Samurai Goal

ダビド・ビジャ


スポンサード リンク





引退間近のビジャが語るJリーグの印象は…「ここでのプレーは簡単じゃない。守備的でスペース見つけづらい」  

1: Egg ★ 2019/11/25(月) 08:54:26.71 ID:mBWvkZBA9
ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャが、Jリーグの印象について語っている。

2018年12月に神戸に加入し、今季限りで現役を退くことを表明したビジャ。同選手はスペイン『マルカ』とのインタビューで、現在挑戦しているJリーグが、一筋縄ではいかないリーグ戦であるとの見解を示している。

「(Jリーグは)ビッグネームの獲得によって成長を果たそうとしている。ここのフットボールは激しくて、プレーする難しさを伴う。スペースを見つけづらく、相手チームは常に注意を払っているし、とても守備的だ。ここでプレーするのは容易じゃない。それに加えて、選手個人の才能も際立つ」

ビジャはその一方で、日本で天皇杯優勝を果たし、有終の美を飾る意欲も口にした。

「(天皇杯優勝は)ケーキの上に最後に置くチェリーとなるだろう。引退を発表したけど、自分はまだ大会を戦っている。リーグ戦はもちろん、神が望むならば2試合のカップ戦に臨める可能性もあるんだ」

「僕たちは決勝まで到達することを求めているし、自分が戦う最後の試合が決勝という舞台で、なおかつそこでトロフィーを掲げられるならばファンタスティックだ。自分のキャリアに対するブローチになるだろうね」

11/24(日) 23:10配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00010054-goal-socc

写真no title

引退ビジャ「イニエスタと一緒に天皇杯を」一問一答 

20191113-11130461-nksports-000-11-view[1]

【速報】J1神戸の元スペイン代表ビジャが引退  

20191113-00000034-mai-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/13(水) 14:07:51.94 ID:aVfuEiUf9
サッカーJ1神戸は13日、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)が今季限りで現役を引退すると発表した。同日、神戸市内で記者会見を行った。

 ビジャは2001年にスペイン2部のスポルティング・ヒホンでプロデビューし、同1部のバルセロナやアトレチコ・マドリードなどを経て、今季米メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティーから神戸に加入した。ゴール前での得点嗅覚に優れ、高い決定力でスペイン代表として10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で5点を挙げ得点王に輝いた。スペイン代表最多の通算59得点を記録している。

 神戸がバルセロナのようなパスサッカーを模した「バルセロナ化」を掲げる中、昨夏に加入した元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(35)とともにプロジェクトの中核を担った。度重なる故障がありながらも、J1では第31節を終えて26試合に出場し5位タイの12得点を稼ぎ出していた。【丹下友紀子】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000034-mai-socc

記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=X5QYeIgjqUo&feature=youtu.be


神戸FWビジャ、NYの新クラブのオーナーに!…2021年からアメリカ2部に参入  

20191113-00997706-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/13(水) 10:14:51.06 ID:aVfuEiUf9
 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが、アメリカで新クラブのオーナーとなる。アメリカのリーグ機構『ユナイテッドサッカーリーグ(USL)』は12日、ビジャらがオーナーを務める新クラブ『クイーンズボロFC』が同リーグへの加盟許可を得たことを発表した。

 ニューヨーク市のクイーンズ区を拠点とするクイーンズボロFCは、2021年からアメリカ2部相当のUSLプロフェッショナルリーグに参入することが決まった。新クラブは、同区内にあるニューヨーク市立大学ヨーク校の新スタジアムを本拠地とする予定で、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)のニューヨーク・メッツのホーム球場でもある『シティ・フィールド』でもいくつかのホームゲームを行うようだ。

 2015~2018シーズンにMLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティでプレーしていたビジャは、ニューヨークの資産運用会社『クレイン・シェア』のジョナサン・クレインCEO(最高経営責任者)とともにオーナーを務めるという。

 ビジャは同サイトを通じて、「僕は4年間、ニューヨークに住んでプレーした。クイーンズは特別な場所だ。ここの文化や食、人々や彼らの人生への情熱、そしてもちろんサッカーが大好きだ。世界でこのような場所は他にない。クイーンズでフットボールクラブを設立するのは夢だ。これ以上の場所はないだろう」とコメントした。

 現在37歳のビジャは、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリードなどで数多くのタイトルを獲得し、2010年にはスペイン代表の一員として南アフリカ・ワールドカップの優勝に貢献。ニューヨーク・シティで4シーズン過ごした後、2019シーズンから神戸でプレーしている。

 なお、アメリカでは元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、2020年からMLSに参入するインテル・マイアミの共同オーナーを務めており、USLでは元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏がフェニックス・ライジングの共同オーナーを務めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00997706-soccerk-socc

神戸ビジャ、高さ12m獅子頭の前で撮影 ド迫力な1枚に海外驚嘆「うわぁ」「美しい」  

名称未設定 1




1: Egg ★ 2019/08/12(月) 21:54:31.10 ID:KmmjKqkh9
大阪の人気スポットで家族とともに記念撮影、海外ファンも驚き「クール」「凄い」
 
J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが自身の公式インスタグラムを更新し、高さ12メートルもの巨大な獅子頭をバックに撮影した1枚の写真をアップしている。
人気パワースポットでの家族ショットに「凄い」「巨大で美しい」と海外ファンからも反響を呼んでいるようだ。

今季神戸に加入したビジャは、リーグ戦第22節を終えた段階で18試合10ゴールをマーク。ここ2試合は筋肉系の負傷で欠場しているが、チーム内最多ゴールで攻撃をけん引し、
J1得点ランキングでもFC東京FWディエゴ・オリヴェイラ(12ゴール)、横浜F・マリノスFWエジガル・ジュニオ(11ゴール)に続く3位と気を吐く。

ビジャは負傷の影響で8月中旬まで戦線離脱となりそうな気配で、チームも15位と苦戦続き。鬱屈とした思いを発散するように、家族とともに出かけてリフレッシュを図ったようだ。
11日に公式インスタグラムを更新すると、「Namba Yasaka Shrine」と記して1枚の写真をアップしている。

ビジャが家族とともに訪れたのは、大阪府大阪市にある難波八阪神社だ。巨大な獅子殿が特大のインパクトを放ち、観光客からも人気を集めるスポットとなっている。
高さ12メートル、幅11メートル、奥行き10メートルという巨大な獅子頭をかたどった大きな獅子殿が特徴的で、まるで大口を開いて笑っているような表情がユニーク。
大きな口で邪気なども呑み込み、勝運(商運)を招くとされており、金運・勝負運・運気アップなどのご利益があるとされ、パワースポットとしても知られる。

晴天のなかで撮影した家族ショットに海外ファンも反応。「うわぁ!」と驚きの声を上げる人もいれば、「凄い」「クール」「巨大で美しい」「素敵」というコメントが寄せられている。
チームはリーグ戦直近5試合で2分3敗と勝利から見放されているが、勝運アップの祈りは届くか。そしてビジャの1日も早い戦列復帰が待たれるところだ。

8/12(月) 8:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00210001-soccermzw-socc

写真
https://www.instagram.com/p/B1Aq-FjBWzZ/?utm_source=ig_embed

【感動動画】「涙が出そう」「愛が溢れている」イニエスタとバルサ来日メンバー“抱擁ムービー”にファン感動! 

20190725-00010001-sdigestw-000-2-view[1]

「永遠に日本に居そうなのは誰?」バルサ公式がイニエスタ、ビジャ、サンペールの三銃士を質問責め! 

20190725-00010002-sdigestw-000-2-view[1]

<日本人ファンは不可思議>バルサへの“謎めいた歓迎”にスペイン紙困惑!「名手が不在にもかかわらず熱狂」  

1: Egg ★ 2019/07/22(月) 13:25:26.11 ID:fly663Aw9
今夏ユベントスに移籍したデ・リフトのポスターを掲げるファンに注目 「熱狂していた」
no title

バルセロナはプレシーズンツアーのRakuten CUPを戦うため、21日に日本に到着した。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、来日したバルセロナの選手たちを一目見ようと駆けつけた大勢のファンのなかに、在籍していない“ある選手”のポスターを掲げたサポーターがいたことにスポットライトを当てている。

 Rakuten CUPに参戦するバルセロナは23日にチェルシー(埼玉スタジアム)、そして27日にクラブのレジェンドである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャらが在籍するヴィッセル神戸(ノエビアスタジアム神戸)との試合を控えている。

 コパ・アメリカ(南米選手権)を戦ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらがメンバー外となるなか、今夏バルセロナに加入した日本代表MF安部裕葵の参戦が決定している。

 日本での人気も高いスペインの名門が21日に来日したが、同紙は「日本人ファンはとても不可思議だ」と取り上げ、「メッシ、スアレス、コウチーニョのような名手が不在にもかかわらず、日本人は東京に到着したバルセロナに熱狂していた。バルセロナの選手にはならなかった選手に対してさえも、だ」と指摘。今夏アヤックスからユベントスに移籍した、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの写真を掲げていたファンがいたことを伝えている。

「若き日本人ファンは、アヤックスのユニフォームを着ており、ユベントスへの移籍が決まったデ・リフトのポスターを掲げて歓迎していた。確かに、バルセロナに加入したフレンキー・デ・ヨングも写っていたが……」

 デ・リフトは今夏、バルセロナ移籍が有力と見られていたものの交渉が難航。最終的にはイタリアの絶対王者ユベントス加入となった。ファンが掲げたポスターにはデ・ヨングも写っていたため、デ・ヨングに対する歓迎ということで間違いないだろうが、その横で存在感を放つデ・リフトの写真に、スペインメディアも困惑気味だった。

7/22(月) 10:05 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00205358-soccermzw-socc

ビジャ、茶道体験でリフレッシュ 正座やお点前に挑戦「奥深さに触れられた」   

1: 久太郎 ★ 2019/07/08(月) 20:28:32.98 ID:UBagj8Pu9
 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャ選手(37)が8日、神戸市中央区の生田神社で茶の湯を体験した。ビジャ選手の家族や同チームのトレーナーら約20人が茶道の作法などを学び、日本文化を楽しんだ。

 茶道を通じて立ち振る舞いを洗練させることなどを目的に、同選手らと親交がある市内の理容師が企画。ビジャ選手は森本篤生権禰宜から神社の起こりや祭神について説明を受け、隣接する会館で和室に入室する際の所作を練習した。

 慣れない正座に苦戦しながらも、茶道家の指導通りに入室し「難しくないね」と一言。後から入ってきた妻と3人の子どもに「右足から入って」「畳のヘリを踏んじゃだめだよ」と助言していた。

 茶席は膝への負担を考慮し、テーブルといすを用いる立礼式。加藤隆久名誉宮司も出迎え、和菓子と茶がふるまわれた。茶を飲み干したビジャ選手は茶せんを使って点前に挑戦。細かな泡が浮いた茶が完成し、満足そうな表情を浮かべた。

 今シーズンはここまで最多タイの10得点を挙げ、波に乗る同選手。「今までいろいろな国の文化を体験してきたが、日本は特に興味深い。奥深さに触れられ、とてもいい1日になった」とリフレッシュした表情だった。(伊田雄馬)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000012-kobenext-socc

画像
https://i.kobe-np.co.jp/news/sports/vissel/201907/img/b_12496869.jpg
no title

no title

神戸FWビジャが鮮やかダブルタッチゴール!ここ6戦6発で今季10点目、リーグ2桁一番乗り!! 

20190706-43468969-gekisaka-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索