Samurai Goal

ツバ吐き


スポンサード リンク





「どうやって接触プレーを避ける?」「ツバ吐きはリスクに繋がる」FIFAの医療部門トップがリーグ再開に警鐘 

1: 2020/04/29(水) 20:40:56.38
「彼らがやるべきは来季の準備だ」

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、サッカー界にも大きな影響を与えている。すでにオランダのエールディビジを含む一部のプロサッカーリーグは2019-20シーズンの打ち切りを決定。フランスのリーグ・アンも9月1日まで大規模な集会を禁止する政府の方針が発表されたことを受け、打ち切りが濃厚になっている。

一方で、ドイツでは一定の条件下でトレーニングが再開された。イングランドやスペイン、イタリアでもクラブトレーニングが再開に向けて少しずつ動き出し始めており、シーズン再開へ準備を整えているとされる。

そんななか、国際サッカー連盟(FIFA)で医療部門のトップを務めるミシェル・ドホヘ氏は 英国公共放送『BBC』が伝えた。

ドホヘ氏は同局の取材に対して「今後数週間でフットボールが再開するのは、医学的見地からは非常に懐疑的だと言わざるを得ない」と述べ、警鐘を鳴らした。

「今、フットボールクラブがやるべきことは、来季に向けていい準備をすることだ。リーグ再開にリスクは間違いなくあり、それは小さな結果で済むようなリスクではない。生きるか死ぬかにかかわる問題になり得る。私は医師として話しているので、リーグを主催する経営者としての意見を述べることはできないが、健康は経済よりも重視されるべきだ」

そして、リーグ再開の場合に設定されるであろう“ルール”も、現実的ではないと批判している。

「一定のルールのもとであれば、安全だという意見もあるが、サッカーでどうやって接触プレーを避けるのだろう? そんなルールがある状態で行なわれるプレーはサッカーと呼べるのだろうか?

本当に完全にプレーできる状況が整うのは、予防接種プログラムが完成してからだ。また、衛生面でのルールは見直すべき。最低でもピッチに唾を吐くことは禁止しなければ。将来的なリスクにかかわるので、罰則を設けるべきだと思う」

欧州サッカー連盟(UEFA)はシーズン完遂を求めており、ドイツでは早ければ5月にもリーグが再開するのではないかと報じられている。

果たして、各国リーグは2019-20シーズンの再開を迎えるのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00010007-sdigestw-socc
4/29(水) 20:36配信

no title

no title

FIFA「サッカーではツバ吐きは一般的な行為だが」新型コロナ感染予防で禁止を検討 違反者にはイエローカード 

60d043fd567765c4ac7ad9c29269508c




1: 2020/04/28(火) 21:58:13.40
「唾吐き」禁止を検討 新型コロナ感染予防で―FIFA
4/28(火) 21:43 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00000125-jij-spo

 【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)が新型コロナウイルス感染予防のため、試合中にピッチへ唾を吐く行為の禁止を検討していることが明らかになった。27日に英紙デーリー・テレグラフ(電子版)が報じた。唾液は数時間残っている可能性があり、ウイルス拡散につながる恐れがあるという。

 FIFA医療委員会のドーゲ委員長は「サッカーでは一般的な行為だが、あまり衛生的ではない。再開される時には最大限避ける必要がある」と述べ、唾を吐いた選手にはイエローカードを提示する考えも示した。

 新型コロナの感染拡大により、欧州ではほとんどの国でサッカーの公式戦が中断している。 



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索