Samurai Goal

セリエA


スポンサード リンク





レアル・マドリー、セリエAのMVPディバラ獲得へ巨額オファー? 金銭+クロースorイスコ譲渡か 

スクリーンショット 2020-08-10 15.39.37

自身の決勝ゴールでセリエA優勝を手に…C・ロナウド「歴史を作ることができ嬉しい」 

スクリーンショット 2020-07-27 12.41.55のコピー

イタリア・セリエA ボローニャ監督「無観客ならプレーしないほうがまし」 

1: 2020/07/26(日) 11:34:21.93 _USER9
7/26(日) 10:01配信
ロイター

サッカーのイタリア・セリエA、冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督(写真)は、来季も試合が無観客となる場合、プレーしないほうがいいとの考えを明かした。イタリアのベルガモで21日撮影(2020年 ロイター/Alberto Lingria)

[25日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督は25日、来季も試合が無観客となる場合、プレーしないほうがいいとの考えを明かした。

ミハイロビッチ監督は報道陣に対し、「無観客試合は苦痛」とし、「ファンがいない状況で長時間プレーするのは疲れる」と説明。

さらに「今季はそれがシーズンを終了する唯一の方法だったが、9月から観客の入場が認められることを願っている。無観客試合を行うくらいなら、プレーしないほうがましだ」と語った。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同リーグの試合は無観客で行われている。しかしイタリアのスポーツ相は24日、状況次第では9月からファンの入場を再開する可能性があると述べた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/64a54586d82055ef159e4fa3ad99515504b82a88

C・ロナウドが史上初の記録樹立! プレミア、リーガ、セリエAで50ゴール到達 

スクリーンショット 2020-07-25 8.48.05のコピー




1: 2020/07/24(金) 21:49:28.02 _USER9
 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、20日に行われたセリエA第34節ラツィオ戦で史上初の偉業を成し遂げた。

 同試合に先発フル出場を果たしたC・ロナウドは48分にPKを決め、ユヴェントスに先制点をもたらす。さらに54分、カウンターの流れから自身2得点目を決め、追加点を獲得した。C・ロナウドは今季のセリエAで30ゴールに到達し、同試合でゴールを決めたラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレと得点ランキングのトップで並んだ。

 データサイト『Opta』によると、ユヴェントスの選手が1シーズンにリーグ戦で30ゴールを決めたのは、68シーズンぶり3度目のこと。1933-34シーズンに31得点を挙げたフェリーチェ・ボレル氏、1951-52シーズンに30ゴールを挙げたジョン・ハンセン氏と並んだ。

 また、C・ロナウドのセリエA通算ゴール数は「51」に到達。『Opta』によると、C・ロナウドはセリエA(1部)、リーガ・エスパニョーラ(スペイン1部)、プレミアリーグ(イングランド1部)で50得点以上を挙げた史上初の選手となった。同選手は、2003年夏から2009年夏にかけて所属したマンチェスター・Uでプレミアリーグ通算84得点(196試合出場)、2009年夏から2018年夏にかけて所属したレアル・マドリードでリーガ通算311得点(292試合出場)を記録している。

 なお、C・ロナウドのセリエA「50」ゴール到達は出場「61」試合目でのこと。これはミランで活躍した元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏らの記録を抜き、1994-95シーズン以降にデビューした選手の中では最速の記録となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5be18632dbfe564695e7ab866a34d2617c7751b8

セリエA、吉田所属のサンプドリアはダービーに敗戦 

20200309_yoshida_getty




1: 2020/07/23(木) 09:25:36.09 _USER9
7/23(木) 9:19
ロイター

[ミラノ 22日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは22日、各地で試合を行い、吉田麻也が所属のサンプドリアは同じジェノバを本拠地とするジェノアとのダービーマッチに1─2で敗れた。

サンプドリアは前半22分にPKで先制を許したものの10分後に追いついた。しかし、後半に決勝点を奪われた。吉田はフル出場だった。

他ではパルマがナポリ、レッチェがブレシャ、ローマがSPALにそれぞれ勝利。インテルとフィオレンティナ、トリノとベローナの対戦はそれぞれ引き分けた。

この結果を受け、3試合を残してブレシャがSPALに続き2チーム目の降格決定となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200723-00000033-reut-spo

冨安がセリエA初得点もボローニャ完敗…ミランが5ゴール大勝で8戦無敗 

20200719-01098076-soccerk-000-4-view

長友佑都 セリエA復帰も!来季1部昇格ベネベントが獲得興味、豊富な経験に期待 

20200706-00000042-spnannex-000-5-view




1: 2020/07/06(月) 11:17:28.59
 トルコ1部ガラタサライを今季限りで退団し、フリーとなった日本代表DF長友佑都(33)が、3季ぶりにセリエAに復帰する可能性が浮上した。

 4日付のイタリア紙トゥットスポルトが、来季セリエAに昇格するベネベントが長友の獲得に興味を示していると報道。元イタリア代表FWのF・インザギ監督率いるベネベントは来季に向けた補強に動いており、日本代表で歴代2位タイの国際Aマッチ122試合に出場し、10~11年にチェゼーナ、11~18年に名門インテル・ミラノでセリエA通算186試合に出場したベテランの豊富な経験に期待を寄せているという。

 18年1月に強豪ガラタサライに加入した長友は、公式戦65試合(3得点)に出場して昨季までリーグ2連覇に貢献した。今冬から外国人選手の人数規定のため登録を外れて出場機会のない状態が続いていたが、6月末で契約が満了。最後の練習で感極まって涙する姿が3日にクラブのSNSで公開された。ツイッターでJリーグの原博実副理事長から「佑都、愛されていたね!新しいチームでの活躍を期待しているよ」という激励に「ありがとうございます!頑張ります!」と意気込みを記していた。

 イタリアメディアではUAEのアルナスルに移籍する可能性も報じられた。5月には元同僚の羽生直剛氏とのネット対談で古巣FC東京に対する愛着を語っていた。「22年W杯カタール大会を目指す」と自身4度目のW杯出場を目標に掲げている左サイドバックが、どのような決断を下すか大きな注目を集めそうだ。

 ▽ベネベント 1929年創設。イタリア南部カンパニア州ナポリ近郊のベネベントが本拠地。クラブ史上初のセリエA昇格を果たした17~18年は欧州5大リーグワーストの開幕14連敗を喫するなど最下位で降格。今季は元イタリア代表FWのインザギ監督の下、セリエBで首位を独走し7試合を残して優勝と2度目のセリエA昇格を決めた。ホームスタジアムはチロ・ビゴリト(1万6867人収容)。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3cf1f5bffba21598699b1ed06fad980638707db

吉田麻也セリエA初完封 サンプドリア再開後初連勝 

20200706-27060076-nksports-000-4-view




1: 2020/07/06(月) 11:15:04.18
<セリエA:サンプドリア 3-0 SPAL>◇5日◇ジェノバ

DF吉田麻也(31)が所属するサンプドリアは今季再開後初の連勝を飾った。吉田は右センターバックで先発フル出場し、降格圏内19位SPALの攻撃陣を0点に抑え、吉田にとってセリエA初完封となった。

試合は前半12分、相手DFのクリアミスでボールを奪ったMFリネッティが左足ミドルで先制弾。前半終了間際にはFWガビアディーニ、同ロスタイムにMFリネッティがこの日の2点目を決め、優位に試合を進めた。2ゴール挙げたリネッティは「このように先制すれば、ハッビーになれる」と喜んだ。次節8日には再開後5連勝中の4位アタランタと対戦を控え「強敵相手と分かっているが次も勝ちたい」と意気込んだ。

前節1日のレッチェ戦に続き、下位クラブから確実に勝ち点3を奪い取ったサンプドリアは勝ち点32に伸ばし、14位に浮上。降格圏内の18位レッチェと勝ち点7差に広げ、残留に前進した。クラウディオ・ラニエリ監督は「(下位クラブとの)2つの重要な戦いに勝利できた。先制した後、さらに2点を決めることはできた。後半は選手の質の高さをみせ、良くできた」と満足顔だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/790ba214b6c3589ecdde44904d3de6cf00a16971

セリエA25得点到達のC・ロナウド、60年ぶりにユヴェントス記録到達!FK弾は移籍後初 

20200705-00010005-goal-000-1-view




1: 2020/07/05(日) 11:01:22.09
ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドが、60年ぶりにユヴェントス記録に並んでいる。

4日に行われたセリエA第30節で、トリノと対戦したユヴェントス。開始3分でパウロ・ディバラが先制点を奪うと、29分にフアン・クアドラードが追加点。1点を返された後、61分にはC・ロナウドが直接FKを沈め、終盤にはオウンゴールで4点目を奪い、4-1で快勝を収めた。

この試合でゴールを決めたC・ロナウドだが、今季のセリエAゴール数が26試合で「25」に到達。セリエA1シーズンで25ゴールを挙げたのは、1960-61シーズンにオマール・シボリ以来、ユヴェントスの選手としては初の記録となった。

またC・ロナウド自身にとって、直接FKを沈めたのはユヴェントス移籍後初のことに。43本目でようやくネットを揺らしている。

35歳でも変わらぬ得点力を発揮し続けるC・ロナウド。セリエAは8試合残されており、クラブ記録更新はほぼ間違いないだろう。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9fe4b79a88a9085dfd931cd0e9fe591e6920b274

セリエAの第35節までの日程が発表!冨安所属のボローニャは再開初戦でユヴェントスと 

20200602-01077131-soccerk-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 10:19:14.15
セリエAは1日、延期されていた第25節と第27~35節の日程とキックオフ時間を発表した。

 ヨーロッパでも最大規模のパンデミックに見舞われたイタリアだが、先月28日にイタリアサッカー連盟(FIGC)が6月20日からのリーグ戦を再開することを発表していた。

 20日には延期されていた第25節の2試合が行われ、日本代表DF吉田麻也のサンプドリアはインテルと相まみえる。また、22日以降に行われる第27節では日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは首位を走るユヴェントスと対戦する。

 セリエAの再開後の日程は以下のとおりである(キックオフ時間は現地時間)。

■第25節
▼6月20日
19:30 トリノ vs パルマ
21:45 ヴェローナ vs カリアリ

▼6月21日
19:30 アタランタ vs サッスオーロ
21:45 インテル vs サンプドリア

■第27節
▼6月22日
19:30 レッチェ vs ミラン
19:30 フィオレンティーナ vs ブレシア
21:45 ボローニャ vs ユヴェントス

▼6月23日
19:30 ヴェローナ vs ナポリ
19:30 SPAL vs カリアリ
21:45 ジェノア vs パルマ
21:45 トリノ vs ウディネーゼ

▼6月24日
19:30 インテル vs サッスオーロ
21:45 アタランタ vs ラツィオ
21:45 ローマ vs サンプドリア
https://news.yahoo.co.jp/articles/254f54908c1ebcacc09d08a59b89951867f9e476

>>2以降に続く



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索