Samurai Goal

セルジオ越後


スポンサード リンク





「コロンビア戦をめぐり」セルジオ越後の“異論”に武井壮が“正論”で反撃!! 

origin_1
1 2018/08/09(木) 08:46:11.23 _USER9
辛口サッカー評論家のセルジオ越後氏(72)が8日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)に出演。
サッカーW杯ロシア大会でベスト16に入った日本代表の戦いぶりを振り返った。

番組にVTR出演したセルジオ氏は「10人の相手に1勝しただけで、結局11人の相手に1試合も勝てなかった」と改めて指摘。
「ベスト16からベスト8にいってなんぼですよ。高跳びの選手がまた同じ高さ跳んだなという感じです」と“辛口”に評論した。

この意見に、番組レギュラーのタレントの武井壮(44)は「(コロンビア戦は)11人とやって10人になったんだと俺は思っているけどね。最初から10人じゃないんだから」と異論。

「コメント寄せていただいてありがたいですけど、11人でスタートして、その中で反則があって1人減らされて勝っているんですから。(反則が)序盤で起きようが、中盤で起きようが、終盤で起きようが同じことですか11―11でやって勝ったんですよ。しっかり勝ってます。全然ずるくないですよ」と声を大にして反論した。

しかし、その後、武井の身体能力を高く評価するセルジオ氏のインタビューも放送され、
武井は「セルジオさん、一言言っておきます。大好きです」と話して、笑いを誘っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000065-spnannex-socc
8/9(木) 8:31配信

“セルジオ節”に違和感!?『イニエスタ&トーレス』に対しベタ褒め? 

6547456_full_213b1605-75c5-4ddd-989a-f228eadce0d7_
1 2018/08/02(木) 12:09:53.98 _USER9
W杯中断期間明けのJリーグで、注目の大物ふたりがデビューを果たした。

鳥栖に加入したフェルナンド・トーレスは、7月22日の仙台戦の後半早々に途中出場すると、ゴールこそ奪えなかったものの、さすがのプレーで何度もスタジアムを沸かせた。

特に71分のプレーは圧巻だったね。味方とのパス交換からペナルティエリア内に入ると、巧みな動きでマークを外し、右足でシュートを放った。あの一瞬の動き、脚の振りの速さには相手DFも驚いただろう。GKのファインセーブに阻まれたけど、このワンプレーだけでも彼の実力がわかる。

また、自らシュートを狙うだけでなく、76分には浮き球の絶妙なスルーパスを出した。受け手が(前所属アトレチコ・マドリードのFW)グリーズマンだったら得点になっていたかもしれないね。

身長185cmと大きくて、スピードも足元の技術もある。味方からパスが出てこなければ、ポジショニングを工夫して、パスを引き出す賢さも見せた。何よりゴールに向かう姿勢が素晴らしい。今後の活躍を十二分に予感させるデビューだった。現在下位に低迷し、J1残留を目指す鳥栖のヒーローになる可能性は十分あると思う。

神戸のイニエスタも22日の湘南戦で後半途中出場。彼もスルーパスなど技術の高さをのぞかせたものの、期待していたほどのインパクトは残せなかった。

トーレスと違って点取り屋ではないし、彼のパスセンスを生かすには、いい受け手がいないと厳しい。この日の神戸の選手の動きは不十分だった。イニエスタも覚悟していたと思うけど、「(前所属の)バルセロナとはずいぶん違うな」と感じただろう。そのギャップをどう埋めていくのかが今後の彼と神戸の課題になる。

おとなしそうな性格面も気になる。かつてのジーコ(鹿島)やドゥンガ(磐田)のように、ガンガン怒るなどしてチームを仕切れるか。そこは少し心配。そういう意味でも故障で離脱中のポドルスキがいれば心強い。今は彼の復帰が待ち遠しいね。

トーレスもイニエスタもまだチームに合流したばかり。今はウオーミングアップの段階。これからコンディションを上げ、チームメイトとの連携が深まれば、もっともっといいプレーを見せてくれるはず。ふたりが活躍して結果を出せば、Jリーグ全体が盛り上がるのはもちろん、ほかのチームも「ウチも大物選手を獲得しよう」となる。

かつて2014年にフォルランがC大阪に加入したときもそうした期待があったけど、うまくいかなかった。今度こそいい流れを生み出してほしい。

ちなみに、彼らがデビューを果たしたこの第17節は、ほかにも見応えのある試合が多かった。例えば鹿島の鈴木は、柏相手に2得点を決めるなど素晴らしいプレーを見せた。この節でのアピール度でいえば、トーレスやイニエスタよりも上だ。そうやって世界レベルの選手たちと比べて評価される環境は日本人選手にとって好ましいこと。これもトーレスやイニエスタがもたらす効果のひとつだと思う。

代表チームの強化のためには、その国のリーグのレベルアップが欠かせない。日本代表は世代交代が急務だし、再来年には東京五輪もある。若い世代が刺激を受けて、どんどんアピールしてほしいね。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-01067470-playboyz-socc

セルジオ越後「森保が監督就任しても“あの件”は清算されないよ」 

img_fbf57abbfd44496a89a7906d5a152ffd262984
1 2018/07/27(金) 11:42:40.72 _USER9
森保が抜擢されたのはある意味で妥当な選択ではあるけれど…

日本代表の新監督が森保に決まったね。東京五輪世代のU-21日本代表監督で、西野ジャパンではアシスタントコーチだった彼が就任したことで、今後はいかに世代交代をうまく図りながらチームを作っていけるかが問われるよ。
 
 そもそも、これまでの日本代表は五輪世代からの人材の供給がうまくできていなかった。日韓ワールドカップで指揮を執ったトルシエ以来、五輪代表とA代表を兼任した監督はおらず、森保も会見で言ったような“スムーズな世代間の融合”というのは実現できなかったんだ。
 
 かつてはアルゼンチン代表の指揮を執ったビエルサも五輪代表を兼任して、アテネ五輪で金メダルを獲ったメンバーがA代表に行くような流れがあった。結局、ビエルサは五輪後にすぐ辞めてしまったけど、その時のメンバーがベースになってA代表も強化されていったんだ。その他にも、スペインはU-20世代で頭角を現わしてきたシャビやイニエスタがA代表の中心となって南アフリカ・ワールドカップの優勝へとつなげていったし、多くの有力国はスムーズな世代交代によってA代表の継続的な強化を可能にしている。
 
 日本はシドニー五輪世代の中田英や柳沢、小野、稲本がA代表に上がったトルシエジャパンの頃は継続性があったけど、そのあとは北京五輪で3連敗を喫した本田や長友、岡崎らの世代を除けば、なかなか五輪から2年後のワールドカップで結果を出すような選手たちが出てこなかった。
 
 そうなると、チーム強化も上は上、下は下という感じになって、やはり世代交代はうまくいかない。今回のロシア・ワールドカップにしてもリオ五輪世代で出場した選手はひとりもいなかったんだ。ベテランの頑張りは見られたワールドカップだったけど、日本もいよいよ在庫が乏しくなってきたのかもしれない。
 
 そんななかで森保が抜擢されたのは、ある意味で妥当な選択と言えるのかもしれないけど、ちょっと腑に落ちないと感じている人もかなり多いんじゃないかな。そう、“あの件”については、まだ何も清算されていないからね。


7/27(金) 7:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180727-00044624-sdigestw-socc

『イニエスタ、トーレスで浮かれるのはアマチュアレベル!!』セルジオ節、今日も安定していたw 

no title
1 2018/07/21(土) 17:41:35.73 _USER9
プロならプロらしくプライドを持ってほしいね

ロシア・ワールドカップの開催で中断していたJ1リーグが、7月18日に再開されたね。マリノスがベガルタを8-2で下す大味な試合もあったけど、全体的な力関係は中断前とあまり変わっていないというのが率直な感想だ。
 
 ガンバに4-0と大勝した首位のサンフレッチェは相変わらずの戦いぶりで、そのガンバと同様、下位に沈むグランパスも、レッズ相手に1-3の完敗。代わり映えのしない結果で、勢力図を大きく変えそうな事象はほぼなかった。
 
 もっとも、みんなが期待しているヴィッセルのイニエスタとサガンのトーレスは、18日の時点ではまだお披露目されていない。彼らが実際にJリーグのピッチに立ってはじめて、本当の意味で“リスタート”となるんじゃないかな。
 
 世界的にも名の知れたふたりが、この日本特有の暑さの下でどれだけ活躍できるか。ポドルスキみたいに、頻繁に怪我で離脱する事態は避けてほしいね。
 
 もちろん、期待はしているし、高額な年俸に見合うだけのパフォーマンスでJリーグを盛り上げてほしいけど、過剰に特別視するのはやめるべきだ。ファンやサポーターが楽しみに待つのは構わない。ただ、チームメイトや対戦相手までもが「一緒にプレーできて嬉しい!」という雰囲気を醸し出すのは、どうかと思うよ。
 
 そういうスタンスは、もはやアマチュアだよね。日本リーグ時代にペレやベッケンバウアーが来日して、ワーワー騒いでいるのと一緒。何も変わっていない。プロならプロらしくプライドを持ってほしい。
 
 浮かれる前に「なんであいつらが年俸で何億も何十億ももらっているのに、俺はこれだけなんだ!」と怒るぐらいでないと。イニエスタやトーレスに対して、やきもちを焼くぐらいガッツのある日本人選手がいなければ、いつまでたっても日本のプロサッカーの成長は横ばい状態だよ。

透明性と公平性ある決断と行動が必要だ


サッカーダイジェスト7/21(土) 14:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00044331-sdigestw-socc

『セルジオ越後めっちゃ嫌い』乾貴士の単刀直入すぎる発言に波紋 

472e18d4
1 2018/07/21(土) 11:59:11.91 _USER9
2018/07/21(土) 07:09:53.21 ID:CAP_USER9
20日、フジテレビ「ダウンタウンなう」では、サッカー日本代表・乾貴士がゲスト出演。
W杯の重圧から解放され、バラエティモードで饒舌になった乾は、"サッカー界のご意見番"を「めっちゃ嫌い」と言い放った。

まずは、その素顔について。VTRで登場した大迫勇也は、乾の性格を「本当に中学生みたいな人」と切り出すや、
「よく喋るし、うるさい」といきなりダメだし。番組スタッフが「ムードメーカー?」と訊ねても「そういうわけじゃなくて、ただ単にずっと喋ってる」と容赦ない。

またスタジアムに到着し、アップ開始までの時間を周囲の選手達が音楽を聴くなどリラックスして過ごす中、
「(乾は)そういうのなしに、すぐ着替えて荷物をバーンと置いてボールを蹴りにいっている姿を見て、この人病気じゃないかな」と苦笑い。

さらに大迫は「色んなことに対して愚痴が多い。直して欲しいです」と乾に訴えると、
「監督とか指導者とかに注意されたりしたら、食事会場で選手だけになる。その時に『なんなん、さっきの』と愚痴がすごく多い」と明かす。

これに対し「今の酷い」と声を荒げた乾だったが、坂上忍から「ハリルさんの愚痴?」と訊かれると、「そうですね、基本的にはそこでしょ」とアッサリ。
松本人志がセルジオ越後氏の名前を挙げると、「めっちゃ嫌いです」とキッパリ、「あの人ダメなんですよね。なんなんすかね。いつか言いたいと思ってたんです」とも話した。

2018年7月21日 1時30分 Sports Watch
http://news.livedoor.com/article/detail/15042518/

『森保氏を新監督に推す!!』セルジオ流の構想とは? 

SK_Sergio_20101122_055
1 2018/07/19(木) 07:48:16.35 _USER9
ロシアW杯での日本代表の敗退が決まって以降、さっそく新監督候補の名前がメディアをにぎわせている。

なかでも最初に名前が挙がったのがクリンスマン。現役時代はドイツ代表で活躍したFWで、引退後はドイツ、アメリカを率いてW杯で指揮した経験を持っている。新監督は早ければ今月中にも正式決定するということで、彼をはじめとした候補者たちがどんなサッカーをするのか、日本代表の監督にふさわしいのかなど議論が盛り上がっている。でも、僕に言わせれば「早すぎない?」だ。慌てて次の監督を決める前に、やるべきことがあると思う。

この4年間で何がうまくいって、何がうまくいかなかったのか。それを踏まえて、今後はどういう方向を目指すべきなのか。ロシアW杯だけでなく、そこに至るまでの過程も含めた総括を、日本サッカー協会はこの短い時間に行なえているのかな。

惨敗したブラジルW杯からの4年の間にアギーレ、ハリルホジッチとふたりの監督が失敗した。その原因はどこにあったのか。そして緊急登板した西野監督もグループリーグ突破は果たしたものの、結局、ベスト16の壁は越えられなかった。選手の口からも「(W杯では)11人の相手には勝てなかった」という言葉が出ている。それをどう検証して、今後にどう生かすつもりなのか。まさか、成田空港で大勢のファンに出迎えてもらえたから「よかった、よかった」で終わりということなのかな。それでは進歩がないよ。

クリンスマンにしても、協会がW杯期間中にリストアップしたというのなら、そこにどういう根拠があるのだろう。「そこそこ知名度があって、予算内で連れてこられる監督」といった代理人からの売り込みがあったというのが真相じゃないかな。

9月には新生日本代表の初戦が予定されている(7日、対戦相手未定)。そこで「○○ジャパン~Road toカタールW杯」とお披露目したいがために、急いで決めようとしているようにしか僕には見えない。このままでは、この4年間からなんの教訓も得られず、またゼロからのチームづくりとなってしまう。そんな不安で今はいっぱいだよ。

ちなみに次期監督の人選については、じっくり選んでくれるのであれば、外国人でも日本人でもいいんだけど、個人的には五輪代表(U-21代表)の森保監督を推したい。

今後の日本サッカーの最初のターゲットは再来年の東京五輪。各国ともW杯ほどの本気度では臨んでこないから、今後の強化次第では日本にもメダルを狙うチャンスはあると思う。そして、ベテランだらけになったA代表もこれから世代交代を進めていかなければならない。いずれにしても若手の強化が最重要課題ということ。A代表と五輪代表が連動しての強化は必須だし、逆に言えばこれまではそこが分断していた。だからこそ、かつてのトルシエ監督のようにひとりの監督が両方を見るのがいいし、手っ取り早い。

森保監督とは3ヵ月ほど前に食事をする機会があったんだけど、五輪本番だけではなく、準備段階の強化試合からオーバーエイジ枠の選手をチームに入れ、適性を見ていきたいと話していた。素晴らしいアイデアだと思う。ひとまず東京五輪までは彼にA代表も任せてみる。それが現実的かつベストな選択じゃないかな。


構成/渡辺達也

7/19(木) 6:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180719-01066170-playboyz-socc

セルジオ越後、森保JAPANに肯定的「森保監督に任せるのもあり」 

34131_ext_04_0
1 2018/07/12(木) 19:29:39.71 _USER9
ビジョンを示したうえで、次なる人材を探すべき

ロシア・ワールドカップはいよいよ決勝戦と3位決定戦を残すのみとなったけど、ラウンド16で大会を去った日本では、早くも次期代表監督の人選に注目が集まっているね。
 
 何人かの候補者が紙面を賑わしているけど、その前にやるべきことがある。まずは、今回のロシア大会における日本の戦いぶりをどう評価するか。それが済んでいないのに、次の監督を決めるというのは、順番が違うと思うんだ。
 
 世界の舞台で明らかになった日本の強みと弱み。それを踏まえて、今後のビジョンが示されたうえで、さらなる強化に必要な人材は誰なのかという話になるのが普通だよね。
 
 西野ジャパンの快進撃の余韻に浸るのはそろそろ終わりにして、未来に向けて動き出さなくてはいけない。悠長に構えていたら、大きな躓きを招くかもしれないよ。

 これまではワールドカップを基準に考えて、4年のスパンでいろんなことが推し進められてきたと思うけど、今回はひとまず東京五輪までの2年間を重視したスケジュールを組んでもいいかもしれないね。
 
 例えば、その2年間だけはA代表を外国人監督に任せてみるのか、あるいはU-21代表を率いる森保監督に一任するのがベストなのか。
 いずれにせよ、世代交代には東京五輪世代との連係が不可欠。そこを分断してしまっては、理想的な融合は果たせないだろう。


サッカーダイジェスト7/12(木) 19:23
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00043871-sdigestw-socc

“超辛口批判”でお馴染みのセルジオ越後氏、本人の経歴って一体どうなの? 

img_c088
1 2018/07/09(月) 09:05:14.65 _USER9
“激辛”の性分が爆発した?

 サッカー評論家のセルジオ越後氏が7月3日、ラジオ番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)にゲストで出演。ベルギー代表に2対3で敗れ、ロシアW杯からの敗退が決まった日本代表に厳しい見解を示した。

周知のように日本は、後半が開始するや2点を奪い、一時ベルギーを焦らせたが、その後敵の猛攻に苦しみ、追加点を奪えず3つの失点を味わった。そんな熱戦を振り返ったセルジオ越後氏は、

「(ベルギーが作った)チャンスの数を考えれば、惜敗というよりは内容的にもっと大きな差があった。冷静になって振り返って下さい。(コロンビア戦で)10人の相手に1勝しただけで、あとは2敗1分したチームがどうして強いと言えるんですか?」と話し、相手選手の退場により数的優位だったコロンビア戦のみの勝利に終わった事実を嘆くと、

「こんな勝てない国にどうして辛口がボク1人しかいないの? これで“よくやった”というなら、もう勝たなくても良いってことになる。外国なら負けたら慰められることはない。負けても慰められるというのは強くない証拠」とし、結果にシビアな姿勢を示すべきとの持論を展開した。

「日本代表の戦いぶりには世間的にも『よくやった!』とのねぎらいムード一辺倒ですが、やはり昔から“超辛口”として知られるセルジオ越後氏だけはブレませんでしたね。

かつて日本サッカー協会がヨーロッパで偉大な実績を残してきたアルベルト・ザッケローニを指揮官に招聘した際にも、多くのメディアが歓喜ムードの中、セルジオ越後氏だけは『ザッケローニは決して旬な監督じゃない』と言い放ち、“終わった監督”ともとれる発言を残しました。

実際、ザッケローニが欧州で大きな脚光を浴びていたのは2000年前後であり、10年に日本へやってきたのは“他に行く当てがなかったから”との見方も現地メディアからは指摘されています」(スポーツライター)

 日本サッカー協会公認のサッカー教室で全国を巡業し、子供たちにサッカーのおもしろさや厳しさを伝え続けるセルジオ越後氏。超辛口評論の背景には、こうした日本サッカー界への深い愛情があることは言うまでもないだろう。

(木村慎吾)

アサ芸2018年7月9日 05:59
https://www.asagei.com/107893

ナイナイ岡村、セルジオ越後を愚痴る!!『それ言うんや...』 

キャプチャ
1 2018/07/07(土) 21:37:09.59 _USER9
お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(48)が6日、ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)に生出演。サッカーロシアワールドカップ(W杯)で、西野朗監督(63)率いる日本が2-3で敗れたベルギー戦を振り返った。

 岡村は、テレビ番組のロケで訪れていたスリランカのホテルで、日本-ベルギーを観戦。日本が2点リードから1点を返された時点で「ちょっと嫌な予感もした」などと振り返りながら、決勝点となったベルギーの3点目について「まさかまさか。
一番ゴールから遠いところから、日本のゴールまで9秒35ですか、で決められてしまった」と当時の驚きを語った。後半アディショナルタイムでコーナーキックを得た際に、ショートコーナーで時間を使わなかった理由の推測や、ベルギーのカウンターの見事さにも触れ「いろいろ言うひとはいますけど、しようがないです。あれはベルギーがエグかったっていうことにしましょうよ」とまとめた。

 試合後、ネットで情報を調べた岡村は、サッカー解説者のセルジオ越後氏(72)が「(1次リーグ第1戦のコロンビア戦で)10人の相手に1勝しただけ」とコメントしていたことを知ったという。「ものすごい辛口な。それはそうやけども、それ言うんやって思って、ちょっと悲しくなったんですけども」とボヤいた。岡村は、西野ジャパンについて「いつもと違って、ちゃんと点を取って引き分けに持っていっていたり、点を取って競り負けたりということやったので、もう十分、すごくいい試合を見せてもらった」と健闘をたたえた。

https://www.sanspo.com/geino/news/20180706/owa18070615150003-n1.html

お馴染み“セルジオ節炸裂”『ベルギー戦の勝率は0%』 

serujio9
1 2018/06/30(土) 16:13:04.28 _USER9
辛口サッカー評論家のセルジオ越後(72)が6月30日、TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜後1時)で、サッカーのワールドカップについて語った。

 まずは、日本代表のポーランド戦“最後の10分間のボール回しについて”。「これは国の文化の違い。日本の文化の中では反発があった。勝負という魅力の中で、負けていて勝負に行かなかったことに“正々堂々と戦うことを誓います”と言えなくなってしまった。行ったらやられるかもしれない…が無意識のうちにあったかもしれない。ポーランドも勝っていたから攻めてこなかった。両国の利害が一致した。今回予選リーグで初めて適用されたルール・フェアプレーポイントの中でフェアプレーでないことが起きてしまった」と結論づけた。

 また、西野監督の決断には「選手の体力の消耗具合を見て、勝負したら危ない、選手を信用していなかったのでは…」と語った。

 2日(日本時間3日)には決勝トーナメント1回戦で、FIFAランク61位の日本は同3位のベルギーと対戦するが、日本が勝利する確率を聞かれると「0パーセント」と言い切った。さらに、「さあ、それをひっくり返せるか。見ものです。韓国は予選敗退ですが、ドイツを破ってヒーローになって帰国しますからね」と、何が起こるかわからない今回のワールドカップに期待していた。

スポニチ6/30(土) 15:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000118-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索