Samurai Goal

チェルシー


スポンサード リンク





チェルシー、屈辱的大敗でサッリ監督の続投危うし? 握手拒否も批判対象に 

20190211-00309117-footballc-000-1-view

マンC、チェルシーに6-0完勝!アグエロがハットトリック達成  

Manchester-City-v-Chelsea-Premier-League




1: 久太郎 ★ 2019/02/11(月) 02:58:41.75 ID:eAdbHP439
[2.10 プレミアリーグ第26節 マンチェスター・C 6-0 チェルシー]

 プレミアリーグは10日、第26節を行った。エティハド・スタジアムではマンチェスター・シティとチェルシーが対戦。FWセルヒオ・アグエロのハットトリックなどによりシティが6-0で快勝した。

 消化試合数が1つ多い2位シティは、6日のエバートン戦(2-0)から3人を変更。DFオレクサンドル・ジンチェンコとMFケビン・デ・ブルイネ、FWラヒーム・スターリングを起用した。14日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦マルメ戦を控えている5位チェルシーは、2人を変えてDFアントニオ・リュディガーとFWペドロ・ロドリゲスを起用。FWゴンサロ・イグアインも引き続き先発に名を連ねた。

 上位対決は開始早々に動いた。前半4分、敵陣中央の右サイドでFKを獲得したシティは、キッカーのデ・ブルイネが相手の隙をついてPA左へグラウンダーのパスを送ると、これに反応したMFベルナルド・シウバが中央へ折り返す。相手に当たってファーサイドに流れたボールをゴール前へ走り込んだスターリングが右足で決め、シティが先制した。

 さらにシティは前半8分に決定機。PA中央から左へ運んだB・シウバが折り返したボールをファーサイドでドフリーだったアグエロが右足で合わせるが、痛恨のミス。それでも15分、ペナルティーアーク手前からアグエロが右足を一閃。強烈なシュートをゴール右上隅に突き刺し、ミスを帳消しにした。

 勢いが止まらないシティ。前半19分、MFロス・バークリーの不用意なバックパスにアグエロが反応し、右足でゴール右に流し込んで3-0とする。25分には、PA左からスターリングの折り返しをアグエロが受け、相手にカットされたボールをMFイルカイ・ギュンドガンが右足ダイレクトシュート。これがゴール右に決まり、リードを4点差に広げた。

 後半もアグエロがクロスバー直撃のヘディングシュートを放つなど、シティが優勢に試合を進める。チェルシーは7分にバークリーに代えてMFマテオ・コバチッチを投入したが、10分にスターリングの突破を止め切れなかったDFセサル・アスピリクエタのファウルによりPKを献上。これをアグエロが決めて、シティが5-0とした。

 シティは後半20分、今季3度目となるハットトリックを達成したアグエロを下げ、FWガブリエル・ジェズスを投入。23分にデ・ブルイネに代えてMFリヤド・マフレズ、30分にはMFフェルナンジーニョに代えてMFダビド・シルバを入れ、交代カードを使い切った。

 攻撃の手を緩めないシティは後半35分、D・シルバのスルーパスからジンチェンコが中央へ折り返したボールをジェズスがスルー。後方にいたスターリングが冷静に左足で流し込み、6-0とした。試合はそのままシティが完勝をおさめ、3連勝を飾って再び首位リバプールと勝ち点65で並び、得失点差で上回って暫定首位に立った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-27276832-gekisaka-socc

【スコア】
マンチェスター・C 6-0 チェルシー

【得点者】
1-0 4分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
2-0 13分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
3-0 19分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
4-0 25分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)
5-0 56分 セルヒオ・アグエロ(PK/マンチェスター・C)
6-0 80分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00905426-soccerk-socc

ファーディナンドが85億円補強のチェルシーMFジョルジーニョを 「走れない、守備できない、アシストできない」  

GettyImages-1024174258-800x592




1: 2019/01/20(日) 17:04:21.02
元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョを酷評した。

チェルシーは、19日に行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルと対戦。14分にアレクサンドル・ラカゼットにゴールを割られると、39分にもローラン・コシエルニーにネットを揺らされて失点。ビッグ・ロンドンダービーを0-2の完敗で落とした。

この試合、ジョルジーニョはいつも通りアンカーポジションで先発。しかし、アーロン・ラムジーのマンマークに遭った同選手は、持ち味であるパス出しを封じられ、低調な出来のまま試合を終えた。

『BT Sports』で解説を務めたファーディナンド氏は試合後、「ジョルジーニョは試合のテンポをつくることができる選手だ。ピッチの中央エリアでボールを持っている時は良いプレーをする。今季に2000本ほどのパスを出しているが、アシストはどうだろう? いまだにゼロだ」と、ゴールに直結するパスを供給していないことを強調。続けて、「彼は守備が素晴らしいわけでもない。しっかり走ることもできない。守備面ではチームに何も与えない。さらに敵陣でも決定的な仕事ができてない」と語り、ジョルジーニョに厳しい評価をくだした。

アーセナルに敗れたチェルシーは、その勝ち点差が3ポイントに。6位のマンチェスター・ユナイテッドとも同じく3ポイント差となっており、終盤戦に向けて厳しいチャンピオンズリーグ出場権争いが予想される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00010012-goal-socc

チェルシー、ナポリから85億円でMFジョルジーニョ獲得。新監督に続いて発表
https://www.footballchannel.jp/2018/07/14/post281506/

コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か 

20190120-00010017-goal-000-2-view

レアル・マドリー、やはり今夏にアザール獲得へ…移籍金1億ユーロ支払いも問題なし 

20190119-00000020-goal-000-3-view

アザール、サッカー史上最高の選手の名前を挙げる 「GOATはただ一人! それは…」 

20190113-00010019-goal-000-3-view

「香川のほうが上」 誕生日のアザールにつきまとった“不変的な比較”に英メディア注目 

20190108-00160229-soccermzw-000-2-view

チェルシー、カバーニ獲得でFW問題解決? 69億円提示で移籍に本腰入れる 

20190106-00887971-soccerk-000-2-view

プリシッチのプレミア移籍「ブンデスリーガは踏み台であり、子供が夢見るような舞台ではない」 

GettyImages-955094180-800x533




1: 2019/01/06(日) 14:52:48.05 _USER9
 ドルトムントは現地時間2日、プリシッチを移籍金6400万ユーロ(約80億円)でチェルシーに売却(今季終了時までは、チェルシーからレンタル移籍の形でドルトムントに残留)。ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル)の6375万ユーロ(約78億2000万円)を上回り、クラブ歴代2位の高額ディールとなった。

 18歳未満の選手獲得で規約違反があったとして、FIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分が下る可能性のあるチェルシーとしては、プリシッチを獲得できたことは朗報だ。一方で、今季ブンデスリーガ優勝を見据え、主力クラスを維持しておきたいドルトムントにとっても、今季中はプリシッチを起用できることになり、「ウィン・ウィン」の内容。さらに、怪我やイングランド代表MFジェイドン・サンチョの台頭で出番が減少していたプリシッチにとっても、「子供の頃から夢見ていた」プレミアリーグ行きが叶い、三者が得をする移籍だと言えるだろう。

 しかし、記事では憂慮すべき点として、ドルトムントがユース時代から育ててきた「非常に若く才能あるキッカーがトップリーグデビューからわずか3年でプレミアリーグに行ってしまったこと」に言及している。

「プリシッチがチェルシー行きを決めたことは、イングランドのリーグに比べ、ドイツのリーグがまるで練習リーグであるかのような印象をより一層強める。ブンデスリーガは特別な才能を持つ選手にとってうってつけの踏み切り台であり、多くの選手が子供の頃から夢に見るような舞台ではない。プリシッチの契約で唯一の敗者はブンデスリーガだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190106-00159077-soccermzw-socc

吉田麻也(サウサンプトン)英メディアのチェルシー戦MVPに!インターセプトとクリア数は最多記録 

yoshida_maya




1: 2019/01/03(木) 09:19:33.65 _USER9
サウサンプトンは2日、プレミアリーグ第21節でチェルシーと0-0で引き分けた。この試合にフル出場したDF吉田麻也は、ディフェンス面で見事なスタッツを残している。


敵地スタンフォード・ブリッジに乗り込んだサウサンプトン。これまで4試合連続で失点していたチームだったが、チェルシーの攻撃を防ぎ続け、スコアレスドローで試合を終えた。4位相手に、敵地で勝ち点1ポイントを持ち帰っている。

この試合で3バックの真ん中でフル出場果たした吉田は、87分にはボックス内に侵入したカンテを吉田がタックルで防ぎ、さらに後半アディショナルタイムにもボックス内でアザールのドリブルを止めるなど存在感を放った。

『Opta』データによると、クリア「11回」、インターセプト「8回」は両チーム最多に。ブロック「2回」も両チーム最多タイと、ディフェンス面で見事なスタッツを記録。上位相手の無失点に大きく貢献している。

そんな吉田は、英『スカイスポーツ』では最多タイの「8」と採点され、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

1/3(木) 7:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000023-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索