Samurai Goal

チェルシー


スポンサード リンク





プリシッチのプレミア移籍「ブンデスリーガは踏み台であり、子供が夢見るような舞台ではない」 

GettyImages-955094180-800x533




1: 2019/01/06(日) 14:52:48.05 _USER9
 ドルトムントは現地時間2日、プリシッチを移籍金6400万ユーロ(約80億円)でチェルシーに売却(今季終了時までは、チェルシーからレンタル移籍の形でドルトムントに残留)。ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル)の6375万ユーロ(約78億2000万円)を上回り、クラブ歴代2位の高額ディールとなった。

 18歳未満の選手獲得で規約違反があったとして、FIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分が下る可能性のあるチェルシーとしては、プリシッチを獲得できたことは朗報だ。一方で、今季ブンデスリーガ優勝を見据え、主力クラスを維持しておきたいドルトムントにとっても、今季中はプリシッチを起用できることになり、「ウィン・ウィン」の内容。さらに、怪我やイングランド代表MFジェイドン・サンチョの台頭で出番が減少していたプリシッチにとっても、「子供の頃から夢見ていた」プレミアリーグ行きが叶い、三者が得をする移籍だと言えるだろう。

 しかし、記事では憂慮すべき点として、ドルトムントがユース時代から育ててきた「非常に若く才能あるキッカーがトップリーグデビューからわずか3年でプレミアリーグに行ってしまったこと」に言及している。

「プリシッチがチェルシー行きを決めたことは、イングランドのリーグに比べ、ドイツのリーグがまるで練習リーグであるかのような印象をより一層強める。ブンデスリーガは特別な才能を持つ選手にとってうってつけの踏み切り台であり、多くの選手が子供の頃から夢に見るような舞台ではない。プリシッチの契約で唯一の敗者はブンデスリーガだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190106-00159077-soccermzw-socc

吉田麻也(サウサンプトン)英メディアのチェルシー戦MVPに!インターセプトとクリア数は最多記録 

yoshida_maya




1: 2019/01/03(木) 09:19:33.65 _USER9
サウサンプトンは2日、プレミアリーグ第21節でチェルシーと0-0で引き分けた。この試合にフル出場したDF吉田麻也は、ディフェンス面で見事なスタッツを残している。


敵地スタンフォード・ブリッジに乗り込んだサウサンプトン。これまで4試合連続で失点していたチームだったが、チェルシーの攻撃を防ぎ続け、スコアレスドローで試合を終えた。4位相手に、敵地で勝ち点1ポイントを持ち帰っている。

この試合で3バックの真ん中でフル出場果たした吉田は、87分にはボックス内に侵入したカンテを吉田がタックルで防ぎ、さらに後半アディショナルタイムにもボックス内でアザールのドリブルを止めるなど存在感を放った。

『Opta』データによると、クリア「11回」、インターセプト「8回」は両チーム最多に。ブロック「2回」も両チーム最多タイと、ディフェンス面で見事なスタッツを記録。上位相手の無失点に大きく貢献している。

そんな吉田は、英『スカイスポーツ』では最多タイの「8」と採点され、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

1/3(木) 7:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000023-goal-socc

プリシッチ、80億円でチェルシー移籍!今季まではドルトムントでレンタルに 

20190102-00010004-goal-000-3-view

<バルセロナ>7月に日本で神戸、チェルシーと親善試合 スペイン紙が報じる 

1: 2018/12/31(月) 18:39:30.22 _USER9
サッカースペイン1部リーグ、バルセロナが2019年7月に日本でJ1神戸、
イングランド・プレミアリーグのチェルシーと親善試合を行うと31日までにバルセロナ拠点のスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボが報じた。

同紙によると、バルセロナはプレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに19年は出場せず、
いくつかのプレシーズンマッチを行うよう調整中だという。

19年夏は7月22~28日の間に神戸、チェルシーと日本で対戦する見通し。
中国でも2試合が計画されている。

2018年12月31日 18時11分 デイリースポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/15816150/

写真
no title

バイエルンの独代表DFフンメルス、出場機会減で今冬に移籍か?チェルシーとトッテナムが興味  

GettyImages-1016247072




1: 2018/12/20(木) 22:23:01.86 _USER9
ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスにイングランド・プレミアリーグのチェルシーとトッテナムが興味を示していると現地時間の20日に英メディア『デイリー・ミラー』などが報じた。

 フンメルスは今季ここまで公式戦15試合の出場となっている。現状ではDFジェローム・ボアテングとニクラス・ジューレの控えとなっていて、出場機会が減ってきている為、フンメルスが移籍を希望していると同メディアは伝えている。

 また、独メディア『ビルト』によると、チェルシーとトッテナムがフンメルスの代理人とすでに接触していて、バイエルン退団が間近であるとも伝えている。

 フンメルスはユース時代をバイエルンで過ごし、ドルトムントへ移籍。その後ドイツ代表にまでに成長し、2010年から再びバイエルンでプレーしている。このドイツ代表の大物DFはユース時代も過ごしたバイエルンを去り、新たな挑戦としてプレミアを選択するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181220-00301940-footballc-socc

チェルシー、イスコ獲得へ約130億円を準備! 

20181220-00010007-sportes-000-1-view

マンチェスターCの無敗を止めたのはチェルシー!プレミア唯一無敗のリバプールが首位に 

GettyImages-870582824-800x533




1: 2018/12/09(日) 05:33:18.02 _USER9
【チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第16節】

 現地時間8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー対マンチェスター・シティは、2-0でホームのチェルシーが勝利した。

 ここまで無敗を維持するシティと、対策が講じられ始めたチェルシーの一戦。前半は圧倒的なシティペースで進む。高い位置からの激しいプレスでチェルシーに自由を与えず、主導権を握った。

 しかし、チェルシーはシティの猛攻に耐えて無失点で踏ん張ると、前半終了間際に先制点。ペナルティエリア左でボールを持ったアザールがマイナスに折り返したボールに2列目から入ったカンテが合わせ、チーム初シュートを得点にした。

 追いかけるシティは53分、ザネを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。チェルシーはコバチッチが負傷したため、65分にバークリーと交代した。

 守備の意識が高いチェルシーを攻略できないシティは、なかなか1点差を詰めることができない。

 すると78分、チェルシーが大きな追加点を挙げる。左からのCKにダビド・ルイスがヘディングで合わせて2-0とした。

 チェルシーは残り時間で集中した守備を披露し、シティにチャンスを与えない。最後までこの守りを続けたチェルシーが、シティに勝利している。

 この結果、シティの無敗がストップ。同日の試合で勝利したリバプールがリーグで唯一の無敗チームとなり、シティは2位に順位を下げた。

【得点者】
45分 1-0 カンテ(チェルシー)
78分 2-0 ダビド・ルイス(チェルシー)

12/9(日) 4:22 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300375-footballc-socc

アザールとマドリーが条件面で合意報道! チェルシーは「最高給を用意」とも言われるが… 

20181206-00051158-sdigestw-000-2-view

年俸約22億円!チェルシー史上最高給のカンテ、意外な一面はドケチ…食事で金を払わない 

GettyImages-663777676_a-800x533




1: 2018/11/24(土) 17:36:11.81 _USER9
チェルシーの本気! カンテにクラブ史最高サラリー+5年契約準備
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=335292

チェルシー、MFカンテとの契約延長を発表。年俸約22億円で2023年まで
https://www.footballchannel.jp/2018/11/23/post298441/


 現地時間11月23日、チェルシーはフランス代表MFのエヌゴロ・カンテと、新たに2023年6月30日までの5年契約を締結させた。

 現行でもクラブ最高峰である15万ポンド(約2200万円)の週給をクラブ史上最高額の29万ポンド(約4200万円)に激増させた。

 今夏には、出身地の人気クラブ、パリ・サンジェルマンからのオファーが報じられたが、英公共放送「BBC」などによれば、チェルシーが提示した週給30万ポンド(約4320万円)という破格の新オファーにサインしたという。

 今夏にフランス代表の一員としてロシア・ワールドカップを制し、世界王者となったカンテだが、それにおごり高ぶることはない。プライベートでは、大衆車といわれるミニクーパーやそのほかの中古車を愛用し、さらに今年9月には、イスラム教のモスクで知り合ったアーセナル・ファンとプライベートで交流したことが話題にもなった。

 そんなカンテだが、実は“裏の顔”を持ち合わせているようだ。チェルシーのチームメイトであるダビド・ルイスとウィリアンの二人が、クラブの公式チャンネル『Chelsea TV』で、その意外な一面について明かしている。

 カンテの人間性について興味深いエピソードを告白した二人のブラジル人は、実は今年4月に、イラン人実業家のキア・ジョーラブシャン氏と共同でベンチャー企業『Babbo(イタリア語で父を意味する)』を設立した。

 そのビジネスの基盤はレストラン経営で、チェルシーが拠点を置くロンドンのアルベマール・ストリートのメイフェア地区には、その名もズバリ『Babbo』というイタリアンレストランをオープンさせている。

 そしてD・ルイスとウィリアンが明かしたのは、レストランでの一幕だ。なんとカンテは、このレストランで支払いを拒否する“常習犯”なのだという。二人は苦笑いを浮かべながら、次のように不満を漏らしている。

「普段、チームメイトがよくレストランに来てくれるんだけど、みんな、支払いを拒否するんだ。特にエヌゴロは酷い」(D・ルイス)

「たまに、エヌゴロに支払いを求めることがあるんだけど、彼はそれを凄く嫌がるんだよ。『本当に払わないとダメなの? 嘘だろ!?』って具合にね。さらには、『君とダビドは、本当に良い人たちだ。そして、良心を持っているよ』なんて言ってくる始末なんだよ……」(ウィリアン)

「だから、俺たちもみんながいる前で、『どうにか払ってくれよ』って言ってみるんだけど、彼は『僕は払うつもりはないよ』って言ってくるんだ。まったくって感じださ」(D・ルイス)

 つい5年前まではフランスの3部リーグでプレーしていたカンテは、セカンドキャリアを考えて会計士の資格を取得するなど、サッカー界で屈指の節約家としても知られる。それだけに、財布のひもを緩めないのは当然なのかもしれない。

 とはいえ、ナイスガイというイメージが先行していたカンテが、実は“ケチ”という一面を持っていたことは意外だ。ただ、いくらチームメイトとはいえ、週給30万ポンド(約4320万円)の高給取りになった以上、少なくとも自分が食べた分はきっちりと支払ってあげてほしいが……。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50642

トッテナムが圧勝!3位浮上で首位に詰める…チェルシーは今季初黒星 

31200_ext_04_0




1: 2018/11/25(日) 09:19:31.23 _USER9
プレミアリーグ第13節が25日に行われ、トッテナムとチェルシーの上位対決が行われた。

ホームのトッテナムは今シーズン9勝3敗で4位についており、一方のチェルシーは8勝4分けと無敗を貫いて3位となっている。両者にとって、リーグ優勝に一足先に大手をかけているマンチェスター・Cに追いつくためにも、負けられない一戦となった。

 試合が動いたのは開始早々8分、トッテナムのMFデレ・アリがゴールを決めてホームファンの前で貴重な先制点をもたらした。

 そして16分、またもチャンスをものにしたのはトッテナムであった。絶対的FWハリー・ケインが追加点をマークし、早くも試合は2-0とホーム側のチームに軍杯が上がろうとしていた。

 ハームタイムを終えて迎えた54分、再びトッテナムがゴールを奪う。今度はFWソン・フンミンが3点目を決めてチェルシーを完全に沈めた。

 85分にチェルシーFWオリヴィエ・ジルーがダメ押し弾を決めるも、試合の展開を変えるには遅すぎた。そのまま終了のホイッスルを迎え、トッテナムはチェルシーに3-1で勝利した。敗者は今シーズン初黒星となった。


【スコア】
トッテナム 3-1 チェルシー

【得点者】
1-0 8分 デレ・マリ(トッテナム)
2-0 16分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3-0 54分 ソン・フンミン(トッテナム)
3-1 85分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)


https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-868092/#article

【スターティングメンバー】
トッテナム(4-4-2)
ロリス;オーリエ、フォイス、アルデルヴァイレルト、デイヴィス;ダイアー、シソコ、エリクセン、アリ(87分 ウィンクス);ケイン、ソン・フンミン(78分 ラメラ)

チェルシー(4-3-3)
アリサバラガ;アスピリクエタ、リュディガー、ルイス、アロンソ;カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ(58分 バークリー);モラタ(58分 ペドロ)、アザール、ウィリアン(76分 ジルー)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索