Samurai Goal

ダイブ


スポンサード リンク





「ソン・フンミンのダイブを告発」 “疑惑のPK獲得”に英物議「韓国人の飛び込みを非難」 

20200206-00245151-soccermzw-000-2-view[1]

【動画】「議論呼ぶ大迫の2ゴール」 日本戦の判定に英誌注目「南野のダイブにイラン激怒」 

20190129-00166672-soccermzw-000-12-view

韓国代表FWソン・フンミン、“ダイブ疑惑”で英国物議!「恥ずべき」「試合終了時に非難」 

20181203-00151914-soccermzw-000-11-view




1: 2018/12/03(月) 19:47:22.43 _USER9
トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間2日のアーセナル戦(2-4)に先発出場し、一時勝ち越しとなるPKを奪取した。このプレーは相手選手からもダイブの疑惑がかけられているが、本人は「接触はあった」と主張している。

【関連動画】「接触はあった」「あれはPKだ」と本人は主張 トットナムFWソン・フンミンがPKを獲得した“ダイブ疑惑”の瞬間
https://www.football-zone.net/archives/151914/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=151914_6

 1-1で迎えた前半34分、トットナムはイングランド代表FWハリー・ケインがPKを決めて勝ち越しに成功した。このPKはソン・フンミンが獲得したものだったが、このプレーが物議を醸すものとなった。

 パスに抜け出したソン・フンミンはペナルティーエリア内に侵入。カバーに戻ったDFロブ・ホールディングのタックルを受けて倒れ込んだが、接触はなかったのではとしてダイブ疑惑が浮上している。試合はアーセナルが4-2で勝利を収めたが、試合終了後にはピッチでアーセナルのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスがソン・フンミンに詰め寄って、ダイブを主張する場面もあった。

 英紙「ザ・サン」では「ソン・フンミンが恥ずべきダイブで(主審の)マイク・ディーンを騙す」と報じれば、英紙「デイリー・メール」はソクラティスの抗議に注目。「ソクラティスが試合終了時にソン・フンミンに非難」と伝えるなど波紋を広げている。

 当のソン・フンミン本人は英衛星放送「スカイ・スポーツ」の試合後インタビューで「あれはPKだ。接触はあった」とし、ファウルの判定は正当だったと強調した。

12/3(月) 19:39 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00151914-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索