Samurai Goal

スペイン


スポンサード リンク





香川真司が見せる格の違い。憧れの地スペインで始めた這い上がるための「最高の挑戦」 

20190911-00010012-goal-000-6-view[2]

【サッカー】U-18日本代表が敵地でスペインに1-0で勝利  

japan-team




1: 膳摩漏 ★ 2019/09/07(土) 18:12:47.84 ID:mMNGQRSy9
スペイン遠征中のU-18日本代表は6日、現地の大会でU-18スペイン代表と対戦し、1-0で勝利した。

 5日の第1戦でスコットランドと1-1で引き分けていた日本。第2戦の相手となったスペインには、今年2月にスペイン・カナリア諸島で行われた大会で0-4の大敗を喫していた。

 当時の悔しさを知る選手の多くが出場した中、日本は前半32分にMF松本凪生がPA内で倒されてPKを獲得する。これをFW櫻川ソロモンが沈め、先制ゴールを奪取。
追加点こそ生まれなかったが、1点のリードを守り抜き、1-0の完封勝利で2月のリベンジを果たした。

 決勝点を記録した櫻川は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「本日の試合は、2月に試合した時の悔しさと不甲斐なさを試合にぶつけようと強く思い、
何よりチームとしてスペインに勝ちたいという思いと、チームを引っ張るという想いの中望んだ試合でした。結果的には得点でき、前線の起点となりチームの勝利に貢献できたと思います」とコメントしている。

 日本は今後、8日の第3戦で地元のクラブチームと対戦。9日の最終戦で再びスコットランドと顔を合わせる。

以下、試合結果

U-18日本代表 1-0(前半1-0) U-18スペイン代表

▽得点
32分:櫻川ソロモン(U-18日本代表)

▽スターティングメンバー
GK:小久保玲央ブライアン
DF:三原秀真、西尾隆矢、馬場晴也、加藤聖
MF:鮎川峻、松岡大起、松本凪生、小田裕太郎
FW:櫻川ソロモン、晴山岬

▽サブメンバー
GK:小畑裕馬
DF:池田航、石田凌太郎、木村誠二、林田魁斗
MF:中山陸、柴田壮介、川崎颯太、石浦大雅
FW:大森真吾、藤尾翔太、植中朝日

▽交代
62分:松本凪生→柴田壮介
62分:晴山岬→大森真吾
77分:鮎川峻→石浦大雅

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?284343-284343-fl

WOWOW、香川、岡崎、柴崎が加入のスペイン2部リーグを中継!毎節最大3試合  

1: Egg ★ 2019/08/15(木) 23:24:43.73 ID:jyeO1wOv9
WOWOWは15日、スペイン1部リーグに加えて、スペイン2部リーグの放送と配信を開始すると発表した。

 17日に開幕するスペイン2部リーグは、MF香川真司(サラゴサ)、FW岡崎慎司(マラガ)、MF柴崎岳(デポルティボ)が新加入。WOWOWは、日本人選手の出場予定試合を毎節最大3試合を生中継する。日本人対決、激しい1部昇格争いなどに大きな注目が集まりそうだ。

 また、16日に開幕するスペイン1部リーグは、MF乾貴士が2季ぶりにエイバルに復帰。WOWOWは毎節最大5試合を生中継する。

8/15(木) 20:38 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000185-spnannex-socc

写真
no title

いつものアレがまた出た「スペインサッカーの旭日旗なくせ」…徐敬徳教授がラ・リーガに抗議メール 

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/07/29(月) 18:22:17.28 ID:CAP_USER
「スペインサッカー、旭日旗をなくせ」。 

  9年前から「全世界旭日旗退治キャンペーン」に取り組んでいる徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授(45)がスペインプロサッカーのプメラリーガに抗議のメールを送ったと29日、明らかにした。 

  スペインメディアのマルカは28日、スペインプロサッカーFCバルセロナの日本遠征親善試合を伝えながら旭日旗を使用した。バルセロナは27日、ヴィッセル神戸と親善試合をしたが、マルカがバルセロナ選手の背景に旭日旗を使用して論議を呼んだ。 

  徐敬徳教授は「リーガは昨年末、公式SNSにも旭日旗の背景を使用して論議を呼んだ。アトレチコ・マドリードの観客はユニホームと似ているという理由で旭日旗を使って応援をすることが多かった」とし「スペインプロサッカーに抗議メールを送り、今後は使用を禁止するよう強く要請した」と述べた。 

  徐教授は「抗議メールと同時に、旭日旗がなぜ問題か、サッカー大会で使用して罰金を科せられた事例などを紹介した英語の映像(youtu.be/b6mXHaC1YgY)も送った」と説明した。 

  旭日旗は第2次世界大戦当時の日本帝国主義の軍旗で、日章旗の太陽光が広がる状況を形象化した。国際社会でドイツ・ナチスの象徴ハーケンクロイツは徹底的にダブーとされているが、世界的に旭日旗に対する認識は依然として不足している。 

  昨年6月のロシアワールドカップ(W杯)当時、国際サッカー連盟(FIFA)の公式インスタグラムが旭日旗の応援写真を掲載した。徐教授がネットユーザーと共に抗議メッセージを送ると、9時間後に写真は取り替えられた。イングランドプロサッカーのリバプールのナビ・ケイタは腕に戦犯旗のタトゥーを入れて抗議を受け、別のタトゥーに変えた。 

  徐教授は「旭日旗を使用したと非難して興奮するだけでなく、旭日旗の何が問題かを持続的に知らせ、使用できないようにすることがさらに重要だ」と強調した。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=256019&servcode=400&sectcode=410
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年07月29日 13時47分

no title

28日、スペインメディアのマルカがバルセロナの日本遠征親善試合を伝え、旭日旗を背景に使用した。[写真 徐敬徳教授]

関連(本スレ)
【旭日旗】 サッカー、バルサの日本ツアー報道に「戦犯旗」~ヨーロッパの無知がアジアのファンを傷つける[07/28]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1564326301/

マラガ岡崎慎司が強化試合でアシスト 地元紙は絶賛  

20190808-08081012-nksports-000-5-view[1]




1: 幻の右 ★ 2019/08/08(木) 21:00:09.88 ID:pBIFrcf19
スペイン2部マラガに新加入したが FW岡崎慎司(33)は7日、3部メリージャと強化試合でアシストを記録し、1-0の勝利に貢献した。チームは今夏のプレシーズン4戦目にして初勝利となった。

マラガのサンチェス監督は主力選手を休ませ、Bチームの選手を多数起用。サラリーキャップ制に違反していることにより選手登録できていない岡崎も先発出場を果たした。

岡崎は開始15分にゴール前で粘り強いボールキープから先制ゴールをアシスト。後半15分には得意のヘディングシュートを放つも枠を捉えられず。2分後の同17分に交代し、ゴールこそ奪えなかったが、地元紙スル(電子版)は「岡崎は、この試合で非常に速いスピードでチームにフィットし続けていることを証明した」と絶賛した。

マラガは今後、10日にカディスと最後の親善試合を行い、17日にラシンとの2部リーグ開幕戦を迎えることになるが、岡崎がその試合までに選手登録されるかが、注目のひとつとなるだろう。(高橋智行通信員)

日刊スポーツ 8/8(木) 20:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-08081012-nksports-socc

トーレスが久保建英と安部裕葵にエール「スペインではミスが認められる」 

20190808-00965697-soccerk-000-1-view[1]

稲本潤一が衝撃を受けた、 天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿  

20190806-00867480-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/06(火) 12:46:45.19 ID:8WLmG44a9
世界2位の快挙から20年......今だから語る「黄金世代」の実態第14回:稲本潤一(2)

1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦することになった。

U-20日本代表はチームに勢いがあり、選手もここまでの試合を勝ち抜いてきたことで、自信を持っていた。
唯一の不安要素は、キャプテンの小野伸二が準決勝のウルグアイ戦でイエローカードをもらい、累積警告によって出場停止になったことだった。

「伸二がいないのは、めっちゃデカかった」

稲本潤一は、厳しい表情でそう言った。

このチームは"小野のチーム"と言っても過言ではなかった。

小野は前年、18歳で日本代表に選出され、1998年フランスW杯にも出場した。技術の高さはピカイチで、人間性も優れ、リーダーシップもあった。
U-20日本代表は血気盛んな個性的な選手ばかりだったが、小野がいたからこそ、ひとつにまとまっていた。

稲本も、中学校時代から世代別代表で小野と一緒にプレーし、その存在の大きさを理解していた。

「(小野は)もう中学校の時から違っていた。ヤット(遠藤保仁)とか(中村)憲剛や(中村)俊輔さんらもすごいけど、彼らは努力してすごい選手になった。
もちろん、伸二も努力しているけど、最初に持っているセンスみたいなものがデカすぎたんよ。

その持っているモノは(努力して)作ろうと思っても作れるもんじゃないし、教えてもらっても得られるもんじゃない。
伸二って、メッシをどうやって作るのか、というレベルと同じ。そのくらいスーパーなんです」

稲本は、北海道コンサドーレ札幌時代にも一緒にプレーしたが、その際、あらためて小野のすごさを感じることがあったという。

「伸二に追いつこうと思っても、無理なんでね。まあ、1999年に(シドニー五輪アジア1次予選で)ケガをしてからは、自分の考えと体の動きがついていっていない感じやったし、
そこからケガも増えたけど、コンサ(札幌)で一緒にやって思ったことは、『伸二はやっぱり一番うまい』。
両足でスルーパスを出せる選手って、なかなかいないですよ。
今のサッカーでは、伸二のようなタイプを作り出すのは無理やと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00867480-sportiva-socc
8/6(火) 6:17配信

香川真司、“スペイン移籍”をベジクタシュ会長が会見で明言!「給与40%ダウンでサインしたのではないか」  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 22:31:33.65 ID:Vj213o1L9
ベジクタシュ会長が記者会見で香川の去就に言及、「彼はスペインでプレーしたがっていた」
 
今夏の去就が注目される日本代表MF香川真司(ドルトムント)について、移籍が噂されていたベジクタシュのフィクレット・オルマン会長が記者会見で触れ、
「彼はスペインでプレーしたがっていたし、チームと契約したと思う」と明言している。トルコのニュースサイト「Tele1 TV」が報じた。

昨シーズンの後半戦、香川はドルトムントからベジクタシュへ移籍し、14試合で4得点2アシストをマーク。
シーズン後、香川はドルトムントに復帰したが、ベジクタシュは香川の完全移籍を狙って水面下で動いていたという。
その一方、新天地としてスペイン1部セルタ行きも報じられており、日本人MFの去就は話題の一つとなっていた。

ベジクタシュのオルマン会長は会見で香川について言及。「我々は香川にベジクタシュに来てほしいと伝えた。
しかし、彼はスペインでプレーしたがっていたし、チームと契約したと思う。
給与40%ダウンでサインしたのではないか」と具体的な数字も出し、香川がスペインのクラブと契約を結んだと口にしている。

オルマン会長はスペインのクラブ名こそ明かさなかったが、香川争奪戦において“白旗宣言”とも受け取れる発言をしている。
様々な噂が飛び交った香川の去就だが、ベジクタシュ会長の言葉通り、近日中に香川のスペイン移籍が発表されるだろうか。

フットボールゾーン 8/1(木) 22:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00207882-soccermzw-socc

写真
no title

香川真司、スペイン移籍へ前進中。ドイツに続いてスペインメディアもセルタ行きと報道 

20190728-00332300-footballc-000-1-view[1]

<岡崎慎司>スペイン行きの話が急浮上!地元紙「マラガが獲得を狙っている」  

20190719-00010012-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/19(金) 12:53:15.80 ID:y9aGktDJ9
レスター・シティとの契約が満了となり、現在自由契約の日本代表FW岡崎慎司。一部報道では日本復帰のほか、オーストラリア行きなどもうわさされていたが、ここにきてスペインで再スタートする話が浮上しているようだ。

スペイン、マラガの地元紙『DIARIOSUR』は「マラガはオカザキとホセ・ロドリゲスとのサインを目指している」との見出しで、日本代表FWについて報じた。

記事では「33歳の日本人ストライカーは、自由契約となっており、イギリスに留まることはないだろう。今夏の移籍市場でマラガが獲得を狙っている」と伝えている。

2018ー19シーズン、マラガはスペイン2部3位でフィニッシュしたものの、昇格プレーオフ準決勝ではデポルティボに連敗を喫し、2019-20シーズンも2部で戦うことが決定していた。

岡崎に関心を示していると伝えられているマラガは、2011ー12シーズンには知将マヌエル・ペジェグリーニ指揮のもと1部リーグ4位となり、2012ー13シーズンにはチャンピオンズリーグでもベスト8進出を果たしたことでも知られる。だが近年は有力クラブに主力選手を引き抜かれ、2017ー18シーズンは1部リーグ最下位に沈み、2018ー19シーズンから2部を主戦場としていた。

マラガは岡崎獲得を検討しているようだが、果たして岡崎はスペイン行きを決断するのだろうか。新シーズンからスペイン2部デポルティボに加わった柴崎岳と、同コンペティションで戦うというシナリオは十分に現実味がありそうだ。

7/19(金) 12:04配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010012-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索