Samurai Goal

セネガル代表


スポンサード リンク





「攻めずにパス回しで時間稼ぎする日本のプレーは禁止。制裁対象にしろ」セネガルが新ルール提案 

70bcde0cda128b345866d9037ad83338_1529791451_1




1: 2018/07/02(月) 15:47:55.85
セネガルがFIFAに抗議「日本にペナルティを科すべきだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-01655830-gekisaka-socc

セネガルサッカー連盟(FSF)が国際サッカー連盟(FIFA)に対し、フェアプレーポイントのルール見直しを求めている。英『BBC』が報じた。

「今後、FIFAはあのようなプレーをするチームにペナルティを科すべきだ。FIFAは新しいシステムを採用した。
 だが、フェアプレーポイントのルールはすべての問題を解決するのか?試合終了後、
 日本またはポーランドに何も起こらなかった。このような態度の選手、監督、チームにペナルティを科すべきだ」と、強い口調で処分を求めた。

セネガルがFIFAに“ルール改正を直訴”フェアプレーポイントに物申す!! 

16f4f387-1a4c-cd6e-a4c2-6fd79d0efeaa
1 2018/07/02(月) 17:05:45.24 _USER9
セネガルサッカー連盟 (FSF) はFIFAにフェアプレーポイントのルール見直しを求めた。

セネガルはワールドカップの対戦相手の日本よりイエローカードの数を多く出し、
この新ルールが原因で敗退した初めての国となったことから、この点を問題視している。

日本とセネガルは勝ち点、得点、得失点で引き分けとなっていたが、16強入りを果たしたのは西野朗監督率いる日本チームだった。

日本は6月28日のポーランド戦において1対0で敗退した。

この試合中、サムライブルーの選手たちが試合終盤におとなしくボール回しに終始し、
ポーランドも何とか取得した得点に満足して守りの姿勢に入ったことでヴォルゴグラード・アリーナにはサポーターによるブーイングの嵐が巻き起こった。

日本とセネガルは2対2で引き分けていたため、FIFAが導入した新しいタイブレーク解決法のフェアプレーポイント制が
初めてワールドカップで適用され、グループリーグ3試合で両チームがうけた警告数によって順位が決められた。

FSFの広報担当者Kara Thiouneは「将来的にFIFAはこういうやり方で試合を行うチームにペナルティを課すべきだ」とBBCに語っている。

「FIFAは新しいシステムを採用したが、このフェアプレーポイント制度で全ての問題が解決するだろうか?
試合終了後、何も日本とポーランドに起きていない」「このような姿勢を取る選手、監督、チームにペナルティを課す手段があるべきだ」。

新システムでは、イエローカード1枚はマイナス1点、イエローカード2枚の蓄積によるレッドカードはマイナス点、
一発退場となるレッドカードはマイナス4点としてカウントされる。

セネガルよりもイエローカードが2枚少ない日本はマイナス4点となりセネガルを2点上回った。
セネガルはサッカーの質とは関係のない理由で帰国の途に就くこととなり苦痛に感じている。

BBCは、FSFがこの状況についてFIFAに向け6月29日に2通の苦情の手紙を送ったと報じている。

手紙には「連盟としてはコロンビアがセネガルに対してゴールを決めたことを知り日本は文字通りプレーを拒否したと考えている。
日本にとって都合の良い試合拒否であり、サッカーの原理に反する」と書かれていた。さらに、次のような記述もあった。

「連盟は日本の監督がその事実を否定しなかったことにいっそうショックを受けている。
さらに同監督は試合後の記者会見で、得点を1対0に留めることで結果を操作しようと決心したことを認めている」

「セネガルのサッカー連盟は、この日本チームが示したフェアプレーポイント制度の欠点について遺憾に思う。
フェアプレーポイントの数が少ないチームがどんなペナルティも心配しないようになったときに意味と重要性が失われたカードで
順位をつけるということにおいてFIFAに課題をあたえるだろう」
https://toyokeizai.net/articles/-/227674?display=b

“日本批判せず”セネガル国内の報道は選手を讃えた! 

1 2018/06/29(金) 21:04:50.84 _USER9
セネガルの報道、日本批判よりルール説明に重き W杯
2018年6月29日17時38分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL6Y5JJBL6YUHBI02D.html

試合終了後、コロンビアに敗れ決勝トーナメント進出を逃したセネガルの選手たち=AP
no title


サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、イエローカードの数の差で決勝トーナメント進出を逃したセネガル。
現地からの情報によると、日本がポーランドに負けていながらも攻めずにパス回しを続けたことについて「フェアプレーではない」と批判する声もあがったという。

ただ地元テレビやラジオなどは、日本批判よりも、警告・退場数に基づくフェアプレーポイントの説明に多くの時間を費やした。
地元メディア「セネニューズ」によると、セネガル代表を率いたシセ監督は試合後、「敗退は残念」としつつ、大会規定を尊重する姿勢を見せ、献身的に戦った選手たちをたたえたという。

GL敗退したセネガル代表、シセ監督の“男前発言”に称賛の声 

5021029
1 2018/06/29(金) 02:52:06.72 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00010019-goal-socc

セネガルは28日、ロシア・ワールドカップグループリーグ最終節でコロンビアと対戦。
0-1と敗れたことで、ポーランドに負けた日本と勝ち点、得失点、得点、当該対決で全く並んだ状態となった。
そしてフェアプレーポイント、つまり警告の少なさで敗退が決まっている。

シセ監督は「ルールによって突破できなかった」と話してこのように続ける。

「フェアプレーによって敗退が決まったが、私はこのチームを誇りに思う。これもルールの一つだ。
ルールをしっかりと頭に入れ、予想しなければならなかった。
別の方法で突破したかったし、この戦いぶりで敗退してしまったのは残念だ」

また、セネガルが敗退したことで決勝トーナメントに進出したアフリカ勢はゼロに。
シセ監督は「説明するのは難しい」と話す。

「アフリカ勢はほとんど最初の2試合で敗退が決まり、最後までもつれたのはセネガルとナイジェリアだけだった。
組み合わせなどにより、欧州の強いチームとやらなければならないからね。
しかし、アフリカサッカーも進歩している。諦めないし、今後の発展のために続けていくよ」

【速報】試合終了!!コロンビアがセネガルを制す![1-0] 

キャプチャ

 ◇W杯1次リーグH組 コロンビア1―0セネガル(2018年6月28日 サマラ)

 H組のコロンビア(FIFAランク16位)―セネガル(同27位)戦は1―0でコロンビアが勝利。後半29分にDFミナが殊勲弾を決め、逆転で1次リーグ突破を決めた。

 前半16分、セネガルはマネがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で検証した結果、PKは取り消しに。セネガル先制とはならなかった。

 同30分にはコロンビアにアクシデント。MFハメス・ロドリゲスがピッチ上に座り込み、そのままプレー続行不可能に。コロンビアは大黒柱を失い、0―0で前半を終えることとなった。

 こう着状態が続いた後半29分、先制したのはコロンビア。キンテロの右CKをDFミナがニアで合わせ、ついに均衡が破れた。

 その後はセネガルの猛攻を跳ね返し続けて1点を死守。1―0で勝利を挙げ、逆転での1次リーグ突破を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000159-spnannex-socc

【速報】先制点はコロンビア代表!![1-0]〈対セネガル〉 

DgyfupuWAAAfzwf


【速報】前半終了!!セネガル×コロンビア、無得点で後半へ[0-0] 

DgyTu17X0AYZElo

【速報】「コロンビア×セネガル」スタメン発表!!試合の見どころは? 

111

“人種差別!?”『見分けがつかない』セネガル代表への意見に批判殺到!! 

1 2018/06/27(水) 21:41:30.13 _USER9
サッカーW杯セネガル代表に「誰が誰か見分けつかない」と言及したSNS投稿が、人種差別にあたるかどうか物議を醸している。

グループリーグ第2戦で日本と対戦し、試合内容や個性的な監督、試合後のゴミ拾いなど大きな注目を集めているセネガル代表。その試合前、Twitterには「セネガル代表、『誰が誰か見分けつかないからマークし辛いので強い』って言われてるのメッッッチャ好き」というツイートが投稿されていた。ツイートにはセネガル代表選手の顔写真の一覧が添付されている。

この投稿には、肌の色や顔立ちをネタにしているため人種差別にあたるなどと批判の声が殺到。一方、差別する要素がない、差別とする方が失礼といった反論も多数寄せられ、物議を醸している。

■差別とするコメント

「『黒人の肌の色/顔=自分たちには馴染みがない。識別しづらい』をネタにしているから人種差別」

「日本にいたらきっと白けちゃうようなことなんだろうけど、もうそろそろ気がつかないといけない世界の常識みたいなものがあるのは事実」

「いじめでも差別でも相手がどう思うか・どう受け取るか!が大事なんだから、グレーなラインにはなるべく気をつけて発言しないようにするのが一番」

「差別してるつもりはなくたって、この選手達が、もしこれを見た時に良い気持ちにはならないよね。自分達アジア人もそう思われてるからいいんじゃない?って正当化するのは違うんじゃないかな?」

「差別されてきた歴史がある黒人だからこそ差別に敏感で、こういった日本人なら気にしないようなことでも差別に感じるから避けるべき」

「悪意がなくても相手を傷つける可能性のあるマイクロアグレッションなのではないかと思う」

■差別ではないとするコメント

「差別って単語が出てくることに驚き」

「差別とか言ってるor思ってる人達のほうが失礼」

「差別要素ないようにしか見えないので差別だと言っている本人が差別の当事者になってる」

「投稿者に悪意があるようには感じないので、そんないちいち『差別だ!』と言うほどの事でもない」

「普通に似てるって言ってるだけじゃんwそっくりさんがいっぱい並んで『見分けつかなーい!』って言ったら人種差別なの?」

「セネガル代表は日本チームのことを全員平たい顔で見分けつかないと思ってるでしょうね」

2018年6月27日 17時58分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14927740/

写真
no title

セネガル戦“視聴率”約30%!サッカー通はBSの副音声視聴? 

b013a4ab-dafa-7a8d-80ba-04ca7b1ae8f8
1 2018/06/25(月) 15:21:51.65 _USER9
セネガル戦視聴率、関東30.9%

 日本テレビ系が24日深夜から生中継したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本対セネガル戦の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、関東地区が30.9%、関西地区が29.2%だった。

 瞬間最高視聴率は関東地区が前半終了直前の25日午前0時44分の37.1%、関西地区は同0時44~46分の35.1%だった。

 試合はNHK・BS1でも放送され、平均視聴率が7.1%で、瞬間最高視聴率が8.3%だった。

毎日新聞 2018年6月25日 10時53分(最終更新 6月25日 12時10分)
https://mainichi.jp/articles/20180625/k00/00e/050/224000c



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索