Samurai Goal

デポルティーボ


スポンサード リンク





柴崎岳、6試合ぶり出場も短時間で低評価。「ほとんどプレーに絡めず」  

20191202-00350895-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/02(月) 19:47:34.92 ID:fJTmmHWT9
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第18節のルーゴ対デポルティボ戦が現地時間1日に行われ、0-0の引き分けに終わった。
デポルティボの日本代表MF柴崎岳は70分からの交代で出場している。


デポルティボでここのところ出場機会を失い、日本代表招集による欠場も含めて5試合連続で出場なしに終わっていた柴崎。今節は移籍後初の交代出場で6試合ぶりの復帰を果たしたが、スコアを動かすことはできなかった。

スペインメディアでは、短時間のプレーでインパクトを残すことはできなかったとして柴崎を厳しく評価している。
『エル・デスマルケ』はチーム最低タイとなる採点「3」をつけ、「終盤にビセンテとの交代で出場。存在を感じさせなかった」と記した。

地元紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』でも「4」と低採点をつけ、「ビセンテのやっていたプレーを改善するべく30分足らずの時間を与えられた。ほとんどプレーに絡めず」と寸評。
チーム専門メディア『リアソール.org』も採点「3.2」で「目を引くプレーは何もなかった」とコメントしている。

今節も勝利を逃したデポルティボは、これで開幕戦の勝利以来17試合連続の白星なし。依然として最下位に沈み、3部降格の危機に立たされている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350895-footballc-socc
12/2(月) 17:30配信

柴崎岳、6試合連続先発もチーム最低タイ評価に「まだ多くのボールをロストしている」 

20190922-00010011-goal-000-1-view[1]

柴崎岳は前節同様フル出場も…デポルティーボ、ウエスカに3失点敗北  

20190826-00972367-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/26(月) 04:46:55.30 ID:A4lIvcem9
セグンダ・ディビシオン第2節が25日に行われ、柴崎岳が所属するデポルティーボは敵地でウエスカと対戦した。柴崎はフル出場を果たしている。

試合は序盤からホームのウエスカペースで進む。26分、柴崎のクリアボールが味方の背中に当たってしまい、相手選手の元へこぼれる。
このボールを拾ったダニ・エスクリチェがマイナスのクロスボールを送ると、エウヘニ・バルデラマが押し込み、ウエスカが先制した。

前半アディショナルタイムにはダニエル・ラバが左足でダイレクトボレーを叩き込み、ウエスカが2点をリードして前半を終えた。

後半に入ってもウエスカは攻撃の手を緩めない。53分、パス回しから右サイドを抜け出したミケル・リコの折り返しをホルヘ・プリードが流し込み、ダメ押しとなる3点目を記録した。

デポルティーボは72分にクリスティアン・サントスが左足で強烈なシュートを叩き込み1点を返すも、反撃及ばず。試合はこのままタイムアップし、デポルティーボは開幕2連勝とはならなかった。

次節、デポルティーボは9月1日にラージョ・バジェカーノと対戦する。一方、ウエスカは31日にアルメリアの本拠地に乗り込む。

【スコア】
ウエスカ 3-0 デポルティーボ

【得点者】
1-0 26分 エウヘニ・バルデラマ(ウエスカ)
2-0 45+4分 ダニエル・ラバ(ウエスカ)
3-0 53分 ホルヘ・プリード(ウエスカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00972367-soccerk-socc
8/26(月) 4:02配信

柴崎デポル、岡崎マラガ、 香川サラゴサの1部昇格の可能性は? 

20190817-00868660-sportiva-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索