歳でスペイン2部サバデルに加入した。その後はイングランドなどでもプレーしていた。

 デュッセルドルフでは日本デスクに就くという。瀬田元吾さん(39)が今季限りで退職することになり、廣岡太貴さんと共に後任に指名された。

デュッセルドルフは日系企業が欧州の拠点にしており、日本人も多い。かつては原口、宇佐美、大前らが所属していた。日本との交流を深める同クラブの重要な役職を任される。デュッセルドルフは今季17位で終え、来季は2部に降格する。

 薬丸隼人さんは3男2女の5人きょうだいで、長男の薬丸翔(29)は俳優。母は元アイドルの旧姓・石川秀美さん。

6/30(火) 19:27 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1bcb9161db71b8c35b6380e3e974a2f0e84765e

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggN.Q32tDwI9hNtozN5ZVRxQ---x527-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200630-06300180-sph-000-3-view.jpg

大迫を称賛! 「全盛期のエジルを彷彿」地元紙が“チャンスメイカーと評価 

20190821-43470741-gekisaka-000-8-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/21(水) 12:02:13.15 ID:HmbDQmUM9
日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは17日、ブンデスリーガ開幕戦で昇格組のデュッセルドルフとホームで対戦し、1-3で敗れた。地元紙『ベーザー・クーリエ』が大迫のプレーをレポートしている。

 大迫は3トップの中央で先発出場。的確なポストプレーを見せ、攻撃の起点として機能した。しかし、チームは前半36分に先制点を献上。後半2分にFWヨハネス・エッゲシュタインのヘディング弾で一時追いついたが、その後に2失点を喫し、1-3で敗れた。

 昨季まで主将を務めていたFWマックス・クルーゼがフェネルバフチェに移籍したことで、その穴埋めにも注目が集まっていたブレーメン。大迫は後半途中からポジションを下げてチャンスメイクをこなしたほか、惜しいミドルシュートを放つなど攻撃をけん引し続けたが、チームを勝利に導くことはできなかった。

 同紙はこの試合の大迫のプレーに対し、「彼らしいものだった」と言及している。前半にMFミロト・ラシカへ送った巧みなパスについては「ピッチに向かって抱きしめたくなる」と称賛。さらに中盤でチャンスを作り出す姿を「(元ブレーメンの)メスト・エジルの全盛期を彷彿とさせた」と表現した。

 また、フロリアン・コーフェルト監督は「彼はたくさんボールに触り、多く展開していた」と振り返りつつ、「彼は低い位置でプレーしたが、それは大丈夫だ。なぜなら、かなり攻撃の枚数があったからね。しかしもちろん、1点は少なくとも決める必要があった。彼のヘディング、そして1-1の後のチャンスでね」と期待を込めて語っている。

 開幕黒星スタートのブレーメンは24日の第2節でホッフェンハイムのホームに乗り込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-43470741-gekisaka-socc

<宇佐美貴史>復帰即ゴールも「まだまだだな」3年ぶりJリーグの印象は「暑かった(笑)」  

1: Egg ★ 2019/07/20(土) 22:47:01.88 ID:25WE0TZL9
ガンバ大阪FW宇佐美貴史が国内復帰戦でいきなり結果を出した。しかし、当人は自身の出来にまだまだ納得がいっていないようだ。

デュッセルドルフからG大阪に完全移籍で復帰した宇佐美は、20日の明治安田生命J1リーグ名古屋グランパス戦で早速スタメン入り。試合は、開始早々の4分に先制点を奪われ、直後にアデミウソンの得点で一度は同点に追いついたものの、前半終了間際に再びリードを奪われる苦しい展開となった。しかし、そのまま試合が終了するかに思われた後半アディショナルタイムに宇佐美が値千金の同点ゴールを頭で沈め、貴重な勝ち点1を手にしている。

試合後、復帰戦でのゴールについて宇佐美は「予想外でした」と驚きつつも、「1つ目のゴールがスムーズに出たのは、個人的には今後に向けた明るい材料」であると喜びを口にする。

一方、デュッセルドルフでのシーズンは5月初めに終了しており、この試合は久々の公式戦。「実戦は3カ月ぶりでしたし、暑さも相まって最初はキツかった」ために特に前半は動きが重かったことを悔やんだ。

さらに、試合を振り返って「まだまだだな」と感じたともこぼす。「『もう1つ先にパスをつなげていたな』とか、『そのパスがもう少しスムーズに通っていたら』というシーン」があったため、「僕がそこ(チャンスメイク)でしっかりとしたクオリティを示すこと」が重要だと考えているとのこと。それでも、ゴールへの貪欲さも失ってはおらず、様々な反省点が思い浮かんでいるようだ。

「僕自身がガツガツと結果を求めてやっていくというよりも、そういうところ(チャンスメイク)に取り組んでいく方が、たぶんガンバにとってすごくプラスになると思う」

「そういうプレーをしながらでも、後ろから上がっていってゴールを決めるということはしなければいけない。今日はなかなかできなかったけど、裏を狙う動きもしなければいけない」

また、3年ぶりのJリーグに対する印象を問われると、「暑かったです(笑)」とドイツとの気候の違いを挙げる。さらに、主導権を握る重要度が高いリーグだと以下のように主張した。

「(暑さで)想像を絶するほどスローなテンポになるのは仕方ないなと思いましたし、どれだけ自分たちの時間を大事にできるか。それと、夏場の戦い方と冬場の戦い方はガラっと変わる。そういった中でもしっかりやっていかないといけないし、途中からでも自分たちがボールを持つ時間帯をどれだけ作れるか」

G大阪は次節、8月2日にヴィッセル神戸とアウェーで対戦。MFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャら世界的名手を擁するスター軍団相手に、帰ってきたG大阪のエースはどのような“クオリティ”を示してくれるのだろうか。

7/20(土) 22:38配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010040-goal-socc

写真no title

宇佐美が古巣J1、G大阪復帰へ ドイツでプレーの元日本代表 

20190623-00000049-kyodonews-000-2-view[1]

宇佐美貴史(27)G大阪に復帰決定的…3年ぶり2度目の古巣、近日中にも発表  

20190619-00000308-sph-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/20(木) 07:21:18.76 ID:lecK1rdu9
元日本代表MF宇佐美貴史(27)=デュッセルドルフ=が、今夏G大阪に復帰することが19日、決定的になった。
G大阪と宇佐美の保有権を持つドイツ1部・アウクスブルクとの間で移籍金等の交渉が合意に達したもようで、近日中にも両クラブから発表される見込み。
宇佐美にとっては16年以来約3年ぶり、2度目の古巣復帰となる。

宇佐美はG大阪から当時19歳の11年に名門・バイエルンに期限付き移籍し、ドイツでの挑戦をスタート。
13年にはG大阪に復帰したが、16年に再びドイツのアウクスブルクへ完全移籍した。
ドイツでは計5シーズン、4クラブでプレー。1部では53試合3ゴールと結果を残せなかったが、
G大阪は攻撃センスや豊富なアイデア、下部組織出身でクラブ愛を持つ点から、復帰のオファーを出していた。

G大阪は今季、ここまで17位とJ2降格圏に低迷。昨季途中に就任した宮本恒靖監督(42)の下で世代交代を進め、
元日本代表MF遠藤保仁(39)が主にベンチスタートとなるなど、変革の時を迎えている。
ここ4試合は1勝3分けと勝ち点を積み上げているが、得点はわずか2。
守備は安定してきた一方で、攻撃の爆発力を欠いている状況だ。

宇佐美が今回2度目の復帰となれば、エースとしての役割だけでなく、下部組織から育った選手を中心に戦うというチームの理念を体現する存在として、ピッチ内外で影響力を発揮する必要がある。
かつて“G大阪の至宝”と呼ばれた男が、まずJ1残留、そして15年の天皇杯制覇以来タイトルから遠ざかるクラブの復権に力を尽くす。

◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年5月6日、京都・長岡京市生まれ。27歳。G大阪ユース在籍中の09年、高校2年でトップチームに昇格。
11年にドイツ1部バイエルン、12年に同ホッフェンハイムに期限付き移籍。13年にG大阪復帰。
16年にドイツ1部アウクスブルクへ完全移籍し、17年に同2部デュッセルドルフに期限付き移籍。
1通算120試合45得点、J2通算18試合19得点。ドイツ1部53試合3得点、同2部28試合8得点。日本代表27試合3得点。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000308-sph-socc
6/20(木) 4:09配信

<デュッセルドルフ>新たな日本人獲得へ?「注意深く見ている」宇佐美は退団セレモニーが行われ移籍が濃厚  

1: Egg ★ 2019/05/26(日) 08:40:54.59 ID:NqIyN45B9
クオリティー優先としつつも「日本人選手は常に議題に上がる存在」と認める

no title


 デュッセルドルフに所属するMF宇佐美貴史は、リーグ最終節後に退団セレモニーが行われるなど、今季限りでの移籍が濃厚となっている。これに伴い、クラブは新たな日本人選手の獲得も視野に入れていると独メディア「RPオンライン」が報じた。

 昨季のブンデスリーガ2部で優勝を果たし、今季は昇格組ながら10位と健闘したデュッセルドルフ。ただ、昨季は8得点を挙げて昇格に貢献した宇佐美は、今季は19試合出場1得点に終わっていた。

 デュッセルドルフは昨季までFW原口元気(ハノーファー)とMF金城ジャスティン俊樹(ザスパクサツ群馬)も在籍し、かつてはFW大前元紀(大宮アルディージャ)ら多くの日本人選手が所属してきた。さらに欧州屈指の日本人街が存在することもあり、クラブは“日本人ゼロ”の状態になることを選択せず、新たな日本人選手の獲得に動くかもしれない。

「RPオンライン」が報じたところによると、デュッセルドルフのスポーツディレクター(SD)を務めるルッツ・ファンネンシュティール氏は、「我々にとって日本人選手は常に議題に上がる存在だ。もちろん、クオリティーが最優先だがね」とコメント。「日本のマーケットは注意深く見ているし、日本人選手の代理人とはコンスタントに連絡を取っている」と付け加え、現実的なプランとして日本人選手獲得を見据えていることを明らかにした。

 ホームタウンの特色もあり、能力面で問題がなければ積極的に日本人選手を獲得する意思を示したファンネンシュティール氏。来季に向けたデュッセルドルフの補強動向に注目だ。

5/26(日) 7:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00191415-soccermzw-socc

デュッセルドルフ宇佐美が移籍明言 G大阪復帰希望  

20190519-05190135-nksports-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/19(日) 12:01:41.62 ID:6MSo2rRC9
<ブンデスリーガ‥デュッセルドルフ2-1ハノーバー>◇18日◇メルクールシュピールアリーナ(ドイツ・デュッセルドルフ)

デュッセルドルフFW宇佐美貴史(27)が移籍を明言した。
日本代表FW原口元気(28)が所属のハノーバーに勝利。宇佐美はベンチスタートも出場はなかった。

試合後に今季を振り返り「前半戦は試合にも絡みながらですけど、その中でなかなか数字を残せなかったというのは、後半戦に引きずる…後半戦なかなかうまくいかなかった要因にもなったかな、と思いました」。
今後については「ここ(デュッセルドルフ)でないことは確かですね」と明言し「ただ(来季の所属クラブが)どうなるかとか、僕の希望とかは、ここでは話せないことですし、まだ僕自身分からない状況なので、何も言えないですね」。
本人サイドは古巣のガンバ大阪復帰を希望している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-05190135-nksports-socc
5/19(日) 7:32配信

宇佐美貴史「再び失敗」「未来はない」ドイツ誌が辛口評価  

20190517-43467080-gekisaka-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/17(金) 09:17:09.02 ID:C6d1iFvI9
デュッセルドルフに所属するFW宇佐美貴史に対して、ドイツ誌『キッカー』は「再び失敗」と厳しい評価を下している。

2011年8月にガンバ大阪から強豪バイエルンに加入した宇佐美は、12年5月にホッフェンハイムに移籍したもののインパクトを残せず、13年6月に当時J2だったG大阪に復帰。
プロ生活スタートの地で輝きを取り戻すと、2016年6月に再びドイツに渡り、アウクスブルクに加入した。

アウクスブルクでは思うような活躍ができず、17年8月にデュッセルドルフに期限付き移籍したが、徐々に調子を上げて2部優勝に貢献。
この活躍により、今季もデュッセルドルフでプレーすることになったが、ここまでリーグ戦19試合1ゴール2アシスト、先発は10試合にとどまった。

フリートヘルム・フンケル監督は先日、宇佐美について「彼にとって簡単な状況ではない。競争が激しくなった」と言及。
同誌も「フンケルの戦術ではウィンガーがより目立つ必要があるが、何人か攻撃的なプレイヤーが負傷してもデュッセルドルフにとって問題はなかった」と、事実上の構想外であると伝えた。

さらに同誌は「彼に未来はない」「再び失敗した」「また沈んで消えた。デュッセルドルフで最終的にブレークスルーすることができなかった」と辛口な評価。
デュッセルドルフが完全移籍や再レンタルに動く可能性は低いと見られており、古巣G大阪への復帰が噂されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-43467080-gekisaka-socc
5/17(金) 9:12配信

<G大阪>宇佐美と「交渉に入っているわけではない」「契約が残っているので当然、違約金もあるから」  

jle19051408550002-p1[1]




1: Egg ★ 2019/05/14(火) 14:48:46.12 ID:HgXuVw2e9
 G大阪の松波正信強化部長(44)が13日、ドイツ1部・デュッセルドルフのFW宇佐美貴史(27)のG大阪復帰について口を開いた。

 「本人の状況はどうなのか、確認してほしいという話はしています」

 今月にも代理人を通して宇佐美本人の意思を確認したことを認めた。今後の進展については「交渉に入っているわけでは全くない。まずは本人の意思を聞いてからということ。契約が残っているので当然、違約金もあるだろうから、アウクスブルク側も含めてどうなるかというところ」と含みを持たせた。

 宇佐美は2009年にG大阪から17歳でデビューし、14年の3冠獲得などに貢献。16年夏にドイツ1部・アウクスブルクに完全移籍し、17年8月からデュッセルドルフへ期限付き移籍していた。

現在16位と苦しむG大阪の起爆剤になる可能性を秘めるが、松波強化部長は「もちろんプラスにはなるが、現場との兼ね合いもあるので」と言葉を選んだ。

5/14(火) 14:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000527-sanspo-socc

<宇佐美貴史>W杯ロシア大会以来、約9カ月ぶりに日本代表へ復帰!葛藤の末「走る選手」で結果  

201903140001030-w500_0[1]




1: Egg ★ 2019/03/14(木) 23:39:43.21 ID:IoMQSZck9
国際親善試合キリンチャレンジ杯コロンビア戦(22日、日産ス)ボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨む日本代表メンバーが14日、都内で発表された。デュッセルドルフFW宇佐美貴史(26)は、W杯ロシア大会以来、約9カ月ぶりに日本代表へ復帰。初めてのW杯は1試合の出場のみに終わり、悔しい思いをした。新たな武器を手に入れるため、W杯後は大幅な“イメチェン”に挑戦。代表復帰に意欲を燃やしていた日々を今、明らかにする。

   ◇   ◇   ◇ 

初めてのW杯を終えた宇佐美の顔つきは変わっていた。1部昇格を果たしたデュッセルドルフでは2季目。W杯後は、状態が上がらず開幕5試合目でようやく今季初出場を果たした。

「最初はなかなか(状態が)上がりきらなかった。徐々に試合に出始めて、チームの結果も上がってきた。個人的な結果(12試合1得点)に関しては、全然納得いくような数字ではないけど(チームが)5勝しているうちの4勝はフル出場近く出ている。(勝利に)貢献しているというところは悪くはないかな」

今季1部昇格を果たしたチームは序盤苦しんだ。強豪ひしめくブンデスリーガで戦い方は守備的。足もとの技術を生かす宇佐美のプレースタイルとは違う泥臭いプレーが求められた。

「自分のしたいことだけに集中したら、試合にすら出られへんから。自分がやりたいことはひとつ捨てて、チームに貢献せえへんことには選手としての価値も何も生まれへん。チームは相手に70~80%ボールを支配されて、20~30%しか、ボールを触られへんような状態。自分の良さを出さずに試合が終わるなんてこともあるけど、まずはチームとして愚直に戦わざるを得ない」

17年12月から個人トレーナーと走り方の改革を行ってきた。正しい走り方を身につけることで無駄な体力消耗を防ぎ、運動量増加につなげる。1年が過ぎ、ようやく結果が出てきた。

フル出場した昨年12月15日フライブルク戦では、走行距離11・28キロ、スプリント(ダッシュ)数はチーム2位の40回に上った。

「データとして見た時にしっかりかえってきているな、と。走る選手としてのポテンシャルをフライブルク戦で感じたし、かと言ってプレーのクオリティーが落ちているわけじゃない。監督には練習からハードワークしか求められていないし、そこができたら試合でできると言われている。できないところから目を背けると、そこすら伸ばせないような状況になる。葛藤はあるけど、ポジティブな意味の葛藤。ネガティブな意味ではない」

今年に入ってからチームでは途中出場が増えているが、目標はハッキリとしていた。もちろん、日本代表復帰。森保監督からも昨年欧州で再会した際に直接「戦力」と伝えられた。

「戦力として考えているし、試合に出続けてクラブでどんどん状態を上げてほしい、と。いい会話はできた。アジア杯に選ばれていなくてネガティブな部分もあるけど、今年の伸びしろを残した状態ではあると思う」

宇佐美にとっは進化の途上。今年は新たな可能性の幅を広げ、生まれ変わる。

「ハードワークをできた上で、攻撃的な特徴をどんどん出せるという(自身の)変わり方がベスト。それが本当の意味で新生、ニューになる。僕自身はハードワークするとか、チームのために走りきるということできていなかったから」

「新生宇佐美」はこれから。まず、後輩のMF堂安らが活躍する森保ジャパンで存在感を示す。【小杉舞】

3/14(木) 20:39配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-03141030-nksports-socc

写真
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/photonews/photonews_nsInc_201903140001030-0.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索