Samurai Goal

デポルティボ


スポンサード リンク





<柴崎岳>スペイン2部ラス・パルマスが獲得を希望!3部降格デポルティボ「流出は避けられない」 

1: 2020/08/01(土) 00:05:17.56 _USER9
ラス・パルマスのメル監督がゲームメーカータイプの選手を希望

日本代表MF柴崎岳の所属するスペイン2部デポルティボは今季20位に終わり、2部B(実質3部)への降格が決定した。
そんななか、2部ラス・パルマスの指揮官が柴崎の獲得を希望しているという。地元メディア「Canarias7」が報じている。

今季のデポルティボは開幕戦こそ勝利を収め、好スタートを切る。
しかし、そこから第20節まで未勝利が続き、最下位に低迷。第21節からは7連勝と持ち直したものの、リーグ中盤までの躓きが響いて下位から抜け出せず。
第39節から3連敗を喫し、最終節フエンラブラダ戦が中止となったことで、20位での降格が決まった。

来季のデポルティボは2部Bでの戦いを強いられるなか、柴崎の獲得を画策しているとされるのが、今季はライバルとして対峙していたラス・パルマスだ。
「Canarias7」によると、同クラブのペペ・メル監督を筆頭とするクラブ首脳陣は来季に向けてゲームメーカータイプの選手を探しており、
その候補となっているのが柴崎と、同じくデポルティボで10番を背負うMFアヘル・アケチェだという。同メディアは次のように伝えている。

「デポルティボは2部Bに降格し、選手の流出は避けられない状況にある。柴崎は2023年まで契約が残っているが、クラブは予算を削減するためにも移籍を歓迎すると思われる。
アケチェは今夏で契約満了を迎え、引く手あまたの状況だ。いずれにせよ、クラブが狙う選手のタイプはハッキリとしている」

一方で、「クラブの財政状況が第一であり、若く野心的な選手と経験豊富な選手のバランスも重要だ」とも指摘。
柴崎とアケチェはいずれも20代後半ということもあり、獲得する際は貴重な“経験豊富な選手”の枠を埋めるという認識になりそうだ。

短いオフを経て迎える来季に向けて、欧州では移籍市場の動きも少しずつ生まれてきている。無念の降格を味わった柴崎の去就にも、引き続き注目したい。

7/31(金) 21:45配信 FOOTBALL ZONE WEB
https://news.yahoo.co.jp/articles/c835cbfb71c535120e0d45fe0ff7e60336d15280

写真
no title

前代未聞の降格劇に怒り…柴崎所属デポルティボの指揮官「選手を守るためだと言いながら…」 

スクリーンショット 2020-07-22 1.23.03のコピー

柴崎岳、5試合連続の先発。デポルティボは0-1敗戦で3部降格の危機 

20200718-00381201-footballc-000-1-view

デポルティボ柴崎岳、6連勝を呼ぶゲームメイク力を現地高評価 「個の力を見せつけた」 

20200202-00244403-soccermzw-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/02(日) 13:28:06.19 ID:FKVdckt79
マーカーを分散させて決勝点をお膳立てしたほか、決定機を作るスルーパスも披露
 日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボは現地2月1日、リーガ・エスパニョーラ2部第26節ラス・パルマス戦に2-1の勝利を飾り、リーグ戦6連勝を飾った。そのなかでゲームメイクした柴崎も、地元紙でおしなべて高い評価を受けている。

 試合は前半17分にセットプレーからFWサビン・メリノがニアサイドを打ち破ってデポルティボが先制に成功。後半に入って12分にオウンゴールで同点とされたものの、その7分後に左サイドからのクロスにゴール中央に柴崎が放り込んでマーカーの集中を分散させると、ファーサイドのMFエネコ・ポペダが合わせて決勝ゴールをゲットした。

 柴崎はこの決勝点の前にも球足の長いスルーパスでメリノの決定機を演出するなど、持ち味を見せた。スペイン紙「AS」の選手採点では、スペード3つが満点の中でスペード2つの評価を受けており、地元紙「ラボス・デ・ガリシア」では10点満点中7点の評価。「彼はスタメンだったが、後半に入ってから彼がゲームメイクする試合となった。メリノにとってこの日2ゴール目がほぼ可能であったはずの、個の力を見せつけた」と、ゲームメーカーとして輝きを放ったと評価している。

 暫定ではあるものの、デポルティボはこの勝利で15位に浮上。また昇格プレーオフ圏内の6位のフエンラブラダと勝ち点差7にまで復調してきた。そのなかで柴崎のコンスタントな活躍があるのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00244403-soccermzw-socc

柴崎岳「なんでこんなに小さくまとまっているんだろう」2020年は「魅力ある選手に」 

20200117-01170093-sph-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/17(金) 15:40:25.53 ID:xKwWLeHM9
柴崎岳
◆スペイン2部第23節 デポルティボ2―1ラシン・サンタンデール (16日・ラコルーニャ)

【ラコルーニャ(スペイン)16日=豊福晋】
日本代表MF柴崎岳は、本拠のラシン・サンタンデール戦にフル出場。退場者を出す展開となったが、柴崎は左サイドMF、ボランチ、インサイドハーフの3ポジションをこなして勝利に貢献した。

柴崎のコメントは以下の通り

「スタジアムの雰囲気もよかった。試合内容がだんだん良くなっている感じがある。3バックにしてまずは守備から、というのがはまっている。今日は5バックでスタートしたが、途中で変更して4―4―2になり、そこからよくなっていった。最後は退場で1人少なくなって、明確に守ろうというメッセージあったから分かりやすかった」

◇国王杯との連戦の中でともにフル出場。

「4日前の国王杯で120分走って、今日も途中で変わるかと思ったけどフル出場だった。監督の信頼を感じる。監督が就任してまだ日にちが経ってないからなんとも言えないけど、第一印象としては、スペインに来てからは一番好きな監督。哲学的な部分もあり、大学の先生もやっていて論理的に物事を話してくれる。クレイジーでもないから、自分で上げていく自分としては助かっている。試合前も盛り上げるためにバーっと言ったりするのではなく、黙って握手して「頑張れ」と。アプローチが落ち着いているからありがたい。勝ってるし、波に乗ってる感じはある。内容はまだまだだけど、結果が出ていることに関してはプラス」

◇チームに光が見えてきた。

「冷静にならなきゃいけない部分は多い。今日もチームとしてうまくいかない部分もあった。勝った試合こそしっかりと引き締めて見るべき部分は多い」

◇前に仕掛けるプレーが多かった。

「10人になった時点で誰かが頑張って持ち上がらないといけない。ただ蹴ってクリアするのではなくて、あそこで拾って失わずにどうもっていくか。もちろん失った部分もあるけど。そういうシーンをどんどん増やしていければ、11人の戦いの中ではもっと楽にプレーできるだろうし、逆に10人になったからああいうプレーをせざるをえなかった。取られても後ろに5人いると思えば、気軽に前に持って行こうという感じになった」

◇2020年はどんな1年に。

「最近思ったのは、いつからか、俺ってなんでこんなに小さくまとまっているんだろうという感覚があった。テネリフェのときは別だったけど、ヘタフェでいつのまにか意識がちょっと違う部分にいっていたかもしれない。もっと魅力がある選手じゃなきゃいけないなと。若い時のように、ピッチの中で違いを見せられる選手にならないといけないと思う。昔なりたかったプレーヤーというのは、見ていて『うわ、すげーな』とみんなに思わせるようなプレーをする選手。そんな選手になりたかった。でもいつのまにかそういう意識が薄れていたなと。知らず知らず無意識のうちに。それをやっぱり自覚してみつけて、ちょっと意識するだけで今日みたいにまた違う部分のプレーできるし、そういうプレーヤーにならないと。それがひとつの今年の目標。チームの約束事にはまっているだけの選手じゃなくて、違いを試合の中で出していく選手になりたいと思っている」

◇プレーに喜びや遊びを入れていく

「それは自分のひとつのいい部分ではあったんだけど、いつのまにか失っていたなと。ヘタフェでの2年間は得たものもあれば失ったものもあったと思っている。忘れかけていたプレーする喜び、そういった部分をを呼び起こしてうまく融合できたらいいかなと」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170093-sph-socc
1/17(金) 14:36配信

柴崎が所属のスペイン2部リーグ・デポルティボ、3部落ちへ深刻危機  

20191120-00000114-dal-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/24(日) 22:11:22.49 ID:xHSiOBkh9
 サッカー日本代表のMF柴崎岳が所属するスペイン2部リーグ、デポルティボが、約40年ぶりとなる事実上の3部リーグ・2部Bへの降格が現実味を帯びてきた。降格を回避するためには、これまでの倍以上のペースで勝ち点を獲得しなければならない計算になる。20日までにスペインのスポーツ紙・アスが伝えている。

 同紙によると、デポルティボはリーグ戦16節消化時点で、勝ち点10の最下位。2部残留ラインは例年勝ち点50が目安となっており、残り26試合(全勝ち点78)のうち半分以上となる40ポイントを手にする必要がある。

 ここまでのポイント獲得率は21%に満たず、劇的なペースアップが欠かせない。同紙によると1997~98年シーズンから現行システムを続けているスペイン2部リーグで、現在のデポルティーボと同様の状態から勝ち点50に到達したチームはわずかに1で、それ以外は全て2部Bへカテゴリーを落とした。

 デポルティーボは1999~2000年シーズンでスペインリーグ優勝を果たすなど、90年代後半から2000年代前半にスペイン国内だけではなく欧州チャンピオンズリーグでも活躍したスペイン有数のチーム。2部Bに降格した場合、1980~81年シーズン以来39季ぶりのことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000114-dal-socc

柴崎所属デポルティボがアンケラ監督解任 セサル新監督  

20191008-10080199-nksports-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/08(火) 12:02:07.28 ID:2wy9GNFE9
日本代表MF柴崎岳所属のデポルティボ監督が、開幕からわずか10試合で解任された。デポルティボが7日、監督のフアン・アントニオ・アンケラを解任したと発表した。クラブの公式サイトが伝えている。

また、デポルティボは同日、新監督にルイス・アンヘル・セサルが就任したことを発表した。これまでラシン・フェロール、ヒムナスティック・タラゴナ、ポリデポルティボ・エヒド、アルコヤーノ、アルバセーテ、ルーゴ、バリャドリードで監督を務め、昨シーズンは3部リーグ降格の危機にひんしていたテネリフェで最後の4試合を指揮し、チームを見事2部リーグ残留に導いた。

アンケラは今夏、デポルティボ監督に就任したが、チームは2部リーグ開幕から10試合を戦うも、開幕戦でオビエドに勝利してから1度も勝利がなく、6日にホームで行われた第10節アルメリア戦で9試合連続未勝利となっている。その成績は1勝5分け4敗の勝ち点8で降格圏内の20位に低迷している。

アンケラは2部リーグで今シーズン、約1カ月前に解任されたオビエドのセルヒオ・エヘアに続き、2番目に更迭された監督となった。

ヘタフェからデポルティボに今シーズン完全移籍を果たした柴崎は、アンケラ指揮下の開幕からの10試合中8試合に出場し、その全てをスタメンでプレーし1アシストを記録している。

柴崎はアンケラ最後の試合となったアルメリア戦、後半45分まで出場した。スペイン紙アスの評価は2点(最高3点)で、チームの中でベルガンティーニョスと並び2番目に高い評価を受けた選手となった。

チームが新監督を迎えた中、柴崎は日本代表でW杯予選2試合を戦うため、13日に行われる次節ラス・パルマス戦を欠場しなければならない。

(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-10080199-nksports-socc

柴崎岳、スペインメディアからは低評価続く。「依然として輝けていない」  

20190930-00340532-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/30(月) 18:30:28.13 ID:JEXGxceG9
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第8節のデポルティボ対ミランデス戦が現地時間29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。
デポルティボの日本代表MF柴崎岳は先発で出場し、66分に交代するまでプレーした。

4試合連続の先発で出場した柴崎だが大きな見せ場は作れず。チームも先制されたあと追いつきはしたが勝ち越し点は奪えず、4試合連続のドローに終わっている。

柴崎のパフォーマンスに対し、スペインメディアの評価は厳しい。『エル・デスマルケ』ではデポルティボの大半の選手と同じく採点「4」とし、
「依然として輝くことができていない」と柴崎を評している。

地元紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』でも同じく採点「4」。「前半には何らかの意図を持ったプレーをしようとしていた唯一の存在であり、
ある程度危険な場所までパスを通していた」としながらも、それ以上にボールロストが目立ったと述べている。

チーム専門メディア『リアソール.org』では「2.4」とチームの中でも低い採点。「創造的なプレーよりボール奪取の方が良かったが、
それはチームが必要としていることではない」と日本人MFのプレーについてコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00340532-footballc-socc
9/30(月) 13:27配信

「ガクのミスから失点」柴崎岳、開幕戦で絶賛の嵐から第2節で評価一転… 

20190826-00010021-goal-000-2-view[1]

柴崎岳、デビュー戦を地元紙が大絶賛! 採点ではチーム最高の「8点」の評価 「シバサキに恋をした」  

1: Egg ★ 2019/08/19(月) 20:19:47.47 ID:12hPl/PP9
攻守に渡って存在感を示す
 
巧みな動きでチームの勝利に貢献した日本代表MFの柴崎岳に対する評価が、うなぎ上りとなっている。
現地時間8月18日に行なわれた2019-20シーズンのラ・リーガ2部の開幕戦が行なわれ、デポルティボ・ラ・コルーニャは本拠地リアソールでオビエドに3-2と勝利した。

土壇場の88分に勝ち越しゴールを挙げ、スペイン屈指の古豪が快哉を叫んだこの一戦において出色のパフォーマンスを披露したのが、4-2-3-1のボランチで90分フル出場を果たした柴崎だ。
立ち上がりから両軍が激しい肉弾戦を繰り広げるなか、柴崎もフィジカルコンタクトに応戦。さらに18分には自陣でのパスカットから敵陣へ運んで左サイドへ素早くボールを展開し、最終的にママドゥ・コネが決めた先制ゴールの起点となった。

攻守のバランスを取りながら局面で積極的に顔を出すなど、チームの舵取り役として奔走した日本代表MFに対して、地元メディアも手放しで賛辞を贈っている。
地元紙『La Voz de Galicia』は、寸評・採点では柴崎にチーム最高点の「8」をつけ、「ボランチとしてプレーし、輝かしいデビューを飾った。
そのパスとドリブルで相手のラインを破り、守備のために身を粉にして働き、著しい活躍を見せた」と絶賛。さらに同紙は別の記事でこうも綴っている。

「リアソールに詰めかけたサポーターは1部昇格を夢見られることをシバサキに確信させられ、彼に恋に落ちた。この日本人はデビュー戦で輝き、デポルティボの彼への投資が間違っていなかったことを明確にした」
また、スペイン・メディア『El Desmarque』のラ・コルーニャ版も、柴崎のパフォーマンスを次のように褒めちぎった。

「ピッチ中央で自由自在にプレーした。ドリブルを仕掛け、リスクを伴うパスを幾度も通し、守備面での仕事も張り切ってこなした。日本人による見事なステージングだったと言えるだろう」
デポルティボでの公式戦デビューを華々しく飾った柴崎は、ますます注目度や期待感が高まるなかで、より決定的な仕事ができるのか。スペイン挑戦4年目のサムライのパフォーマンスから目が離せない。

8/19(月) 18:44配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00063037-sdigestw-socc

写真
"no title


【サッカー】<柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)>開幕戦で先制点演出!地元紙絶賛「昇格の夢を見せてくれると確信」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566187356/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索