Samurai Goal

チャンピオンズ・リーグ


スポンサード リンク





【CL】歴史的激戦を制したトッテナム、初の4強進出!シティは4ゴールを奪いながら「幻のAT弾」に泣く 

20190418-00057336-sdigestw-000-18-view[1]

CL史を変えた記録が誕生!マンチェスターUがパリSGから挙げた劇的逆転勝利は何が凄かったのか? 

20190307-00055122-sdigestw-000-4-view




1: Egg ★ 2019/03/07(木) 20:47:16.56 ID:RjpIie5Y9
現地時間3月6日のチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2レグ、パリ・サンジェルマン対マンチェスター・ユナイテッドの一戦で、欧州最高峰の舞台における歴史に新たな1ページが刻まれた。

【動画】ドラマティックな逆転劇を生んだキンペンベのハンドはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=55122

 ホームでの第1レグを0-2と敗れていたユナイテッドは、前半30分までにロメル・ルカクが2得点をあげると、試合終了間際の後半アディショナルタイム4分にディオゴ・ダロのシュートがプレスネル・キンペンベのハンドを誘ってPKを獲得。これをマーカス・ラッシュフォードが決め、2試合合計で3-3と並び、アウェーゴールの差で準々決勝に駒を進めた。

 英衛星放送『Sky Sports』によれば、ユナイテッドがCLの決勝トーナメントにおけるアウェーゲームで複数得点をあげたのは、2010-11シーズン以来のこと。そして何より、ホームで2点差以上の黒星を喫しながら逆転でラウンドを突破したのは、CLの歴史で初めてのことという。

 一方、敗れたパリSGは、3年連続でベスト8進出を逃した。CL決勝トーナメントでは、直近12試合で4勝1分け7敗と大きく負け越している。そもそも、CLの試合で前半30分までに2失点を喫したのは、1997年10月のバイエルン戦以来のことだった。

 ただ、やはり勝敗を大きく左右したのは、終了間際のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によるPK判定だ。ネイマールはSNSで、「恥ずべきだ」と非難している。

 また、『Sky Sports』によると、パリSGのトーマス・トゥヘル監督は試合後に「わたしはVARの大ファンであり、それは変わらない」としたうえで、ハンドの判定に疑問が残ると示唆した。

「距離や腕を動かしたかどうかなど、いろいろな点がある。五分五分だ。PKじゃないと言う人も、PKだと言う人もいる。それがハンドの難しさだ」

 トゥヘル監督は、「22メートルの距離からバーを越えるだろうシュート(が阻まれたこと)の報いがPKというのは、理にかなっていない。だが、60分間、我々はこういうこともあり得ると分かっていながらギリギリの戦いをしてしまった」と続けている。

「難しいと思う。これをPKにする理由があるんだろう。映像を見に行く時は、理由があると分かっている。シュートは外れていた。それが突然PKだ」

 落胆するトゥヘル監督と対照的に、オレ・グンナー・スールシャール監督は、就任から公式戦で14勝をマーク。『Sky Sports』は、同期間の白星の数では、マンチェスター・シティ(15勝)に続いて欧州5大リーグで2位だと伝えている。

 昨年12月に監督交代を図って以降、勢いが止まらないユナイテッドは、どこまで勝ち進むのだろうか。今はそのパフォーマンスに陰りは見えない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

3/7(木) 16:38 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190307-00055122-sdigestw-socc

海外メディア「世紀の敗北!」「史上最悪の陥落」CL3連覇王者レアル・マドリーの衝撃的敗退に世界が驚嘆!  

GettyImages-646862118-800x600





1: Egg ★ 2019/03/06(水) 09:16:48.29 ID:ZxMXbMf99
アヤックスにまさかの4失点完敗…

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/55038_ext_04_0_1551826667.webp?v=1551827461

 ついに、白い巨人が欧州王座から陥落した。

 現地時間3月5日、チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2レグが行なわれ、王者レアル・マドリーがアヤックスに1-4とまさかの敗戦。2戦合計3-5で苦杯を舐めた。

第1レグを2-1と勝利していたマドリーが本拠地サンティアゴ・ベルナベウでいかに振る舞うのか。そこに焦点が集まった一戦は、文字通り予想外の展開に。7分にハキム・ジイェフ、18分にダビド・ネーレスがゴールを決めてアヤックスが早々に“逆転”を決め込むと、迎えた62分にドゥシャン・タディッチが3点目を突き刺して差を広げた。

 ここで引くわけにいかないマドリーは70分にマルコ・アセンシオが意地の一発を返すも、その2分後、勢いに乗るアヤックスのラセ・シェーネにトドメの4点目を奪われて趨勢が定まった。

 前人未到のCL4連覇の夢が、儚くもベルナベウで破れたマドリー。選手たちはまさかのアップセットに驚きを隠せず、呆然自失の状態だったが、それは各国メディアも同様だ。

 
 マドリー贔屓として知られるスペイン紙『Marca』は、「世紀の敗北」とチームパフォーマンスを酷評。「我々の白い巨人は史上最悪のかたちで王位から陥落した。常に勝ち続けることは不可能だが、彼らは三度ベルナベウで打ち砕かれ、わずか1週間のうちに3つのタイトル失ったのだ」と記し、現地2月27日のコパ・デル・レイ準決勝第2レグのバルサ戦から公式戦3連敗、いずれも本拠地で敗れたことを糾弾した。

 ショッキングな敗戦だったこともあり、各国メディアの反響も凄まじい。

 英紙『Daily Mail』は同時刻に母国クラブのトッテナムがドルトムントと戦っていたにも関わらず、この一戦を大々的に取り上げ、「マドリーが4年ぶりにチャンピオンズ・リーグから姿を消した。無知なソラーリ(監督)のせいで彼らの状態は日に日に悪化している」と報道。さらにイタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、「美しきアヤックスにマドリーは圧倒され、排除された。エル・ブランコ(白の意、マドリーの愛称)が崩れ落ちた劇的な夜だ」と綴った。

 前人未到のCL4連覇へ突き進んでいたマドリーが喫した歴史的敗北。その衝撃と波紋は世界中に広がっている。

3/6(水) 8:07配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00055038-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索