Samurai Goal

セルヒオ・ラモス


スポンサード リンク





セルヒオ・ラモスに脱税疑惑、100万ユーロ(約1億2000万円)の罰金支払いを命じられる  

20191025-00992060-soccerk-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/25(金) 07:01:08.96 ID:XT+dOrfy9
S・ラモスに脱税疑惑、罰金支払いの可能性も…本人はSNSで状況を説明

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに脱税疑惑が浮上しているようだ。スペイン紙『エル・パイス』が24日に報じている。

 S・ラモスは肖像権収入の申告において不正があったと見られている。スペイン税務当局から100万ユーロ(約1億2000万円)の罰金支払いを命じられたようだ。

 この報道を受けて、S・ラモスは24日に自身のSNSで声明文を発表。「僕はスペインでの収入の全額を申告した。僕の全ての財政の調査、手続き、そして解決方法をプロの税理士と話し合っているし、納税の義務は正確に守っている。スペイン税務当局は数年前に定めた基準が変わった後、2012年から2014年の間に僕の申告とは異なる額の納税を要求してきた。僕はこの通告に応じている」とコメントした。

「行政上の罰金であり、刑事法上の罰ではない」とS・ラモスは続け、「行政上の手続きに従って全ての支払いを終えた」と主張した。最後に、今回の処分を不服に思っていることから、「上訴する権利を行使した」と明かしている。

10/25(金) 6:41配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00992060-soccerk-socc

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、東京五輪参戦か 選手からも“待望論”「勝ちまくっていける」  

20191012-00222881-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/12(土) 23:04:54.48 ID:/mBZ7Myi9
レアルDFラモス、20年の東京五輪でオーバーエイジとして出場の可能性
 スペイン代表とレアル・マドリードでキャプテンを務めるDFセルヒオ・ラモスが、来年の東京オリンピックに向けた世代別代表に参加する意欲を持っていると報じられたことが現地で話題となっている。スペインサッカー連盟としては参加を希望していない一方、現場の有望株たちからは“待望論”が起きているとスペイン紙「マルカ」が報じている。

 ラモスはリーガ・エスパニョーラやUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、ワールドカップ(W杯)、欧州選手権(EURO)などクラブ、代表ともにほぼすべてのタイトルを手にしてきた。その中で唯一手にしていないのは年齢制限のある五輪で、本人に近い筋の話として東京五輪参加を希望していると伝えられている。

 しかし連盟側はEURO決勝からわずか10日後に東京五輪のサッカー競技が始まること、これまでの世代別スペイン代表がオーバーエイジを使わない方向性だったこともあり、招集に消極的な模様だ。

 ただし選手たちにとってみれば、金メダル獲得のためにぜひ参加してもらいたいという意向が強いという。匿名を条件に取材に答え、このような意見が多く上がっているという。

「彼にとっても、それは物凄いキャリアのなかで楽しめるものだと思うし、金メダルを獲るために彼はすごく手助けしてくれると思う」

「僕らのクオリティーを大きく飛躍させてくれると思う。誰にとってもとてもポジティブになるんじゃないかな」

「素晴らしキャプテンだし、僕らは彼と一緒に勝ちまくっていけると思う」

 20代前半の選手にとって、やはり百戦錬磨のキャプテンは頼れる存在のようだ。果たして来夏、ラモスは日本のピッチに立っているのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00222881-soccermzw-socc

【動画】南野拓実、被害に海外衝撃!「犯罪的タックル」 レアルDFラモスに批判殺到「卑劣」  

EBYhX5xXsAIZr7-




1: Egg ★ 2019/08/09(金) 21:30:09.82 ID:vMHsvKxL9
レアル戦に右MFで先発した南野、開始早々にDFラモスから激しいタックル
 
オーストリア1部ザルツブルクは、現地時間7日のプレシーズンマッチでスペイン1部レアル・マドリードと対戦し、0-1で惜敗した。

先発出場した日本代表MF南野拓実が、開始早々にレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスから強烈なタックルを受けるシーンが見られ、
海外メディアは「犯罪的タックル」と驚きをもって報道。SNS上では「卑劣」「最悪の性格」と批判が殺到している。

南野は4-4-2システムの右MFとして先発し、前半2分に思わぬ形で注目を集めた。自陣エリアでボールを奪ったザルツブルクはすぐさま攻撃に転じ、後方から前方の南野へパス。
ボールを受けた南野がドリブルで持ち運ぼうとした直後、勢いよく間合いを詰めてきたのがレアルDFラモスだった。

南野がかわしにかかるなか、遅れ気味に寄せたラモスは足を伸ばしてタックル。この時、ラモスの右足裏が南野の右足首をヒットし、南野はピッチに転がった。
痛そうな表情を浮かべて患部を押さえる南野に対して、ラモスも申し訳ないという素振りで近寄って謝罪している。

このシーンに海外メディアも注目。米スポーツ専門テレビ局の番組「ESPN Futbol Club」公式ツイッターは
「再びセルヒオ・ラモス」と記し、「レアルのDFは試合直後、相手の足首に恐ろしい一撃を加えた!」と報じた。

またブラジルメディア「Torcedores」は「セルヒオ・ラモスが、親善試合で犯罪的なタックルをした。公式戦ではないが、ラモスは1対1で入れ替わられたくなかった」と言及。
さらにSNS上で広がるファンの声を拾い、「ラモスは犯罪者。逮捕されるべき」「この男は愚かであり、意地悪だ」「最悪の性格」「卑劣」と批判が広がっている。

試合は前半19分、レアルのベルギー代表MFエデン・アザールが決勝弾。南野は前半を終えて交代し、
後半からザルツブルクMF奥川雅也が出場したが、ザルツブルクは0-1と惜敗している。

動画
https://www.football-zone.net/archives/209488/2

写真
https://pbs.twimg.com/media/EBYhX5xXsAIZr7-?format=jpg&name=small

2019.08.09 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/209488

南野拓実も“餌食”… レアルDFラモス、残忍タックルが反響拡大「罪深きキック!」 

20190808-00209273-soccermzw-000-1-view[1]

レアル久保、肩に手を乗せるベイルの横で笑顔 S・ラモスら豪華スターと集合ショット 

20190713-00203321-soccermzw-000-1-view[1]

本当にCB? S・ラモスの決定力が凄すぎる! 代表通算20ゴールをマークして“レジェンド”の得点数に並ぶ 

20190611-00946654-soccerk-000-2-view[1]

S・ラモス、ついにレアル・マドリー退団決意か…ペレス会長にフリーでの中国移籍を求めたとの報道 

20190528-00010000-goal-000-1-view[1]

レアル退団噂のS・ラモスにユーベやリバプール、マンU、中国などから誘い? 

20190525-00323093-footballc-000-1-view[1]

「巨大なエゴのポグバより彼を…」マドリー主将ラモスが指揮官ジダンに直談判!? 

20190516-00058650-sdigestw-000-1-view[1]

ジダンが決断!今度は驚きの“ラモス外し”を決行! 

20190406-00010003-sportes-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索