Samurai Goal

スペイン代表


スポンサード リンク





世界屈指の育成大国!…スペイン代表の将来を担う“「金」のベストイレブン” 

スクリーンショット 2020-11-27 22.49.17

川崎フロンターレを倒すには? 無敵のスペイン代表&バルセロナ対策から導くパターン 

1: 2020/11/27(金) 10:08:16.62 _USER9
川崎フロンターレが2年ぶりに明治安田生命J1リーグを制した。10連勝と12連勝を記録するなど、歴代記録を次々と塗り替えた川崎Fは史上最強との呼び声も高い。そんな川崎Fを倒すにはどう戦えばいいのか。過去に圧倒的な強さを誇ったバルセロナとスペイン代表を倒したチームの戦い方などから、川崎F対策を考える。(文:西部謙司)

●磐田とヴェルディをも上回る強さ

 圧倒的な強さのまま駆け抜けて2020年のJ1王者となった川崎フロンターレ。Jリーグ史上最強という評価もある。

 筆者がJリーグでとくに印象的だったチームは1993年の川崎、といってもこちらはヴェルディ川崎で今日の東京ヴェルディだ。もう1つはN-BOXとともに思い出される2001年のジュビロ磐田。ただ、この2つのスーパーチームと比べても川崎Fのほうが上なのだろうとは思う。

 Jリーグ初年度のヴェルディは、個々の能力とゲームの理解力で他チームに抜きんでていた。三浦知良、ラモス瑠偉、ビスマルク、ペレイラなどの個人技と読売クラブ時代から培ってきたスタイルがあった。突き抜けた実力という点では川崎(フロンターレのほう)と同じだが、なにせ27年も前のチームなので比較は難しい。当時と現在の両方を見た個人の感覚として、フロンターレに分があるだろうと思うだけだ。

 磐田は洗練されたパスワークと守備への切り替えの速さで異質だった。ヴェルディがブラジルの香りなら、このときの磐田はザ・日本、まさにジャパンズ・ウェイ。川崎Fと似ていた。ただし、N-BOXは名波浩あっての戦術で、名波がいなければ成立しなかった。

 2020年のレギュレーションが特殊だったこともあるが、川崎Fは誰がプレーしてもほとんどクオリティが落ちていない。そもそも2001年の磐田はファーステステージを制したがチャンピオンシップでは負けている。チームトータルの力で川崎Fに軍配が上がる気がする。

 そんな川崎Fをリーグ戦で破ったチームが3つある。名古屋グランパス、北海道コンサドーレ札幌、大分トリニータだ。

●無敵のチームに挑む方法

 ジョゼップ・グアルディオラが監督に就任し、バルセロナの黄金時代が到来した。伝統のパスワークに苛烈なほどのハイプレスを結び付けて勝利の循環を完結させた。戦術的な構造という点では今季の川崎Fとよく似ている。同時期にスペイン代表もピークを迎えた。リオネル・メッシという特殊なタレントがいないぶん、むしろこちらのほうが川崎Fに似ていたかもしれない。

 バルサとスペインはしばらく無敵状態だった。しかし、やがてさまざまな対抗策が出てきている。最初はいわゆる「バスを置く」という集中守備。引いてスペースを消して耐える。少ないながらもチャンスはあるので、それを逃さず決めれば勝てないことはない。名古屋の勝ち方はこれに近かった。

 ただ、専守防衛だけでは勝率は上がらない。アスレティック・ビルバオを率いたマルセロ・ビエルサ監督は旧サン・マメスのゲームでマンツーマンをぶつけてバルサの攻守循環を断ち切りに行った。ドローだったが全盛期のバルサと互角の勝負を演じた印象的な一戦である。こちらはマンツーマンで川崎Fのリズムを断った札幌と同じだ。

 大分は自分たちがボールを保持することで、川崎Fのリズムにさせないという戦い方で前半を互角以上の流れに持ち込んだ。川崎Fに退場者が出た幸運もあったが、これも有効な対策だろう。のちにバルサの監督になったキケ・セティエンがベティスを率いたときにやったことがある。

●真っ向勝負を挑む

 スペイン時代の終焉を印象づけた2014年ワールドカップでは、ルイ・ファン・ハール監督のオランダが5バックの分厚い守備とカウンターで勝利。基本は「バス」だが、性能のいいバスだった。チリはビエルサ方式で勝利(監督はビエルサ信者、ホルヘ・サンパオリ)した。

 バルサ&スペインの対策にはいくつかのパターンがあるが、ビエルサ派のマンマークとベティスのポゼッションは、そもそもビエルサとセティエンがそういうサッカーを志向する監督だった。札幌、大分も同じで、対策というより自分たちのスタイルをぶつけたわけだ。

 レアル・マドリードはパスワークの部分でバルサ化し、強大化したライバルとして現在もしのぎを削る。川崎Fと似たスタイルで真っ向から挑んで勝つチームも現れるかもしれない。

 いずれにしても川崎Fの攻守の循環を断ち切ること。それができればアンタッチャッブルではないはずだが、そのときに川崎Fに何をつきつけられるかだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/06a68fef7eda563bcdb09358a61ff796dd5d3d2e
no title

MF久保建英の出番に影響? ビリャレアルのスペイン代表FWモレノ負傷から復帰 

スクリーンショット 2020-10-28 5.52.08

「クボはしっかりした子」「加入後すぐ…」ビジャレアルのスペイン代表FWが久保建英を絶賛 

スクリーンショット 2020-09-17 8.53.56

メッシを超える才能か?スペイン代表最年少ゴールを挙げた“バルサの神童”FWファティ、その更新した記録群 

スクリーンショット 2020-09-07 15.45.22

<スペイン代表>メンバーを発表…ファティら7名が初招集 9月3日にドイツと、6日にウクライナと対戦 

スクリーンショット 2020-08-21 9.12.02




1: 2020/08/20(木) 22:37:55.68 _USER9
スペインサッカー連盟(RFEF)は20日、来月のUEFAネーションズリーグを戦う招集メンバーを発表した。公式サイトで伝えている。

9月3日にドイツと、6日にウクライナと対戦するスペイン代表のルイス・エンリケ監督は、ウルヴァーハンプトンのFWアダマ・トラオレやバルセロナの17歳FWアンス・ファティなど7名を初招集。
同監督は「再びチームを指揮できる状況になったことは、私にとって計り知れない喜びだ。少しでも長くこのプロジェクトを全うしたいと思っている」などとコメントしている。

今回発表されたスペイン代表メンバーは以下の通り。

▼GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
ケパ・アリサバラガ(チェルシー)
ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) ※初招集
▼DF
ヘスス・ナバス(セビージャ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード)
ジエゴ・ジョレンテ(レアル・ソシエダ)
セルヒオ・レギロン(セビージャ)
パウ・トーレス(ビジャレアル)
ホセ・ガヤ(バレンシア)
エリック・ガルシア(マンチェスター・C) ※初招集
▼MF
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
ファビアン・ルイス(ナポリ)
ロドリ(マンチェスター・C)
ミケル・メリーノ(ソシエダ) ※初招集
ダニ・オルモ(ライプツィヒ)
オスカル・ロドリゲス(レアル・マドリード) ※初招集
▼FW
ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
アダマ・トラオレ(ウルヴァーハンプトン) ※初招集
マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)
ミケル・オヤルサバル(ソシエダ)
フェラン・トーレス(マンチェスター・C) ※初招集
アンス・ファティ(バルセロナ) ※初招集

8/20(木) 21:51配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/71824573764dc70b64b57a0365bf9931375c0528

<レアル・ソシエダ>スペイン代表FWダビド・シルバの獲得を発表!…11季ぶりのリーガ復帰、背番号は「21」に 

1: 2020/08/18(火) 06:46:26.20 _USER9
写真
no title


レアル・ソシエダは、スペイン代表MFダビド・シルバを獲得したことを発表した。17日、クラブが公式サイトで伝えている。

 34歳のシルバは、10シーズンの間在籍したマンチェスター・シティを今夏退団。その移籍先はイタリアのラツィオが濃厚となっていたが、ソシエダが電撃的に獲得を発表し、母国のリーガへ11シーズンぶりに復帰することとなった。クラブとは2022年夏までの2年契約を結んでいる。

 シルバはこれまで、バレンシアやエイバル、セルタ、そしてマンチェスター・Cでプレー。スペイン代表としても2010年のワールドカップ初制覇、欧州選手権(EURO)2連覇に貢献している。新シーズンはレアル・ソシエダのユニフォームを着用し、久々の復帰となるリーガ、そしてヨーロッパリーグの舞台でどのようなプレーを披露するのだろうか。

8/18(火) 6:36 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/167e39db37bb85406ced85d6997487f967694da0

<元G大阪スペイン代表マイケル・スサエタ>日本挑戦と豪移籍の心境吐露!「日本は非常に難しい場所だった」 

1: 2020/06/02(火) 09:52:55.89
昨季G大阪に加入したスサエタはメルボルン・シティに移籍
no title


元スペイン代表MFマルケル・スサエタは今年1月にガンバ大阪を契約満了で退団し、その後オーストラリアのメルボルン・シティに加入した。エイバル出身の32歳は「日本は非常に難しかった」と半年間で終わった日本生活を振り返っている。

 アスレティック・ビルバオで12シーズンにわたって活躍したスサエタは2018-19シーズンをもって同クラブを離れ、新天地には同胞のMFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)らがプレーする日本を選択した。シーズン途中の加入となり、残留争いの渦中にいたG大阪の切り札として大きな期待を背負った。

 しかし、負傷にも悩まされたスサエタは低迷するクラブの事情もありJ1で5試合、ルヴァンカップ2試合の出場に終わった。契約満了をもってG大阪を退団した後、今年1月にオーストラリアのメルボルン・シティと契約を交わした。

 英メディア「Sportskeeda」によれば、スサエタは「Stats Perform News」のインタビューで日本、そして新天地のオーストラリアでのキャリアについて言及したという。初の海外挑戦となった日本での挑戦は苦労が絶えなかったようだ。

「私と私の家族にとって日本は非常に難しい場所だったよ。異なるものがたくさんあった。ここ(オーストラリア)ではとてもいい気分だ。幸せを感じている。保育所に預けている子どもたちもハッピーだ。ここは全てがパーフェクトなんだ。フットボールも素晴らしい。私にとってパーフェクトだよ。あと数年は残りたい」

 スサエタはメルボルンでレギュラーポジションを掴み、1月から3月末まででリーグ戦10試合に出場。2得点1アシストと活躍している。言語や文化などあらゆる面でスペインとは異なる日本の生活に馴染むことができなかったものの、オーストラリアでは快適に過ごしているようだ。

6/2(火) 7:50 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f72d65699f4e728cf839e56e7d40a4dc28181f1

スペインサッカー連盟、バルサ16歳ギニアビサウ出身の新星ファティを代表招致へ!モレノ監督が明言  

1: Egg ★ 2019/09/15(日) 12:02:47.19 ID:Up9NaA4P9
西アフリカのギニアビサウ出身のファティをU-17スペイン代表でプレーさせたい方針

no title


バルセロナで今季史上最年少ゴールを記録するなどブレーク中の16歳、ギニアビサウ出身のFWアンス・ファティをスペイン代表としてプレーさせようと、早くも同国サッカー連盟が動きを見せているという。スペイン代表を率いるロベルト・モレノ監督が現地テレビ「モビスター+」で明かした。

【動画】スペイン代表に勧誘? バルセロナ16歳FWファティがクラブ史上最年少でリーガ初ゴール
https://www.football-zone.net/archives/217716/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=217716_6

 ファティは今季のラ・リーガ第2節ベティス戦(5-2)でクラブ史上2番目の若さとなる16歳298日でプロデビューを飾ると、第3節のオサスナ戦(2-2)では初ゴールもマークし、クラブの最年少得点記録(16歳304日)を更新した。

 その勢いはとどまるところを知らず、現地時間14日に行われた第4節のバレンシア戦(5-2)では1ゴール1アシストを活躍で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを怪我で欠くバルセロナの攻撃陣のなかで異彩を放っている。

 そんな超新星をスペイン代表でプレーさせようという動きが活発になっているようだ。西アフリカのギニアビサウ出身で、6歳の頃にスペインへ移り住んだというファティについて、スペイン代表を率いるモレノ監督は「スペインサッカー連盟の人間がアンス・ファティを代表に連れて来ようと働きかけている。もちろん、それは選手が決めることだ」と語っている。記事によれば、まずはスペインU-17代表でプレーさせたいと考えているという。

 そのためにはまず父親への了承を取り、スペイン国籍取得に必要な条件を揃える必要があるようだ。バルサの“新たな宝”とも称される16歳のファティは、スペイン代表にとっても希望の星となっている。

9/15(日) 10:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00217716-soccermzw-socc

【朗報】復活のカソルラが4年ぶり招集。スペイン代表メンバー発表  

20190518-00321969-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/18(土) 08:57:10.00 ID:+Jf28UFD9
スペイン代表のルイス・エンリケ監督は17日、6月に行われるEURO2020予選に向けた招集メンバーを発表した。

今回はビジャレアルのMFサンティ・カソルラが招集されている。34歳の同選手は2015年以来4年ぶりのスペイン代表。
長年負傷で苦しんだが、昨年夏ビジャレアルに加入すると、今季は公式戦45試合に出場した。

スペイン代表は6月7日にフェロー諸島と、10日にスウェーデンと対戦する。招集メンバーは以下のとおり。

◆GK
デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
パウ・ロペス(ベティス)
ケパ(チェルシー)

◆DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
ヘスス・ナバス(セビージャ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
イニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ)
ディエゴ・ジョレンテ(レアル・ソシエダ)
エルモソ(エスパニョール)
カルバハル(レアル・マドリー)
ガヤ(バレンシア)

◆MF
ロドリ(アトレティコ・マドリー)
イスコ(レアル・マドリー)
パレホ(バレンシア)
アセンシオ(レアル・マドリー)
ブスケッツ(バルセロナ)
ファビアン(ナポリ)
カソルラ(ビジャレアル)

◆FW
ロドリゴ(バレンシア)
モラタ(アトレティコ・マドリー)
アスパス(セルタ)
オヤルサバル(レアル・ソシエダ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190518-00321969-footballc-socc
5/18(土) 8:01配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索