Samurai Goal

チェルシー


スポンサード リンク





『バカヨコ』チェルシーからACミランへローン移籍!!余剰戦力になっていた! 

GettyImages-630366260
1 2018/08/15(水) 03:10:40.04 _USER9
チェルシーは14日、MFティエムエ・バカヨコがミランに1年間の契約でローン移籍すると発表した。

 『ESPN』によると、契約期間額は500万ユーロ(約6億3200万円)で、シーズン終了後に3500万ユーロ(約44億2400万円)の買い取りオプションがつくという。

1994年生まれのバカヨコは昨年夏、4000万ポンド(当時約59億円)の移籍金でモナコからチェルシーに加入。プレミアリーグ29試合を含む公式戦43試合に出場した。

今季はマウリツィオ・サッリ監督が就任したことで、余剰戦力になっているとみられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-01671644-gekisaka-socc

【正式発表】クルトワがレアルに完全移籍、コバチッチはチェルシーにローン移籍決定!! 

キャプチャ
 チェルシーは8日、GKティボー・クルトワ(26)がレアル・マドリーに完全移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。

一方、R・マドリーのMFマテオ・コバチッチ(24)が1年間のローン移籍でチェルシーに加わるという。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-01658241-gekisaka-socc

『ポスト・クルトワ』チェルシーが新たな守護神としてスペイン代表ケパ・アリサバラガを狙う!! 

Kepa20171110
チェルシーは、GKティボ―・クルトワの退団に備え新たな守護神獲得に着手しているようである。

スペイン紙『Marca』によると、クルトワのレアル・マドリー移籍が目前に迫っており、新守護神獲得が急務となっているチェルシーは、イングランドの移籍市場が閉まる前(8月9日まで)にアスレティック・クルブのスペイン代表GKケパ・アリサバラガの獲得に関心を寄せている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010012-sportes-socc

チェルシー新監督の“異端児っぷり”元銀行員から駆け上がったその手腕とは? 

1 2018/08/03(金) 14:00:14.56 _USER9
■55歳でセリエAに到達した異色のキャリア

「つい5年前、私はまだイタリアのセリエB(2部リーグ)で指揮を執っていた。今は、ヨーロッパで最も重要なクラブの監督だ。そしてプレミアリーグは世界で最もレベルが高く、最も優秀な監督が集まったリーグだ。私のサッカーをその舞台で表現したい。(ジョゼップ・)グアルディオラ、(マウリシオ・)ポチェッティーノ、(ジョゼ・)モウリーニョ、(ユルゲン・)クロップらと戦うのはとても刺激的な体験だろう」

 現地時間7月16日、アントニオ・コンテの後を受けてチェルシーの監督となったマウリツィオ・サッリが、クラブのオフィシャルTVで就任後初めてのインタビューに応えたコメントである。

 昨シーズンまで3年間率いたナポリを「ヨーロッパで最も美しいサッカーを見せるチーム」と称されるまでに磨き上げ、あのグアルディオラをして「世界最高の監督の1人」と言わしめたサッリは、1959年生まれの59歳。上で名前が挙がったプレミアの名将たちと比べるとだいたいひと回りも年上だ(モウリーニョは4歳違い)。実際その風体は、百戦錬磨のベテラン監督のそれである。

 しかし、本人のコメント通り、トップリーグでの監督経験という点では彼らエリート監督たちには遠く及ばない。というのもサッリは、大手銀行の正社員でありながら、サッカー好きが高じて40歳でその座をなげうちアマチュアクラブの監督に転身、それから15年にもわたって下部リーグで下積みを続けた末、55歳にしてセリエAに到達したという異色のキャリアの持ち主だからだ。

 監督サッリのサッカー、そしてそれを支える哲学を理解する上ではこのキャリア、そしてそれを支えてきた情熱を知る必要がある。

■キャリア12年目でプロカテゴリーの監督へ

 イタリアでもサッカーが特に盛んな地方のひとつである中部・トスカーナ州の小さな村で育ったが、プレーヤーとしては「がさつなDF」(本人の弁)で、アマチュアレベルで20代前半までプレーするにとどまった。

 大学で経済学と統計学を学んだ後、地元の大手銀行モンテ・ディ・パスキ・ディ・シエナに就職、企業間の為替振替の担当(当時はヨーロッパ内でも各国が独自通貨を使っていた)としてイギリス、ドイツ、スイス、ルクセンブルグの支店に勤務した。その間もサッカーへの情熱は衰えず、アマチュアのコーチライセンスを取得すると、31歳になった90年、勤務の傍ら9部リーグ(下から2番目のカテゴリー)の地元チームで趣味として監督を始める。

 午前から午後にかけて銀行で働き、夕方に監督の仕事をするという生活を続ける中、率いたクラブを毎年のように上のカテゴリーに昇格させるなど際立った結果を残し、地元サッカー界で注目を集めるようになった。

 そして6部リーグのチームを率いていた99年、40歳で銀行を退職して監督業に専念するという大きな決断を下す。すると翌年から、率いたチームをアマチュアのトップカテゴリーである5部(セリエD)、さらにプロリーグである4部(セリエC2)へと2年連続で昇格させ、キャリア12年目にしてついにプロカテゴリーの監督となった。

 日本に例えれば、関東1部リーグのチームを2年でJ3に昇格させたようなものだが、イタリアの場合は各カテゴリーが18〜20チームで構成されており、昇格できるのは優勝チームだけ。難易度は日本と比べてもさらに高い。



no title

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201807290004-spnavi

“カンテがアザールを超え”週給4,360万円、チェルシー最高額で契約延長か 

20180731-00285712-nksports-000-2-view
 チェルシーはMFカンテに対して、クラブ最高報酬での契約延長をオファーしたと、31日に英紙タイムズ電子版が報じた。少なくとも週給29万ポンド(約4360万円)を提示したという。

〈続く〉

アザールの願い叶わず...レアルの“高額要求”に移籍は破談か 

607795e0-134a-46a8-9d67-78ccfa9ed874
“負の連鎖”が止まらない――。英紙「エクスプレス」(29日付)は、欧州チャンピオンズリーグ3連覇を果たしたスペイン1部レアル・マドリードがベルギー代表FWエデン・アザール(27)の獲得に失敗したと報じた。

 かねてアザール本人が移籍を示唆するなど“相思相愛”と見られ、スペイン行きが確実視されていた。しかしRマドリードが提示した移籍金1億5000万ポンド(約217億円)に対し、所属クラブのチェルシー(イングランド)は2億ポンド(約290億円)を要求して破談。アザールは今季残留が濃厚となった。


〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000012-tospoweb-socc

チェルシー、アザールの移籍金を280億円に設定!!ネイマールと同額か 

1 2018/07/17(火) 02:55:34.65 _USER9
E・アザールの移籍金280億円 チェルシーが設定 英紙報道
2018年7月17日 00:18 スポニチ Sponichi Annex サッカー
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/16/kiji/20180717s00002000040000c.html

ベルギーを3位に導いたE・アザール
no title


チェルシーが、移籍を“志願”したベルギー代表FWエデン・アザール(27=チェルシー)の移籍金を、2650万ユーロ(約280億円)に設定したと16日付の英紙タイムスが報じた。同紙によれば約1年前にパリSGがブラジル代表FWネイマールの獲得にバルセロナに支払った額とほぼ同額で、同紙は「高額の競りが始まった」との見出しで報じている。

閉幕したばかりのW杯ロシア大会でも活躍し、母国を史上最高の3位へと導いたE・アザール。
W杯後に「チェルシーで6年を過ごしたのちに臨んだW杯後、僕は何か違うものを見つける時が来たと思う」とチェルシー退団を示唆。新天地の希望としては「僕の行きたい場所は知っているだろう」と話していた。
クラブ名こそ明言はしていないが、以前からRマドリードに対して好意的なコメントを残しており、複数の英メディアも希望の移籍先はRマドリードで間違いないとしている。

Rマドリードは今夏、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)をユベントスに放出したばかり。
後釜にスター選手を獲得することが確実視されており、その候補のひとりがW杯決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦したベルギー代表の10番、E・アザールだと言われている。

ベルギー代表アザール“レアル移籍”実現か!自ら移籍について言及!! 

GettyImages-977902256-e1530521541587
1 2018/07/15(日) 06:05:46.82 _USER9
現地時間14日に行われたロシアワールドカップ3位決定戦でイングランドに勝利したあと、ベルギーのMFエデン・アザールがチェルシーからの移籍をほのめかした。英『デイリー・ミラー』が伝えている。

 ベルギーの10番を背負うアザールは、イングランド戦でも活躍し、国際サッカー連盟(FIFA)の選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 同選手は試合後、「チェルシーで6年間を過ごしたあと、違うものを見つけるときがきたのかもしれない」と語ったそうだ。

 アザールは以前からレアル・マドリーへの移籍が噂になっている。FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス行きが決まった今、その噂はさらに盛り上がっているところだ。

 アザールは「ワールドカップが終わって、僕は残るか移籍するかを決めることができる。最終的にはチェルシーが何を望むかだね。僕の望む行き先は知っているはずだよ」と話している。

 『ミラー』は、マンチェスター・シティもアザールの獲得に興味を持っているが、選手の希望はレアル・マドリーだとみている。また、チェルシーとしても国内のライバルに主力を譲ることはしないという見方だ。

 イングランド戦でも圧倒的な存在感を示したアザール。レアル・マドリーへの移籍が動き出すのだろうか。

フットボールチャンネル7/15(日) 3:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281550-footballc-socc

ジダンはチェルシー?クロップがレアル?“名将”の大移動はいかに!? 

20180526_Krop-Zidane
1   2018/06/01(金) 18:24:48.22 _USER9
 レアル・マドリードのジダン監督の電撃辞任を受けて、1日の英紙サンではレアルはリバプールのクロップ監督を、チェルシーはジダン監督の獲得を画策していると報じた。

 レアルはトットナムのポッチェティーノ監督の動向も追っているが、クロップ監督が筆頭候補だという。ペレス会長は強い個性がチームに必要だと感じているからだ。同紙はリバプールはカリスマ性の高いクロップ監督を引き留めることに必死だと伝える。

 チェルシーはジダン氏にオファーをする準備ができているそうだ。ただ、同氏が監督業からいったん離れる場合は、98年W杯で優勝したフランス代表を率いたローラン・ブラン氏を最有力候補に挙げているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00226554-nksports-socc

【チェルシー×トッテナム試合結果】レスター優勝決定!トッテナムが2点差を追いつかれ2-2ドロー!![全ゴール動画有] 


プレミア・リーグ 2015/2016 第36節
チェルシー 1-2 トッテナム・ホットスパー

■ 得点:
0-1 ハリー・ケイン(前半35分)
0-2 ソン・フンミン(前半44分)
1-2 ガリー・ケイヒル(後半13分)
2-2 エデン・アザール(後半38分)

▽キックオフ:2016/05/02(月) 21:00 │ 日本時間 05/03(火) 04:00
▽スタジアム:スタンフォード・ブリッジ(London) ▽観衆:41,545人
▽主審:M. クラッテンバーグ ▽副審:S. Beck、J. Collin

ChZ5KRkXEAAVJ1z
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索