Samurai Goal

セビージャ


スポンサード リンク





<セビージャ>再び香川真司に関心か!!スペイン紙が動向に注目!「招待状を手にしている」 

no title




1: 2018/11/30(金) 06:34:44.46 _USER9
今夏にも噂が浮上も正式オファーに発展せず リーグ首位に立つ今回は果たして…

 ドルトムントのMF香川真司は、ブンデスリーガ首位を走るチームで思うように出場機会を得られず、今冬に移籍する可能性も報じられるようになった。11月下旬にシュツットガルトからの関心や本人のスペイン行きの願望も一部で報じられたが、スペインメディアは「セビージャがカガワに再びフォーカス」とリーガ・エスパニョーラ首位クラブの関心を伝えている。

 香川はここまでブンデスリーガで2試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とDFBポカールで1試合ずつに出場。出場時間は205分に止まっている。今月6日にはU-23チームの一員としてレギオナルリーガ(4部相当)でプレーし、1試合4アシストを記録したが、トップチームではポジション争いでライバルに遅れを取っているのが現状だ。

 1月の移籍マーケット再開が近づき、メディアも各クラブの選手補強や放出の動きに注目。ブンデスリーガ首位を快走するドルトムントでは、出番の少ない選手に関する放出の噂が盛んに報じられている。26日にはドイツ紙「ビルト」が最下位シュツットガルトの関心を伝え、その翌日には香川自身がスペイン行きを望んでいるとの報道が出た。

 そんななか、バルセロナ寄りのスペイン紙「スポルト」は「セビージャがカガワに再びフォーカス」と特集。セビージャは今夏の移籍市場でも香川の新天地候補として噂に上がり、接触したとまで報じられたが、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は正式オファーが届いていないことを明かしていた。

 記事では、「日本人はドルトムントで役割がない」と香川の置かれている状況を説明しつつ、「サンチェス・ピスフアン(セビージャの本拠地)は招待状を手にしている」とセビージャが再び関心を示し始めていることを伝えている。

 セビージャは現在、昨季王者のバルセロナやレアル・マドリードを抑えてリーガ首位。香川はスペインの強豪に活躍の場を求めるのか、去就報道はさらに熱を帯びていきそうだ。

11/30(金) 6:20 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00150997-soccermzw-socc

「中島翔哉と恋に落ちた」セビージャが日本代表“10番”に熱視線とスペイン紙報道 

20181015-00141502-soccermzw-000-4-view

リーガ首位のセビージャ、中島翔哉獲得への関心強める 近々具体的なオファー提示か  

e13ae1273ac9b3495818c5c61acf32f2




1: 2018/10/14(日) 14:47:42.67 _USER9
▽セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)への関心を強めているようだ。ポルトガル『レコード』が伝えている。

▽伝えられるところによると、現在リーガエスパニョーラで首位に立つセビージャは昨シーズンから中島の視察を継続。同クラブのサッカースタイルにマッチすると見込んでおり、近々具体的なオファーを提示する可能性もあるようだ。
▽現在、中島に対してはセビージャのほか、シャフタールら欧州複数クラブが関心。契約解除金は、4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。

▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦8試合に出場して、4ゴール3アシストを記録している。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331021

セビージャに大敗のレアル・マドリー、戦犯ベンゼマに最低評価「2」 

15184475034686

“セビージャも参戦!?”中島翔哉に関心か…2G1Aと大活躍のギマランエス戦にスカウトを派遣 

20180924-00000038-goal-000-3-view




1: 2018/09/26(水) 11:50:28.15 _USER9
ポルティモネンセの中島翔哉にセビージャも大きな関心を寄せているようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティーボ』などが伝えた。

先日、ポルトガル『レコード』が報じたところによると、シャフタール・ドネツク、フランクフルト、マジョルカが中島の獲得に興味。実際に、ポルティモネンセに拒否されたものの、ウクライナのシャフタールは1000万ユーロ(約13億円)のオファーを提示するなど獲得に乗り出した過去がある。

しかし、中島の獲得を見据えるのは、スペインの強豪セビージャも同様だ。先日行われたギマランエスとの一戦にスカウトを派遣したことが分かった。この試合で同選手は今シーズン初ゴールを含む2ゴール、1アシストの活躍を見せ、3-2の勝利に貢献した。

昨シーズン、33試合で10ゴールを記録するなど華々しい活躍を見せた中島の違約金は4000万ユーロ(約53億円)に再設定されており、ポルティモネンセは満額を支払うクラブが現れた場合のみに同選手の移籍を容認するとも考えられている。

今夏に司令塔のガンソを放出し、ある程度の利益を得たとされるセビージャが中島の獲得に動く可能性は十分にありそうだ

9/26(水) 11:40配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000003-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180926-00000003-goal-000-2-view.jpg

【サッカー】<中島翔哉>現地メディアが絶賛!「まるでメッシのようだ」違約金は約53億円!会長は満額支払うクラブにのみ移籍を容認★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537847637/

【サッカー】<中島翔哉>2ゴール1アシストの大暴れ! 超絶トラップからの一撃にサポーターも「天才でしかない」と絶賛!★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537788504/

【サッカー】<ウクライナの強豪シャフタール・ドネツクなどが中島翔哉に熱視線!>2ゴール1アシストの試合をスカウト視察!
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537779925/

香川真司“スペイン移籍説”浮上!香川本人もスペインを希望か!? 

1 2018/08/26(日) 06:32:02.10 _USER9
DFBカップ1回戦では、ドルトムントのトップチームに帯同しなかった香川真司。トルコのベジクタシュへの移籍がさかんに取り沙汰されていたが、このたび新たな移籍先が浮上した。リーガ・エスパニョーラのセビージャだ。スペインの地元紙『eldesmarque』が報じている。

「セビージャはまだ、攻撃の司令塔を探している。その候補リストには、ドルトムントの29歳、日本人選手の香川真司の名前がある。セビージャは香川にとても興味を持っており、自分たちの現状と彼が移籍することの重要性について伝えたいと考えているようだ」

 しかし、まだオファーには達しておらず、それはセビージャが他選手にも興味を持っているからだとしている。

「セビージャはリストアップした選手のうち、パリ・サンジェルマンに所属するユリアン・ドラクスラーの獲得に動いているとも考えられる。香川に対しては、オファーこそ出していないが、すでにコンタクトは取ったようだ」

 ちなみに同記事中では、「マルセイユも、香川に興味を持っているクラブのひとつ。しかし、香川はスペインでプレーしたいと考えているようだ」とも報じている。

 様々な可能性が挙げられているが、香川の移籍については、ドルトムントサポーターの間でも賛否両論のようだ。

 同チームのコミュニティー内では、「カガワにとってはいい移籍じゃないか」「彼はとてもいい選手だけど、活躍できる場所を選んでほしい」といった、移籍を容認する声が上がっている。

 しかし、それと同数以上の「カガワの移籍は間違いだろ」「シンジの放出は、チームの弱体化に他ならない。ロイスがまた負傷したら? 今の前線で攻撃が組み立てられるとでも?」といった反対の声も。

 香川自身はロシア・ワールドカップ後に再三、「僕自身がもっとレベルアップするためにも、個人の力を見つめ直したい」と発言していた。その目標を叶えるために、果たして、ブンデスリーガ、プレミアリーグを渡り歩いた29歳は、どの地を選ぶのだろうか。

8/26(日) 6:15配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00046247-sdigestw-socc

写真
no title

香川真司を“セビージャ&マルセイユ”が奪い合い!? 

k____-1535026088-1
1 2018/08/25(土) 04:47:58.84 _USER9
ドルトムントからの退団がうわさされているMF香川真司。同選手にはベジクタシュが関心を寄せていたが、スペインとフランスの名門も興味を示しているようだ。

スペイン『eldesmarque』は「セビージャは香川獲得のプランを検討している」との見出しで「セビージャは去就が不透明となっている日本の司令塔獲得を検討しているようだ。29歳の攻撃的MFは退団の可能性が高いのかどうか、見極めようとしている」と伝えている。

また、記事では「さらにはセビージャのほかに、リーグ・アンのマルセイユも関心を示している。このクラブは以前から日本人選手獲得に乗り出しているが、香川本人は以前からラ・リーガに憧れているという話もある」と伝え、酒井宏樹と同僚になる可能性もあると触れている。

移籍市場終盤になり、セビージャを率いるホアキン・カパロス監督はユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)やニコラス・ぺぺ(リール)の獲得を検討していると報じられていたが、ここにきて香川真司も獲得候補となっているようだ。

セビージャと言えば2016年夏に香川の盟友、MF清武弘嗣がハノーファーから新天地を求めたチームでもある。また、今夏は同胞の乾貴士がエイバルからベティスへ移籍したこともあり、もし香川がセビージャに在籍することになれば、“世界一白熱するダービー”とも称されるアンダルシア・ダービーは、日本人対決の場となる可能性も。

シーズン開幕時期になり、ルシアン・ファーヴレ体制のドルトムントでは主軸になるかどうか不明の香川真司。移籍市場閉幕を前に、香川がスペイン、もしくはフランスの名門に活躍の場を移すというシナリオは、十分に現実味を帯びつつあるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000032-goal-socc

ラ・リーガ初参戦のA・シウバが早くも頭角を現す!!メッシらを抑え、得点ランク単独トップ! 

20170613025727
ラ ・リーガ2018-19が開幕し、第1節終了時の最初の得点ランキングが公開された。

今夏にミランからローン移籍でセビージャに加入し、リーガに初参戦しているアンドレ・シウバがラージョ・バジェカーノを相手にハットトリックをマークし、今節2ゴールをマークしたモラレス、レオ・メッシ、アレックス・ガジャルを抑えて得点ランク単独トップに立っている。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010012-sportes-socc

【ハイライト動画】リーガ第7節 清武ベンチ外のセビージャ、昇格組に苦戦もイェデル2発で競り勝つ!! 




1: 名無しさん 2016/10/02(日) 03:58:35.90 ID:CAP_USER9
【セビージャ 2-1 アラベス リーガエスパニョーラ第7節】

現地時間9月30日にリーガエスパニョーラ第7節の試合が行われセビージャは昇格組のアラベスと対戦。
負傷者が続出する中、ウィサム・ベン・イェデルが2ゴールを決めセビージャが2-1の勝利をおさめている。

ロシアワールドカップアジア最終予選に挑む日本代表に招集されたMF清武弘嗣。
今季開幕直後は出場機会があったものの、移籍期間の終了間際に加入したサミル・ナスリがチームにフィットし始めたことなども影響し
最近はベンチ止まりの状況が続いている。そして今回のアラベス戦はベンチ外となった。

試合開始して26分にアラベスのキコ・フェメニアが負傷交代すると、続く29分にもダニエル・トーレスも交代する事態となり前半だけで2枚の交代枠を使うことになる。

対するセビージャも58分にナスリが負傷交代でピッチを退くと、61分にもルシアーノ・ビエットが負傷により交代することとなった。
それでも74分、ヒールパスを受けたイェデルがDF裏に抜け出し先制点を決める。
しかし84分にアラベスのビクトル・ラガルディアにゴールを許し同点に追いつかれた。

だが、試合はまだ終わらない。後半アディショナルタイムにイェデルが値千金の勝ち越しゴールを決めセビージャが1点リードする。
結局、イェデルの活躍もありセビージャは2-1の勝利をおさめている。

【得点者】
74分 1-0 イェデル(セビージャ)
84分 1-1 ラガルディア(アラベス)
90分 2-1 イェデル(セビージャ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 10月2日(日)1時12分配信
no title


http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/esp/esp-10930623.html
試合スコア

http://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
順位表

セビージャがナスリ争奪戦に参戦!復活を期す技巧派アタッカーが清武と共闘か…? 

1: 名無しさん 2016/08/30(火) 18:07:52.93 ID:CAP_USER9
日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャが、マンチェスター・シティの元フランス代表MFサミル・ナスリ獲得レースに参戦したようだ。仏紙「レキップ」が報じている。

ナスリはペップことジョゼップ・グアルディオラ新体制の始動時に体重オーバーが発覚し、規律の厳しい指揮官によってチーム練習から外され、食事制限による減量を要求されていた。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)登録メンバーからも漏れており、今夏の放出候補と見られていた。

 しかし、28日に行われたウェストハム戦で今季初めてメンバー入りを果たすと、後半30分にスペイン代表FWノリートに代わって途中出場。キレのある動きで復調をアピールした。ペップからも「クオリティーは別次元」と能力の高さを絶賛されたばかりだった。

 それでも現時点ではバックアッパーであることに変わりはない。ペップもナスリの去就について「彼次第」と強調し、本人が望めば移籍可能であることを認めている。同紙によれば、すでにトルコの強豪ベジクタシュが獲得に動き始めており、そこにセビージャが新たに参戦しているという。敏腕SDのモンチ氏がナスリに強い関心を示しているようだ。

■今夏大刷新を進めるセビージャ攻撃陣

 セビージャは得点源のフランス代表FWケビン・ガメイロをアトレチコ・マドリードへ、司令塔のアルゼンチン代表MFエベル・バネガをインテルへ、ポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホビアクをパリ・サンジェルマン(PSG)へ放出。

その一方で、清武やイタリア代表MFフランコ・バスケス、元ブラジル代表MFガンソらを大量補強し、攻撃陣を刷新している。ここにアーセナルやシティで技を磨いたテクニシャンのナスリまで加えようと動いているようだ。

 ペップの下での復活か、それとも活躍の場をスペインに移すのか。移籍マーケットも残りわずかとなったなか、29歳と円熟期を迎えたナスリはどのような決断を下すのだろうか。

Football ZONE web 8月30日 17時25分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010010-soccermzw-socc
no title


清武弘嗣も「悩みながら」プレー。セビージャは敵地で15カ月勝てず
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00010007-sportiva-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索