Samurai Goal

スポルティング


スポンサード リンク





FW前田大然(マリティモ)欧州デビュー戦で強豪相手にポスト叩く決定機も。監督も高評価  

1: Egg ★ 2019/08/12(月) 21:46:08.73 ID:KmmjKqkh9
ポルトガル1部リーグ第1節のマリティモ対スポルティングCP戦が現地時間11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。マリティモのFW前田大然は交代出場でデビューを飾っている。

松本山雅FCからマリティモへ期限付き移籍した前田は開幕戦でベンチ入り。試合は前半8分にマリティモが先制点を奪ったあと、スポルティングも29分に同点に追いついた。
前田は1-1のまま迎えた57分、マリティモの最初の交代選手として投入された。

75分には右サイドからのクロスにダイビングヘッドで飛び込んだ前田のシュートが惜しくも左ポストを直撃。
88分にもエリア左から放った強烈な左足シュートがわずかにゴール右に外れ、勝ち越しゴールはならなかった。
クラブ公式サイトは、前田の2つも含めて終盤に決定機が相次いだ試合について「勝利目前だった」と伝えている。

ヌーノ・マンタ監督は試合後に前田を投入した意図について説明。「選手たちそれぞれの特徴、何ができるかは分かっている。
前田を送り出したのはスポルティングの守備を脅かすことができると考えたからであり、その通りにやってくれた。全員が応えてくれた」と指揮官のコメントをポルトガル『オ・ジョーゴ』などが伝えた。

白星は惜しくも逃したマリティモだが、ポルトガル“3強”の一角を相手に勝ち点1を獲得してシーズンをスタート。次節は18日にアウェイでアベスと対戦する。

8/12(月) 12:51配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00334092-footballc-socc

写真
no title

中島復帰が報じられたポルトガルリーグの夢と厳しさ 

20190705-07050248-nksports-000-8-view[1]

【事件】スポルティングの選手、スタッフが過激派サポーターに襲撃される!!成績に対して激怒した様子 

20180516-00758722-soccerk-000-2-view
1   2018/05/16(水) 12:08:20.80 _USER9
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)のスポルティングに所属する選手やスタッフが、襲撃に遭った。イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数メディアが報じている。

 同メディアによると、事件が起きたのは15日。選手たちがトレーニングを行なっていた練習場に、マスクを被って顔を隠した過激派のファンのグループ約50人が侵入し、選手やスタッフを襲撃したという。これにより、チームのエースのオランダ代表FWのバス・ドストや、副監督のマリオ・モンテイロ氏など数人が負傷したようだ。

 この事件を受けてスポルティングは次のように声明を発表している。

「スポルティングは今回の事件に対して強く非難する。選手やコーチ、スタッフに対する暴力行為、および破壊行為、スポーツを尊重しない犯罪行為は到底受け入れられるべきものではない」

 同メディアは、チームが今季リーグ3位に終わり、リーグ優勝やチャンピオンズリーグ出場権を逃したことにサポーターが激怒し、今回の犯行に至った可能性があると伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00758722-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索