Samurai Goal

ストライカー


スポンサード リンク





<メッシ>「これまで見てきた中で史上最高のストライカーはロナウド」  

1: Egg ★ 2019/10/28(月) 16:44:06.57 ID:H3K8o7aD9
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、これまでに見てきた中で最高のストライカーは元ブラジル代表FWロナウドであると語った。スペイン『アス』などが伝えた。

欧州挑戦1年目の1994-95シーズンにPSVで公式戦35試合33試合の記録を残したロナウド氏は、1996-97シーズンにはバルセロナで公式戦49試合47得点をマーク。圧倒的なスピードと決定力を誇った同氏は、世界最高FWの名を欲しいままにし、その後に度重なる負傷に苦しみながらもインテルやレアル・マドリーで活躍した。

『TyC Sports』で過去最高のストライカーについて問われたメッシは、「ロナウドはフェノメノン(驚異的)だった。僕がこれまでに見てきた中で最高のストライカーだよ。本当に信じがたい選手だった」と、2002年のワールドカップで得点王となって母国を優勝に導いた怪物を称賛。さらに、前線のパートナーについて、バルセロナの先輩だった元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏の話を交えて以下のように口にした。

「ロナウジーニョにはとてもお世話になった。16、17歳でバルサのトップチームに入り、ドレッシングルームでは凄い選手たちに囲まれている気分だった。でも彼は、そんな僕が落ち着けるように手助けしてくれたんだ。ピッチ上で僕は常に彼を探していた。多くのシーズンで一緒にプレーできたわけではない。もっと多く時間、ロナウジーニョとプレーしたかったね」

メッシは2004-05シーズンにバルセロナでトップチームデビュー。当時のエースだったロナウジーニョ氏とは、4シーズンにわたってプレーを共にした

10/28(月) 15:31配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00010028-goal-socc

写真
no title

FWジェイ、ストライカー不足の日本に提言!「メンタルさえ変えることができれば、いいFWも出てくると思う」  

1: Egg ★ 2019/10/01(火) 09:06:08.41 ID:CaO2tm5B9
Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由北海道コンサドーレ札幌 ジェイ

今年27シーズン目を迎えているJリーグは、現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになっている。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? 彼らの本音に迫る。

◆ ◆ ◆

 いいストライカーに必要なもの──。それはスキルやスピード、落ち着き、シュート精度など、多岐にわたる。だが、北海道コンサドーレ札幌のジェイ・ボスロイドにその質問を投げかけると、彼は真っ先にこう答えた。

「ストライカーはわがままであるべきだ」

 アーセナルの育成組織で育ち、プレミアリーグやセリエAで何度もネットを揺らしてきた元イングランド代表FWは、フットボールでもっとも華のある仕事を任される選手は利己的であれ、と言う。

「長いキャリアを経て、自分のプレースタイルは変わった。とくにミシャ(札幌のミハイロ・ペトロビッチ監督)の下で、周囲を生かすことの重要性を学んでいる。それでも、僕は今でもフィニッシュへのこだわりを持っている。味方が明らかに有利な位置にいないかぎり、自分でシュートを選択する。チームのなかで自分の決定力がもっとも高いと信じ、得点への責任を負う。そのためには、ある種のわがままさが必要なんだ」

 日本で5シーズン目を過ごすジェイは、Jリーグのクオリティーは「とても高い」と感じている。ヨーロッパの主要リーグと比べると、歴史はまだまだ浅いが、プレーのスタンダードに特別大きな差はなく、長足の発展を支えたのは日本人の勤勉さと熱意だと見ている。

 ただし、ことストライカーについては、日本人選手があまり台頭していない。実際に今シーズンのJ1でも、得点ランキングの上位はほとんど、外国籍選手で占められている。その理由には社会的、文化的な背景があるはずだとジェイは話す。

「日本人は基本的に、物を分け合う利他的な人々だと思う。だからこそ、ミドルクラスの多いすばらしい社会が成り立っているのだろう。ただしストライカーがそのような性格の持ち主だと、成功するのはなかなか難しい。なぜなら、このポジションの選手はゴール数で評価されるからだ。

10/1(火) 6:00配信スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191001-00872670-sportiva-socc

写真
no title

<岡崎慎司>レスター退団明言!「MFではないと感じた。ストライカーとしてプレーできる場所で挑戦したい」 

20190501-05011079-nksports-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/01(水) 20:47:36.27 ID:NDdHFjY29
レスターに所属するFW岡崎慎司(33)が、4月30日付の地元メディア「レスター・シェア・ライブ」で、今季限りでのクラブ退団を明言した。

今季リーグ戦20試合に出場も、先発はわずか1試合と思うような出場機会を得られていない岡崎は、インタビューで「レスターを去ることにしました」と、4シーズン在籍したクラブから退団することを表明した。

クラブとの契約も今季終了まで。退団の理由について「レスターでの役割は、間違いなくストライカーではなかった。2列目のMFとして見られていると感じています。だが、本職のMFを見て、彼らの技術はとても高い。僕はMFではないと感じた。来季はストライカーとしてプレーできる場所で挑戦したいと強く思い、退団することを決めました」とコメント。ストライカーとして勝負をするために移籍を決意したとしている。

移籍1年目の2015-16年シーズンは「試合に出るためには、(ストライカーではなく)守備と攻撃をつなげる役割をこなした」と、リーグ戦36試合に出場して5得点と主力として試合に出続けた。「それが僕の人生における初タイトルをもたらした」。優勝した「ミラクル・レスター」のレギュラーとして活躍した。

それでも「ある程度、(優勝して)達成感はあったが、満足感は思っていたよりも大きくなかった」と、当時の心境を話した。その理由は「僕自身、FWとして加入したが、実際はMFのようなプレーをしていた」だからだという。当時は「それを強みと(周りに)思われていた。だが、(自分自身は)危機感を感じていた。ストライカーは得点で判断される。最終的にはゴール数で優れたストライカーか、そうでないかを判別されるから」と、当時から不安を感じていたことを明かした。

33歳での移籍。新たな場所に移籍したとしても、若手とは違い、結果(得点)を求められる。厳しい戦いが待ち受けることになるが「僕は33歳だが、ゼロから始める時。ベテランと言われる年齢だと理解しているが、(自身としては)それを(ベテランだと)感じていない」と話した。最後に「(ベテランに求められる)リーダーシップを発揮する前に、ゴールスコアラーとして自身の存在を証明したい」を締めくくり、新天地での活躍に思いをはせていた。

5/1(水) 20:42配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-05011079-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索