20191017-00000008-wow-000-0-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/17(木) 13:38:43.13 ID:iFBTZLCH9
大韓サッカー協会のチェ・ヨンイル副会長は、平壌でおこなわれた南北戦について「負担の多い試合だったが、選手とスタッフが厳しい環境でもよくやってくれた。誇らしく、感謝している」と明かした。

 パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表は去る15日、平壌の金日成競技場で開かれた2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップアジア地区2次予選・組別リーグH組3次戦の北朝鮮とのアウェイ戦で、スコアレスドローを記録。これにより、2勝1分けとなった韓国は得失点差で北朝鮮を抑えて首位に立っている。

 選手団は北京を経由して17日未明、韓国に到着。チェ副会長は「平壌での試合を準備する中で最初から最後まで、大変なことが多かった。引き分けでも満足」と安堵。

 北朝鮮代表との試合については「戦争のようだった。我々は技術的にサッカーをし、北朝鮮は精神的に武装していた。韓国選手が負傷なくプレーできただけでも満足。アウェイ戦の勝ち点1は満足だ」と明かした。

 また、FIFAに提訴する計画を問われると「まず規定から検討してみなければならない。しかし、移動過程でスタッフ全員が本当に大変だった。協議しなければならない」と答えた。

10/17(木) 10:01配信