Samurai Goal

セレッソ大阪


スポンサード リンク





なぜセレッソ大阪は38歳の大久保嘉人を獲得したのか? 

スクリーンショット 2021-01-11 10.00.24

<セレッソ大阪>大久保嘉人と入団合意!近日中に正式発表..15年ぶりの古巣復帰 

1: 2021/01/06(水) 06:26:19.66 _USER9
セレッソ大阪が、獲得交渉していた元日本代表FW大久保嘉人(38=J2東京V)と入団の合意に達し、近日中に正式発表することが5日、分かった。国見卒業後の01年にC大阪入りした大久保にとって、06年以来15年ぶりの古巣復帰となる。

ブラジル人のレビークルピ監督が8年ぶりに復帰する21年、C大阪は若手育成を掲げる一方、クラブのスターである大久保を戦力と評価し、昨年末から復帰を呼びかけてきた。J1歴代最多185得点を誇り、13年から3年連続得点王獲得などの経験を、MF西川ら若手に伝授してほしい思いもあった。

レビークルピ監督はC大阪で大久保と同じ時期に在籍経験はないが、FWには大久保のような創造力豊かなプレーを求めており、得点力強化を目指すC大阪のカンフル剤になる可能性は十分ある。

写真no title


1/6(水) 5:00 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/acae4cbe9f8821ac7b21173b81f03283075a4982

<セレッソ大阪>水原三星から豪州代表FWアダム・タガートを獲得!「いつか必ず日本でプレーしたかった」 

1: 2020/12/24(木) 22:52:41.22 _USER9
セレッソ大阪は24日、水原三星ブルーウィングス(韓国)からオーストラリア代表FWアダム・タガートが完全移籍加入することを発表した。

A・タガートは母国クラブのパース・グローリーやプレミアリーグのフラムなどを経て、2019年2月からは水原三星でプレー。2019シーズンにはKリーグで20得点を決めて得点王に輝いていた。

C大阪への完全移籍加入が決まったA・タガートは、クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びを表現している。

セレッソ大阪に行ける事にとても興奮しています。セレッソ大阪はとても良い歴史をもっており素晴らしいクラブです。日本は去年来日した時にいつか必ずプレーしたいと思っていた場所なのですごく嬉しいです。

来年クラブへ貢献できる事にワクワクしています」

12/24(木) 20:38配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/8563c51d209fcaef7bc7b6cf9326bad58591bbaa

写真
no title

<セレッソ大阪>元日本代表FW柿谷曜一朗の名古屋グランパス完全移籍を発表!背番号8の国内移籍はクラブ史上初 

1: 2020/12/24(木) 15:24:39.21 _USER9
C大阪は24日、元日本代表FW柿谷曜一朗(30)が名古屋へ完全移籍することを発表した。

 今季は24試合出場1得点で先発出場は6試合のみ。序盤戦は過密日程の中で出場機会を得ていたが、徐々に出番が減り、後半戦ではベンチ外となることも増えていた。その状況下で名古屋から届いた2年連続の正式オファー。C大阪から契約延長オファーも提示されていたものの、最終的に移籍を決断した。クラブのエースナンバーである背番号8を背負っている選手が国内移籍をするのは、これがクラブ史上初めてとなる。

 4歳からC大阪の育成組織で育った柿谷は、クラブ史上最年少となる16歳でプロ契約。度重なる遅刻などで09年6月にJ2徳島へ期限付き移籍に出されたが、復帰後の12年に夏場からブレーク。翌年にJ1で21得点を挙げる活躍を見せ、同年7月には日本代表に初招集された。東アジア杯で得点王を獲得する活躍もあり、14年のW杯ブラジル大会にも出場した。

 W杯後にスイス1部バーゼルへ完全移籍。だが、欧州では思ったような活躍をできず、16年にC大阪へ完全移籍で復帰した。17年にはチームの2冠獲得に貢献するも、堅守をベースとするチームで徐々に絶対的な存在ではなくなっていた中、18年夏にG大阪、19年夏には名古屋から正式オファーを受けた。当時は熟考の末に残留したが、今回は活躍の舞台を新天地に求める決断をした。

12/24(木) 14:00 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e753af13d911b8fe8e55e4add8a290723c818c11

写真
no title

<セレッソ大阪>札幌から元日本代表DF進藤亮佑を獲得!「サッカー選手に忘れ物を取りに行く時間はないと思っています」 

7e1bb677-s




1: 2020/12/21(月) 20:08:32.56 _USER9
J1C大阪は21日、札幌から元日本代表DF進藤亮佑(24)を完全移籍で獲得したと発表した。

 札幌市出身の進藤は札幌の下部組織から15年にトップチームに昇格。DFながら得点能力に優れ、18年は34試合4得点、19年には33試合6得点を挙げ、同年11月の国際親善試合で日本代表に初選出された。今季は21試合に出場したが、負傷の影響もあって10月10日以降の全13試合を欠場した。

 進藤はC大阪を通じて「セレッソ大阪に加入することになりました、進藤亮佑です。プレーで皆さんの心をつかみたいと思っています。応援してもらえるように頑張ります!」とコメントした。

 また、札幌を通じては以下のコメントを発した。

 「2020年シーズンをもってコンサドーレから離れる決断をしました。ユースから数えると9年間お世話になりました。すべてのコンサドーレファミリーに感謝しています。

 僕とコンサドーレの出会いは15年ほど前に遡ります。2-1で勝っていた89分から3点取られて敗れた試合を皆さんと同じ1人のサポーターとして観ていました。初めて札幌ドームに来たサッカー少年にとってはとてもショッキングな出来事でした。それでもコンサドーレにはどこか応援したくなる魅力がありました。そんなチームでプロサッカー選手として6年間もプレーできたことは何より嬉しいことです。

 応援しているチームの選手が移籍するときのサポーターの気持ちはわかるつもりです。コンサドーレサポーターにとって今回の僕の移籍は冷酷で薄情なものだと思います。僕はコンサドーレにタイトルももたらしていないですし、コンサの選手として国際Aマッチに出場するという目標もあと少しのところで達成できませんでした。しかしサッカー選手に忘れ物を取りに行く時間はないと思っています。これからのサッカー人生でもっと素晴らしい経験ができるよう、前に進むしかありません。

 コンサドーレサポーターは僕にとって特別な存在です。2016年アウェーの千葉戦はサポーターが勝たせてくれた試合です。2019年ルヴァンカップ決勝で聞いた心臓に突き刺さるようなみなさんの『行け札幌』。忘れることはできません。

 最後になりますがもっと大きくなって北海道に夢を与えられるように頑張ります。

 ヨモさん、また一緒に仕事しましょう。

ミシャ、サッカー人生を変えてくれてありがとうございます。社長、最後にかけてくれた一言、忘れません」

2020年12月21日 12時23分 ディリースポーツ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19415306/

<豪代表FWアダム・タガート>C大阪加入へ!水原三星では公式戦65試合に出場し31ゴール3アシストを記録 

1: 2020/12/15(火) 16:27:04.62 _USER9
Kリーグ1の水原三星ブルーウィングスに所属するオーストラリア代表FWアダム・タガート(27)が、Jリーグへ挑戦するようだ。オーストラリア『The World Game』が報じた。
報道によると、タガートが加入するのはセレッソ大阪とのこと。メディカルチェックを受けているが、ほぼ完了しているとのことだ。水原三星との契約は1年残っているタガートだが、移籍金は非公開とされている。

タガートは、パース・グローリーの下部組織で育ち、2011年1月にファーストチームでキャリアをスタート。2012年7月にニューカッスル・ジェッツへ移籍すると、2014年7月にはフルアムへと完全移籍。
ダンディー・ユナイテッドへのレンタル移籍を経験したのち、2016年7月にパース・グローリーへと復帰した。

2018年7月にはブリスベン・ロアーへと移籍すると、2019年2月に水原三星へ加入している。水原三星では公式戦65試合に出場し31ゴール3アシストを記録。
今シーズンはKリーグ1で18試合に出場し5ゴールを記録していた。また、AFCチャンピオンズリーグでも1試合に出場しているが、カタールで行われた集中開催には帯同していなかった。

Aリーグでは108試合で50ゴール6アシストと、得点力に長けたストライカー。オーストラリア代表としても10試合で8ゴールを記録しており、カタール・ワールドカップ アジア2次予選では3試合で3ゴールを記録している。

超ワールドサッカー / 2020年12月15日 11時15分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_387081/

写真
no title

<セレッソ大阪>来季監督に、元監督のレビー・クルピ氏監督4度目復帰有力!南野ら育成 

スクリーンショット 2020-12-13 7.32.11




1: 2020/12/13(日) 06:22:51.69 _USER9
セレッソ大阪の来季監督に、元監督のレビークルピ氏(67=ブラジル)が最有力候補になったことが12日、分かった。

攻撃的なサッカーと若手育成ができる指導者を求め、クラブOBから人選した結果、過去3度監督を務めた世界的名将に4度目の登板を要請。
現在は最終交渉中で、不調に終わった場合は小菊昭雄コーチ(45)が内部昇格する予定。

昨季5位、今季は現在4位と、2年連続で上位争いをするロティーナ監督(スペイン)との契約を更新しなかったC大阪は、レビークルピ氏に白羽の矢を立てた。
97年の第1次政権で攻撃サッカーの基盤をつくり、07~11年の第2次政権ではMF香川、乾、清武らを、12、13年の第3次政権ではMF山口、FW柿谷、南野を育て上げた。

一時はブラジル代表監督候補にもなり、選手の実績などにとらわれない長所を伸ばす育成手腕は、世界屈指とされた。実際にC大阪では10年にクラブ最高の3位に導いた。

日本ではG大阪の監督にも就任したが、18年7月に途中解任。19年4月には母国アトレチコ・ミネイロで解任され、その後は監督業から引退しているが、67歳でも健康面に不安はない。
ただ年俸1億円以上といわれる金銭面、コーチングスタッフの人選で交渉がまとまらない場合、近い将来の監督候補だった小菊コーチが内部昇格する予定だ。

レビークルピ氏が今回の要請を受ければ、G大阪を含めてJリーグでは異例の5度目の監督登板となる。

◆レビークルピ 1953年2月28日、ブラジル生まれ。現役引退後の85年から約34年間でのべ31クラブで監督に就任。C大阪では97、07、12年と3度就任して香川らを海外移籍させた育成力が評価される。
J1通算68勝38分け56敗。母国で日本食店も経営する親日家

12/13(日) 3:00配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5f91a68cc328f6d8c134424e86af4304e35c116

<セレッソ大阪>FWブルーノ・メンデス 今季限りで退団へ 

スクリーンショット 2020-12-09 16.25.22




1: 2020/12/09(水) 07:46:23.15 _USER9
C大阪のFWブルーノ・メンデス(26)が今季限りで退団することが8日、濃厚となった。

現在は保有元のウルグアイ2部デポルティボ・マルドナドから期限付き移籍で加入しており、複数の関係者によると、
年俸なども含めた総合的な判断でクラブ側は契約を今季いっぱいとする方針を固めているという。

昨季から日本でプレーするストライカーは、運動量や献身的な働きも評価され、ロティーナ体制で定位置を確保。
今季はここまでチームトップの9得点を挙げている。MFレアンドロ・デサバト(30)も今季限りで契約満了となる。

12/9(水) 5:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8491c0bb36051e1948dfa0a79c135abd0bbc5a3c

<セレッソ大阪・ロティーナ監督退任に>「納得のいく説明を」サポーターが抗議の横断幕 

1: 2020/11/29(日) 17:50:55.11 _USER9
「明治安田生命J1、C大阪-横浜FC」(29日、ヤンマースタジアム長居)

J1C大阪のミゲルアンヘル・ロティーナ監督(63)の今季限りでの退任が発表されたことを受けて、C大阪サポーターがクラブに対して「納得のいく説明を」などと抗議の横断幕を掲げた。
試合会場となったヤンマースタジアム長居のゴール裏には「ロティーナと天皇杯を獲得して俺達の強さを証明しよう。フロントは12/12(ホーム最終戦)までに納得のいく説明を」と書かれた横断幕が掲出された。

試合前には「継続は力なり ロティーナ体制の継続こそタイトルへの道では?」「勝てるサッカーこそワクワクするサッカー」「ロティーナとの再契約希望」「その改革にブレない信念はあるのか」「勝ち点3より得点3?」
「良い守備も守備的」「選手の悲しい顔 リリース←誰得?」など多数の横断幕も見られたが、選手入場前にはサポーターによって自主的に片付けられた。

ロティーナ体制2年目の今季は29試合を終えて16勝4分け9敗の勝ち点52で4位につけており、天皇杯出場権(2位以内)や来季のアジア・チャンピオンズリーグ出場権(3位以内)獲得を目指している。
クラブ史上最高順位となる2位の可能性も残す指揮官の退任を受け止め切れないサポーターの心情が浮き彫りとなった。

11/29(日) 15:59配信 ディリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/85ea5db9cb1b850a2b048f00585c0b75c5e08586

写真
no title

セレッソ大阪「名波浩監督」説が浮上する背景 「崩壊」招く危険な賭けか、「飛躍」目指すチャレンジか 

news_20201120185143-thumb-645xauto-189780




1: 2020/11/24(火) 16:21:03.23 _USER9
サッカーJ1で5位につけるセレッソ大阪のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(63)が今季限りで退団し、後任候補に元日本代表の名波浩氏(47)らの名前があがっていると2020年11月20日、日刊スポーツが報じ、驚きが広がっている。

名波氏といえばジュビロ磐田のレジェンドで同クラブの監督も務めたが、現役時代には期限付きでC大阪に所属したことがある。磐田の監督を務める前には、C大阪の監督候補だったと報じられたこともある。

得点力アップのため?
19年からC大阪で指揮をとるロティーナ監督はこの年、いきなりJ1で5位の好成績。今季も暫定5位につけている。8~9月には6連勝を達成するなど上位争いを続けており、一時は首位川崎フロンターレと勝ち点差5の2位に上った。堅固な守備を構築し、昨季失点数はリーグベストの25点。今季もここまで失点数リーグ4位と守備力の高さは健在だ。

ロティーナ監督の戦術や考え方がチームに定着してきた中で飛び出した退団報道に、ネットユーザーは衝撃。ツイッターでは「ロティーナ今季限りなん? 長期で指揮とってもらってもっとロティーナサッカーを浸透させて欲しかったな」などと残念がる声があがる。

C大阪は前任の尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督(現・ジェフユナイテッド千葉)も2季で契約満了として退任している。1季目の17年は天皇杯とルヴァン杯の2冠に輝き、J1リーグも3位でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得。翌18年は無冠ながらリーグ7位という成績を収めた中での退任となっていた。

前出の日刊スポーツは「悲願のJ1初優勝へは、もう1ランク上の攻撃力が必要と判断した」と報じており、問題は成績そのものより攻撃力にあるのかもしれない。得点数は昨季12位の39点どまり。今季も得点数は現在11位の39点で、チームのトップスコアラーは奥埜博亮(31)の7ゴール。ACL出場圏内の3位以内を目指すには、得点力アップが1つのカギとなっている。

ただ、クラブがFW陣の補強をしていなかった事情もあり、「ロティーナ監督がいい。FW補強してあかんかったらその時は考えたらええと思うけど。安定して結果出してるやん」として続投を望む声はなおある。

後任監督には、元韓国代表の黄善洪(ファン・ソンホン)氏(52)の招聘や、小菊昭雄コーチ(45)の内部昇格といった候補が報じられているが、ひと際注目されたのが名波氏だ。06年に期限付きでC大阪に所属した経験がある

2013年に「最有力候補」報道
実は13年にも、名波氏がC大阪の新監督候補だと報道された。スポーツニッポン13年11月1日の記事によると、当時名波氏はC大阪にとって「最有力候補」で、チームの刷新を図るにあたり「クラブOBだけでなく外部招へいも検討。幅広くリストアップする過程で、最上位に浮上したのが名波氏だった」という。同2日の日刊スポーツも「『名波セレッソ』の誕生は今後、急加速するものとみられる」と報道した。

13年のC大阪は最終的にJ1を4位という上位で終えており、さらに計8シーズンにわたって指揮をとってきたレヴィー・クルピ監督の後任として名波氏の名前が飛び出したことになる。結局名波氏は当時C大阪の監督にはならなかったが、クラブの監督候補リストに入っていたのであれば、経験を積んだ名波氏を今回招聘することはあながちゼロではなさそうだ。

2020年11月20日18時23分
https://www.j-cast.com/2020/11/20399401.html?p=2



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索