Samurai Goal

タイ


スポンサード リンク





<W杯アジア予選全結果>西野タイは首位攻防戦を勝ち切れず3位後退。本田圭佑のカンボジアは泥沼の4連敗…  

1: Egg ★ 2019/11/20(水) 05:03:32.39 ID:NWrbAcMj9
日本が首位に立つグループFは2位以下3チームが混戦に

11月19日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第6節が各地で開催され、元日本代表監督の西野朗氏が率いるグループ2位のタイ代表は、勝点2差で首位に立つベトナムとの首位攻防戦に挑むも、最後まで得点を奪えず、スコアレスドローで3位に後退した。
 
 前節、マレーシアに1-2で競り負け、初黒星を喫したタイは、アウェーでベトナムと対戦。札幌のMFチャナティップ、横浜のDFティーラトン、元広島のFWティーラシンが先発したタイは、立ち上がりから攻勢に出る。すると27分、右CKからゴール前でDFマヌエル・ビアーが倒され、PKを獲得する。キッカーのティーラトンが、ワンフェイントを入れ、落ち着いて左足を振り抜くも、ゴール左を狙ったシュートはGKのスーパーセーブに阻まれ、先制とはならなかった。
 
 後半もゲームの主導権を握るタイは、サイドへの展開で相手を揺さぶり、ペナルティエリア付近で細かくパスを回して何度もゴールに迫るも、最後の局面で精度を欠き、結果に結びつけられず。結局そのまま最後までスコアは動かず、0-0のドローで2戦未勝利となっている。
 
 また、香港と対戦した本田圭佑が実質的監督を務めるカンボジアは、20分に右サイドを打開され、クロスからFWジェームス・ハに先制点を挙げられる。その後78分に、DFセウイ・ウィサルが2枚目のイエローで退場となり、数的不利となると、84分にも追加点を決められ、0-2の敗戦。4連敗を喫し、1分け4敗の勝点1で、グループ最下位に沈んでいる。
 
 また日本と同組、グループFの2試合では、ミャンマーがモンゴルを下し2連勝。キルギス対タジキスタンの一戦は、1-1の痛み分けとなった。この結果、2位から4位までが勝点1差の混戦模様となっている。
 
19日に行なわれたアジア2次予選・第6節の全試合結果は以下の通りだ(国名横のカッコ内数字は勝点)。
 
【グループA】
モルディブ(6)3-1グアム(0)
シリア(15)1-0フィリピン(7)
※試合なし=中国(7)
 
【グループB】
ネパール(3)0-1クウェート(10)
ヨルダン(10)5-0台湾(0)
※試合なし=オーストラリア(12)
 
【グループC】
香港(5)2-0カンボジア(1)
イラク(6)0-0バーレーン(9)
※試合なし=イラン(6)
 
【グループD】
ウズベキスタン(9)2-0パレスチナ(4)
イエメン(5)1-2シンガポール(7)
※試合なし=サウジアラビア(8)
 
【グループE】
アフガニスタン(4)0-1カタール(13)
オマーン(12)1-0インド(3)
※試合なし=バングラディシュ(1)
 
【グループF】
ミャンマー(6)1-0モンゴル(3)
キルギス(7)1-1タジキスタン(7)
※試合なし=日本(12)
 
【グループG】
マレーシア(9)2-0インドネシア(0)
ベトナム(11)0-0タイ(8)
※試合なし=UAE(6)
 
【グループH】
トルクメニスタン(9)2-0スリランカ(0)
レバノン(8)0-0北朝鮮(8)
※試合なし=韓国(8)
 
11/20(水) 4:56 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00066913-sdigestw-socc

写真
no title

W杯アジア予選 イラン2連敗で3位 西野タイ逆転負け2位転落  

20191115-11150059-nksports-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/15(金) 11:22:07.01 ID:DUhJg0AA9
<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選>◇各組◇14日◇ドバイほか

A組はシリアが首位争いの相手中国にホームで2-1で競り勝ち4連勝。2位中国との差を5に広げた。

B組はオーストラリアがヨルダンをアウェーで1-0で下し4連勝。クウェートは台湾に9-0で大勝し、ヨルダンと勝ち点7で並んだ。

C組はFIFAランク27位のイランが同74位のイラクに1-2で敗れた。1-1で前半を折り返し、終盤に退場者を出して数的不利となり試合終了間際にオウンゴールで決勝点を奪われた。勝ち点を10に伸ばしたイラクが首位。香港とアウェーで0-0で引き分けたバーレーンが勝ち点8で2位。勝ち点6のイランは2連敗で3位。

D組はサウジアラビアがアウェーでウズベキスタンに3-2で逆転勝ちし、勝ち点を8として首位に浮上した。ウズベキスタンは2差の2位に後退。

E組はオマーンがホームでバングラデシュを4-1で破り、勝ち点を9として試合のなかったカタールに1差に迫った。

F組は首位の日本がアウェーで2位キルギスを2-0で下し4連勝とし、差を6に広げた。ミャンマーが4-3でタジキスタンを破り、初勝利を挙げた。

G組は西野朗監督率いるタイがアウェーでマレーシアに1-2で逆転負けし、勝ち点7のままで2位に転落した。UAEをアウェーで1-0で破ったベトナムが勝ち点を10として首位浮上。

H組は韓国がアウェーでレバノンと0-0で引き分け首位を守った。北朝鮮はアウェーでトルクメニスタンに1-3で敗れ、3位に後退した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-11150059-nksports-socc

「とうてい受け入れられない!」西野朗監督の“苦言”にベトナム代表の韓国人監督が怒りの反論!  

20191101-00066072-sdigestw-000-7-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/01(金) 05:41:51.26 ID:hokQsRUw9
「タイの選手だって同じことをしていたよ!」

 11月中旬に再開されるカタール・ワールドカップ・アジア2次予選。目下3連勝中の日本代表は11月14日にキルギスとのアウェーマッチに臨む。

 全8グループのなかで、もっとも熱いバトルが繰り広げられているのがG組である。なにせタイ、ベトナム、インドネシア、マレーシアとただでさえライバル意識の強い東南アジア4か国が一堂に会しているのだ(もうひとつはUAE)。3試合を終えて勝点7でタイとベトナムが並び、得失点差1の差でかろうじて前者が首位に立っている。

 11月19日、そのタイとベトナムがふたたび激突する。大一番を前に、ベトナム代表を率いる韓国出身のパク・ハンソ監督が地元メディア向けの記者会見に登壇し、とある人物の発言に噛み付いた。ほかでもない、前日本代表監督で現在タイ代表の指揮を執る西野朗監督だ。米ネットワーク『Fox Sports Asia』が伝えている。

 事の発端は、両国の前回の対戦後にあった。9月5日にバンコクで行なわれた試合はともに決め手を欠く大味な展開で、スコアレスドローに終わる。ゲーム終盤、アウェーの地であからさまに引き分け狙いだったベトナムに対して、西野監督はタイ地元紙のインタビューで次のような苦言を呈していた。

「ベトナムの選手は私の目の前で意図的に倒れ込み、時間稼ぎをしていた。私は良くない日本語で早く立てと促したんだが……。このような振る舞いは、平均か平均以下のレベルの国でなされるものだ。彼らは90分間のうち、50から60分くらいしかプレーしていないんじゃないかな。サッカー先進国は最大の効果を引き出すため、選手たちは常に最善を尽くす。あのようなアンプロフェッショナルな選手がたくさんいれば、サッカーの進歩は望めない」
 このコメントを受けて、いまやベトナム国内で絶大な支持を得ているパク監督が、強い口調でこう反論したのである。

「ウチの選手に対するタイ代表監督の言葉を耳にした。監督というものは、対戦相手の選手に対するコメントに細心の注意を払うべきだと思う。他者を批判する前に自分たちの足下を見るべきなのだ。今年のキングスカップで、タイの選手たちは同じようなことをしていたわけでね。私から選手たちに、そんなこと(時間稼ぎ)をしろという指示はいっさい出していない。とうてい受け入れられない発言だ」

 9月の対戦時は試合前後に健闘を称えあい、熱い抱擁を交わしていた両指揮官。新たな火種を孕みつつ、ハノイでの宿敵対決第2ラウンドは、大きな盛り上がりを見せそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 11/1(金) 5:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191101-00066072-sdigestw-socc

日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同組…東京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定!  

20190926-43472066-gekisaka-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 18:13:15.89 ID:IKUPLaDE9
東京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定! GLでの日本vs西野タイは実現せず

 アジアサッカー連盟(AFC)は26日、AFC U-23選手権タイ2020の組み合わせ抽選会を行い、日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同じB組に入った。また、元日本代表指揮官の西野朗監督が率いる開催国タイはイラク、オーストラリア、バーレーンと同居するA組となっている。

 同大会は来年1月に開催。東京オリンピックのアジア最終予選を兼ねており、上位3チームが出場権を獲得する。16か国を4チームずつ4組に分けてグループリーグを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。東京五輪ホスト国の日本がベスト4に入った場合、準決勝に勝ち上がった他の3チームが出場権を得ることになり、3位決定戦は実施されない。

以下、グループリーグの組み合わせ

▽グループA
タイ、イラク、オーストラリア、バーレーン

▽グループB
カタール、日本、サウジアラビア、シリア

▽グループC
ウズベキスタン、韓国、中国、イラン

▽グループD
ベトナム、北朝鮮、ヨルダン、UAE

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472066-gekisaka-socc

タイ現地メディア&識者 タイを快勝に導いた西野朗督の手腕を絶賛!「特にニシノ監督の采配に脱帽した」  

20190911-00010000-sdigestw-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/11(水) 10:11:12.03 ID:+EZiDNKu9
現地時間9月10日、2022年のカタール・ワールドカップに向けたアジア2次予選の第2節で、敵地に乗り込んだタイ代表がインドネシア代表を3-0で撃破した。

 前日本代表指揮官の西野朗氏が率いるタイは、スコアレスで折り返した55分にスパチョク・サラチャットのゴールで先制すると、65分に横浜F・マリノスに所属するティーラトンがPKを決めて追加点をゲット。そして72分にスパチョクがダメ押しゴールを挙げ、趨勢を定めた。

 これで今年7月に発足したばかりの西野体制初勝利を挙げ、グループGの首位に浮上したタイ。現地メディアや識者からは、日本人指揮官の手腕に対して称賛の声が相次いでいる。

 ベトナム・メディアの『The Thao』は、「タイは容赦なくベトナムに牙を剥いた」と伝えたうえで、元タイ代表監督のチャーンビット・ホルシュウィン氏の西野監督に対するコメントを紹介している。

「この勝利の鍵は選手たちが規律を守ったことにある。アキラ・ニシノから叩き込まれた戦術を徹底的に習得した。監督は日本の選手たちの方がタイよりも個の力で優れていることを理解したうえで、まずは戦術を浸透させた。それが良かった。ニシノの手腕があれば、タイは幸運に恵まれなくとも、自力でグループ突破を決められるはずだ」

 64歳のベテラン監督に対する賛辞はこれだけではない。元タイU-19代表監督のソムチャイ・チュアイブーンチャム氏も、その采配を褒めちぎっている。

「私は今日のタイ、特にニシノ監督の采配に脱帽した。彼がこの試合で用いた戦術は本当に素晴らしかった。試合のなかでシステムを微調整する力とそれを実行に移させた能力は流石だった。今後、選手と監督の意思疎通がより深まり、戦術と哲学の理解度が浸透していけば、タイは2022年のワールドカップに向けた明るい道が開けてくることだろう」

 ご意見番たちが文字通り脱帽する戦いぶりを披露したタイ。次節は10月15日にホームで難敵UAEと対戦する。西野監督率いる戦象戦士(タイ代表の愛称)から、今後も目が離せない。

9/11(水) 5:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00010000-sdigestw-socc

タイ代表・西野朗監督、初陣飾れず。チャナティップ躍動もベトナムと引き分け  

20190905-00337238-footballc-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/05(木) 23:04:29.29 ID:vWVSQFzm9
【タイ 0-0 ベトナム 2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選】

 2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選のタイ代表対ベトナム代表の一戦が現地時間5日、タイ・タンマサート大学スタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わった。

 7月に前日本代表監督の西野朗氏を新監督として招聘したタイ。準備期間が少なくぶっつけ本番に近い形で迎えたベトナム戦で、西野監督はJリーグ所属のチャナティップ、ティーラトン、ティティパンの3人を先発出場させた。

 前日会見で「ストライカーを探すのが大変」と嘆いていた西野監督。この試合では本来はMFのティティパンをトップで起用する奇策に出る。だが、前半はそれほど攻撃は機能せず、ボールは保持するもアタッキングサードを崩せなかった。決定機はほとんどなく0-0で折り返す。

 後半、ホームの大声援を受けたタイが攻勢に出る。チャナティップを起点に次々とチャンスをつくる。しかし、ゴールに迫る場面も多くあったが、結局ネットは揺れず。スコアレスドローで試合は終了した。

 最終予選進出を目指すタイにとって、東南アジアのライバル・ベトナムとの試合は負けられない戦いだった。ホームでの引き分けは手痛い。チャナティップはトップ下で躍動し、終了間際にはあわやという場面もあったが、ゴールをこじ開けるまでには至らなかった。

「得点力不足を感じる」と試合前に弱点を語っていた西野監督。その発言通りの試合となってしまった。

【得点者】
なし

(取材・文:植田路生【タイ】)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190905-00337238-footballc-socc

<前日本代表監督の西野朗氏>タイ代表監督就任へ 近く正式契約、W杯2次予選で日本と同組の可能性も  

1: Egg ★ 2019/06/29(土) 01:17:57.14 ID:f0t9AyhV9
前日本代表監督の西野朗氏(64)がタイ代表の新監督に就任する見通しとなったと、28日にサイアムスポーツなど地元メディアが一斉に報じた。
既にタイ入りしており、近く正式契約する見通しで、29日には現地でリーグ戦を視察する予定という。

タイ協会は1月のアジア杯期間中にセルビア人のラエバツ監督を解任。監督代行を務めていたシリサク氏が今月で退任し、
9月開幕の2022年W杯カタール大会アジア2次予選に向けて後任の選定を進めていた。

W杯アジア2次予選の組み合わせ抽選は7月17日に行われ、第1シードの日本は第3シードのタイと同組となる可能性がある。

6/28(金) 22:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000206-spnannex-socc

写真
no title

女子W杯>13-0勝利の裏で論争勃発!アメリカ女子FWモーガンが反論!「ベストを尽くさないのは失礼」  

20190613-43468157-gekisaka-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/13(木) 17:13:13.78 ID:4AgpoNXY9
 フランスで開催中の女子ワールドカップで、タイ女子代表を13-0で下したアメリカ女子代表が論争の的となっているようだ。発端となったのは元カナダ女子代表選手がテレビ番組で行った批判。これに対し、アメリカ女子代表のエースストライカーが再反論を行う事態にまで発展している。

 前回王者のアメリカ女子代表は11日に行われた女子W杯のグループリーグ第1節、タイ代表を相手に序盤からゴールを量産し、13-0という大量得点差で勝利を収めた。国際サッカー連盟(FIFA)によると、1試合13得点はW杯史上最多。また、エースのFWアレックス・モーガンが記録した1試合5得点も前人未到の記録となった。

 ところが、そんなアメリカ女子代表が批判の矛先となった模様。カナダのテレビ局『TSNスポーツ』で番組に出演した元カナダ女子代表のケイリン・カイル氏(30)が「カナダ人としてそういったことを決して考えたことはなかった。私は失礼だと思うし、不名誉なことだと思う」と発言したのだ。

 ここからSNSを中心に議論が過熱。この批判はゴールパフォーマンスに対してのものであり、大量得点に対するものではなかったようだが、ネット上ではさまざまな意見が入り乱れている。

 またエースのモーガンは『ESPN』のインタビューに応じ、「私たちがベストを尽くさずに90分間プレーしたらそれは失礼なことだと思う。タイの選手たちも真剣にプレーしてほしかったはず」と反論。パフォーマンスについてもW杯初出場で初ゴールを挙げた選手を「祝福したいし、誇りに思う」と自身の立場を示している。

 なお、発端となったカイル氏には殺害予告のようなメッセージも寄せられている様子。自身の公式ツイッター(@KaylynKyle)を通じて、自身の批判はゴールパフォーマンスに関するものだったとあらためて弁解したカイル氏は「誰もが意見を言うことが許されているけど、殺害脅迫はやめてください。もう大人だし、良い議論は好き。でも、そんなものは必要ないはず」と呼びかけている。

6/13(木) 9:20配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-43468157-gekisaka-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190613-43468157-gekisaka-000-5-view.jpg

タイ相手に衝撃の13ゴール圧勝!<優勝候補アメリカ>モーガン5発で白星発進/2019女子W杯  

1: Egg ★ 2019/06/12(水) 08:56:34.14 ID:kIpyc+iH9
現地時間11日『2019 FIFA女子ワールドカップ』のグループE&F計3試合が行われた

2大会連続優勝を目指す優勝候補F組のアメリカは初戦でタイと激突。地力に勝るアメリカがタイを圧倒し、12分にアレックス・モーガンが先制点を決めると、ここからゴールラッシュ。

前半は3-0で折り返したものの、後半には10度ネットが揺れることとなり、モーガンは5ゴールの固め打ち。13-0という大差での決着となった。

グループFもう一つの試合、チリvsスウェーデンはスコアレスで戦況が進んだものの、83分からスウェーデンが2ゴールを奪い、0-2でスウェーデンが勝利を収めている。

E組のニュージーランドvsオランダは後半アディショナルタイムの土壇場にオランダが先制し、これがそのまま決勝点に。0-1でオランダが初戦をものにした。

■2019女子W杯の結果
ニュージーランド 0-1 オランダ
チリ 0-2 スウェーデン
アメリカ 13-0 タイ

6/12(水) 6:38 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010003-goal-socc

写真no title

<チャナティップ>SNSで大炎上!札幌のSNSにも飛び火…大激怒ベトナムサポーターに謝罪  

1: Egg ★ 2019/06/07(金) 22:53:10.44 ID:7tsdDea/9
北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップは7日、自身のフェイスブックを更新。『キングスカップ2019』での騒動を煽る言動について謝罪した。

 チャナティップはタイ代表の『キングスカップ』メンバーに招集されていたものの、負傷のため不参加に。エース不在のタイ代表は5日にベトナム代表と対戦し、0-1で敗れていた。

 騒動は後半15分に勃発。ベトナム代表の選手が倒れたタイ代表選手を踏みつけたところ、両チームでもみ合いとなった。そこへ駆け付けたMFティティパン(大分)はベトナムの選手をけん制しつつ、小さな振りで平手打ち。しかし、主審の飯田淳平氏はこの行為にカードを出すことはなかった。

 チャナティップは自身のSNSにて騒動の動画を投稿。「55555」(タイ語で5はhaa、ネットスラングで(笑)の意)とコメントを残したことで、ベトナムサポーターが激怒し、チャナティップのフェイスブックや札幌のフェイスブックにベトナム語の批判が殺到した。

 7日、チャナティップは自身のフェイスブックで謝罪のコメントを発表。「ベトナム代表とドアン・バン・ハウ選手に謝罪いたします。ベトナムサポーターにも謝罪をします。今回の発言は私に非があり、とても申し訳なく感じています」と反省を語った。

「タイとベトナムは非常に良いライバル関係にあり、東南アジアサッカーを良くする関係でもあります。今回の騒動を、すべての選手やサポーターで終息させられるよう願います。タイ、ベトナム、すべての東南アジア諸国のために、ともに協力しましょう。改めて申し訳ございませんでした」

ゲキサカ 2019年6月7日 21時25分
https://news.infoseek.co.jp/article/gekisaka_276450/

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索