GettyImages-100236826-800x534
1   2018/04/23(月) 13:39:14.52 _USER9
インテル全盛期を支えたJ・セーザルが現役引退…愛するフラメンゴでラストマッチを終える

元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、現役ラストマッチを終えた。

現在38歳のセーザルは、昨年ベンフィカを退団した後フリーとなっていたが、今年に入ってプロキャリアをスタートさせたフラメンゴへ短期契約で加入していた。

そして21日、現役最後の試合を2-0と勝利。最後の試合を無失点で終え、ピッチを去ることになった。フラメンゴ公式ツイッターも、「すべてにありがとう、ジュリオ」とメッセージを送っている。

2000年にフラメンゴでトップチームデビューを果たしたセーザルは、その後インテルへ加入。イタリアの名門全盛期で守護神として活躍し、セリエA制覇5回、コッパ・イタリア優勝3回を経験した。

また2010年には、ジョゼ・モウリーニョ政権下でチャンピオンズリーグ優勝を含む3冠達成に大きく貢献。セリエA最優秀GK賞2回、2009-10シーズンにはUEFA最優秀GKに選ばれた。インテルでは、7年間で公式戦300試合に出場している。

また、ブラジル代表としても2004年のデビュー以来87試合に出場。2004年のコパ・アメリカ、2009年と2013年のコンフェデレーションズカップ優勝を経験した。ワールドカップにも3度出場し、2014年の母国開催では正守護神として全試合に出場している。

その後はイングランドやアメリカ、ポルトガルなどを渡り歩き、現役生活をスタートさせた母国フラメンゴでキャリアを終えることに。偉大なGKが、また1人スパイクを脱ぐことになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000013-goal-socc