Samurai Goal

スルツキ監督


スポンサード リンク





本田圭佑が欧州に帰ってきたが……。「競争するなら意義を感じる場所で」  

20191211-00841761-number-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/11(水) 20:11:49.05 ID:mXrl+l7e9
本田圭佑が欧州に帰ってきた。

11月6日、CSKAモスクワ時代の恩師レオニード・スルツキの指揮するオランダのフィテッセへの入団が発表された。2連敗で5位に順位を落としていたフィテッセをどうにか浮上させるため、スルツキが最終手段として切ったカードだった。

ただ、移籍決定直後のインターナショナルウィーク、チームにフィットするには最高の2週間に本田はチームを離れ、香港にいた。実質的な監督を務めるカンボジア代表に同行し、W杯アジア2次予選香港戦を指揮していたのだ。

おそらくはスケジュール的にも織り込み済みだっただろう。だがもしもこの期間を監督としてでなく選手として過ごしていたら、つまりフィテッセに残りリーグ戦の再開に備えていたら、今頃はまた違った結果が待っていた可能性はないだろうかと考えてしまう。

ともかく、再開後の2戦で本田は連続で先発出場し、2連敗。

スルツキは辞任し自身のスタッフたちと共にフィテッセを離れた。下部組織から繰り上がったジョゼフ・オースティィング氏が暫定監督を務めて迎えた第16節はホームでフェイエノールトと引き分け。本田は81分からの途中出場だった。

「自分はもう若い選手じゃないから」

試合後のミックスゾーンで、まずはオランダのテレビ局の取材に英語で10分近く応対した。オランダメディアの質問はストレートで、回答もそうだった。その中でこんなやりとりがあった。

――不安はないか。

「どういう意味? どのような不安のことを言っているのか」

――(監督が替わり)出番が減ることについて。

「不安には思わない。なぜなら自分はもう若い選手じゃないから。外国で100試合以上プレーし、W杯は3度出場し、チャンピオンズリーグも経験した。
そして今は来年の五輪を目指している。自分はチームでいいプレーをしたい。幸せでありたい。チームの一員として30分ではなく、90分間サッカーを楽しみたい」

自分には自信と経験があるということを、具体的に主張していた。結局試合に出るのは自分だという、強いプライドも感じさせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00841761-number-socc
12/11(水) 11:41配信

本田圭佑「ここにいる意味が半減」恩師辞任で移籍も視野 スルツキ前監督辞任後初戦、加入後初めて先発外れる  

20191209-12090019-nksports-000-5-view[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/09(月) 00:44:48.69 ID:cf/kgHV09
 
詳細はリンク先をご覧ください。

本田圭佑「ここにいる意味が半減」恩師辞任で移籍も視野
https://www.sanspo.com/soccer/news/20191209/sci19120900110001-n1.html
サンケイスポーツ 2019.12.9 00:11


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★244
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575598119/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

本田圭佑への影響は? リーグ戦5連敗でフィテッセ監督が電撃辞任  

20191130-00350582-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/30(土) 07:05:34.07 ID:Ja9sJ4OW9
 本田圭佑が所属するオランダ1部リーグのフィテッセを率いるレオニド・スルツキ監督が辞任を表明した。現地時間29日、オランダメディアが伝えている。

 フィテッセはこの日、ヘーレンフェーンと対戦した。リーグ戦4連敗中のフィテッセは2点をリードして連敗ストップに向かっていたが、その後の3失点で逆転負け。リーグ戦5連敗となっている。

 この試合を終えたあと、スルツキ監督は『FOXスポーツ』で「私のキャリアで5連敗は初めてだ。私はベストを尽くしたが、クラブやファンのことも考えなければいけない。状況を変えることができないのであれば、ほかの誰かが軌道を修正できるかもしれない」と語り、監督の座から退くことを発表した。

 さらに同指揮官は、「1ヶ月前まではヒーローだったが、サッカーの世界において、ヒーローから地に落ちるまでの距離は短い。それは選手にも言ったことだ。オランダもファンも素晴らしい。私はオランダが大好きで、ここで素晴らしい時間を過ごした。素晴らしい経験をさせてもらった」と別れを惜しんでいる。

 ロシア人のスルツキ監督は、本田をフィテッセに連れてきた指揮官だ。2009年から2016年にかけてCSKAモスクワを指揮した際、本田を指導した経験がある。その後、ロシア代表、ハル・シティ(イングランド)を率い、2018年からフィテッセを指揮していた。

 しばらくフリーとなっていた本田との再会を望み、フィテッセに迎え入れたスルツキ監督。2試合続けて先発で起用した指揮官はクラブを去ることになったが、本田にはどのような影響があるだろうか。

フットボールチャンネル編集部 11/30(土) 7:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00350582-footballc-socc

<本田圭佑>初陣でスタメンへ!スルツキ監督が絶賛!「ケイスケはロボット」「疑う余地ない」  

1: Egg ★ 2019/11/22(金) 20:48:44.17 ID:8MG/Iuj29
フィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑だが、24日に行われる敵地でのスパルタ・ロッテルダム戦でさっそく先発出場するようだ。オランダメディア『NOS』などがレオニード・スルツキ監督の意向を伝えている。

 昨季限りでメルボルン・ビクトリーを退団していた本田は今季、しばらく無所属の立場が続いていたが、今月6日にフィテッセ加入を発表。20日には労働許可証が得られたことも公表され、いよいよオランダ復帰戦に向けて秒読み態勢が整っていた。

 スルツキ監督は「彼は良いコンディションにある。疑う余地はない」として先発起用を明言。昨季まで期限付き移籍で加入していた元レアル・マドリーのMFマーティン・ウーデゴーアを引き合いに出し、「彼のように中盤と前線をつなぐプレーヤーが必要だったが、ケイスケにはそれができる」と信頼を語っている。

 また「ケイスケはロボットだ。食事、睡眠、トレーニング、準備、コンディションなど全てが適正だ」と絶賛。CSKAモスクワ時代にも関わってきた愛弟子に「スピードはなかったね」とジョークも飛ばしつつも「速い選手ではないが、残りは素晴らしい」と称えている。

 オランダ・エールディビジは第13節を終えており、フィテッセは現在5位。首位のアヤックスとはすでに勝ち点12ポイント差となっているが、2位のAZ(DF菅原由勢が所属)とは6ポイント差、3位のPSV(MF堂安律が所属)とは1ポイント差につけており、日本人同士での上位対決が見られそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474245-gekisaka-socc

写真 no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索