Samurai Goal

チェルシー


スポンサード リンク





チェルシーを変貌させた「サッリ・ボール」リバプール戦で見えた新戦術の真髄とは?  

GettyImages-893951954-800x533




1: 2018/10/02(火) 21:13:52.14 _USER9
10/2(火) 20:30配信 Football ZONE web
サッリ新監督が導入した、ナポリ仕込みのポゼッションスタイル

 今季のチェルシーが大変貌を遂げている。長年にわたって「堅守速攻」を主体としてきたチームスタイルから一変し、オン・ザ・ボールで試合を掌握するポゼッションスタイルとなった。

 プレミアリーグ公式サイトと英サッカーサイト「Whoscored.com」のデータによれば、リーグ第7節終了時点でのチェルシーの総パス数「5077本」、1試合平均パス数「725本」、ポゼッション率「63.1%」はいずれもマンチェスター・シティに次ぐリーグ2位の数字(シティの総パス数は「5111本」、1試合平均パス数「730本」、ポゼッション率「67.3%」)。昨季通算では総パス数「2万1264本」、1試合平均パス数「560本」、ポゼッション率「54.4%」といずれもリーグ5番目の数値だったことを考えれば、スタイルが変化していることが分かる。

 変貌した大きな要因は、今季セリエAのナポリから招聘したイタリア人のマウリツィオ・サッリ新監督の手腕によるところが大きい。ボールを保持して相手陣内に相手を押し込むだけでなく、縦横への揺さぶりや緩急によってスペースを生み出し、そこを素早く突いていくスピード感満載のポゼッション「サッリ・ボール」を、たった1カ月でチームに落とし込んだ。

「サッリ・ボール」のキーマンを担うMFジョルジーニョ

 新指揮官とセットで、愛弟子のイタリア代表MFジョルジーニョを今夏ナポリから獲得できたことも大きい。第3節ニューカッスル戦(2-1)では、相手のチーム全体のパス成功数「131本」を超える「158本」ものパスを一人で成功させたり、第6節ウェストハム戦(0-0)では1試合パス本数「180本」のプレミアリーグ新記録を樹立するなど、「サッリ・ボール」に欠かせない存在となっている。前線にボールを当ててジョルジーニョに落とし、裏への配球、サイドへの散らしなど変幻自在なパスワークで相手を揺さぶることで、チェルシーの攻撃は確実に迫力を増している。

 そして9月29日に行われた注目の上位対決、リーグ第7節リバプール戦(1-1)で先制点を奪ったシーンには、「サッリ・ボール」の真髄が詰まっていた。



 リーグ最少失点数「2」でこの試合を迎えたリバプールの最終ラインすら混乱に陥れたサッリ監督率いる新生チェルシーは、プレミアリーグ開幕後の公式戦はいまだ負けなし(7勝2分)。各チームが対策を講じてくるシーズン中盤戦へ向けて、サッリ監督が次なる一手をどのように繰り出してくるのか見ものだ。

全文はこちらからhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00138781-soccermzw-socc&p=1

モラタ、1月にチェルシー退団、ユーヴぇ復帰か?…英紙がその可能性を報道 

GettyImages-852373728-800x533

リバプールが無敗守る、スターリッジの衝撃弾でチェルシーと分ける 

DanielSturridge

アザールが圧巻の個人技で決勝点、チェルシーが全勝のリバプールを下す 

GettyImages-633777318-1

【珍事】終電を逃したカンテがファンの家でカレーをご馳走になる出来事が!!! 

キャプチャ
1 2018/09/18(火) 14:35:29.67 _USER9
チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、終電を逃し、ファンの家で一夜を過ごしたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が17日に伝えている。

 9月15日、チェルシーはプレミアリーグ第5節でカーディフと対戦。カンテは先発フル出場を果たし4-1勝利に貢献していた。

 試合後の夜遅く、カンテはパリに向かう予定で家を出発。しかし、ロンドンから出発するユーロ・スターの最終列車を逃したという。そして、カンテがそこで時間を潰していると、チェルシーの一人のファンが終電を逃したカンテに気づき、家に招待したようだ。

 ファンの家に訪問した今年のワールドカップ優勝者カンテは、まずカレーのディナーをごちそうになり、その後ファンの友人グループとビデオゲームをし、テレビのハイライトで自分のパフォーマンスを見て一夜を過ごした。

 カンテを家に招待したファンはツイッターで次のようにカンテの来訪を報告している。

「ワールドカップ優勝者であり、プレミアリーグ最優秀選手であり、2度のプレミアリーグ覇者は、地元のモスクを訪れた後、MOTD(Match of The Day)を僕らと一緒に観て楽しんだ。彼こそ本当の“謙虚”だったよ。なんて男だ!」

 なお同メディアによると、結局カンテは真夜中のパリ行きの電車に乗ることをやめ、タクシーで帰宅したという。

 チェルシーは20日にヨーロッパ・リーグ(EL)初戦のPAOK戦を控えている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00833002-soccerk-socc

クルトワの発言に“批判殺到”した事に対し、チェルシーファンに理解を求める 

キャプチャ
 レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、自身への批判に対してコメントした。イギリス紙『スカイスポーツ』が8日に伝えている。

 現在26歳のクルトワは、2014年にチェルシーに加入。正守護神の座を勝ち取り、2015年、2017年にはプレミアリーグ優勝に貢献した。今夏、自身の夢でもあったレアル・マドリード移籍を実現させた。

 しかし、デビュー戦後に「レアル・マドリードのレベルはチェルシーよりも高い」と発言したことで、チェルシーファンから批判が集まっていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827610-soccerk-socc

クルトワの発言にチェルシーサポが“ブチギレ”『レアルの方が上』 

GettyImages-666219984-800x533
1 2018/09/04(火) 21:26:19.30 _USER9
9/4(火) 21:21配信 GOAL

今夏レアル・マドリーに加入したGKティボー・クルトワのコメントに対し、チェルシーファンが激怒している。

2011年にチェルシーへと移籍し、3年間アトレティコ・マドリーにレンタルされたクルトワ。2014年の復帰後、当時のジョゼ・モウリーニョ監督のもとでGKペトル・チェフから正守護神の座を勝ち取った。2015年、2017年にプレミアリーグ優勝を経験後、今夏自身の希望でもあったレアルへ移籍している。

26歳のベルギー代表GKは『デイリー・メール』に対し、レアルの印象を以下のように語っている。

「トレーニングを見れば、レアル・マドリーのレベルが高いとわかると思う」

「今は、セルヒオ・ラモスのような世界最高のDFとともに毎日経験を積んでいる。レアル・マドリーのレベルはチェルシーよりも高いね」

「(レアル本拠地)サンチャゴ・ベルナベウは、(チェルシー本拠地)スタンフォード・ブリッジより2倍は大きい。もちろん、まったく違う感覚がある。上を見れば人々の壁が見えるよ。一方、スタンフォード・ブリッジでは、空やスタンドの後ろのホテルが見えてしまうね」

この発言に、チェルシーファンが激怒。「無礼すぎる」や「クルトワはガキ。チェルシーから出てってくれて嬉しいね」など批判の投稿が相次いでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010003-goal-socc

アザールがプレミアで受ける激しいタックルについて言及!!『試合後はうんざりした』 

GettyImages-898749962-800x533
 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、自身が受けるタックルについてコメントした。

28日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00820783-soccerk-socc

武藤嘉紀、途中出場を果たすもアザール率いるチェルシーに敗戦!! 

20180825-00000001-goal-000-2-view
1 2018/08/27(月) 02:03:28.78 _USER9
プレミアリーグ第3節、ニューカッスル・ユナイテッド対チェルシーが26日にセント・ジェームズ・パークで開催された。

武藤嘉紀が所属するニューカッスルと開幕2連勝中のチェルシーが激突した。武藤は開幕2試合と同様にベンチスタート。一方、チェルシーのサッリ監督は、3-2で勝利した前節のアーセナル戦からバークリーとウィリアンに代えてコバチッチとアザールを起用する2点を変更した。

試合は立ち上がりからチェルシーが押し気味に進める。なかなかチャンスを創出できないチェルシーだが、24分にはエースが個人技からゴールに迫る。バイタルエリアでドリブルを仕掛けたアザールがペナルティアーク左付近でシュート。これは惜しくも枠の右にはずれた。

ハーフタイムにかけてもチェルシーがペースを掌握する。すると、立て続けにペドロがゴールに近づく。まずは35分、ボックス右で仕掛けると、カットインから左足でシュート。ファーサイドを狙ったが、これはゴール左にはずれる。さらに直後には正面でアザールのパスをダイレクトで叩いたが、今度はGKの正面を突いた。

ゴールレスで迎えた後半もチェルシーがニューカッスルを押し込む。ジョルジーニョのパス出しからペドロとアザールの仕掛けを軸に攻めるチェルシーだが、ニューカッスルも集中した守備で応戦し、得点を許さない。

状況を打開したいチェルシーのサッリ監督は65分にモラタに代えてジルー、そして69分にはペドロを下げてウィリアンを投入する。そのチェルシーは72分、正面のロングレンジでリュディガーが右足を一閃。強烈なシュートがゴールに飛んだが、左のクロスバーを叩いた。

それでもチェルシーは、76分についに先行する。ボックス左で仕掛けたマルコス・アロンソがシェアーに倒されてPKを獲得。このチャンスでキッカーを務めたアザールが冷静にゴール左にシュートを突き刺し、チェルシーがリードを手にした。

一方、ニューカッスルのベニテス監督は78分に武藤を投入。すると83分、ゴールキックから右サイドのイェドリンがクロスを入れると、ニアサイドに走りこんだホセルがヘッド。このシュートがゴール右上に突き刺さり、ニューカッスルが同点に追いついた。

しかし、再びチェルシーが勝ち越しに成功する。87分、左サイドのFKでキッカーを務めたウィリアンのクロスをボックス右のジルーがマイナスに折り返す。最後はマルコス・アロンソのシュート性のボールにゴール前で反応したイェドリンがオウンゴールを喫してしまい、チェルシーがスコアを1-2とした。

結局、試合はそのまま終了。チェルシーが開幕3連勝を記録した一方、ニューカッスルはリーグ戦未勝利となっている。

■試合結果
ニューカッスル・ユナイテッド 1-2 チェルシー

■得点者
ニューカッスル:ホセル(83分)
チェルシー:アザール(76分)、OG(87分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010002-goal-socc

チェルシーのオーナーになろう!!“2860億円”でチェルシーが君の手に...w 

img_0
チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏が、同クラブの売却に動く可能性が出ているようだ。イギリス『デイリー・メール』などが伝えている。

『タイムズ』の報道では、アブラモヴィッチ氏はチェルシー売却に備えて、ニューヨークの銀行『レイン・グループ』と連携し、クラブの評価額を選定。新オーナーを探しているかどうかは不明も、その価格は20億ポンド(約2860億円)と評価されたようだ。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000009-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索