Samurai Goal

セリエA


スポンサード リンク





走っても走っても...!!セリエAでの総走行距離上位2チームが低迷している現実に 

GettyImages-884841952-min
1 2018/09/15(土) 01:23:10.93 _USER9
個人の走行距離トップはインテルのブロゾビッチ。

サッカーで勝つためには、走らなければいけない。だが、走っても必ず勝てるというわけではない。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が9月13日、レガ・カルチョによるセリエAの現時点での平均走行距離を報じた。

 20チームのトップに立ったのは、1試合あたりの出場選手の総走行距離が115キロを超えたボローニャ。キエーボが114.544キロでこれに続いている。ただこの2チームは、この走りを成績につなげられていない。両チームともまだ1勝も挙げられておらず、ボローニャは18位、キエーボは最下位といずれも降格圏に沈んでいる。

 この2チームに続いたのは、闘将ジェンナーロ・ガットゥーゾが率いるミランで、カリアリ、インテル、ラツィオと続く。唯一の3連勝で首位に立つ王者ユベントスは13番目。2位と躍進中のサッスオーロも、走行距離のランキングでは16番目と下から数えたほうが早い。3位のフィオレンティーナも12番手につけている。
 
 20チームの1試合あたりの総走行距離は以下のとおり。

1位:⑱ボローニャ(115.143km)
2位:⑳キエーボ(114.544km)
3位:⑭ミラン(113.797km)
4位:⑫カリアリ(113.171km)
5位:⑦インテル(110.748km)
6位:⑯ラツィオ(110.355km)
7位:⑧エンポリ(109.783km)
8位:⑰パルマ(109.522km)
9位:⑥アタランタ(109.462km)
10位:⑲フロジノーネ(108.817km)
11位:④スパル(108.7km)
12位:③フィオレンティーナ(108.014km)
13位:①ユベントス(107.978km)
14位:⑮ジェノア(107.217km)
15位:⑩トリノ(107.174km)
16位:②サッスオーロ(107.126km)
17位:⑤ナポリ(106.708km)
18位:⑨ローマ(106.192km)
19位:⑩ウディネーゼ(105.687km)
20位:⑬サンプドリア(105.376km)
※チーム名の前にある丸数字は3節終了時点の順位。


 一方、各チームの最多走行距離を個人別に見ると、インテルのマルセロ・ブロゾビッチが平均12.289キロでトップ。ロレンツォ・クリセティグ(フロジノーネ)が12.138キロ、フランク・ケシエ(ミラン)が12.115キロでこれに続いている。

 ちなみに、ユベントスでもっとも走っているのは11.446キロを記録しているブレーズ・マテュイディ。『Gazzetta dello Sport』紙によると、クリスチアーノ・ロナウドは10キロにも達しておらず、チーム内で7番目の数字にとどまっている。

 いずれにしても、走行距離の長さが必ずしも成績につながるわけではないようだ。『Gazzetta dello Sport』紙は、これらのデータとともに、イタリアを代表するレジェンド、ロベルト・バッジョの名言を紹介している。

「いつだってボールを走らせるほうが良い。ボールは汗をかかないから」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00047258-sdigestw-socc

中田英寿“セリエAデビュー”から20年「セリエA在籍5クラブを訪ねて」 

225601
1 2018/09/13(木) 12:36:15.95 _USER9
元日本代表MF中田英寿氏のセリエA移籍20周年を記念して、きょう13日の午後9時より、Abema TVにて特別番組が放送される。
 
 番組名は「中田英寿 20年目の旅 セリエA在籍5クラブを訪ねて」。発案した中田氏は「今年は僕がペルージャでセリエAでデビューしてちょうど20年なので、みんなで20周年のお祝いをしようと思ったのがきっかけで、当時のスタッフに声を掛けました」。

 中田氏と現役時代に関わったスタッフの一団は、かつて在籍したペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナの街に降り立ち、戦ったスタジアムや、激闘の疲れをいやしたレストランやホテルを訪問。懐かしい空気に触れながら、サッカー選手としての原点を思い出した。

 20年前の1998年9月13日は、中田氏がベルマーレ平塚からセリエAのペルージャに移籍し、デビュー戦となったユベントス戦でいきなり2ゴールをあげ、世界にその名を轟かせた。当時のユベントスには、直前のフランスワールドカップで優勝したフランス代表の絶対的エース、ジダンや、今年のロシアワールドカップの優勝監督になった主将のデシャン、イタリア代表のエース、デルピエロといった世界的スターが勢ぞろいしていた。そんな相手に気後れせずに敢然と立ち向かった当時の心境も、中田自身が丹念に振り返る。

9/13(木) 10:03配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-01848634-gekisaka-socc

ロナウドが生んだ“年俸格差”約40億円でセリエA断トツに!! 

img_b35550911ce2c6529b84f4388ffa8d66166742
1 2018/09/04(火) 22:47:13.01 _USER9
9/4(火) 20:58配信 フットボールチャンネル

今季ユベントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドの年俸は、セリエAで2番目の選手の3倍以上、クラブ内では2番目の選手の4倍以上という圧倒的な金額となっている。4日付伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が年俸ランキングを公開した。

 同紙によれば、C・ロナウドの年俸は税込み6000万ユーロ(約77億2000万円)、手取りでは3100万ユーロ(約39億9000万円)。当然ながらセリエAで最高の高給取りとなっている。

 2位はユーベからミランへ移籍したFWゴンサロ・イグアインだが、その手取り額は950万ユーロ(約12億2000万円)。C・ロナウドとは実に3倍以上の差がある。3位にはユーベのFWパウロ・ディバラが700万ユーロ(約9億円)で続いている。

 4位以降はユーベのMFミラレム・ピャニッチ、同FWドウグラス・コスタ、ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマ、ユーベのDFレオナルド・ボヌッチ、同MFエムレ・ジャン、ナポリのFWロレンツォ・インシーニェ、インテルのFWマウロ・イカルディ。年俸トップ10のうち6人がユーベの選手で占められている。

 今季のセリエAの年俸総額は税込み11億2900万ユーロ(約1450億円)。「C・ロナウド効果」もあってリーグ史上最高額を更新したとのことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00288137-footballc-socc

歴代最高「セリエAベスト11」が決定!!レジェンドまみれの錚々たるメンバー! 

GettyImages-493912511-800x590
1 2018/08/23(木) 19:57:33.36 _USER9
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入で沸くセリエAは、現地時間18日のキエーボ対ユベントス戦で開幕する。現在はリーガ・エスパニョーラやプレミアリーグに“世界最高”の肩書を譲っているが、かつてのセリアAにはトップクラスのプレーヤーが集まっていた。英紙「デイリー・メール」は、セリエAの「歴代ベストイレブン」を独自選定。ナポリをリーグ優勝に導いたアルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナら錚々たるメンバーが顔を揃えた。

 1980年代後半から90年代半ばまで、セリエAには世界最高峰のプレーヤーが揃っていた。ACミランやインテル、ユベントス、ローマなど、群雄割拠の時代で輝いていた選手たちが歴代ベストイレブンに選出されている。

 ユベントスなどで活躍し、公式戦で1143分間連続無失点記録を樹立した元イタリア代表GKディノ・ゾフが“歴代最高GK”に選ばれた一方、最終ラインにはミラン勢が並ぶ。

 右サイドバック(SB)は2度のワールドカップ(W杯)制覇を成し遂げ、ミランでも2度のスクデット獲得に貢献した元ブラジル代表DFカフー。センターバックには、ミランで6度のリーグ優勝を果たすなど黄金期を支えた元イタリア代表DFフランコ・バレージ、そのバレージが引退した後にミランの守備を支えた元イタリア代表DFアレッサンド・ネスタが入った。また、左SBにはセリエA最多出場試合数(647試合)を誇る元イタリア代表DFパオロ・マルディーニが選ばれている。

マラドーナがトップ下に君臨

 中盤はダイヤモンド型で構成。アンカーにはユベントスやインテルで活躍した元イタリア代表MFマルコ・タルデッリが入り、インサイドハーフには1960年代の「グランデ・インテル」における中心選手だった元イタリア代表MFサンドロ・マッツォーラと、ファンタジスタの象徴的な存在として知られていた元イタリア代表MFロベルト・バッジョが選ばれた。そしてトップ下となる10番のポジションには、ナポリをセリエAの頂点に押し上げたマラドーナが名を連ねた。

 強烈な2トップには、ミランでゴールを量産した元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステンと、爆発的なスピードや圧倒的な技術でディフェンスを翻弄した元ブラジル代表FWロナウドが選出されている。ちなみに、監督は今季からナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督だった。

 ユベントスに加入したC・ロナウドは、歴代ベストイレブン入りしたレジェンドたちに負けない活躍を見せられるだろうか。

Football ZONE web編集部
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00129252-soccermzw-socc

違反覚悟で“無言の抗議”ローマ主将デ・ロッシが意地を貫く!! 

キャプチャ
セリエA開幕戦において、ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが指定されているキャプテンマークを巻いていなかったとして問題になっている。
イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が20日、報じている。

デ・ロッシは19日、アウェーで行われたトリノ戦(1-0でローマが勝利)に先発フル出場した。
だが35歳MFは、主将として巻くはずのキャプテンマークが規定に違反していたと指摘されている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000017-goal-socc

“悪評高い”セリエA・ラツィオのサポーターが要求!!「神聖な場所」を女人禁制に! 

1 2018/08/20(月) 17:03:45.86 _USER9
https://www.bbc.com/japanese/45243356

女性は「神聖な場所」立入禁止に 伊サッカー・ラツィオのサポーター要求
2018/08/20 1時間前

サッカーのイタリア1部リーグ、セリエAのラツィオを応援する過激なファンの一団が、同チームの本拠地であるローマのオリンピック・スタジアム北側ゴール裏スタンド、通称「クルバ・ノルド」の一部から女性は締め出されるべきだとする手紙を配布している。

ラツィオファンの一部は暴力、人種差別、反ユダヤ主義で悪評を得てきた。

18日にあったセリエA2018-19シーズンの開幕戦前、クルバ・ノルドは「神聖な場所」であり、女性の立入は許されていないとするチーム非公認のビラが配られた。

このビラは、「女性、妻、彼女」にスタンド最前10列に座らないよう求め、女性はスタジアム内の別の場所へ行くべきだとしている。

ビラには「気楽でロマンティックな日を過ごす場所として、ビラ・ボルゲーゼ(ローマの歴史的な邸宅と庭が改修されて出来た公園)の代わりにスタジアムを選んでいる奴らは、別の場所に行くべきだ」と書かれていた。

ビラには「ディレッッティーボ・ディアボリク・プルート」の署名がある。この人物はラツィオのファングループ「イリドゥチビリ」のリーダーの1人。

ラツィオは昨シーズン、ライバルチームであるASローマのユニフォームを着たホロコースト犠牲者のアンネ・フランクを描いた、反ユダヤ的なシールをラツィオサポーターが掲げたとして罰金を受けた。

(英語記事 Serie A: Lazio fans call for women to be banned from 'sacred place')

ラツィオの過激なファングループは、暴力、人種差別、反ユダヤ主義で悪名高い
no title

C・ロナウド、ユベントス“鮮烈デビュー”するも試合は強制終了に!! 

1 2018/08/13(月) 05:54:10.85 _USER9
試合は観客の乱入により72分で強制終了…
今夏、レアル・マドリーからユベントスへの移籍で世界を驚かせたクリスチアーノ・ロナウド。
先週から新天地での練習に参加し、調整を続けていたが、8月12日(現地時間)、ついに実戦デビューを果たした。
 
舞台となったのは、ピエモンテ州の田舎町、ヴィッラール・ペローザ。
オフシーズンの恒例となるプリマベーラ(ユースチーム)とのテストマッチで、
ユベントスのユニホームを身に纏ったC・ロナウドが、初めてピッチ上でそのプレーを披露した。
 
熾烈な競争を勝ち抜いてチケットを手に入れた5000人ほどの観客の前に姿を現わした選手たち。その最後に、C・ロナウドの姿はあった。
 
試合開始から1分後、全ての視線を集める背番号7が初めてボールを得るが、ここではDFに奪われる。
4分には左サイドでテクニックを見せるも、中央へのパスは相手選手に渡り、ここから攻撃を受け、FKからクロスバーを叩くシュートを浴びた。
 
しかしその1分後、右SBを務めたクアドラードのロングパスを受けて、フェイントでDFをかわし、左足でファーストシュート。
これは枠を捉えられなかったものの、大きな拍手を受けたC・ロナウドは、8分に待望の瞬間を迎える。
 
ミランから1年で復帰したボヌッチの縦パスで完全に抜け出すと、完全フリーの状態で前に運んでから冷静にゴール。
小さなスタンドは大歓声に包まれた。
 
完全に身体が温まった新たなエースは、11分にはD・コスタのクロスに、DFに競り勝っての打点の高いヘッドで合わせる。
さらにその2分後には、クアドラードのクロスに対してバイシクルシュートを披露! 
いずれもゴールとはならなかったが、そのダイナミックなプレーからはコンディションの良さが感じられた。
 
17分に縦パスから再び抜け出して決定的なシュート(GK正面)を放ってから1分後、
ベルナルデスキのパスでC・ロナウドは好機を迎えるが、必死に寄せたDFが触ったボールがゴールラインを割り、オウンゴールとなった。
 
ただゴールチャンスに絡むだけでなく、左右に動いてチェイシングも怠らない彼は、
スムーズな連係からチャンスメイクもこなし、29分にはDFを引きつけてD・コスタの縦への突破を引き出す横パスを見せた。
 
ユベントスA(C・ロナウドらのトップチームがA、プリマベーラはB)は31分にD・コスタのクロスをゴール前に走り込んだディバラが頭で決めて3点目を奪ったが、ディバラはその後、連続して決定機を外してしまう。
 
しかし、40分に背番号10はようやくチャンスを活かす。クアドラードのクロスからC・ロナウドが右足でダイレクトシュートを放ち、GKが弾いたところを詰めたのだ。
 
これで前半は終了。と同時に、C・ロナウドも交代でピッチを退いた。まだ完全とは言えないものの、ファンへのお披露目としては、十分に彼らを満足させられるプレーだったと言えよう。
 
なお、試合は多くのメンバーを入れ替えて後半に入り、53分にディバラの技巧的なドリブルから、ゴール前でボールを受けたケディラが後ろに戻すと、マルキージオがダイレクトで決めてAチームが5点目を奪った。
その後、72分に観客がピッチに乱入したことで試合は5-0のスコアで強制終了となってしまった。
 
試合後、ユベントスのアッレグリ監督は、実戦デビューを果たしたC・ロナウドについて、以下のように語っている。(『Gazzetta dello Sport』紙より)
 
「豊富な経験と十分なクオリティーを持っているので、得点には驚いていない。彼は、他の選手を成長させるだけの刺激をチームに与えている。
5シーズンで4度の欧州王者になった彼には、その特徴を十分に出してもらうとともに、チームのための犠牲も求めたい」
 
なお、この試合のスタメンは以下の通り。フォーメーションは4-2-3-1
 
GK:シュチェスニー
DF(右から):クアドラード、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ
MF:ベンタンクール、ジャン
2列目:ベルナルデスキ、ディバラ、D・コスタ
CF:C・ロナウド

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00045565-sdigestw-socc
8/13(月) 5:43配信

no title

“ロナウドの神業が拝める”セリエAの放送権獲得をスカパー!が発表 

maxresd
1 2018/08/08(水) 11:38:43.46 _USER9
8日、スカパー!はイタリアのセリエA2018-19から2シーズンの放送権・配信権を獲得したと発表した。

 スカパー!は8月18日に開幕するセリエAを、毎節3試合を放送予定。今シーズンよりクリスティアーノ・ロナウドが所属するユヴェントス戦など、注目の試合2試合を生中継し、うち1試合は独占生中継、1試合を録画放送する予定となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00808020-soccerk-socc

“八百長認定”セリエA・パルマ「勝ち点5はく奪」の処分!!セリエAに激震! 

8ba8ae16f794
1 2018/07/24(火) 11:01:14.83 _USER9
7月23日、セリエAに激震が走った。2017-18シーズンのセリエBで2位に食い込み、3年ぶりのA復帰を決めた古豪パルマが勝点をはく奪されたのだ。
 
 事件が起こったのは昨シーズンのセリエB最終節、スペツィア戦だ。大一番をパルマは2-0でモノにして自動昇格となる2位の座を確保したのだが、ここで「八百長」が行なわれていたと告発される。嫌疑をかけられたのはイタリア人のベテランFW、エマヌエーレ・カライオ。彼にとってスペツィアは古巣で、かつての僚友ふたりに「激しいコンタクトプレーは避けてくれ」などとテキストメッセージを送信していたことが発覚したのだ。
 
 イタリア・サッカー連盟は本件を連邦裁判所に提訴。当局の調査に対してパルマ側は「なんら八百長には関与していない。いっさいの非常識と悪行はなされていないことを明確にする」と答え、およそ1か月半の審理で、カライオとスパツィオの2選手(フィリッポ・デ・コル、クラウディオ・テルツィ)の3人のよる犯行と断定された。
 
 裁判所はカライオに2年間の出場停止処分と罰金2万ユーロ(約260万円)の支払いを命じた。そしてパルマに対しても、2018-19シーズンの「勝点5はく奪」を言い渡したのだ。パルマはこの判決を不服とし、即座に再審請求を行なっている。
 
 パルマは2015年に経営破綻のペナルティーによりセリエAからD(4部相当)に降格。毎シーズン昇格を遂げて3年での1部復帰を果たしたばかりだったが、さっそく厳しい立場に立たされた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00044453-sdigestw-socc

インテル、CL出場権獲得!!デ・フライの“忖度PK”疑惑が囁かれる 

mauro-icardi
1   2018/05/21(月) 05:49:21.07 _USER9
セリエAは20日に最終節が行われ、ラツィオとインテルが対戦した。

今季最後の試合で、勝ち点72で4位のラツィオと同69で5位のインテルが激突。インテルはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のため、勝利が絶対条件の中で敵地での大一番に臨んだ。

試合は開始9分、ペリシッチのオウンゴールでラツィオが先制する。29分にはダンブロージオのゴールで一時同点に追いついたが、前半終了間際に再び勝ち越しを許し、前半を折り返す。

後半に入っても一進一退の攻防は続く。そして、残り約10分で大きく動いた。

78分、後方からの長いボールにエデルが反応してワンタッチパス。イカルディが抜け出すと、デ・フライがエリア内で倒してしまい、インテルにPKが与えられる。そして、エースが自らこれを沈め、2-2の同点となる。

さらにその直後、ルリッチが2枚目のイエローカードを受けて退場に。インテルは数的有利を手に入れると、81分、CKからベシーノが頭で叩き込み、ついに逆転に成功する。

その後、ラツィオは最後まで勝利を信じて反撃するも、一歩及ばず。試合は、インテルが3-2で制した。

この結果、インテルは勝ち点でラツィオと並び、直接対決の結果4位に浮上。7シーズンぶりに来季CLの大舞台に出場することとなった。一方、ラツィオは最後の最後で5位に転落。サポーターの前で、涙をのむこととなった。

なお、得点ランキングはイカルディとラツィオFWインモービレが29ゴールで並ぶこととなった。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000040-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索