Samurai Goal

テスト


スポンサード リンク





<5つの新ルールテスト>キックイン、タイムペナルティー、FK のセルフパス、完全プレーイングタイム、無制限の選手交代 

i=https%253




1: 2020/03/08(日) 13:13:32.77
オランダサッカー協会(KNVB)がFIFA(国際サッカー連盟)から許可を得て、国内ユース年代での5つの新ルールがテスト採用される。ドイツ紙「ビルト」は「このテストはサッカー革命につながる可能性がある!」と報じた。

 サッカー界ではたびたびルール改定が行われているなか、オランダサッカー界で先行して5つの新ルールをテスト採用するという。ドイツ紙「ビルト」は「オランダでサッカーの未来が試される」と見出しを立てて報道。導入される「5つの新ルール」は次のとおりだ。

(1)キックイン:スローイン時、フリーキックのようにゲームを再開
(2)フリーキックのセルフパス:目の前にあるボールをそのままドリブル可能
(3)タイムペナルティー:2回目のイエローカードの軽重に応じ、2分、5分、10分と一時退場の時間決定
(4)完全プレーイングタイム:アメリカンフットボール、アイスホッケー、バスケットボールと同様、ファウルや負傷などで試合が一時中断した場合にその都度時計をストップ
(5)無制限の選手交代:各チーム90分間で3回の交代から無制限に変更

 記事では「最初にオランダのユース年代でテストされる。もし成功すれば、アマチュアリーグやカップ戦でも適用される。そして、おそらくオランダのトップリーグであるエールディビジでさえも」と指摘している。

 果たして、サッカー界に変革が起きるのか。新ルール適用に注目が集まりそうだ。

3/8(日) 6:30配信

<元日本代表FW工藤壮人(29)> 新天地が決まらず…テスト参加していたポーランド2部が“不合格”を発表 

1: 2020/02/26(水) 22:57:30.30
の新天地がなかなか決まらない。テスト参加していたポーランド2部が“不合格”を発表している。

柏レイソル下部組織育ちの工藤は、2009年にトップチームに昇格すると、2010年にJ2、2011年にJ1優勝を経験。2015年12月にはアメリカMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスに完全移籍を果たすも、1年でJリーグに復帰し、サンフレッチェ広島に加入した。昨季はレノファ山口FCに期限付き移籍。J2リーグで27試合4ゴールを記録した。

しかし、今年1月に期限付き移籍期間満了が発表された工藤。広島はクラブ公式サイトを通じて「今後の所属先につきましては、契約交渉中のため、決まり次第、お知らせします」と発表。オーストリア2部のクラーゲンフルトの加入テストを兼ねたトレーニングに参加し、テストマッチで結果を残したが、契約には至らなかった。

そして、今月はポーランド2部のザグウェンビエ・ソスノビエツのテストに参加。オドラ・オポーレとの親善試合に出場したが、アピールすることができず、ソスノビエツは公式フェイスブックを通じて「テストに参加していた工藤壮人は、ソスノビエツの新しいプレイヤーにはならない」と発表した。

オーストリアに続いて、ポーランド移籍も失敗に終わった工藤。早く所属クラブを見つけて、活躍する姿を見たいものだ。

2/26(水) 22:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-43478581-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索