Samurai Goal

デシャン


スポンサード リンク





ベンゼマが東京五輪でフランス代表に復帰!? 元代理人と仏メディアが“可能性”を示唆「デシャンとの和解は…」 

1: 2021/02/02(火) 05:13:10.68 _USER9
「ベンゼマはずっと代表に戻ることを望んでいる」

no title


新型コロナウイルスの感染拡大により、開催の是非が問われている東京五輪だが、各競技に参戦しようとするスターは少なくない。

 レアル・マドリーの主砲カリム・ベンゼマもその一人なのかもしれない。現地時間1月31日にフランス・メディア『Europe1』で、元代理人で、友人のカリム・ジャジリ氏が興味深いコメントを発した。

 現在33歳のベンゼマは、マドリーの頼れるエースであるのは周知の通りだ。今シーズンもラ・リーガでは18試合に出場して10ゴール・5アシストと絶対的な存在感を放っている。

 一方でフランス代表からは2015年10月の招集を最後に遠のいている。チームメートだったマテュー・ヴァルブエナに対する恐喝事件への関与が取りざたされ、さらにディディエ・デシャン監督に対して「彼は一部のレイシストの圧力に屈した」と言い放ち、確執を生んだからである。

 ヨーロッパでも有数の実力者を擁するフランスU-21代表は、東京五輪の金メダル獲得候補だ。チームを率いるのは、確執問題のあるデシャンではなくシルバン・リポル監督である。具体的な招集オファーが届けば、ベンゼマがそれに応じる可能性はゼロとは言い切れない。

 そんなベンゼマの五輪出場の可能性について、ジャジリ氏は「呼ばれれば、喜んで応じるだろう」と明言した。

「東京オリンピックに呼ばれたら彼は参戦する意欲を示すだろうね。彼は代表のために尽くそうとしている選手だし、それにオリンピックのチームに呼ばれて行きたくない選手なんているかい? ベンゼマもすぐにでも行くはずだよ」

 実際、可能性はどのくらいあるのか。ジャジリ氏のコメントを報じた『Europe1』は、「ベンゼマの野心は再びフランス代表のユニホームを着ることにある」と綴っている。

「ベンゼマはずっと代表に戻ることを望んでいる。だが、デシャンとは相いれない関係にあり、両者の溝はもはや埋まることはない。和解は不可能だと言っていい。しかし、東京オリンピックを目指すチームを仕切るのはリポル監督だ。フランス・サッカー連盟が『ノー』と言わず、ヴァルブエナとの問題に裁判で決着がついているのであれば、呼ばれる権利と可能性はある」

 マドリーの絶対的エースが、レ・ブルー(フランス代表の愛称)のために東京で戦うとなれば、世界的な話題となることは必至なだけに、今後の動向に注目したい。

2/2(火) 5:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210202-00010000-sdigestw-socc

名選手が名将になった!デシャン監督の負けにくいチームのつくり方 

スクリーンショット 2020-09-05 14.26.15

デシャンがベンゼマをバッサリと切り捨てる「レ・ブルーのシャツを着る資格はない」 

20191013-00010011-sportes-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索