Samurai Goal

セードルフ


スポンサード リンク





“元ACミランの10番”セードルフ氏がカメルーン代表の監督に就任!!助監督には何とクライファート氏! 

mil100-jpp09125086
1 2018/08/05(日) 10:03:56.49 _USER9
クラレンス・セードルフ氏がカメルーン代表の監督に就任した。4日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 セードルフ氏がカメルーン代表監督を務める期間は公表されていないが、助監督にはオランダの同胞であるパトリック・クライファート氏の就任が決まった。

 セードルフ氏とクライファート氏はともに、1995年にルイ・ファン・ハール監督が率いるアヤックスでチャンピオンズリーグを制した経験がある。セードルフ氏は現在42歳で、過去にはミラン、深センFC、デポルティーボを指揮しており、今回で4度目の挑戦になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00806342-soccerk-socc

不振のミランにセードルフ氏が電撃復帰か…モンテッラ監督とも交渉へ 

1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2015/03/04(水) 18:41:10.48 ID:???*.net
不振のミランにセードルフ氏が電撃復帰か…モンテッラ監督とも交渉へ

 イタリアメディア『calciomercato.it』は3日、日本代表FW本田圭佑が所属するミランがフィオレンティーナを率いる
ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督との交渉に臨んでいると報じた。

 1941年以来となる1月の未勝利という不本意な結果に、解任説が浮上していたフィリッポ・インザーギ監督だが、
直後のクラブ首脳会談で続投が決定。解任の可能性はひとまず先送りされる形となっていた。

 しかし前節、格下のキエーヴォを相手にスコアレスドローに終わったミランは、順位も10位と低迷し、再びインザーギ監督への
風当たりが強まっている。2日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、7日に行われるセリエ第25節ヴェローナ戦で
勝利を収めることができなければ、即座に解任の可能性もあると報道。その場合、アシスタントコーチのマウロ・タソッティ氏が
シーズン終了まで代理を務めると伝えていた。

 一方、『calciomercato.it』によると、ミランは来シーズンの新指揮官としてモンテッラ監督を候補に挙げており、
年俸200万ユーロ(約2億7000万円)という条件を提示しているという。

 さらに同メディアは、ミランの前監督であるクラレンス・セードルフ氏が再び指揮官に復帰する可能性があると伝えた。
昨年1月、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任として同クラブの監督に就任したセードルフ氏だが、8位で終えた
昨シーズン終了後に解任されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00287114-soccerk-socc
no title

セードルフが本田とラミを同氏経営のレストラン「フィンガーズ」の開店10周年記念に招待! 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/27(木) 19:38:12.07 ID:???0.net
ACミランの本田圭佑が26日、前監督のクラレンス・セードルフ氏と再会した。

同氏が経営するミラノ市内のフュージョン系日本食レストラン「フィンガーズ」の開店10周年記念を祝う席に、

チームメートのМFラミとともに招待されたもの。ガゼッタ・デロ・スポルト紙が27日、報じた。

本田は同氏とラミ、共同経営者でシェフのロベルト岡部氏らと笑顔で写真撮影に応じた。

「フィンガーズ」はミランがスクデットを獲得した際の祝賀パーティが行われたこともあり、

サッカー選手や有名人がよく訪れるレストランとして知られている。

11月27日(木)17時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141127-00000070-dal-socc
no title

セードルフ 「(ギリシャ戦の)本田のプレーにガッカリ。そしてプレーが遅い。左足は良い」 

1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 12:21:43.99 ID:???0.net
ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、
グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦。日本はボールを支配し、
ギリシャに退場者が出たため、数的優位も得たが、最後まで得点を挙げることはできず、
スコアレスドローに終わった。
イギリスでは同試合を『BBC』で放映。ワールドカップ期間中に同局で解説者を務めている
前ミラン指揮官のクラレンス・セードルフ氏が、日本代表FW本田圭佑について言及した。
セードルフ氏はまず試合内容について、以下のように分析した。
「シュートが飛び交う試合を期待していたが、日本がボールを持つ度にギリシャはゴール前に壁を作り、
守っていた。日本はスペースを見つけられずに苦しんだ」
「日本は多分、まだ時差ボケだったのだろう。コンフェデレーションズカップの時も彼らは時差に苦しんだし、
選手たちは本調子でないように見えた。本来の日本は運動量が豊富だが、今日はそれが見られなかった」
「岡崎(慎司)がペナルティエリア内で倒された場面はPKではないし、
ボールに絡んでいたわけでもなかったから、判定は正しかった」
また、昨シーズン途中から率いたミランで指導をした本田のプレーについては、以下のようにコメントした。
「本田のプレーには少しガッカリした。彼は常に中央でいい位置取りをするが、パスの選択肢を間違えていた。
フリーの選手にパスをせず、カットされる場面が目立った。彼は常に相手ゴールから離れた場所でプレーしていたし、
日本の攻撃時にも前線にいなかった」
「彼はもう少し速くプレーする必要があるし、私がイタリアで彼の起用に困っていた理由はプレーの遅さだ。
彼は昨シーズン終盤に少しプレーが速くなり、やや改善された。だが彼は規律と才能のある選手で、
良い左足を持っている」
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140620-00202824-soccerk-socc

AHONDASEEDORF_big

セードルフ「会長が中盤ダイヤモンドのフォメが好きなので来季はこれで行く」 

1: 名無しのSamurai
セードルフ、来季続投なら中盤ダイヤモンド?
http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%A4%E3%BF%E3%AA%E3%A2/2014/05/05/4796359/1
インテル戦でのシステム変更を語る

「我々はダイヤモンドで戦った。質の高いボールを供給する(エステバン・)カンビアッソに注意することが非常に大事だったが、ターラブがそれをしっかりやってくれた。ナイジェルは守備時にCB2人の間に下がり、数的優位をつくることになっていた」

「この試合ではシステムを変えることでインテルの意表を突きたいと考えていた。それに、会長(シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長)が非常に気に入っているシステムだということも分かっている。来年はこの形で戦うことを考えていた」
no title

セードルフ監督「本田は重要な選手の一人だが、誰かが犠牲にならなければならなかった」 

tumblr_n52f1lBdUQ1sgovp0o1_1280

1: 名無しのSamurai
セードルフ監督がダービー不出場の本田に言及 「重要な選手の一人だが、誰かが犠牲にならなければならなかった」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140505-00010001-soccermzw-socc
「日本では少しでも本田のプレーをみたいとみんなが思っていたが、本田にプレーチャンスはなかった。ローマ戦の彼のプレーが原因か。コンディションの問題か。試合展開で起用できなかったのか」

 そのやや長い質問に対し、指揮官としてダービー初勝利を手にし、喜色をにじませていたセードルフ監督はこう切り出した。

「本田はローザ(メンバー)の中でも、最も重要な選手の一人。(交代の兼ね合いで)誰か選手を犠牲にしなければいけなかったが、それが彼になった。彼のプロ意識の高さや、チームの一員としての精神に私は脱帽する。私自身は本田はミラニスタたちにとても評価されていると確信している。なぜなら個性のある人物だし、才能があり、大きなプロ意識を持っているから」

セードルフ「本田はやれるだけのことをやった」 

1: 名無しのSamurai
セードルフ:「本田はやれるだけのことをやった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000037-goal-socc
「ローマに賛辞を送る。素晴らしいシーズンを送っているね。今日も彼らの強さを目にした。ミランも後半は勇敢だったよ。追いつけなかったのは残念だ。本田? 彼は2週間離脱していたんだ。やれるだけのことをすべてやったよ」

「(マリオ・)バロテッリの交代? どんな采配も議論することはできる。私は、(ジャンパオロ・)パッツィーニとカカーがうまくやっていると思った。交代時にバロテッリがナーバスだった? 問題はない。あのときはパッツィーニにチャンスを与えたかった。パッツィーニはゴールにも近づいたね。今日のバロテッリはベストじゃなかったが、それはあり得ることだよ」

「クラブのことは私には話せない。それは(アドリアーノ・)ガッリアーニCEOに聞いてくれ。私は自分の契約状況を知っている。我々は、こういうことについてもクラブとして違いをつくってきたミランに慣れている。今は特殊な時期だ。だから、ガッリアーニCEOに聞くべきだよ。私は全力を尽くす。自分が何のために呼ばれたかは分かっているんだ。私は前進するよ」
no title

セードルフ「本田は怪我をするのが2日早ければ、カターニア戦に出ていただろう」 

1: 名無しのSamurai
セードルフ:「本田は短期間で戻る」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140413-00000001-goal-socc
ミランMF本田圭佑は、12日のセリエA第33節カターニア戦を欠場することになった。だが、クラレンス・セードルフ監督は同選手が深刻な状態ではないと話している。

「ケガをしてから試合までがあまりに短すぎた。足首を捻ったんだ」「ケガをするのが2日早ければ、(カターニア戦に)いただろうね」

「彼にはカンピオーネ(最高級の選手)のメンタリティーがある。我々はとても素晴らしい関係だ。非常に純粋な関係だよ。私は彼のことがすごく好きだ。とてもオープンで、献身的だよ。自分がもっとやれる、もっとやらなければいけないと分かっている。私は彼を信じているよ。100%でなかった前回の試合でもそれを示した。早く戻ってこられるように願っているよ」
no title

セードルフ「本田は今夜の“特別な男”」カカ「さらなる自信になるはず」 

名無しのSamurai
1: 名無しのSamurai
カカーも本田の初得点に喜び 「さらなる自信になるはず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000000-goal-socc
「本田は以前からチームのために仕事をしていた。でも、ゴールが彼にさらなる自信を与えてくれるだろう。僕ら全員が本当に彼のことをうれしく思っているよ」
no title

セードルフ「(本田は)右でスタートだが右サイドではない」「メッシも右でプレーしていた」 

1: 名無しのSamurai
ミラン監督、戦術の秘密を明かす。「右でスタートだが右サイドではない」、本田起用法をめぐる謎かけの意図とは?
http://www.footballchannel.jp/2014/04/07/post34614/
[一部抜粋]
――ここ2試合、本田のプレーは確実によくなって来ている。“右サイドでプレーすることは、彼の将来のために役に立つ”と言ったが、どういうことでしょうか?

「そんなことを言ったのは覚えていない。将来については話していない。彼はあそこ(右攻撃的MF)でプレーできると言った。彼の未来はミランにある。今とてもいいプレーをしている。いつも言っているように、あのポジションでプレーできる。より向上している。

 ただ時間の問題だけだった。これから更に成長できると思う。もう攻守のバランスもつかめている。この前の試合では、とても重要なカカーへのアシストもした。彼は決定的なプレーができる。

 素晴らしいキックを持っているし、視野も広い。イタリアのサッカーがわかってきたし、だんだんチームメイトたちとも呼吸があっていく。彼の進化には驚いてはいない」

――右サイドで起用を続けるのでしょうか?

「右サイドではない。ともかく、彼はそこからスタートする。あとは自由にスペースを見つけるだろう。理論的に右から始めるが、メッシも右でプレーしていた。だから問題ないと思う。

 メッシはそこからアシストしたりする。選手のクオリティーが高ければ、3人の司令塔が攻撃を探し求め、攻撃の起点となり、決定機を作る。守備をするときに、そこのポジションに戻るが、攻撃では自由なんだ」

 本田の右サイドでの起用法については、セードルフ監督は秘密を打ち明けた。守備を必要な時間帯で右サイドに戻り、相手の左サイドをしっかりとケアすることが約束事であり、攻撃面では選手のアイデアと即興性に委ねるというのが、セードルフの戦術だという。

 カカー、本田、ターラブのトップ下3人の連動性が高まれば高まるほど、ミランのチーム状態は上向きになるはずだ。
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索