Samurai Goal

ダービー


スポンサード リンク





久保建英の獲得を巡って“ダービー”勃発か…スペイン紙「彼は今夏移籍市場で最も人気のある選手の1人」 

スクリーンショット 2020-07-25 12.55.58のコピー

セリエA、吉田所属のサンプドリアはダービーに敗戦 

20200309_yoshida_getty




1: 2020/07/23(木) 09:25:36.09 _USER9
7/23(木) 9:19
ロイター

[ミラノ 22日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは22日、各地で試合を行い、吉田麻也が所属のサンプドリアは同じジェノバを本拠地とするジェノアとのダービーマッチに1─2で敗れた。

サンプドリアは前半22分にPKで先制を許したものの10分後に追いついた。しかし、後半に決勝点を奪われた。吉田はフル出場だった。

他ではパルマがナポリ、レッチェがブレシャ、ローマがSPALにそれぞれ勝利。インテルとフィオレンティナ、トリノとベローナの対戦はそれぞれ引き分けた。

この結果を受け、3試合を残してブレシャがSPALに続き2チーム目の降格決定となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200723-00000033-reut-spo

ダービー制したマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ相手に10年ぶりシーズンダブル! 

1: 2020/03/09(月) 06:21:34.31
現地時間8日、イングランド・プレミアリーグ第29節ではマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティによるマンチェスターダービーが行われた。

カラバオカップ3連覇を達成したシティは、照準をFAカップとチャンピオンズリーグに定めた。リヴァプールが独走するプレミアリーグについてはグアルディオラ監督も白旗を挙げるコメントを残しており、余程の奇跡が起きない限りは逆転優勝は不可能ということだろう。

一方、4位以内を目指すユナイテッドは冬に加入したブルーノ・フェルナンデスの活躍によりチーム状態も上向き。シティとのダービーはカップ戦のホーム&アウェー含め今シーズン3試合を終えているが、すでに2勝と勝ち越しており、実に10年ぶりとなるシティ相手のシーズン3勝に向け立ち上がりから高いインテンシティでぶつかっていく。

最初のチャンスは16分、中盤でボールを奪い、ブルーノ・フェルナンデスのパスをエリア内右で受けたジェームズのシュートはGKエデルソンの正面。さらに27分には、マティッチからのロングパスを受けたマルシャルがペナルティーエリア左でフェルナンジーニョと入れ替わって決定機を迎える。中央ではブルーノ・フェルナンデスがフリーだったが、強引に放ったシュートはGKエデルソンの守備範囲に飛んでしまう。

ボールを支配するのはシティだが、ユナイテッドは鋭いカウンターでチャンスを作り出す。迎えた30分、ペナルティーエリア手前左でFKを得ると、ブルーノ・フェルナンデスの意表を突いたタイミングでの浮き球パスに呼応したマルシャルがエリア内左でダイレクトボレー。完全に虚を突かれたGKエデルソンのニアサイドを打ち抜き、ユナイテッドが先制する。

その後もユナイテッドはアグレッシブなプレスでシティのパス回しを乱し、奪ってからの素早いカウンターで次々にシティゴールへと迫っていく。シティは我慢の時間帯を耐え、1点ビハインドのまま後半へ。

追いかけるシティは後半開始早々、スターリングのスルーパスに抜け出したアグエロがネットを揺らすが、わずかな判定でオフサイドとなりノーゴールとなる。

49分には、バックパスをGKエデルソンがトラップミスし、詰めていたマルシャルが奪いに行くもかろうじてクリア。これが決まっていれば致命的な失点になりかねなかった。

59分、シティはベルナルド・シウバとアグエロを下げてガブリエウ・ジェズスとマフレズを投入。すると右サイドに入ったマフレズが得意のドリブルで存在感を発揮。しかし、69分に右サイドを突破するもクロスは合わず。75分にも右サイドを抜けたマフレズの折り返しがゴール前に飛び込んだスターリングが押し込めず、こぼれ球を拾ったジェズスのシュートはGKデ・ヘアが素晴らしい反応ではじき出した。

守勢の続くユナイテッドは70分にカウンターから抜け出したジェームズが仕掛けて決定機を迎えるも、渾身のシュートはGKエデルソンがセーブ。中央にはブルーノ・フェルナンデスがフリーで走り込んでいたが、パスは選択されなかった。

77分にシティがジンチェンコを下げてメンディを投入し交代枠を使い切ると、ユナイテッドもマルシャルとウィリアムズを下げてマクトミネイとバイリーを投入し逃げ切りを図る。

残り5分、にわか雨が降り注ぐオールド・トラフォードで幾度となくサイドを攻め立てるシティだが、ユナイテッドもサイドはやられても中央だけはやられまいとゴール前を固め、ことごとくクロスを跳ね返していく。

88分にはユナイテッドが最後の交代カードとしてブルーノ・フェルナンデスを下げてイガロを投入。前線での収めどころを作り、守備に重きを置きながらもカウンターの姿勢は忘れない。アディショナルタイムに入っても前からのプレスをサボらず、終了間際にはGKエデルソンのパスを奪ったマクトミネイが無人のゴールに蹴り込んで2-0。守備でも最後までシティにゴールを許さなかったユナイテッドが、ライバル相手に2009-10シーズン以来、10年ぶりのシーズンダブルを達成した。

■試合結果
ユナイテッド 2-0 シティ

■得点者
ユナイテッド:マルシャル(30分)、マクトミネイ(90+6分)

3/9(月) 3:25配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200309-00010004-goal-socc

写真
no title

熱狂ダービーで宮市亮が先制アシスト!St.パウリがHSVに勝利…シュトゥット遠藤は10試合連続先発 

20200222-00010031-goal-000-2-view[1]




1: 2020/02/23(日) 00:24:15.87
ブンデスリーガ2部は22日、各地で第23節が行われた。

14位ザンクト・パウリは、2位ハンブルガーSVと対戦。同じくハンブルガーに本拠を置くチーム同士による“ハンブルク・ダービー”で、宮市亮はリーグ戦23試合連続となる出場を果たし、右ウイングバックに入っている。

開始早々にバー直撃のシュートを許すなど、序盤は押される展開となったSt.パウリ。それでも、20分に先制に成功。起点となったのは宮市だ。フェールマンへラストパスを送り、受けた背番号25がドリブルでボックス内に持ち込み、ネットを揺らした。

リードを手にしたSt.パウリはさらに29分、ペニーがエリア外から強烈なミドルシュートを叩き込み、追加点を奪う。押し込むSt.パウリは67分にベナテッリがネットを揺らしたものの、VARレビューで取り消しに。82分にネットを揺らされたが、VARに救われる。結局前半のリードを守り切ったSt.パウリが、熱狂のダービーを2-0で制した。

4試合勝利がなかった(2分け2敗)St.パウリだったが、重要なダービーを制して5試合ぶりの白星。先制点をアシストした宮市は、フル出場で勝利に貢献している。

3位シュトゥットガルトは、ホームでレーゲンスブルクと対戦。遠藤航は10試合連続で先発し、中盤にポジションを取った。

シュトゥットガルトは21分、マンガラがネットを揺らしたが、VARレビューの結果ゴールは取り消しとなる。逆に50分、レーゲンスブルクのゴールもVARで取り消しに。すると58分、ディダヴィが正真正銘のゴールを奪い、シュトゥットガルトが先制。さらにその1分後にカストロもネットを揺らし、一挙2点のリードを奪う。

試合はこのまま終了。シュトゥットガルトは3連勝を飾った。遠藤はフル出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010031-goal-socc

ミランはイブラヒモヴィッチが1ゴール1アシストも…インテルが4発大逆転でダービー制す 

20200210-01032241-soccerk-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/10(月) 06:59:34.99 ID:1gShYlA39
セリエA第23節が9日に行われ、インテルとミランが対戦した。

リーグ戦15試合無敗のインテルと、ズラタン・イブラヒモヴィッチ加入後5試合無敗(3勝2分)と調子を上げるミランによる“ミラノ・ダービー”。
試合はミランが立ち上がりから攻勢に出ると、8分にハカン・チャルハノールがペナルティエリア前右から強烈なミドルシュートを放ち、左ポスト直撃で相手ゴールを脅かす。

その後も主導権を握ったミランは40分、サム・カスティジェホの浮き球パスをイブラヒモヴィッチが頭で落とすと、アンテ・レビッチが流し込んで先制に成功。
さらに前半アディショナルタイム1分には、右CKがファーに流れると、フリーのイブラヒモヴィッチが頭で押し込んで追加点を挙げた。

2点ビハインドで折り返したインテルは後半の立ち上がりから反撃に出る。51分、エリア前中央のマルセロ・ブロゾヴィッチがこぼれ球を豪快なダイレクトボレーで叩き込んで1点を返す。
54分には、エリア右に抜け出したアレクシス・サンチェスの落としを、マティアス・ベシーノがダイレクトで押し込んで同点に追いついた。

インテルは70分、アントニオ・カンドレーヴァの右CKをステファン・デ・フライがダイビングヘッドでゴール左に流し込んで、ついに逆転に成功。
79分には、新加入のクリスティアン・エリクセンが距離のあるFKで強烈なシュートを放ったが、左上隅のクロスバー直撃で惜しくも得点にはつながらなかった。

後半アディショナルタイム3分には、ロメル・ルカクがヘディングシュートを叩き込んで勝負を決める追加点。
インテルが逆転勝利で“ミラノ・ダービー”を制して2連勝を飾った。一方のミランは6試合ぶりの敗戦で、新年初黒星となった。

次節、インテルは16日にアウェイでラツィオと、ミランは17日にホームでトリノと対戦する。

【スコア】
インテル 4-2 ミラン

【得点者】
0-1 40分 アンテ・レビッチ(ミラン)
0-2 45+1分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
1-2 51分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
2-2 54分 マティアス・ベシーノ(インテル)
3-2 70分 ステファン・デ・フライ(インテル)
4-2 90+3分 ロメル・ルカク(インテル)

【スターティングメンバー】
インテル(3-5-2)
パデッリ;ゴディン、デ・フライ、シュクリニアル;カンドレーヴァ(80分 モーゼス)、ベシーノ、ブロゾヴィッチ、バレッラ、ヤング(90+5分 ビラーギ);ルカク、A・サンチェス(72分 エリクセン)

ミラン(4-4-1-1)
ドンナルンマ;コンティ、ケアー、ロマニョーリ、T・エルナンデス;カスティジェホ(80分 レオン)、ケシエ(81分 パケタ)、ベナセル、レビッチ(84分 ボナヴェントゥーラ);チャルハノール;イブラヒモヴィッチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-01032241-soccerk-socc
2/10(月) 6:44配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081330
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=yI2ht46pu50


Inter Milan vs AC Milan 4-2 - All Gоals & Extеndеd H?ghl?ghts 2020
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

バルセロナ、スアレスが1得点1アシストも勝ちきれず。中国代表ウー・レイの劇的ゴールでダービーは引き分け 

espanyol-barcelona_1kfh13jw6ds319noay2c9i4g1[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/05(日) 07:07:58.80 ID:OztswnAp9
【エスパニョール 2-2 バルセロナ リーガエスパニョーラ第19節】

リーガエスパニョーラ第19節のエスパニョール対バルセロナが現地時間4日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。

バルセロナの2020年初戦はエスパニョールとのダービーマッチ。
前半は動きが重く、本来のパフォーマンスを見せられない。

良い入りを見せたエスパニョールは23分、右サイドからのFKにダビド・ロペスがヘディングで合わせてゴールを奪う。

1点ビハインドで折り返したバルセロナは、後半のスタートからビダルを投入。
すると、中盤のインテンシティが高まり、全体のリズムが良くなった。

バルセロナは50分、左サイドからアルバが上げたクロスにスアレスがうまく合わせて同点に追いつくと、59分には逆転。
スアレスがペナルティエリア左でボールを持って右足のアウトでファーへ送ったボールにビダルがヘディングで合わせた。

しかし、バルセロナは終盤、もう一度苦しむことに。75分、自陣でボールを失ったデ・ヨングが相手を引っ張ってこの日2枚目のイエローカードとなり退場。残り時間を10人で戦うことになった。

すると、エスパニョールが数的優位をいかす。88分、ペナルティエリア右のスペースでパスを受けた途中出場のウー・レイが右足で決めて同点。
中国代表FWのリーグ戦今季2点目でエスパニョールが2-2に追いついた。

試合は2-2の引き分けで終了。バルセロナにとっては痛いドローとなっている。

【得点者】
23分 1-0 ダビド・ロペス(エスパニョール)
50分 1-1 スアレス(バルセロナ)
59分 1-2 ビダル(バルセロナ)
88分 2-2 ウー・レイ(エスパニョール)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00356328-footballc-socc
1/5(日) 6:53配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/ranking/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2020/esp/esp-20077826.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/ranking/
得点ランキング

FW ウー・レイ
背番号7
身長/体重174cm/66kg
生年月日1991年11月19日
国籍/出身地中国

首位リバプールが6連勝!!ダービーで主力温存も両チーム計7発の乱打戦制す 

20191205-43474782-gekisaka-000-3-view[1]

「だてに獲得したんじゃない!」ダービーで“圧倒的記録”を残した遠藤航をシュツットガルトSDが絶賛!  

20191126-00010005-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 07:07:59.22 ID:MJWAkTDx9
「流石、日本代表」と褒めちぎる

ドイツで華々しいスタートを切ったサムライ戦士への賛辞が止まらない。

現地時間11月24日、ドイツ2部の第14節が行なわれ、ホームに宿敵カールスルーエを迎えたシュツットガルトは3-0で快勝した。

この白熱したダービーマッチでの勝利に小さくない貢献をしたのが、シュツットガルトの遠藤航だ。
今夏にベルギーのシント=トロイデン(STVV)から期限付きで加入した日本代表MFは、4-3-3のアンカーで移籍後初先発を飾ると、随所で存在感を発揮した。

ピンチの芽を潰していたことは、スタッツからもよく表われている。

欧州主要リーグの様々なデータを公開しているウェブサイト『Whoscored.com』によると、遠藤は試合を通じて、
33回ものデュエルに勝利。両チーム合わせて2番目のゴンサロ・カストロ(シュツットガルト)の18回を大きく上回る数字を叩き出している。

攻守に渡る貢献を披露した遠藤に対しては、クラブ上層部も誇らしげだ。スベン・ミスリンタートSD(スポーツディレクター)は、
「ワタルは見事なプレーをみせてくれたと思うね」と絶賛し、さらにこう褒めちぎった。

「日本代表選手としてもプレーしていて、流石だったね。今日のようなプレッシャーがかかり、大いに盛り上がりを見せるスタジアムでのプレーには慣れているんだ。
雰囲気やプレッシャーに臆することはなかったね。ワタルは複数のポジションでプレー可能なとても良い選手だ。我々もだてに彼を獲得したのではない」

さらにシュツットガルトのティム・ヴァルター監督も攻守でチームをサポートした日本代表MFに対し、「守らなければいけない局面ですべてを守り切ってくれた。
チームのオプションを豊かにする素晴らしい”少年”だ。私たちは彼を無駄にしない」と激賞した。

今シーズンの序盤戦は、満足に出場機会を得られずにいた遠藤。日本屈指のポリバレントプレーヤーは、ようやく巡ってきたチャンスをモノにできるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00010005-sdigestw-socc
11/26(火) 6:11配信

3発快勝で連敗ストップした柏、9年ぶりフクアリでの千葉ダービー制し首位快走 

20191020-43472950-gekisaka-000-1-view[1]

ダブルタッチ! 裏街道! 奪取から決定機! 右SB冨安健洋が攻守に躍動、ボローニャは後半AT弾でダービー制す 

20190831-43471079-gekisaka-000-5-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索