Samurai Goal

セルジオ・コンセイソン


スポンサード リンク





中島翔哉 指揮官と“和解” 現地メディア報道  

20190918-00000238-spnannex-000-3-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/18(水) 23:58:53.37 ID:sKk35gpV9
ポルトガル1部リーグ、ポルトの日本代表MF中島翔哉(25)が、セルジオ・コンセイソン監督(44)と“和解”したと、地元メディアが報じた。

 中島は15日の古巣ポルティモネンセ戦に後半26分から途中出場したが精彩を欠き、試合直後のピッチで指揮官から激しく叱責(しっせき)され、ポルトガルでも波紋が広がっていた。

 地元レコルド紙(電子版)は、18日の公開練習中にコンセイソン監督が中島に歩み寄って言葉を交わし、握手をする写真を掲載し「“中島事件”の終わり」と報道。
オジョゴ紙(電子版)も「叱責は過去のことで、関係が通常どおり戻ったことを示した」と伝えた。

 ポルトは19日に欧州リーグでヤングボーイズ(スイス)と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000238-spnannex-socc

セルジオ・コンセイソン監督、一喝した中島翔哉の成長を求める「ポルトと契約するだけでは十分ではない」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 11:41:42.15 ID:3cKEnSfr9
ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は、先日に衝突があった日本代表MF中島翔哉について口を開いた。

今夏にポルトガルの強豪ポルトに加入した中島は、15日の3-2で勝利したポルティモネンセ戦に途中出場する。しかし試合後、コンセイソン監督は日本代表MFと挨拶をかわした後、同選手を追いかけて大声で一喝。チームメイトの仲裁が必要となるほど指揮官は憤っていたと伝えられている。

さらに、試合後に中島との件について問われたコンセイソン監督は「これはあくまで私たちが話し合うべき問題だ」と話すにとどめ、これ以上この問題について語ることはなかった。

そんな中、19日に行われるヨーロッパリーグ開幕節のヤングボーイズ戦を前にした前日会見で、コンセイソン監督は中島について問われ「あれは我々の会話だ。ただ、簡単ではない。彼はすでにポルトガル語のクラスを受けているが、彼は日本語を話し、私はポルトガル語を話すからだ」とコミュニケーションの問題であったと主張。

さらに「私のことを知っているなら、98分の勝利の後に感情的になるななんて言えないはずだ。ポルトと契約するだけでは十分ではない。このことを考える必要がある。もちろんミスはつきもので、私もミスして責任を負っている。ただし、決心、犠牲心、これらは日頃から出していかなければならないものだ」と話している。

一部では中島の守備面に対してコンセイソン監督が不満を持ったと報じられており、日本代表MFに対して“決心、犠牲心”と言った心理面の向上を求めたいようだ。

なお、18日のトレーニングでは、ウォームアップの後に、コンセイソン監督から中島に近づいていき、言葉を交わすなど、すでにポルティモネンセ戦後にあった緊張状態は収束した様子。19日のヤングボーイズ戦で、どのような形で起用するのか注目が集まっている。

9/19(木) 11:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010014-goal-socc

写真
no title

中島翔哉 指揮官と“和解” 現地メディア報道  

20190918-00000238-spnannex-000-3-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/18(水) 23:58:53.37 ID:sKk35gpV9
ポルトガル1部リーグ、ポルトの日本代表MF中島翔哉(25)が、セルジオ・コンセイソン監督(44)と“和解”したと、地元メディアが報じた。

 中島は15日の古巣ポルティモネンセ戦に後半26分から途中出場したが精彩を欠き、試合直後のピッチで指揮官から激しく叱責(しっせき)され、ポルトガルでも波紋が広がっていた。

 地元レコルド紙(電子版)は、18日の公開練習中にコンセイソン監督が中島に歩み寄って言葉を交わし、握手をする写真を掲載し「“中島事件”の終わり」と報道。
オジョゴ紙(電子版)も「叱責は過去のことで、関係が通常どおり戻ったことを示した」と伝えた。

 ポルトは19日に欧州リーグでヤングボーイズ(スイス)と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000238-spnannex-socc

中島翔哉とポルト指揮官の一件に指導者言及「言われたことを理解したかはわからないが…」 

20190918-00010011-goal-000-1-view[1]

ポルト指揮官の中島翔哉への“ぶちギレ”シーンが波紋!会見で厳しい言葉を 

20190916-00064230-sdigestw-000-6-view[1]

中島翔哉が監督に大目玉食らった理由。目撃者は語る「やばかった。めっちゃ怖かった」 

20190916-00338619-footballc-000-1-view[1]

<ポルト監督フラビオ・コンセイソン>試合後に中島翔哉を一喝!「監督は中島に怒った」と現地報道  

1: Egg ★ 2019/09/16(月) 09:58:25.56 ID:kyPGKB+C9
ポルトガルリーグのポルティモネンセvsポルトの一戦では、安西幸輝と中島翔哉の日本人対決が実現。

この試合では77分に安西がポルトガル初ゴールを決め、2-2で迎えた後半ATの98分にイバン・マルカーノが劇的ヘッドを決め、ポルトがアウェーゲームを制している。

日本でも注目を集めたこの一戦で、ポルト中島は72分から途中出場したが、ポルトガルでは試合後の一幕について、大きく報じられている。

ポルト指揮官セルジオ・コンセイソンは試合後、中島に挨拶をかわした後、中島を追いかけて大声で一喝する場面があった。同僚のヘスス・コロナ、オタビオらが間に入って指揮官をなだめたものの、このシーンはポルトガルメディア『Record』、『tvi24』などでもピックアップされ「コンセイソンは中島に怒り、腹を立てている」と伝えた。

試合後にコンセイソン監督は会見の場で「監督はチームをいつだって助けるためにベンチから指示を送っているものだ。だが、それはときに試合を難しくすることもある。おそらくサッカーを愛する方なら、私が何を言いたいか、ご理解いただけるんじゃないかな」と述べている。

また、一喝した中島について問われると指揮官は「これはあくまで私たちが話し合うべき問題だ」と述べ、多くを語らなかった。

77分、安西に同点弾を決められた際は左ウイングの中島が自陣まで戻っていたものの、プレスが機能せず、安西にカットインから左足のミドルを決められ、2-2に追いつかれることとなってしまった。なお、ポルトファンの間ではSNSで「この場面のナカジマに監督が怒っていたのでは?」「ショウヤは途中出場なんだから、あの場面でしっかり寄せるべき」「この場面に限らず、今夜はボールロストが目立った」といった議論が交わされている。

コンセイソン監督が明言を避けていることもあり、中島のどのプレーに不満を持っていたのか現時点で不明だ。だが今夏ポルトに加わったばかりの中島は、まだコンセイソン監督の信頼を完全に勝ち取るまで至っていないようだ。

9/16(月) 9:40配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00010012-goal-socc

写真
no title

ポルト10番 中島翔哉 予想外の壁に直面!なぜ試合に出られないのか? 

1: Egg ★ 2019/08/13(火) 18:29:38.62 ID:Q5KLNoA+9
カタール1部アルドハイルからポルトガル1部の名門・ポルトに移籍加入した日本代表MF中島翔哉(24)が予想外の壁に直面している。

 7日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦第1戦、クラスノダール(ロシア)戦でのベンチ外に続き、10日に行われた国内リーグ開幕戦のジル・ビセンテ戦でもベンチ入りしながら、まさかの出番なし。日本代表だけでなく、クラブでも「背番号10」を託されたことを思えば不可解な状況だが、セルジオ・コンセイソン監督(44)の信頼を得るまでに至っていないのが現状だ。

 昨季リーグ2位のポルトは攻撃陣の主力が大量に流出。中でもアルジェリア代表FWヤシン・ブラヒミ(29)がカタール1部アルラーヤンに移籍した穴は大きく、代役の左サイドのアタッカー探しが急務だ。本来ならここに中島が入ることで解決されるはずだったが、クラブはコロンビア代表FWルイス・ディアス(22)も獲得。これで前線のレギュラー争いは激化した。

 指揮官はクラスノダール戦、ジル・ビセンテ戦で、中島より体格で勝る選手を積極的に起用。細かい動きや相手の裏をかくようなプレーが得意の中島にはチャンスがなかった。中島がポルティモネンセで活躍していた時のスタイルは国内では知られているだけに、ここまでの不遇な扱いに「だったら、なぜ中島を獲得したのか」といった論調も地元メディアから出始めている。

 チームは3部から特例で昇格したジル・ビセンテに1―2で敗れ、大金星を献上する不安な船出。中島の出番はいつ回ってくるのか。

8/13(火) 16:40配信 東スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000022-tospoweb-socc

写真
no title

中島翔哉、サポーターから称賛!「驚くべき動きでDFの前から消えるんだ!真の魔法使い、ニンジャだ…」  

1: Egg ★ 2019/08/03(土) 22:34:10.55 ID:vudq44jN9
サポーターからの期待も大きく…
 
今夏にカタールのアル・ドゥハイルからポルトガルの強豪ポルトへ移籍した中島翔哉。加入当初に渡された背番号は8番だったが、オリベル・トーレスの移籍に伴い、10番を背負うことが発表された。
先日、スタジアムでのお披露目イベントに参加した中島は、8月1日に現地メディアの囲み取材に応じたようだ。現地紙『A BOLA』などが報じている。

クラブに関する感想を求められると、「この青と白のユニホームを着ることが夢でした。今とても幸せな気分だし、ピッチの上で楽しみながら、チームの力になることだけを、今は考えています」とコメントしたという。

また、セルジオ・コンセイソン監督については、こう語っている。
「偉大な監督だと思います。アタックもディフェンスも要求されるレベルがとても高く、両方ともソツなくこなすことが求められています。監督のスタイルに順応し、期待に応えられるように一生懸命プレーするつもりです」

そして、今季の目標を「すべてのトロフィーを獲得すること」と掲げている。
「サッカーの試合では、常に3つの結果があります。勝利、引き分け、敗北のうち、サッカーを楽しんで、やるべきことをやれば望む結果を得られると信じています。
その結果は、ファンを喜ばせることにも繋がると思います。

目標はすべてのトロフィーを獲得することです。そのためにフィールドで全力を発揮したい。ポルトはチャンピオンに値するクラブだと思うので、その目的達成のためにがんばりたい。
個人的には、より多くのゴールを決めて、勝利に貢献したいと思います。ポルトにいる、すべての瞬間を楽しみたいです」

こうしたコメントに地元サポーターは「ナカジマは今夏の補強でベスト」、「彼は本当に驚くべき動きでDFの前から消えるんだ! 彼こそ真の魔法使い、ニンジャだ…」、「彼の笑顔はなんだか伝染するんだよな」など、エールを送っている。
ポルトは8月7日にチャンピオンズ・リーグ(CL)の予選3回戦第1レグ、クラスノダール戦、8月10日にはリーグ開幕戦、ヴィセンテ戦を迎える。中島はサポーターの大きな期待に応えることができるだろうか。

8/3(土) 19:28配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190803-00062359-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索