Samurai Goal

ダンクレー


スポンサード リンク





ポドルスキ、今季限りで神戸退団が濃厚に「日本での時間は年末に終わる」東京五輪ドイツOA枠での出場に意欲  

1: Egg ★ 2019/10/13(日) 22:21:37.23 ID:lickMa199
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、今季限りでヴィッセル神戸を退団することになるようだ。ドイツ紙『ビルト・アム・ゾンターク』のインタビューで語った。

2017年夏にガラタサライから2年半契約で神戸に渡り、2020年1月31日までの契約を結んでいるポドルスキ。今年6月に耳の手術を受け、長期離脱を強いられていたが、先月18日に行われた天皇杯川崎フロンターレ戦に途中出場を果たして戦列に復帰。徐々にコンディションを戻していたところだ。

だが、現在34歳のポドルスキは、クラブと契約延長する可能性は低いと考えているようだ。『ビルト・アム・ゾンターク』で「クラブの責任者から今のところ話しかけられていない。なので、おそらく僕の日本での時間は年末に終わるだろう」と、今季限りでの退団が濃厚と話している。

なお同選手は、「もうほかの方面に目を向け、自分の状況を整理しつつ色々と考えている」とすでに移籍先を模索している様子。度々噂されてきた古巣ケルンへの復帰に関しては否定はしないものの、「両者がそれを望まなければいけない。残念ながらこれまでそういう流れはなかった」と、ケルン側は必ずしもかつての英雄を連れ戻す動きはないと示唆した。

神戸では今年4月までキャプテンを務めたポドルスキ。ここまで公式戦53試合に出場し、14ゴール10アシストを記録している。来年の東京オリンピックへ向け、ドイツ代表のオーバーエイジ枠での出場に意欲を示していたが、一旦Jリーグを離れて来夏に再び来日することになるのだろうか。

10/13(日) 21:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010029-goal-socc

写真
no title

イニエスタ、ポドルスキ……ヴィッセル神戸はなぜカネを使っても低迷するのか  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/12(日) 06:14:22.87 ID:pN2TNx7J9
元スペイン代表イニエスタ、元ドイツ代表ポドルスキなどビッグネームを擁するJ1のヴィッセル神戸が迷走中だ。
5月4日の札幌戦で逆転負けを喫して5連敗。優勝争いどころか下位に沈んでいる。

「2人に加えて今季は元スペイン代表の点取り屋、ビジャを獲得。日本代表の山口蛍やバルセロナのサンペールまで手に入れ、期待は高かった。
しかし頼みのイニエスタは故障がちで万全ではなく、豪華な外国人の使い方にも苦慮している」(スポーツ紙記者)

no title


 低迷の要因の1つにポドルスキの“孤立”があるという。

「彼は良くも悪くも“王様”気質。最初に入団したビッグネームでしたが、その後、イニエスタやビジャが加入し、監督もスペイン人のリージョが就任した。
チームのスペイン化が進む中、その村にも入れず、注目も分散されて面白くない。たまった鬱憤が問題行動となって現れるようになった」(サッカーライター)

 ポドルスキは4月17日に主将を退任。その後、20日の浦和戦でボールボーイに『ちゃんとよこせ、クソ野郎』とドイツ語で暴言を吐いたことが明らかに。
加えて自分の欠場をツイッターでバラし、謹慎処分を受けた。

「ポドルスキの行動は、チームマネジメントが機能してない最たる象徴です」(同前)

リージョ監督辞任の裏にあったもの……
 4月に2連敗した時点でリージョ監督が辞任。その背景には、三木谷浩史会長の現場介入の影響が囁かれている。

「三木谷氏は名将の呼び声高いリージョ監督にも、選手起用などの指示を出していたようです。
辞任理由は『自己都合』とされていますが、実際にはプライドが傷つき、嫌気が差したと見られています」(前出・スポーツ紙記者)

 後任監督には昨年9月に解任された吉田孝行氏が復帰。

「吉田監督は『三木谷さんが先発まで指示してくる』と周囲にボヤいていた。
それなのに臆面もなく出戻ったことで、三木谷氏や外国人選手に忖度せず、バラバラになったチームを再びまとめ上げられるか不安視されている」(同前)

 5月3日には元スペイン代表のダビド・シルバが、「神戸移籍に関心を示している」と米メディアで報じられた。
「カネだけかけりゃいいってもんじゃない」というサポーターの嘆きも聞こえてきそうな現状。宝の持ち腐れに終わらぬことを願いたい。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月16日号)

http://news.livedoor.com/article/detail/16445606/
2019年5月12日 6時0分 文春オンライン

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
順位表

<神戸の海外助っ人DF>語る日本と欧州サッカーの違いは?「ヨーロッパと日本は、それほど変わらないよ」  

1: Egg ★ 2019/04/26(金) 12:04:05.67 ID:e/k7BU5Q9
 J1ヴィッセル神戸のブラジル人DFダンクレーは、今年2月にポルトガルのヴィトーリア・セトゥーバルから移籍したが、欧州と日本におけるサッカーの違いについて持論を展開している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版のインタビューで語った。

 現在27歳のダンクレーは母国ブラジルのヴィトーリアでプロキャリアをスタートさせ、ボタフォゴとジョインヴィレを経て、ポルトガルのエストリル・プライアへ移籍。その後はフランスのRCランス、ポルトガルのヴィトーリア・セトゥーバルでプレーし、Jリーグ開幕直後の2月25日に神戸へ完全移籍した。

 ダンクレーは3月2日の第2節サガン鳥栖戦(1-0)で先発フル出場を飾ってJリーグデビュー。以降はリーグ戦7試合連続フル出場を続けるなどチームに不可欠な存在となっている。来日から3カ月近くが経つなか、早くも適応しているダンクレーはJリーグでの活躍を誓う。

「日本サッカー史に自分の名前を刻み付けたい。もちろん、他の選手と同様に夢はブラジル代表。アジアでプレーしていても可能だ。(元ブラジル代表MF)パウリーニョ(広州恒大/中国)のような例もある」

 そんなダンクレーに飛んだ質問の一つが、欧州と日本の違いだ。フランスとポルトガルでプレーしたブラジル人DFの目に、日本サッカーはどのように映っているのだろうか。

欧州に引けを取らないサッカーの質、「日本ではフィジカル的な準備が欠かせない」理由

 ダンクレーは「ヨーロッパと日本は、それほど変わらないよ」と切り出し、日本サッカーの質は欧州に引けを取らないと語る。その一方、「日本のほうが、動き回るサッカーをしている」とスタイルの違いを指摘した。

 そのうえで「日本人は監督の指示に従うし、戦術的にも優れている。それにゲームのスピードと強度も高い。決して動き回ることを止めず、最後までプレスをし続ける」と、日本サッカーの特徴を次々と挙げた。豊富な運動量をベースとしたスタイルが日本で根付いていると感じており、「だから、日本ではフィジカル的な準備が欠かせないんだ」と明かす。

 187センチ・80キロの体躯を駆使して1対1の球際で圧倒的な強さを見せる一方、足もとの技術もDFとしては高水準を誇るダンクレー。早くも“当たり助っ人”の声も出ているなか、名DFとしてJリーグ史に名を刻むことになるのだろうか。

4/26(金) 11:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00184830-soccermzw-socc

写真no title

リージョの辞任で「バルサ化」は頓挫か。 イニエスタ不在の神戸が連敗 

20190421-00010005-sportiva-000-1-view[1]

J1神戸入りバルサMFサンペール6日来日、7日会見へ 

20190305-00000020-dal-000-8-view

【神戸】“大当たり”助っ人の予感?新加入のブラジル人CBダンクレーがもたらすもの 

20190303-00054882-sdigestw-000-5-view

J1神戸、待望のCBが合流 DFダンクレー憧れはイニエスタ「彼とプレーは誇り」 

20190226-00000073-dal-000-2-view

<ヴィッセル神戸>長身CBダンクレーの加入を正式発表!ポルトガル1部から完全移籍  

1: Egg ★ 2019/02/25(月) 18:17:43.40 ID:Vl0DVKbs9
J1のヴィッセル神戸は25日、ポルトガルのヴィトーリア・セトゥバルからの完全移籍でブラジル人DFダンクレーを獲得することが決定したとして発表を行った。背番号は33番となる。

 ダンクレーは1992年生まれの27歳で、187cmの長身CB。ブラジル国内のヴィトーリア、ボタフォゴなどでプレーしたあと、ポルトガル1部のエストリル、フランス2部のランスを経て今季からセトゥバルに所属していた。ポルトガル1部では通算60試合に出場。今季のセトゥバルでも不動のレギュラーだった。

 ダンクレーはクラブ公式サイトを通し、「偉大なクラブ、ヴィッセル神戸に心より感謝いたします」とコメント。「大きなプロジェクトを成功させたいという目標」を掲げる神戸と同じ想いを抱いているとして、「自らの全てを捧げる覚悟を決め神戸へ行くことを決意いたしました」と加入に際しての心情を述べている。

 神戸の外国人選手はMFアンドレス・イニエスタ、FWダビド・ビジャ、FWルーカス・ポドルスキ、FWウェリントンに続いて5人目となる。豪華メンバーを揃えながらもJ1開幕戦ではセレッソ大阪に敗れる結果に終わったが、守備陣にも新戦力を加えて巻き返すことが期待される。

2/25(月) 17:37 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00310861-footballc-socc

写真
no title


【サッカー】<ヴィッセル神戸>ビッグ3不発で完封負け・・・リージョ監督「「負ける可能性より、勝つ可能性を作れた」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550873084/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索