Samurai Goal

チェルシー


スポンサード リンク





マンチェスターCの無敗を止めたのはチェルシー!プレミア唯一無敗のリバプールが首位に 

GettyImages-870582824-800x533




1: 2018/12/09(日) 05:33:18.02 _USER9
【チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第16節】

 現地時間8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー対マンチェスター・シティは、2-0でホームのチェルシーが勝利した。

 ここまで無敗を維持するシティと、対策が講じられ始めたチェルシーの一戦。前半は圧倒的なシティペースで進む。高い位置からの激しいプレスでチェルシーに自由を与えず、主導権を握った。

 しかし、チェルシーはシティの猛攻に耐えて無失点で踏ん張ると、前半終了間際に先制点。ペナルティエリア左でボールを持ったアザールがマイナスに折り返したボールに2列目から入ったカンテが合わせ、チーム初シュートを得点にした。

 追いかけるシティは53分、ザネを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。チェルシーはコバチッチが負傷したため、65分にバークリーと交代した。

 守備の意識が高いチェルシーを攻略できないシティは、なかなか1点差を詰めることができない。

 すると78分、チェルシーが大きな追加点を挙げる。左からのCKにダビド・ルイスがヘディングで合わせて2-0とした。

 チェルシーは残り時間で集中した守備を披露し、シティにチャンスを与えない。最後までこの守りを続けたチェルシーが、シティに勝利している。

 この結果、シティの無敗がストップ。同日の試合で勝利したリバプールがリーグで唯一の無敗チームとなり、シティは2位に順位を下げた。

【得点者】
45分 1-0 カンテ(チェルシー)
78分 2-0 ダビド・ルイス(チェルシー)

12/9(日) 4:22 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300375-footballc-socc

アザールとマドリーが条件面で合意報道! チェルシーは「最高給を用意」とも言われるが… 

20181206-00051158-sdigestw-000-2-view

年俸約22億円!チェルシー史上最高給のカンテ、意外な一面はドケチ…食事で金を払わない 

GettyImages-663777676_a-800x533




1: 2018/11/24(土) 17:36:11.81 _USER9
チェルシーの本気! カンテにクラブ史最高サラリー+5年契約準備
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=335292

チェルシー、MFカンテとの契約延長を発表。年俸約22億円で2023年まで
https://www.footballchannel.jp/2018/11/23/post298441/


 現地時間11月23日、チェルシーはフランス代表MFのエヌゴロ・カンテと、新たに2023年6月30日までの5年契約を締結させた。

 現行でもクラブ最高峰である15万ポンド(約2200万円)の週給をクラブ史上最高額の29万ポンド(約4200万円)に激増させた。

 今夏には、出身地の人気クラブ、パリ・サンジェルマンからのオファーが報じられたが、英公共放送「BBC」などによれば、チェルシーが提示した週給30万ポンド(約4320万円)という破格の新オファーにサインしたという。

 今夏にフランス代表の一員としてロシア・ワールドカップを制し、世界王者となったカンテだが、それにおごり高ぶることはない。プライベートでは、大衆車といわれるミニクーパーやそのほかの中古車を愛用し、さらに今年9月には、イスラム教のモスクで知り合ったアーセナル・ファンとプライベートで交流したことが話題にもなった。

 そんなカンテだが、実は“裏の顔”を持ち合わせているようだ。チェルシーのチームメイトであるダビド・ルイスとウィリアンの二人が、クラブの公式チャンネル『Chelsea TV』で、その意外な一面について明かしている。

 カンテの人間性について興味深いエピソードを告白した二人のブラジル人は、実は今年4月に、イラン人実業家のキア・ジョーラブシャン氏と共同でベンチャー企業『Babbo(イタリア語で父を意味する)』を設立した。

 そのビジネスの基盤はレストラン経営で、チェルシーが拠点を置くロンドンのアルベマール・ストリートのメイフェア地区には、その名もズバリ『Babbo』というイタリアンレストランをオープンさせている。

 そしてD・ルイスとウィリアンが明かしたのは、レストランでの一幕だ。なんとカンテは、このレストランで支払いを拒否する“常習犯”なのだという。二人は苦笑いを浮かべながら、次のように不満を漏らしている。

「普段、チームメイトがよくレストランに来てくれるんだけど、みんな、支払いを拒否するんだ。特にエヌゴロは酷い」(D・ルイス)

「たまに、エヌゴロに支払いを求めることがあるんだけど、彼はそれを凄く嫌がるんだよ。『本当に払わないとダメなの? 嘘だろ!?』って具合にね。さらには、『君とダビドは、本当に良い人たちだ。そして、良心を持っているよ』なんて言ってくる始末なんだよ……」(ウィリアン)

「だから、俺たちもみんながいる前で、『どうにか払ってくれよ』って言ってみるんだけど、彼は『僕は払うつもりはないよ』って言ってくるんだ。まったくって感じださ」(D・ルイス)

 つい5年前まではフランスの3部リーグでプレーしていたカンテは、セカンドキャリアを考えて会計士の資格を取得するなど、サッカー界で屈指の節約家としても知られる。それだけに、財布のひもを緩めないのは当然なのかもしれない。

 とはいえ、ナイスガイというイメージが先行していたカンテが、実は“ケチ”という一面を持っていたことは意外だ。ただ、いくらチームメイトとはいえ、週給30万ポンド(約4320万円)の高給取りになった以上、少なくとも自分が食べた分はきっちりと支払ってあげてほしいが……。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50642

トッテナムが圧勝!3位浮上で首位に詰める…チェルシーは今季初黒星 

31200_ext_04_0




1: 2018/11/25(日) 09:19:31.23 _USER9
プレミアリーグ第13節が25日に行われ、トッテナムとチェルシーの上位対決が行われた。

ホームのトッテナムは今シーズン9勝3敗で4位についており、一方のチェルシーは8勝4分けと無敗を貫いて3位となっている。両者にとって、リーグ優勝に一足先に大手をかけているマンチェスター・Cに追いつくためにも、負けられない一戦となった。

 試合が動いたのは開始早々8分、トッテナムのMFデレ・アリがゴールを決めてホームファンの前で貴重な先制点をもたらした。

 そして16分、またもチャンスをものにしたのはトッテナムであった。絶対的FWハリー・ケインが追加点をマークし、早くも試合は2-0とホーム側のチームに軍杯が上がろうとしていた。

 ハームタイムを終えて迎えた54分、再びトッテナムがゴールを奪う。今度はFWソン・フンミンが3点目を決めてチェルシーを完全に沈めた。

 85分にチェルシーFWオリヴィエ・ジルーがダメ押し弾を決めるも、試合の展開を変えるには遅すぎた。そのまま終了のホイッスルを迎え、トッテナムはチェルシーに3-1で勝利した。敗者は今シーズン初黒星となった。


【スコア】
トッテナム 3-1 チェルシー

【得点者】
1-0 8分 デレ・マリ(トッテナム)
2-0 16分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3-0 54分 ソン・フンミン(トッテナム)
3-1 85分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)


https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-868092/#article

【スターティングメンバー】
トッテナム(4-4-2)
ロリス;オーリエ、フォイス、アルデルヴァイレルト、デイヴィス;ダイアー、シソコ、エリクセン、アリ(87分 ウィンクス);ケイン、ソン・フンミン(78分 ラメラ)

チェルシー(4-3-3)
アリサバラガ;アスピリクエタ、リュディガー、ルイス、アロンソ;カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ(58分 バークリー);モラタ(58分 ペドロ)、アザール、ウィリアン(76分 ジルー)

バルサ 冬の移籍でダビド・ルイス獲得を希望 

20181105-00010009-sportes-000-1-view

ウィリアン、バルサ行きが再浮上? マルコムとのトレード移籍が濃厚 

20181105-00858388-soccerk-000-1-view

今季のプレミアは史上最高レベルの争いに!11節終了時点で上位3チームが無敗は創設以来初 

20181105-00000037-goal-000-4-view

チェルシーを変貌させた「サッリ・ボール」リバプール戦で見えた新戦術の真髄とは?  

GettyImages-893951954-800x533




1: 2018/10/02(火) 21:13:52.14 _USER9
10/2(火) 20:30配信 Football ZONE web
サッリ新監督が導入した、ナポリ仕込みのポゼッションスタイル

 今季のチェルシーが大変貌を遂げている。長年にわたって「堅守速攻」を主体としてきたチームスタイルから一変し、オン・ザ・ボールで試合を掌握するポゼッションスタイルとなった。

 プレミアリーグ公式サイトと英サッカーサイト「Whoscored.com」のデータによれば、リーグ第7節終了時点でのチェルシーの総パス数「5077本」、1試合平均パス数「725本」、ポゼッション率「63.1%」はいずれもマンチェスター・シティに次ぐリーグ2位の数字(シティの総パス数は「5111本」、1試合平均パス数「730本」、ポゼッション率「67.3%」)。昨季通算では総パス数「2万1264本」、1試合平均パス数「560本」、ポゼッション率「54.4%」といずれもリーグ5番目の数値だったことを考えれば、スタイルが変化していることが分かる。

 変貌した大きな要因は、今季セリエAのナポリから招聘したイタリア人のマウリツィオ・サッリ新監督の手腕によるところが大きい。ボールを保持して相手陣内に相手を押し込むだけでなく、縦横への揺さぶりや緩急によってスペースを生み出し、そこを素早く突いていくスピード感満載のポゼッション「サッリ・ボール」を、たった1カ月でチームに落とし込んだ。

「サッリ・ボール」のキーマンを担うMFジョルジーニョ

 新指揮官とセットで、愛弟子のイタリア代表MFジョルジーニョを今夏ナポリから獲得できたことも大きい。第3節ニューカッスル戦(2-1)では、相手のチーム全体のパス成功数「131本」を超える「158本」ものパスを一人で成功させたり、第6節ウェストハム戦(0-0)では1試合パス本数「180本」のプレミアリーグ新記録を樹立するなど、「サッリ・ボール」に欠かせない存在となっている。前線にボールを当ててジョルジーニョに落とし、裏への配球、サイドへの散らしなど変幻自在なパスワークで相手を揺さぶることで、チェルシーの攻撃は確実に迫力を増している。

 そして9月29日に行われた注目の上位対決、リーグ第7節リバプール戦(1-1)で先制点を奪ったシーンには、「サッリ・ボール」の真髄が詰まっていた。



 リーグ最少失点数「2」でこの試合を迎えたリバプールの最終ラインすら混乱に陥れたサッリ監督率いる新生チェルシーは、プレミアリーグ開幕後の公式戦はいまだ負けなし(7勝2分)。各チームが対策を講じてくるシーズン中盤戦へ向けて、サッリ監督が次なる一手をどのように繰り出してくるのか見ものだ。

全文はこちらからhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00138781-soccermzw-socc&p=1

モラタ、1月にチェルシー退団、ユーヴぇ復帰か?…英紙がその可能性を報道 

GettyImages-852373728-800x533

リバプールが無敗守る、スターリッジの衝撃弾でチェルシーと分ける 

DanielSturridge


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索