Samurai Goal

チャン・ヒョンス


スポンサード リンク





<Jリーグ>FC東京DFチャン・ヒョンスの処分を発表!「暴行脅迫および挑発行為」に該当すると判断…  

1: Egg ★ 2019/05/27(月) 12:24:02.94 ID:OfBkLbs/9
 Jリーグは24日、FC東京のDFチャン・ヒョンスに2試合の出場停止処分を科すことを発表した。対象試合は25日のJ1第13節・C大阪戦、6月1日の第14節・大分戦となる。

 問題となったのは、22日に開催されたルヴァンカップのグループリーグ第6節・鳥栖戦(1-0)。先発フル出場したチャン・ヒョンスは後半32分のCKのシーンで、ボールと関係のないところでMF原川力の顔面に肘打ちをした。口から出血した原川は主審に抗議したが、当時の判定はノーファウル。そのため、試合後の意見交換で鳥栖から確認の申し入れがあったという。

 そしてマッチコミッショナーによって試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」であると報告され、Jリーグ規律委員会で同行為について映像を用いて確認・検証が行われた。

 上記の事実関係の確認を踏まえ、Jリーグ規律委員会は日本サッカー協会・競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当すると判断し、2試合の出場停止処分が決定。Jリーグ規律委員会の定めにより、直近のリーグ戦が出場停止処分の対象試合になったとしている

5/25(土) 15:11配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-43467398-gekisaka-socc

写真no title

韓国人選手が一触即発 FC東京vs札幌戦で小突き合いの乱闘寸前…両軍選手が仲裁の事態に 

1: 荒波φ ★ 2019/05/18(土) 17:52:57.94 ID:CAP_USER
札幌キム・ミンテ、FC東京チャン・ヒョンス
no title


■FC東京DFチャン・ヒョンス、札幌DFキム・ミンテがCK直前に手を出して口論
 
18日のJ1第12節でFC東京と北海道コンサドーレ札幌が対戦し、DF小川諒也とMF久保建英のゴールで2-0と勝利したFC東京が無敗のまま首位をキープした。この一戦で両クラブの韓国人選手がヒートアップし、乱闘寸前の一触即発ムードに包まれるシーンが起きている。

その出来事が起きたのは0-0で迎えた前半40分だった。札幌が左サイドからCKを獲得し、DF福森晃斗がボールをセット。その間、ゴール前で両軍の選手がポジションの取り合いをするなか、FC東京の元韓国代表DFチャン・ヒョンスが左手を伸ばして札幌の韓国人DFキム・ミンテを背後から押すと、これにカッとしたキム・ミンテがすぐさま突き返すと、チャン・ヒョンスが詰め寄って一触即発となった。

興奮状態の2人はしばらく口論を続けて今にも手を出しそうな事態となったが、両軍の選手たちが間に入って仲裁。徐々に2人の感情も落ち着き始め、最後は冷静に言葉を交わしている。

両軍の韓国人DF同士が小突き合うシーンも生まれたなか、試合は後半14分にスコアが動く。久保が相手エリア内でドリブル突破を図り、これは阻まれたものの、相手の連係ミスを突いたDF小川諒也がボールを奪取して左足を一閃。ニアサイドを突いたシュートで先制ゴールを奪った。

さらに同24分、FC東京は自陣からFWディエゴ・オリヴェイラがドリブルで持ち運ぶと、右サイドから走りこんだ久保にパス。DF福森晃斗の股下を通す一撃で2試合連続ゴールを叩き込み、FC東京が2-0と勝利している。


2019.05.18
https://www.football-zone.net/archives/189833

FC東京と札幌の韓国人選手が一触即発 小突き合いで乱闘寸前…両軍選手が仲裁の事態に 

1: 荒波φ ★ 2019/05/18(土) 17:52:57.94 ID:CAP_USER
札幌キム・ミンテ、FC東京チャン・ヒョンス
no title


■FC東京DFチャン・ヒョンス、札幌DFキム・ミンテがCK直前に手を出して口論
 
18日のJ1第12節でFC東京と北海道コンサドーレ札幌が対戦し、DF小川諒也とMF久保建英のゴールで2-0と勝利したFC東京が無敗のまま首位をキープした。この一戦で両クラブの韓国人選手がヒートアップし、乱闘寸前の一触即発ムードに包まれるシーンが起きている。

その出来事が起きたのは0-0で迎えた前半40分だった。札幌が左サイドからCKを獲得し、DF福森晃斗がボールをセット。その間、ゴール前で両軍の選手がポジションの取り合いをするなか、FC東京の元韓国代表DFチャン・ヒョンスが左手を伸ばして札幌の韓国人DFキム・ミンテを背後から押すと、これにカッとしたキム・ミンテがすぐさま突き返すと、チャン・ヒョンスが詰め寄って一触即発となった。

興奮状態の2人はしばらく口論を続けて今にも手を出しそうな事態となったが、両軍の選手たちが間に入って仲裁。徐々に2人の感情も落ち着き始め、最後は冷静に言葉を交わしている。

両軍の韓国人DF同士が小突き合うシーンも生まれたなか、試合は後半14分にスコアが動く。久保が相手エリア内でドリブル突破を図り、これは阻まれたものの、相手の連係ミスを突いたDF小川諒也がボールを奪取して左足を一閃。ニアサイドを突いたシュートで先制ゴールを奪った。

さらに同24分、FC東京は自陣からFWディエゴ・オリヴェイラがドリブルで持ち運ぶと、右サイドから走りこんだ久保にパス。DF福森晃斗の股下を通す一撃で2試合連続ゴールを叩き込み、FC東京が2-0と勝利している。


2019.05.18
https://www.football-zone.net/archives/189833

FC東京DFチャン・ヒョンス、韓国代表から永久追放…兵役免除の奉仕活動で虚偽報告 

20181101-04091814-gekisaka-000-3-view

韓国代表の張賢秀、兵役免除の記録偽装を認める 

20181029-00000013-jij_afp-000-7-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索