Samurai Goal

ズラタン・イブラヒモヴィッチ


スポンサード リンク





イブラヒモヴィッチ「俺はみんなにズラタンを与えた」LAファンに“イブラ節”で感謝  

20191114-00010014-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/16(土) 22:44:51.32 ID:n/P6seMR9
元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、18カ月在籍したLAギャラクシーについて、感謝のメッセージをSNSで発信している。

そのメッセージはロサンゼルスの街並みを、高台からイブラが両手を広げながら眺める画像で「来た、見た、征服した」という言葉とともに綴られている。

「LAギャラクシー、俺を生き返らせてくれてありがとう。ギャラクシーファンはズラタンを求めていた。そして俺はみんなにズラタンを与えた。どういたしまして」

「だけど、俺の物語はこれで終わりじゃない。LAのみんな、あとはベースボール観戦に戻ってくれ」

イブラヒモヴィッチは2018年3月にMLSのLAギャラクシーに加わり、初年度から22ゴールをマーク。2019年は31ゴールをマークし、衰え知らずの決定力を披露していた。

だが元スウェーデン代表FWは契約延長に至らず、2019年シーズン限りでLAギャラクシーからの退団が決定。自身がLAからいなくなることにより、MLSのエンターテインメント性が低下すると言わんばかりに“ベースボール観戦に戻ってくれ”と主張するなど、強烈な“イブラ節”でLAギャラクシーへ感謝のメッセージを発している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00010014-goal-socc

新名所誕生!イブラヒモビッチの銅像がお披露目「NYには自由の女神、スウェーデンにはズラタン」  

EGXdzuaUYAIh3ic




1: 久太郎 ★ 2019/10/09(水) 10:05:58.59 ID:2Ru6bVE89
 ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの銅像が8日、故郷のマルメでお披露目された。スウェーデンサッカー協会の公式サイトが伝えた。

 イブラヒモヴィッチは2007年から2016年まで10年連続でスウェーデンの年間最優秀選手賞を受賞。この偉業を記念して銅像の建設が決定していた。当初は首都ストックホルムの郊外にあるスウェーデン代表の本拠地フレンズ・アリーナの周辺に設置される予定だったが、イブラヒモヴィッチの古巣であるマルメの本拠地スウェドバンク・スタディオンの外に建てられた。

 イブラヒモヴィッチは6日にMLS(メジャーリーグサッカー)のレギュラーシーズン最終戦に出場した後、7日にスウェーデンへ帰国。自身のTwitter(@Ibra_official)で「ズラタンがマルメの学校に通う若者たちにセレモニーのフリーアクセスをやるよ」と子供たちを招待していた。

 同国出身の彫刻家であるピーター・リンデ氏によって制作された高さ2.7メートルもある“巨大ズラタン像”は8日にお披露目となった。イブラヒモヴィッチは「俺の銅像がマルメに建てられてとても嬉しい。ずっと前からの俺の願いだった。ここは全ての始まりの場所、そして俺の心が宿る場所だ」と喜びのコメントをした。

「(銅像の設置は)1人の人間として最も大きなことで、特にそれがホームタウンであればなおさらだ。両親がスウェーデンに来た時、子供や家族の誰かがこの街に銅像を建てることなんて想像にも夢にも思わなかっただろう。俺は今、銅像を手にし、最高に誇りに思う。誰も成し遂げていないことを達成したということだし、この銅像がその証拠だ」

 さらにイブラヒモヴィッチは、お披露目後に“巨大ズラタン像”との2ショットとともに、ズラタンとスウェーデンをかけて「俺らは“ズウェーデン”」とツイート。所属するLAギャラクシーも公式Twitterで伝えており、同選手は「ニューヨークに行けば、自由の女神像がある。スウェーデンに来たら、ズラタン像がある」と話したようだ。スウェーデンが誇る生きる伝説の銅像は新たなフットボールの名所となりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00987853-soccerk-socc

画像
https://pbs.twimg.com/media/EGXdzuaUYAIh3ic?format=jpg&name=900x900

【動画】37歳イブラヒモヴィッチが衝撃ゴール…圧巻オーバーヘッドで今季12戦11発  

20190604-00010009-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/04(火) 12:36:07.14 ID:S5acVLWd9
メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、圧巻のゴールを奪った。

LAギャラクシーは2日、ニューイングランド・レヴォリューションと対戦。
イブラヒモヴィッチは、0-2のビハインドで迎えた84分に衝撃弾を見せる。
相手陣内の右サイド深くで味方がロングスローを入れると、正面の選手が触ったあとにボールはファーのイブラヒモヴィッチへ。
37歳のFWは、胸トラップからワンタッチで自身の背後にボールを浮かせて、オーバーヘッドキック。
鋭いシュートがネットを揺らした。

スタジアムでもこのゴールに多くの観客が立ち上がって拍手喝采。
イブラヒモヴィッチは、これで今季リーグ戦12試合で11発目とした。
LAギャラクシーは、イブラヒモヴィッチの反撃弾も実らず、1-2で敗戦した。
イブラヒモヴィッチは試合後、「これがゴール・オブ・ザ・イヤーだとしても、可能な限りすぐに忘れなければいけない」と、あくまで勝利することが大事だと強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010009-goal-socc
6/4(火) 11:41配信

https://twitter.com/i/status/1135402353211797505
【動画】イブラの真骨頂! 拍手喝采の圧巻オーバーヘッドキック弾
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索