Samurai Goal

ソン・フンミン


スポンサード リンク





<ゾン・フンミン>にまた人種差別…「細い目」の絵文字でSNS埋まる 

1: Egg ★ 2020/01/19(日) 23:07:13.83 ID:JAkyZllr9
昨年末イングランドのプロサッカープレミアリーグ(EPL)チェルシー戦で人種差別を受けた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)が再び人種差別の犠牲になったのではないかという指摘が出た。

最近2019-2020欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグが運営する公式インスタグラムに、「絵文字を使ってこのトッテナムのスターを描写してみよう」という内容の投稿が掲載された。

投稿には孫興民の写真4枚と孫興民が韓国出身であることを現わす「kr」も表記された。

該当の投稿が掲示されて1週間過ぎた18日現在で1万6000人を超える世界のサッカーファンがコメントを残した。

同じ期間に同じスペースに上げられた他の投稿などに2000件前後のコメントがついたのと比較すると「孫興民絵文字」の投稿は多くの人々の関心を引いている。

問題は該当の投稿を通じて孫興民に向けた人種差別的行為が行われている点だ。

コメントを登録したサッカーファンの相当数が孫興民を表現する絵文字に「細い目」を選んだ。

目をつり上げて細くするのは東洋人を見下す時に使う代表的な人種差別的動作だ。

赤いボールの絵文字とともに「レッドカード」「赤は彼のカードの色」と書いたコメントも登録された。

このように絵文字を通じた差別行為が続くと韓国のネットユーザーは該当投稿に「細い目の絵文字が本当に腹が立つ」「2020年なのに人種差別している」「管理しないならこうした投稿をなぜ上げるのか? 選手とファンは心が痛い」「人種差別する人は恥ずかしいと思え」などのコメントを残した。

これに先立ち孫興民は先月23日にロンドンで行われたチェルシーとの試合でも人種差別にあっている。

孫興民にどのような形の人種差別的行為がされたのかは明らかにされていないが、該当行為を犯したチェルシーファンはロンドン警察に逮捕された。

当時このニュースが大々的に報道され英国政府とサッカー界は人種差別行為を根絶すると約束したが、孫興民は1カ月ほどでまたグラウンドの外で再び人種差別の標的になった。

1/19(日) 13:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000009-cnippou-kr

写真
no title

南野拓実とソン・フンミンが談笑&サムアップ 

pre20011507490001-p1[1]




1: ネギうどん ★ 2020/01/15(水) 20:38:37.70 ID:LWk593HB9
 リバプールが『YouTube』チャンネルで公開したトットナム戦キックオフ前の南野拓実とソン・フンミンのやり取りに注目が集まっている。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。

 1月の移籍市場でザルツブルクから725万ポンド(約10億円)でリバプールに加入した南野。5日のFAカップエバートン戦でデビューを飾った同選手は、11日に敵地で行われたトットナム戦でプレミアリーグ初のベンチ入りを果たしたものの、出場機会は訪れなかった。

 ビッグクラブ同士の対戦に加え、ユルゲン・クロップ監督とジョゼ・モウリーニョ監督による名将対決としても注目を集めた一戦。そんなビッグマッチ前のトンネル内で、先発出場したソン・フンミンと南野が対面。両者は笑顔を見せながら、肩を寄せ合て握手し、ドイツ語で簡単に言葉を交わす様子が映し出されている。

 そして、別れ際にソン・フンミンは満面の笑顔とともに両手で“サムアップ”のポーズを取り、南野もそれに応える形でサムアップしてピッチへと姿を消した。なお、韓国代表FWがフル出場を果たした一方で、日本代表FWはこの試合で出番なく、アジア人対決は実現しなかった。

 試合はロベルト・フィルミーノの得点をリバプールが守り切り、1-0でトットナムを下す。そして、開幕21試合で勝ち点を「61」まで伸ばしたクロップ監督率いるチームは、ヨーロッパ5大リーグで開幕からの歴代最多勝ち点記録を樹立している。(Goal.com)

https://www.sanspo.com/soccer/news/20200115/pre20011507490001-n1.html?pdm_ref=gpc

懲戒から復帰した孫興民「出場停止は苦痛…もう同僚のけがは見たくない」 

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/07(火) 16:35:08.78 ID:CAP_USER
懲戒から復帰した孫興民(ソン・フンミン、28、トッテナム)が2019年を振り返りながら「より良くなろうと努力する」と語った。

孫興民は7日(日本時間)、英紙デイリーメールのインタビューで、出場停止でグラウンドに立てなかった状況を振り返った。孫興民は先月23日のチェルシー戦で相手選手を蹴って退場となり、3試合出場停止処分を受けた。

孫興民は「タイトな日程で試合が続いたが、出場できず眺めなければいけないのは本当につらかった」と明らかにした。

2019年にレッドカードを3枚も受けたことについて「全く予想していなかった」とし「すでに過ぎたことは話したくない。この状況を通じてより良くなろうと努力している。先のことに焦点を合わせる」と話した。

孫興民はこの日の復帰戦では、けがで出場できない「主砲」ハリー・ケインの代わりにストライカーとして出場した。しかし目を引くようなプレーは見せられなかった。チームはミドルズブラと1-1で引き分け、再試合をすることになった。

孫興民は「サッカー選手ならいかなる状況でも戦う準備ができていなければいけない」とし「トップで出場したのは監督の選択であり、自分はそれに応えるだけ」と話した。続いて「ケインは我々のチームで最も重要な選手。もうチームメートがけがをするのは見たくない」と語った。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/261263?servcode=600&sectcode=610
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.07 16:04

no title

孫興民(トッテナム)

「悪意に満ちた報復行為」「韓国の赤い王!」、ソン・フンミンたたく中国、それを楽しむ日本[12/24]  

2019122400421_0




1: 蚯蚓φ ★ 2019/12/25(水) 00:12:16.59 ID:CAP_USER
https://image.chosun.com/sitedata/image/201912/24/2019122400421_0.png

日本サッカー専門メディアがトッテナムのFWソン・フンミンの退場波紋を扱い、中国メディアの批判記事を引用してそれとなく韓国をたたく記事を掲載した。東アジア選手権で韓国メディアは中国の少林サッカーを非難したが、今回は中国メディアが同じように報復しているという趣旨の内容だ。

「サッカーダイジェスト」は24日、ニュースを通じてソン・フンミンの退場が大きな波紋を起こしていると火ぶたを切った。ソン・フンミンは去る23日(以下韓国時間)、プレミアリーグ18ラウンド、チェルシーとの試合に出場して後半16分、相手のリュディガーとボールを争う途中報復性の足蹴りが出て退場カードを受けた。

同メディアは今年5月、11月に続き1年間に3度もレッドカードを受けて英国をはじめとするヨーロッパメディアはもちろん、母国・韓国のメディアからも「未熟だ」「感情をコントロールできていない」と批判が集中していると雰囲気を伝えた。

それと共にソン・フンミンに対する批判記事をいっせいに吐き出す中国メディアの雰囲気も紹介した。「英国でも心優しい聡明なイメージを持たれているが、もはやそれは過去の話。1年で3度の退場はあり得ない。アジアの王はいまや韓国の“赤い王”だ」というある中国メディアの評価をのせた。引き続き「悪意に満ちた報復行為だった。主審にレッドカードを提示されて頭を抱え、絶望感を演出していたが、大した演技力だ。ボール扱いより上手いのではないか。まるでパペット・ショーを見ているかのように滑稽だ」というまた他のメディアの非難も紹介した。

「サッカーダイジェスト」はこの前終わった2019 E-1東アジア選手権で韓国メディアが中国代表チームのプレーを批判したことも紹介した。当時、韓国メディアが「少林サッカーは見るに堪えない」「サッカー後進国の象徴」「彼らはいつも暴力的だ」と揶揄したが、今回はソン・フンミンを中国メディアが非難しているということだ。

同メディアは最後に「カンフーサッカーより酷い行為だ!」「中国人ならあんな報復はしない」「中国サッカーはアジアの恥だとまで言われたが、そのままお返ししたい」など中国版ツイッター「ウェイボ」のソン・フンミンに対する非難世論も紹介した。

ソン・フンミン退場を中国メディアが非難して日本メディアも密かに加勢する姿だ。韓中日メディア戦が広がっているわけだ。該当記事は日本の有力ポータルのサッカー記事購読数最上位にランクされている。

出処:朝鮮日報(韓国語)"悪意で一杯である報復行為"ソン・フンミン殴る中国、それとなく楽しむ日本
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122400428.html

関連記事:サッカーダイジェスト<「悪意に満ちた報復」「韓国の赤い王!」愚行退場のソン・フンミンを中国側が一斉に“仕返し”批判!>
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=68079

関連スレ:【サッカー】英メディア「被害者でもないのに泣くソンフンミン、不気味」★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577159254/

一発退場ソン・フンミンの3試合出場停止が決定…FAがトッテナムの訴えを却下  

20191225-00010000-goal-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/25(水) 05:57:00.56 ID:xTYti9jG9
トッテナムがソン・フンミンの退場処分に異議申し立てを行ったが、失敗に終わった。

22日の0-2で敗れたチェルシー戦の60分、ソン・フンミンはアントニオ・リュディガーと交錯した直後、チェルシーDFの腹部を蹴り上げる行為に及ぶ。その後、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、これが報復行為に当たると断定され、レッドカードを提示された。

5月のボーンマス戦、11月のエヴァートン戦と7カ月ほどで3度目の一発退場となったソン・フンミンへの判定に対してジョゼ・モウリーニョ監督は試合後に「リュディガーの肋骨骨折からの早期の復帰を願う」と皮肉。さらに、翌日には「オフィシャルは間違った判断を下した」と主張し、クラブが異議申し立てを行うことを認めていた。

しかし24日、イングランドサッカー協会(FA)はトッテナムの訴えを却下。エヴァートン戦でのアンドレ・ゴメスに対する後方からのスライディングで受けたレッドカードに対しては、異議申し立てを受け入れたが、ボーンマス戦でヘフェルソン・レルマを突き飛ばした時と同様に、今回もFAは暴力的な行為に対して厳格な姿勢を示している。

この結果、ソン・フンミンは26日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦、28日のノリッジ・シティ戦、1月1日のサウサンプトン戦の3試合で出場停止になることが決まった。

12/25(水) 5:37配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00010000-goal-socc

「悪意に満ちた報復行為」「韓国の赤い王!」、ソン・フンミンたたく中国、それを楽しむ日本[12/24]  

0002125153_001_20191224050403679[1]




1: 蚯蚓φ ★ 2019/12/25(水) 00:12:16.59 ID:CAP_USER
https://image.chosun.com/sitedata/image/201912/24/2019122400421_0.png

日本サッカー専門メディアがトッテナムのFWソン・フンミンの退場波紋を扱い、中国メディアの批判記事を引用してそれとなく韓国をたたく記事を掲載した。東アジア選手権で韓国メディアは中国の少林サッカーを非難したが、今回は中国メディアが同じように報復しているという趣旨の内容だ。

「サッカーダイジェスト」は24日、ニュースを通じてソン・フンミンの退場が大きな波紋を起こしていると火ぶたを切った。ソン・フンミンは去る23日(以下韓国時間)、プレミアリーグ18ラウンド、チェルシーとの試合に出場して後半16分、相手のリュディガーとボールを争う途中報復性の足蹴りが出て退場カードを受けた。

同メディアは今年5月、11月に続き1年間に3度もレッドカードを受けて英国をはじめとするヨーロッパメディアはもちろん、母国・韓国のメディアからも「未熟だ」「感情をコントロールできていない」と批判が集中していると雰囲気を伝えた。

それと共にソン・フンミンに対する批判記事をいっせいに吐き出す中国メディアの雰囲気も紹介した。「英国でも心優しい聡明なイメージを持たれているが、もはやそれは過去の話。1年で3度の退場はあり得ない。アジアの王はいまや韓国の“赤い王”だ」というある中国メディアの評価をのせた。引き続き「悪意に満ちた報復行為だった。主審にレッドカードを提示されて頭を抱え、絶望感を演出していたが、大した演技力だ。ボール扱いより上手いのではないか。まるでパペット・ショーを見ているかのように滑稽だ」というまた他のメディアの非難も紹介した。

「サッカーダイジェスト」はこの前終わった2019 E-1東アジア選手権で韓国メディアが中国代表チームのプレーを批判したことも紹介した。当時、韓国メディアが「少林サッカーは見るに堪えない」「サッカー後進国の象徴」「彼らはいつも暴力的だ」と揶揄したが、今回はソン・フンミンを中国メディアが非難しているということだ。

同メディアは最後に「カンフーサッカーより酷い行為だ!」「中国人ならあんな報復はしない」「中国サッカーはアジアの恥だとまで言われたが、そのままお返ししたい」など中国版ツイッター「ウェイボ」のソン・フンミンに対する非難世論も紹介した。

ソン・フンミン退場を中国メディアが非難して日本メディアも密かに加勢する姿だ。韓中日メディア戦が広がっているわけだ。該当記事は日本の有力ポータルのサッカー記事購読数最上位にランクされている。

出処:朝鮮日報(韓国語)"悪意で一杯である報復行為"ソン・フンミン殴る中国、それとなく楽しむ日本
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122400428.html

関連記事:サッカーダイジェスト<「悪意に満ちた報復」「韓国の赤い王!」愚行退場のソン・フンミンを中国側が一斉に“仕返し”批判!>
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=68079

関連スレ:【サッカー】英メディア「被害者でもないのに泣くソンフンミン、不気味」★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577159254/

「ソン・フンミンはもはやナイスガイじゃない」 “腹部キック”の蛮行退場を海外も痛烈批判  

20191224-00236622-soccermzw-000-5-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/24(火) 21:15:13.58 ID:yyZTWx/19
 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間22日、プレミアリーグ第18節のチェルシー戦(0-2)に先発出場した。しかし転倒した際の報復行為により、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、レッドカードを提示された。海外メディアは「ソン・フンミンはもはやサッカー界のナイスガイじゃない」と痛烈批判している。

 トットナムに途中就任したジョゼ・モウリーニョ監督とチェルシーのフランク・ランパード監督による“師弟対決”として注目を集めた一戦だったが、スポットライトを浴びることになったのはソン・フンミンだった。0-2で迎えた後半17分、左サイドで相手DFアントニオ・リュディガーと競り合った際に転倒すると、どさくさに紛れてリュディガーの腹部を両足で蹴り上げた。

 このプレーがVAR確認の対象となると、意図的な報復行為とジャッジされ、主審はレッドカードを提示。ソン・フンミンはピッチに崩れ落ち、嘆きながらロッカールームへと引き揚げた。2点のビハインドを背負った状況で数的不利を抱えたトットナムは反撃の術なく、“ビッグ6”の直接対決で手痛い黒星を喫することになった。

 英国内でも韓国代表エースの蛮行をこぞって取り上げたが、米スポーツ専門サイト「FANSIDED」は「ソン・フンミンはもはやサッカー界のナイスガイじゃない」と見出しを打って報じ、「サッカー界でナイスガイと考えられていたソン・フンミンは2019年の馬鹿げたレッドカードにより、その評判を傷つけた」と糾弾している。

「“笑顔の暗殺者”、“サッカー界で最も友好的な男”、“誰も憎むことのできない選手”。すべてがソン・フンミンの愛称だった。しかし、これらのニックネームは現在、消滅しつつある。ピッチ上での数多くの事件が、ピッチ外での性格や生活を仮面で覆い隠してしまっている」

 記事では「最終的に、スポーツでの衝突による重圧や熱で、その人の本性が表れる。ソンのキャラクターは昨季以降、ピッチ上で恥ずべき存在となっており、彼はもはやサッカー界で最もナイスな男ではない」と辛辣な言葉で締め括っていた。2019年だけで3度も一発退場を命じられているソン・フンミンの印象は、悪化の一途を辿っているのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191224-00236622-soccermzw-socc

英メディア「被害者でもないのに泣くソンフンミン、不気味」 

0002125153_001_20191224050403679[1]




1: 動物園φ ★ 2019/12/24(火) 12:47:34.11 ID:CAP_USER
ソン・フンミン(トッテナム)のチェルシー戦退場は、英国現地でも問題になっている。 これまで好意的であったメディアも背を向けている。
中略

英国「90min」は23日、「ソンフンミンは競技場の上で感情を抑えるのに多少の問題があることを認めなければならない」とし
「ソン・フンミンはチームメイトにインスピレーションを与え、トッテナムを勝利に導くことができる能力を備えている。
しかし、彼の不器用な行動と近視眼的であることは、チームの助けにならない」と主張した。

レッドカードを受けた後のソン・フンミンの行動も問題視した。くやしがる姿がとても過度だという指摘だ。
彼の行動について、この媒体は「彼は泣くのが好きである。少し不気味だ。
退場をしたときにソン・フンミンは被害者ではなかった。
間違った行動をすることを止めなければならない(以下略)」と声を高めた。

https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=139&aid=0002125153
1
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577153192/

一発退場のソン・フンミンが再び人種差別被害に…ロンドン警察がチェルシーファンを逮捕  

20191224-00010004-goal-000-3-view[1]




1: ネギうどん ★ 2019/12/24(火) 10:44:28.80 ID:GQF9yKPb9
チェルシーサポーターがトッテナムのソン・フンミンに対して人種差別を働いたとして逮捕されたようだ。イギリス『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】モウリーニョがソン・フンミンのスーパーゴールを大絶賛「バルサ時代のロナウドを思い出した」

22日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたトッテナムとチェルシーの一戦。0-2で迎えた60分過ぎにソン・フンミンが退場処分となった場面で、スタンドからの投げ込みやチェルシーDFアントニオ・リュディガーへの人種差別行為により試合は一時中断した。

これを受け、トッテナムは監視カメラからの動画を使用してリュディガーに対する人種差別への調査を開始したが、現段階で決定的な証拠は見つかっていない。

その一方で、チェルシーサポーターからのソン・フンミンに対する人種差別行為が確認された模様。リュディガーに対する人種差別の調査に協力していたロンドンのメトロポリタン警察は23日、韓国代表FWをターゲットにしたと考えられる人種差別的な振る舞いがあったとして、1人のチェルシーサポーターを逮捕したことを発表した。

現段階で、どのような行為を行ったかは発表されていないが、ソン・フンミンが退場処分となった60分ごろ、主審がリュディガーからの人種差別被害の訴えを聞いた時間帯に起きたとされている。

なお、先日に敵地で行われたバーンリー戦では、13歳のサポーターがソン・フンミンに対して人種差別を行い、保護者とともに退席を命じられ、警察沙汰になる騒ぎも起きていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00010004-goal-socc

「何度やったら気が済む!?」「また泣いてる…」ソン・フンミンの“VAR退場劇”にチェルシー・ファンは憤慨  

20191223-00010003-sdigestw-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/23(月) 21:40:24.52 ID:FEFWgM/69
 またしても、トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミンを巡るハプニングが物議を醸している。

 現地時間12月22日に行なわれたプレミアリーグ第18節で、ホームにチェルシーを迎えたスパーズ(トッテナムの愛称)は、0-2の完封負けを喫した。

 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、現役時代の“恩師”ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執るトッテナムと対峙した注目ゲームだ。敵地で痛快な勝利を飾ったその結末以上に話題となっているのが、ソン・フンミンの犯した蛮行である。

 トッテナムが2点のビハインドを追う60分だった。敵陣で相手CBアントニオ・リュディガーともつれ、ピッチへ倒れ込んだソン・フンミン。するとなんと、ドイツ代表CBの脇腹付近を蹴りつけたのである。

 このプレーがVARチェックの末、故意にリュディガーをキックしたと判断され、韓国代表エースは一発退場。この数的不利によってトッテナムが窮地に追い込まれたのは言うまでもない。

 試合後、英衛星放送『Sky Sports』のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、ソン・フンミンの振る舞いについて、次のようにコメントしている。

「ソンは酷く扱われたと私は思う。彼がリュディガーにやったことは攻撃的なものじゃなかった。だが、リュディガーが心配だ。彼は肋骨を折った可能性がある。あれは確実に骨折をしているはずだ。早く治るのを祈っているよ。エバートン戦でアンドレ・ゴメスに起こったことでソンは泣いていたが、いまは、リュディガーが肋骨を折ったことで泣いている」

 去る11月3日に行なわれたプレミアリーグ第11節のエバートン戦。ポルトガル代表MFのアンドレ・ゴメスに対して、ソン・フンミンが後方からタックルをしたことが原因となり、右足首の脱臼骨折という大怪我を負わせてしまった。モウリーニョ監督はその一件を引き合いに出して、今回の退場を皮肉ったのである。実際、リュディガーは骨折などしていない。

 穏やかでないのはチェルシー・ファンだ。ソン・フンミンに対し、ツイッター上で非難が相次いでいる。

「たった6か月で3度のレッドカードだ。おかしい!」
「サッカー界で一番素敵な男? 汚い選手の間違いだろ?」
「俺たちがやっているのはサッカーだ。ストリートファイトじゃない」
「明らかに意図的に蹴っていた。ゴメスを傷つけた時と変わっていない」
「また泣いてる……」
「何度やったら気が済むんだ。こっちはヒヤヒヤする」
「ソンはダーティーすぎる」
「それほどハードじゃなかったけど、明らかに故意だ」
「悪意しかない」

 A・ゴメスとのケースとは異なり、今回は意図的にリュディガーを傷つけてしまったソン・フンミン。それだけにしばらくは、手厳しい批判に晒されそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00010003-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索